September 20, 2009

『車橋もつ肉店』の夏の夕方 〜夏休み思い出し日記 其の四 (或いは、オットの裏切り・・・)〜

どうも感覚が平板で、家具選びだのには難渋しがちなワタシ&オット。
二人でみなとみらいに出撃するも、真夏の盛りでただでさえ鈍い感性は
乾きゆくのみ・・・

そう、この日のテーマは「本棚探し」だったのだ。
しかし結局のところ、ちょびっとだらだら歩き回ったら早速二人とも
くたびれてイヤになってきたので、とっととタクシーに乗り込んで早々と
「夜の部」スタート。

行く先は車橋
やっぱり観光地のファミレスもどきよりは、こういう裏街道のほうが
しっくりくるな。
平日の4時過ぎから車橋なんて、ある意味夏休みならではの贅沢かも♪
嬉しいくらいに空いているけれど、それでもそれなりに人が入っている辺りは
さすが人気店。

この店には瓶ビールが大中両方置いてあって、しかもサッポロ黒ラベルだと
初めて気がついた。

オットの定義によると

「ビール大瓶のお店はいいお店。
ビール大瓶サッポロ黒ラベルのお店はものすごくいいお店」


なのである。

しかも大瓶450円だぜ♪

「塩ユッケ 馬刺しレバ刺し モツ煮込み」

まだ4時すぎで空いているので焦ってオーダーする必要はない。
最近はなんとなく五七五で収めて(?)、とりあえずこんなもんで始めます。
 
混んでいるときはこれに

「センマイコブクロ あとモヤシもね」

と下の句もつけるけど、今日はまた後で。

車橋 塩ユッケ

嗚呼、塩ユッケ!
明るい外の光を浴びてもまだ微妙にピンボケる写真はともあれ
相変わらずステキなお肉の旨味が口中に広がる逸品だなあ♪

オットが無言で皿を抱え込もうとするのを、全力で阻止するワタシ。
彼は肉が苦手なはずなのだが(体質的に合わないそうだ)、何故か「生肉とモツは
肉に非ず」という微妙な主義主張をも持つヒトである。
要は節操が無いんだな・・・。

車橋 馬刺し

熊本出身のオット、絶賛の馬刺し。
何度か書いたコメントだが、これよりよほどひどいスカスカの冷凍馬刺しが
ルイベみたいな状態でこの三倍価格で供される場所は世間になんぼでもある。

車橋 レバ刺し車橋 モツ煮込み

レバ刺し&モツ煮込み。
モツ煮込みを見た瞬間、オットが一人で抱え込みにかかるのを再び阻止する。
結局二つ頼んだ。

もうちょっと大根やこんにゃくがたくさん入ると嬉しいかも・・・と思ってしまう
くらいに、各種臓物がギッシリ詰まって旨みを出しているよ♪

さて、下の句行くか・・・と追加。


車橋 センマイ車橋 コブクロ

センマイコブクロ・・・
(ウマイに決まっているよね。はぁと)

車橋 モヤシ車橋 トマト

あとモヤシもね(これが侮りがたい箸休めになる)。

ついでにトマトも大でください(トマト、大と小があるのが泣かせる店だ)。


車橋 ドンブリ・ライス?ところで前から謎なのだが
この「丼」と「ライス」の違いは
なんなのだろう?
ライスの場合ご飯が別だったり?
食べている人を見たことがないから
結局わからず。

早い時間に来てこういうものを
さっと掻っ込むのも良さそうなんだけど、来ると結局飲んでしまうのよね・・・。


車橋 梅しそササミ

五七五字余りくらいが終わると、おもむろに焼きものに入る。
この梅しそササミに最近ちょっとはまっているのだよ。

車橋 牛串 002

これは別の時に食べた牛串。
レア気味に焼けた肉から滴り落ちる肉汁。
噛めば旨味弾ける。
「肉喰いたい」時にはこれ♪
しかもアホのように安い。
いいのかホントに?

写真で美味しさをお伝えできんでスミマセン・・・。


立ち飲み 車橋もつ肉店 ( 石川町 / ホルモン焼き )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ




オットはすっかりこの店が気にいった模様。
「立ち飲みは安いが料理が不味い。ここはウマイのに立ち飲みでビール大瓶」
と、大変わかり安い喜びようなのだった。

「ところでキミはこんな店に、そんなにしょっちゅう来ているのか?」
「え、いや、お友達に何回か連れてきてもらっただけで・・・」

やましいことなどしていないのに、何故焦るのかワタシ?!


その数日後オットは平常に出勤し、夜は「今日は遅くなる」と。

「今日はどこ行くの?」
「うん?いや、ま、ちょっと・・・」

ワタシはこういう時にいちいち行き先を聞くようなことをしないのだけれど
何故かこの日は珍しく尋ねてみたら返事が曖昧だ。

とくに気にもしていなかったが、帰宅後「ナニ食べたの?」と深い意味なく
また聞いてみたところ

「・・・モツ・・・」

あ〜〜〜!
裏切り者ウラギリモノ!!
勝手に会社の同僚と抜け駆けしたヤツが!!!

「いいお店を知っているんですねえ」と、大変喜ばれたそうだ。
「ふふん。まあね」とか言ってる姿が目に浮かぶわいっ!

しかし、大珍楼に一人で来られないモノが、一体どうやって自力であの店に
辿り着けるのか?!
やればできるじゃん。感心したぞ・・・と思ったら、どうも地図をプリントして
同僚にナビってもらったらしい。
食べログを見るような知恵があったという事実に、驚嘆いたしましたワタシ。

で、裏切りの埋め合わせに、二人でまた行った。
オット「週一回は来たい」と、大変な愛しようなのである。

まあいいけどさ。

あ、そうそう、9月22日&23日はお休みだそうです。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪

追伸:
トイレは自動消灯になりました。
オットが電気つけっぱなしで出てきたので「消してきなさい。叱られるよ」と
ひっそり囁いたら、お母さんに「今日から自動消灯になりましたあ!」と
明るく大きな声で言われてちょびっと赤面したワタシ。

「最新の状況がわかってないね」とか、アンタに言われたくないぞオットよ。






中古と新品が両方買えるから、結構便利に使っているライブドアブックス。
だから本が増えてしょうがないんだけどなあ・・・ううむ。


横浜中華街―世界最強のチャイナタウン (中公新書ラクレ)
横浜中華街―世界最強のチャイナタウン (中公新書ラクレ)
クチコミを見る

作者は思想背景的には右向け右のひとらしいが、中華街の歴史などが
突っ込んで書いてありそうなんで注文してみた一冊。
どんなもんかしら?

arima0831 at 14:10│Comments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック モツ系 | その他横浜

トラックバックURL

この記事へのコメント

12. Posted by アリーマ   September 25, 2009 00:47
ぺりおさん

実は連休中、ウチも二人で出かけてしまいました。
結構歩いた日だったので、空いていたし初めて椅子を使ってみましたが、ウチのばかでかい連れに対してちょっと椅子が低かったため、しばらく休んでから結局立ってのみました。

モヤシはかなりの人気商品みたいです。
何しろ安いんですよ♪
とりあえず一山もらっといて、モツ類をループするとなかなか具合がよろしいのです。
オススメです。
11. Posted by ぺりお   September 24, 2009 23:08
アリーマさん

そうですか、普通のモヤシですか。
肉、肉、肉 とくると、少し箸休めが欲しいので。
次回は食べてみたいな。

そうそう。先週末は連休前だからか、結構空いていました。
空いているからか、いすを使っている人が多かったですね。
10. Posted by アリーマ   September 23, 2009 20:48
ぺりおさん

普通のモヤシです。
しかし量はあります。
そういえば「前の人で売り切れ」が一度あったかも。
結構人気商品なんでしょうか。


9. Posted by ぺりお   September 23, 2009 08:44
アリーマさん

オススメと聞いて、何度か行きました。

料理のクォリティを、あの値段で出す為の、
キャッシュオンデリバリー。使用済み食器を
自分で下げるなど工夫してますが。
お客もそれを納得している。
雰囲気も悪くないですし。

店と客のシアワセな関係が出来ているように思います。

モヤシ。残念ながらいつも品切れです。
豆モヤシですか?

地獄豆腐 先日試しましたが、豆腐一面にかけられた唐辛子の粉
に覚悟したのですが、さほど辛く無い。韓国のものは
あまり辛く無いと聞いてるのでそうかも。
多少ジャンクな感じもありますが、私は結構すきです。
8. Posted by アリーマ   September 23, 2009 00:19
ねこてんさん

まさかねこてんさんから情報が出てくるとは。
すると、煮込みライスを頼んで塩ユッケもつけると、ユッケ飯も楽しめるわけだな・・・あとモヤシに大瓶で1500円しない・・・ああ、なんと素晴らしいお店でしょう♪

年季明けには是非どこなりとお伴しますので、どうぞお申しつけくださいませ♪
7. Posted by ねこてん   September 22, 2009 23:39
ライス、別です。
煮込みライス。
流石アリーマさん♪
ああ、行きたい。
年季(みるこの子育て)が終わったらぜひお付き合いください。
6. Posted by アリーマ   September 21, 2009 23:09
>にっきさん
ここの塩ユッケは是非にっきさんに食べさせてあげたい♪

外す派 OR 齧り派・・・かあ。
焼き鳥、モツ串なんかは原則かぶりつくのが好きだけど、気分次第で外して食べているかも。
熱いうちは外さないほうが汁気が逃げないような気がしますよね。
でも、串の下の方になると食べにくいから、外して食べたりしています。

ただし、中華・中東系など、金串で焼くものは外します。アレは外して食べるもんみたいです。

>里香さん
おお〜、さすがやってますねー!
しかもその後も呑み続けるってすごい・・・。

あのモツ煮込みはご飯に合いそうです。
モヤシをつけても600円・・・と、うっすら考えてしまうのです。
5. Posted by 里香   September 21, 2009 00:13
「早い時間に来てこういうものをさっと掻っ込む」
やりましたやりました。去年の今頃。
開店と同時に「焼き鳥丼!」と注文してお腹いっぱいに。
たしかお味噌汁とお漬物も付いてきたような記憶が。
もちろんその後も飲み続けましたよ♪
4. Posted by にっき   September 20, 2009 21:27
五七五七七の注文方式、参考にさせていただきます。決して俳句では済まず、下の句まで到達するところ、同感です。
そして生肉の写真が似合うブログって、やはり素敵だと思います。
ところで、牛串、アリーマさん串からお箸で外して食べる?焼き鳥はどうしてる?
3. Posted by アリーマ   September 20, 2009 18:15
>ぶりさん
ワタシ、実はランチはまだなんですよね。
牛串食べて、あのくらいの肉がステーキ定食だったら是が非でも・・・と思っています♪

ここの生系はハイレベルです。
このくらいの刺しが出る焼肉屋は、結構な高級店だなと思います。

>本須さん
さすがもう読んでらっしゃいましたか。
コメントをありがとうございます。

目次をみる限りでは、一般向けの書籍ではあんまりない突っ込み方をしているみたいで、面白そうだから注文したんですよね。
着くのが楽しみです。
2. Posted by 本須   September 20, 2009 15:48
『横濱中華街 世界最強のチャイナタウン』読みましたよ。

わりと政治的な動きや人物・固有名詞がよく出てくる本です。
参考文献多数で、労作だと思います。
最後の方の新華僑に関する記述はなかなか興味深く読みました。
少々ダークなお話も入ってます。

読む際に、作者の立ち位置分の割引は必要かもしれませんが、
秋の読書には悪くないと思います。
1. Posted by ふ゛り   September 20, 2009 15:25
素晴らしい五七五、書き留めさせて頂きました。
そういえば、ランチに一度行ったきりで、生系は未食でした、、。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔