August 16, 2009

ギリシャ料理『スパルタ』@蓬莱町で夏気分のランチ

住所をみると「中区蓬莱町」となっている。
関内駅を出て、スタジアムから線路を挟んで反対側あたり。
地元民的には「吉田中の裏」とでも言うのか?

このエリアがいつもながらとても不思議だ。
「関内」と呼ぶにはどうも位置が違うし、じゃあ「伊勢佐木町」かというと
これも大きな道をひとつ隔てて空気感もまるで違う。
中学の裏だからだろう、猥雑さはなく、まあわりと整然とした印象なのだが
無理やりに結界を作って掃除をした結果ナニも残っておらんような茫漠とした
言ってみりゃあ寂れ感漂う一帯。

しかし案外と手頃で入りやすい飲食店が色々あるのに遅まきながら気付いて、
最近はたまに界隈をぶらっと歩いてみることがある。

風紀は悪くはないが賑わいもない。
関内駅至近のロケーションなのに、何故こう漠然とした雰囲気なんだろう・・・?
などとぼやぼや考えているうちに店の前に。

スパルタ 店スパルタ ランチメニュー

ギリシャ料理『スパルタ』は開業から50年にもなる古い店。
二年以上前に一度だけ行ったけれど、ワタシにとってギリシャ料理自体が
そうしょっちゅう食指が動くようなモノではないものだから、それっきりに
なっていた。

しかしこうも暑い日が続くと、あの青い空と青い海を思い出すだけで、
なんとなく気分だけでも暑気払いになるような気がしてきたのだ。

ほんまサンのところで以前に紹介が出ていたので、一度行ってみようと思って
いたのだけれど、ここのランチは終了が早いらしくてランチが遅くなりがちな
ワタシのだらけた生活スタイルだと、店の前を通る頃にはランチ営業の跡形も
ない状態のことが多い。

しかし、この日は珍しく早いランチ(世間的には当たり前に正午過ぎあたり)に
出られるタイミングだった。
背中を炎熱で焼き焦がされ、不謹慎にも「ノーモアヒロシマ!」と呟く。
あぢぢぢぢ。

メニューが以外にバリエーション豊富で、しかもギリシャのローカル食が色々
それも安価に出てくる。
なかなか手間暇かかってるなあ・・・としばし悩む。

スパルタ サラダとスープ

スープはトマトのスープ。
柔らかな味で出汁がしっかり効いたものでウマイ♪
サラダも小ポーションながら、ルコラにキュウリにレタスにパプリカ・・・と
野菜色々。これに白いチーズのかけらでも放り込んだら典型的なギリシャの
サラダだ。

この際現地風に、どばどばオリーブオイルなんかかけてみたい気もしたが、
なんとなく言い出しそびれてしまった。
次回行ったら頼んでみようと思う。
何しろギリシャ人は、ボウル一杯のサラダを食べるのに、そのボウル半分を
オリーブオイルでちゃぷちゃぷのたぷたぷにする、国民総オリーブ油びたしな
人たちなんである。

スパルタ パン

湯気の立つバケットが気前のいい量で出てきた。
嬉しいことにタラモサラダ付きで、思わず顔がほころんでしまう。
このタラモがまた、マッシュポテトと混ぜてあってなかなかいい味わいだ。

スパルタ パスティーチョ

メインは悩んだ末にパスティーチョ。
ギリシャ風マカロニグラタン、とても言おうか?
挽肉とホワイトソースとマカロニの重ね焼きで、ギリシャではストリートでも
家庭でも実に当たり前な食べ物だ。
特に凝った料理でもないし、微妙な味わいや感動があるものでもないのだが、
とりあえず昔ギリシャでよく食べたものと同じ味なのだった。

付け合わせも一つ一つ丁寧な味付け。
ギリシャのレストランではこういう丁寧さはないので、むしろこっちの方が
ウマイかも。料理としては。

ここのお店のマダムがまた、いろいろな意味で「ギリシャの食堂のオバサン」で
イマイチとっつきはよくないものの、これまた現地を思うよすがとなる。
ただ、荒っぽい接客にいちいちカチンと来る人はこの辺一応念頭に置いとくと
よろしいかもしれない。

シェフは日本人だけれど、ランチでも手抜きせずに「ギリシャらしい空気感」を
しっかり出していて、これはとても立派だと思う。
全て千円以下の価格設定も実に良心的。
質量ともに満足の行く食事になった。

なにより、脳裏に思い浮かぶ青い空と青い海は、なによりの暑気払いだった。
食べてるものは炭水化物と脂質が多目ではありますがね・・・。

また行こう、というか、何度か通って一通りメニューを制覇しようか、という
遠大な計画が浮かぶ今日この頃なのよ。

尚、一時までに誰も入らないとさっさと店を閉めちゃうこともあるそうで
ランチの終了時間は早め。
一時半くらいにはあっさり閉店で、遅いランチ向けではないから御注意を。


スパルタ ( 伊勢佐木長者町 / ギリシャ料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



このところ蒸され地獄でぐにゃぐにゃ気味だったが、昨日から湿気が落ちて
一気に爽やかな夏となった。
空の青さにこころなしかうっすら秋めいた色が感じられる。
ほっとするやらちょっと寂しいやら。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
結局ナンダカンダと更新しているのだ。でもそろそろヤヴァイかも・・・うにゃ。




不思議な香りが夏向けなギリシャの国民酒「ウーゾ」。
水を入れると白濁します。



ギリシャ裏町散歩ギリシャ裏町散歩
著者:稲尾 節
販売元:現代企画室
発売日:2005-11
クチコミを見る


arima0831 at 18:40│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by アリーマ   August 21, 2009 01:05
つちころりさん

明るい内装だから、日が暮れる前の早いディナーやランチだと雰囲気良いですよね。
味はギリシャよりも良いし。
3. Posted by つちころり   August 21, 2009 00:22
ここの味も良いですが、店の内装が好きです。

ふと一瞬、地中海に連れて行ってくれる気がします。

あ〜バカンスしたい!
2. Posted by アリーマ   August 17, 2009 22:26
kanさん

この手の店だとランチは現地よりは洋食系の「なんちゃって」になりやすいですが、ここはしっかりとギリシャしてます。
夜もいいけど、このランチはヴァリュー高いと思う。

沈夫人情報、サンクスです。
なんだか完結したような終わってないような、不思議な知りきれトンボでしたよね。
さっそく買います♪
1. Posted by kan   August 17, 2009 12:49
ああ…僕も行こう行こうと思って行けてない…
夏の暑いうちに訪れたい店ですね。
湿度も低くなってきたことですし。

7/30に「沈夫人の料理店1 (深巳琳子) 」出ましたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔