May 29, 2009

中華街『福満園本店』で太平燕やらカキオコやら 〜福建料理大好き♪〜

オットと二人で『福満園本店』へ。
福建名物の太平燕(タイピーエン)が食べたくなったのだ。
以前やはりこの店で食べたことはあるんだけれど、今ひとつ印象が薄かった料理。
ふうんうまいじゃん、というベタな感想だけが記憶にある。

以前に本須さんの記事で見かけて、なんだか気になっていたのであるよ。

熊本で意味不明に郷土料理化した「太平燕」ことタイピーエン。
本来は福建料理です。
祝い事の席なんかで食べるものだそうな。

熊本のヤツは以前一度食べてみたけど、具の多いスープ春雨だった。
一時はやっていたけれど、最近はどうなんだろう?
家庭料理ならともかく、わざわざ店で頑張って食べるほど凝ったもんでもない、
というこちらもボケた印象。

ちなみに熊本県内でも、熊本市内近郊以外ではあまり知られていない気がする。
とりあえず、球磨郡は人吉あたりで生まれ育ったオットは「知らん」そうだ。
彼は故郷を離れて30年以上になるので、その間に変わったのかも知れない。
どっちみち、彼は基本的になにごとであれ「細かいことには疎い人」なので、
どうもイマイチ参考にはならないんではあるが・・・まあいいや。

福満園カキオコ

この頃はまだちょっと牡蠣の名残りがある春先だったので「福建カキオコ」を。
中国語では「海蠣煎餠」。
小さな福建牡蠣入りの薄い卵焼きみたいなものだ。

福建牡蠣は小指の先ほどの大きさで、日本人が普通にイメージするような
牡蠣独特の食感には乏しいのだけれど、味と旨味はみっちりと濃い。
真ん中の部分に、たくさんの小さな牡蠣とニラなどが平らに焼かれて、周辺は卵で
ふちが作られている。
日本のお好み焼きというよりは韓国のチヂミに似ているが、この卵が完全に具と
混じりあわないところがポイントなんだろうなと思う。
卵の甘味が牡蠣の臭みなどを受け止めながら、決して旨みまで邪魔しない。
タレなどはつけないものらしいけど、我が家的には黒酢をちょびっとつける。
店で頼むといつも不思議そうな顔をされるから、きっと邪道なんだろうな。

牡蠣=冬、というイメージだけれど、福満園など福建料理屋では一年中出ている。
中国では実際のところどうなんだろう?
どなたかご存じないですか?

福満園 福建風チャーハン

チャーハン食べたいとオットがいうので頼んでみた福建風チャーハン。
所謂「よくできたぱらっぱらのチャーハン」とはイメージが違って、
ややしっとりしているのだが、このしっとりは海鮮の旨みによるもの。
髪菜という中国海苔やらホタテ、海老、カニに小さな牡蠣など、細かく刻んだ海鮮
がたくさん入って、潮の香り豊かな面白いチャーハン。
量がかなりあるので今日のオカズ量にはちょうどよかった。

福満園 太平燕

そして太平燕。
茶色い団子は豚肉のすり身で作ったものだそうだ。
中にはうずらの卵が入っている。淡白な味だ。
これに海老やホタテなど、海鮮ベースらしきワンタン。
そして小松菜に春雨。

確かに印象がそう強いものではなくて、非常に淡白な味わいだ。
しかしここのスープは実に滋味深い優しい味で、さっぱりしたものを食べたい時は
本当に胃が和む感じがする。

この日の三点組み合わせは、バランスよくてとてもよかった。
ついつい余計なものを一品頼んで食べすぎた感じになるのだが、このくらいだと
胃にも財布にも実に優しく美味しい。

その後、今度は地瓜丸が食べたくなって再び出かける。

福満園 厚揚げ福満園 焼きそば

ついつい頼んだ厚揚げの前菜は、よく冷えていて濃い目の甘辛い醤油タレ味が
きっちり滲みこんでいる。
ビールに合いそうだが、この日は車だった。残念ながら。

そして焼きそば。
どうも一時期、熱に浮かされたように焼きそばばっかり食べてたのだ。
暑さが増すとともに「冷やし中華」にシフトして熱が冷めてきました。
ははは。

この店の場合餡がくどくないので食べやすくて普通にうまかった。
印象の強いものではなかったけれど。
だんだん焼きそばに飽きてきた時期だったのかもしれない。

福満園 地瓜丸スープ

そして地瓜丸。サツマイモの団子がやはり薄味のスープに入っている。
味はいたって淡白なのだが、オットが「あ、アレだ」と鼻をひくひくさせる匂い。

「酸筍(スェンスウ)」なる福建特産の無敵の超臭的調味料。
ぶっちゃけて言えば「雑巾を絞った匂い」ってやつだ。
一瞬不思議なのだが、これがスープになんともいい旨みを加えている。
頼むといつも「大丈夫ですか?」と確認されるのだけど、これがウマイ!

ここの地瓜丸スープは、大きな丼に小さめのこぶしくらいの大きさの団子が
ゴロンゴロンと五つも入ってきて千円ちょっと。
スープはもちろん、上品で淡白で繊細なこの店のスープなのだし、
これに浅利や白菜なんかも入るので、結構お得感のある一品だと思う。

福満園 地瓜丸団子の中身はこんな感じ。
福建牡蠣やら豚バラやら髪菜やら
青菜などの野菜やら具沢山で
これまた潮の香りが濃厚だ。
大きな団子の食感もモッチリで
二人で五個も食べるとかなりのボリューム。
淡白な味わいだが
食べ応えはしっかりとある。

団子を小鉢に出して、まずは割って皮と中身を一緒に。
そして中身をちょいとつついて、中に溢れる海鮮の香りをウフウフフと楽しんだ後
おもむろにスープを注いで、酸筍の香りとともに団子の味の変化を楽しむ。
地瓜丸はいつでも美味しく楽しい。
こんなものが道端で普通に山ほど売っていて、なんとなく買い食いして歩ける街を
想像すると実に楽しくなってくる。
一度行ってみたいなあ。


この店、なんだか結構通っているような気がするが、これはたまたまオットと
鍼の後でするっと立ち寄りやすい場所にあるから。
頼むものさえ間違えなければ美味しいし、店構えにしては値段もそう高くないので
なんとなく足が向きやすい店なのだ。

お出かけのときにはクーポンをお忘れなく。

福建料理は中華には珍しく全体に淡白でさっぱりした料理、という印象があって、
こってり濃厚なものはどうもなあ・・・なんていう気分のときに「あのスープ」をつい
思い浮かべてしまう。

横浜の場合、ここ以外にも本来珍しいはずの福建料理があちこちにあって、
中華街反対側の『客満堂』では一人前サイズが充実していて一人でも入りやすいし
石川町駅の向こう側にある『味香園』は『福満園』より値段も量も安くて
サービスが丁寧。
どこも好きな店だ。

長者町の『華隆餐館』並びにも一軒あるのを、最近発見してしまった。
この店、どんな感じなんでしょう?
店先だけチェックした限りでは、地瓜丸なんてあって良さそうだったんだけれど。
行ったことある方、どなたかいらっしゃいます?



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
雨が止んだら野球を見に行きたいなあ・・・と曇り空を睨む午後。




福建生まれのクワガタ、売ってます・・・。



定年後の一風景―中国福建省での一年定年後の一風景―中国福建省での一年
著者:清水 正道
販売元:文芸社
発売日:2008-04
クチコミを見る


arima0831 at 15:00│Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 横浜中華街 | 中華料理(2008.6~2010.12)

トラックバックURL

この記事へのコメント

8. Posted by アリーマ   May 31, 2009 21:41
つちころりさん

なかなか鰻に行きつけていないんですよね。
きっとその赤いツブツブが美味しいに違いない、とは思うのになあ!
7. Posted by つちころり   May 31, 2009 15:58
この店も楽しいですよね。

私は、ここのウナギの紅麹揚げ(?)が好きです。
普通のフリッター衣の中に、赤い粒粒をまとった
ウナギのぶつ切りという、感じなのですが、それが面白いのもあって、好きです。

6. Posted by アリーマ   May 30, 2009 00:40
酔華さん

石川町駅前って、なんかたまに妙なもの売ってますよね。
あそこで売ってるキムチがあんまりウマクなかった記憶はあります。

カキ、アサリか・・・茹でる手間が省けたり?

で、その牡蠣は中国式の小さいやつなんでしょうか?
5. Posted by 酔華   May 29, 2009 23:40
この季節になると、カキ、アサリなどを、石川町駅前の高速道路下で売っている中国人が目立って来ます。
涼しい日ならまあいいのでしょけど、
夏日のような暑い炎天下で大丈夫なのか、
ついつい気になってしまいます。
4. Posted by アリーマ   May 29, 2009 23:33
>ぶりさん
ホストが送れて合流・・・ご同僚は果たして正しい店に辿り着けたのでしょうか?
まあ、あそこはお姐さんが親切だから、うまくなにか美味しいものにありついておられるでしょうが。

客満堂の話も寝かせたまんまなので、そろそろUPしないと・・・。

>astarothさん
おお、お久しぶりです!

そうですか、30年前にあったことはあったのですね。
オットは未だに気付いてないみたいですが。
こちらのご意見は参考になります(笑)

>本須さん
謎の福建シンジケート、というんでしょうか。
界隈の福建料理屋はみんな親類縁者縁戚関係だったりするのですかねえ。

カキオコ千円というと、福満園>味香園>聚香園という値段格差?
曙町あたりに来て中華と言うと、つい灯りに誘われる虫のようにふらふら華隆に入っちゃう傾向があるので、なかなか入る機会がなくて。
でも今度行ってみます。

そうそう、客満堂でも頼めばカキオコを作ってくれるんですが、小さめのお一人様向けな大きさで値段もかなり安かったです。
3. Posted by 本須   May 29, 2009 20:12
「聚香園」はほぼ福満園ですね。
福満園の親戚筋とかいう話を酔華さんところのコメントで読んだ覚えがあります。

まだランチしか食べていませんが、立地分だけ一品料理がお安い
福満園という感じでした。
しばらく前に値段を見たときは確かカキオコが1000円でした。
2. Posted by astaroth   May 29, 2009 18:45
お久しぶりです!
人吉では小学校の給食で出ていましたよ!(30年前…)

でも、人吉ではまったくメジャーではありません。
あ、給食のあれがタイピーエンかと気づいたのは人吉から出てからです。

だんな様の認識は正しいと思いまする、、、
1. Posted by ふ゛り   May 29, 2009 16:23
福建でほっこり、良いですねぇ。
私も今宵は客満堂にて職場仲間と会食です。
ゲストを先に送り込み、ホストの私は1時間後に合流の予定。
果たして町内不案内な先行者は何をオーダーして始めているか楽しみです(笑。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔