July 02, 2009

中華街『日昇酒家』で麻辣刀削麺など 〜店内は何故かカフェ風?〜

まずはお知らせ。
先日ご案内した朋友金子貴一の『秘境添乗員』『KIKUYA』に一冊
配備しました。
食事ついでに眺めてみたい方は是非どうぞ♪

で、週末某日中華街の話。

この日の中華街はヤケに混んでいた。
どこもかしこも満席で行列だらけだ。
こういう日の中華街では、無理をして並んでも結局混み合う雑然とした中で、
平常よりも雑な料理を食べる羽目に落ちるのが関の山なので、中心部を外して
空いていそうな店を探す。
目の前に出てきたのが、最近できたらしい刀削麺の店だ。

派手な看板だが店の構えは妙にオシャレなカフェ調。
なんだかどこか記憶の奥底に薄ぼんやりした既視感があるな、と思ったら
以前『カフェ・ド・クリエ』のあった場所だ。
カフェ風でなくて、元カフェだったのだ。
みなとみらい線開通のはるか以前、ここで何度かお茶したことがあったっけな。

しかし店内は早くも「中華の匂い」が充満していて、コジャレ感は薄れつつある。
だから最初のうちは気が付かなかったくらいだ。

みなとみらい線開通以来、中華街の石川町側から人通りが減ったような気がして
いたが、数年を経て以前は結構人が入っていたカフェが閉店するところをみると
やっぱり気のせいではなかったんだなあ・・・とふと思う。

日昇刀削麺 002

店内メニューは「野菜料理」をハイライトしている様子だったので
「インゲンと挽肉の炒め」を頼んでみた。

辛さが結構強い。
ついでにかなりしょっぱくもある。油も強い。
現地のお惣菜風といえば、そんな感じの味付け。


日昇刀削麺 麻辣トウショウメン

麻辣刀削麺。
確かに麻辣な味だが、ちょっと平板かなあ・・・?
まあ、ジャンクな現地味と言えばそんな感じもする。


日昇刀削麺 油トウショウメン

油溌(ユーポー)刀削麺。
店の外に出ていたメニュー内容からすると「油和えそば」の系統かと思ったら、
結構しっかりとスープが入っていて、どちらかというと「汁そば系」だった。
麻辣の方を結構しっかり食べた後だからかもしれないが、こちらもそこそこ辛さは
効いている。

気前良く盛られた香菜は、頼んだらサービスで出してくれたもの。


日昇刀削麺 水餃子

水餃子。
これもまあまあ。
ちょっと皮が固めだったが、タイミングによってはもっと美味しいかもしれない。

日昇酒家 (中華料理 / 石川町、日本大通り、元町・中華街)
★★★☆☆ 3.0



店の構えなりに価格も安いし、今のところは混雑時の穴場かもしれない。
『華隆餐館』の濃厚なウマ辛さに慣れてしまうと、どうもインパクトが薄い味に
思えてしまうのだが、現地風のジャンクな食堂と思えば中華街らしくて
ヘタな店に行列した挙句にどうでもいいものを食べるよりはかなりマシ、とは
言えるだろうな。
ま、この辺は好みの問題で、単にワタシが華隆餐館を偏愛しているだけですが。

絶賛オススメ!とは行かないけれど、急ぐ時や軽くさっと食事をしたい時には
便利な店だと思う。

日昇酒家 ( 石川町 / 中華料理一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪

ベイスターズ連勝!どんだけぶりだ嗚呼!!
でも工藤に今季二勝目がついてなによりであるよ。

ところで最近ベイスターズ木塚の投球モーションから目が離せない。
気合十分でハイテンションな雄猫のマーキングみたいな登板中の動作が
どう考えても無駄なオーバーアクションとしか思えなかったんだけど
なんだか次第に愛着が湧いてきてしまった。
ウチで飼ったことはないけど、あんな猫はたまにいそうだ。

しかし、キャッチャーのサインを見るのにどうして猫の交尾みたいな姿勢に
ならなきゃイカンのか、どう考えてもわからない。
見たことない人は是非見てね。
結構カワユス♪


秘境添乗員秘境添乗員
著者:金子 貴一
販売元:文藝春秋
発売日:2009-04
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

絶賛発売中!

arima0831 at 00:10│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理 | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by アリーマ   July 02, 2009 17:21
bowjackさん

安くて手軽なこういう店が深夜営業をしているのは有難いですね。
この辺は夜の終わりが早めですから、確かに深夜利用ありならばポイントが高いと思います。

チャンピオン系はもういいから、こういう個性のある店に頑張ってほしいですよねー。
3. Posted by bowjack   July 02, 2009 16:50
ここ、夜中の一時まで営業しているので、
夜中に利用してます。

ここの料理で「ラム肉のネギ生姜炒め」というのがありますが、
(http://blogs.yahoo.co.jp/kentauros_wakao/archive/2009/05/29)
これが、昭和の時代に横浜の肉屋で売られたマトン(ジンギスカン用)にそっくりで、
懐かしさを感じつつも爆笑しました。

味わいは、深夜に出会える中華としては上の部類なので、
ついつい行くのですが、一品あたりの量が多いのが悩みの種。

ちなみに、店内で使っているラー油を安く分けてくれるので、
自宅でも使っています。

こういう店は、長続きして欲しいのですが、
最近の中華街は、マトモな店が減りつつあり、
ちょっとだけ心配しています。
2. Posted by アリーマ   July 02, 2009 13:24
酔華さん

なるほど「八百屋さんのお惣菜」な感じでした。
国賓菜館も悪い店ではなかったのに、やっぱり人の流れが変わってしまったのですねえ。

トウショウメンはどうなって行くことでしょうか。
そういえばお向かいも閉店→別の店のパターンですよね。
1. Posted by 酔華   July 02, 2009 08:35
ここは向かい側にある八百屋「日昇商店」が経営する料理屋。
だから野菜は売るほどあります。

カフェ・ド・クリエに続き、
近くの「国賓菜館」も閉店してしまいました。
みなとみらい線の影響でしょう。
この辺での営業は厳しいものがあります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔