November 23, 2009

横浜西口『だんだん』で、再び羊喰いになる 〜猫も愛した羊肉、なのよ〜

いつの間にか結成されていた「羊喰い友の会」の例会(?)で横浜西口『だんだん』へ。
羊喰いの殿堂としては外せない店だ。

羊肉の店は数年ほど前に、横浜界隈を含めた東京都内外に雨後の筍か梅雨時の
茸か・・・という勢いでアレレと増殖。それまで外道扱いをされて涙をのんでいた
羊喰いたちをたいへん喜ばせてくれたのだが、ほとんどヌカヨロコビ程度の
期間しか存続せずに、大半の店はアッサリと消えてしまった。

そんな「羊肉の店」の中で、この『だんだん』は実に希少な生き残りなのだ。
ここに来さえすれば、シンプルに焼いた良質のラムがいただける。

キノコタケノコ的有象無象店と一線を画するところは、オーナーの多田さんが
「羊肉が好き!」という、その一念で営業継続している情熱だと思う。


だんだん ラムのブルーチーズ

まずは大好物の「ラムのブルーチーズ炒め」から。

ラムの旨味Xブルーチーズの風味(人によってはどっちも臭みだったりする)
=実にシンプルな美味しい一品となるのが、いつもながらとても不思議だ。
ちょびっと入ったレモンの酸味の効果かスッキリ味がまとまって、
ブルーチーズがベースなのにワインだけでなくビールでも焼酎でもいける。

皆様是非お試しあれ!

だんだん ジンギスカンクーポン持参で激安になるジンギスカン。
タレよりは塩だけで食べるのがオススメな
うまい生ラムだ。
別注でモヤシやタマネギなんかを
ジンギスカン用鍋の裾野に敷いて
肉汁を吸わせてからおもむろに
ワシワシ食べるとこれもウマイ。

ここは野菜の仕入れもしっかりしているので、冬なんかはむっちりと太った
実にウマソウな「葱」なんかも頼めたりする。

ちなみに「ほにゃららを見てきた」と言うと、これが一人前100円で人数分
出してもらえますぜ。

俗に言う(?)「ほにゃららサービス」というヤツ・・・ワタシも忘れてた。
スミマセン。
ご指摘くださった某読者さん、ありがとうございます。


だんだん ロース


だんだん ロース


骨付きのカルビだのロースだのも頼む。
実は食べるほうが忙しくて、写真は過去記事のもの。
まあ、いつ食べても質はぶれないので、写真も使いまわしが効くんである。

隣のグループは鳩を一羽焼いていた。
コレがなんともウマソウで、毎回激しくそそられてタマランのだが、結局は
羊だけ食べているうちにオナカイッパイになってしまう。

一度くらい、ストイックに羊を諦めて(?)鳩だの鶉だのを頼んでみたいなあ。

ガッツリと焼き肉を食べて、かつしっかり飲んで、それで一人5千円くらいの
ものだから、リーズナブルで満足度が高い店だと思う。

店内はスッキリきれいな造りで、カップルで来ても違和感ない内装だし
ソコソコの人数も収容できるスペースもある。
デートにも宴会にも一人飲みにも、結構幅広く使い倒せる店だ。

居酒屋並みにお得な宴会コースなんかもあるので、オーナーの多田さんに
相談してみてくださいまし。
これからの宴会シーズン、なかなかお役立ちな店だと思うよ。

だんだん ( 横浜 / ジンギスカン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ところでウチのヒメさんも、ここの羊は大好きだった。
食が細ってアレもイヤ、コレもダメ・・・と食べさせるものに苦労していた頃に
残した肉を持って帰ったら、後脚立ちで前脚をびゅんびゅん振り回して
ちょうだいチョウダイと騒いだものだ。
なにを食べさせても、あんなに騒いだことはなかったな。

本来こういう行動はマチガッテルとは思う。
犬猫に高価な人の食べ物をやるのは、明らかに間違った道楽だ。
でもあの頃のヒメさんは元気にしっかり食べると、その分は確実に元気に
なってくれたものだから、たまにこっそりオミヤにしていたのである。
どうもスミマセン。

ともあれ、そんな次第でここの羊はグルメなヒメさんのお墨付き。
旨い羊をリーズナブルに堪能できる、貴重な店なのだ。

じゅうぅ、と旨そうに上がる煙を眺めつつ「ヒメさんもお食べ」なんて、
ひっそりと心の中で言ってみた。
いまや煙だけなんで、もう誰に気兼ねすることもないのはなにより、だなあ。




ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
明後日で一カ月。やはり一番の薬は時間なのだ、としみじみ思う今日この頃。





羊の抱き枕。クリスマスにどうぞ。


羊をめぐる冒険〈上〉 (講談社文庫)羊をめぐる冒険〈上〉 (講談社文庫)
著者:村上 春樹
販売元:講談社
発売日:2004-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

ナツカシの一作。

arima0831 at 18:05│Comments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 羊肉 | 横浜駅界隈

トラックバックURL

この記事へのコメント

11. Posted by アリーマ   December 13, 2009 00:36
astarothさん

こちらこそ記事の御紹介をありがとうございました。

超絶の体力胃力を誇る羊部のパワーをもって、ついでに是非「延明との食べ比べ」も実現して見てくださいませ♪
10. Posted by astaroth   December 12, 2009 08:37
事後承諾で申し訳ありませんが、リンクさせていただきありがとうございました、、

わが羊部、今度は「京味居」を訪れる予定です!
9. Posted by アリーマ   November 26, 2009 21:39
よっさむさん

いやホント、いわゆる羊喰いにはタマラン店ですよ。
パクチーは無いようですが、季節によっては新鮮なルコラがあったりもします。

是非お出かけを。
8. Posted by アリーマ   November 26, 2009 21:37
>?さん
そういえば・・・と思い出して多田さんに聞いてみたら、続行中だそうです(自分で言い出しといてすっかり忘れておりましたわ。スミマセン)。
現在は人数分のジンギスカンを一人前100円、だそうです。
是非ご利用くださいまし。

>にっきさん
↑のようなものが「ほにゃららをみてきた」と言うと一人前100円で出してもらえる、というサービスです。

「ほにゃららん」に利用者がいたとはびっくり。
ワタシはたまに小突く感覚でぽちっとしてますが。

ウサギに拉致される羊か・・・ファンタジーなような生々しいような・・・?

だんだんでは月に一回くらい「羊解体ショー」もやってます。カワイイ羊ちゃんが切り捌かれるところを見ながら、即焼いて食べてしまうという企画です。
美味しいらしいです。
7. Posted by よっさむ   November 26, 2009 18:12
羊祭りだぁ〜どんどこどん♪
ブルーチーズと羊だなんて。。。くらくらしまつぅ
これで項パクちーなんかあった日にゃぁ。
6. Posted by にっき   November 26, 2009 08:11
↑のほにゃららサービスってなんでしたっけ?
私は時々アリーマさんのペット「ほにゃららん」で遊ばせてもらっていますが、今朝、ぽちっとしたらほにゃららんに「羊、ほしいの?」と聞かれました。うさぎのほにゃららんがどこかで羊を拉致してきてくれるのでしょうか?
今頃うちの羊(夫)が地下鉄を降りたあたりで、うさぎに声をかけられていないことを祈るばかりです。

羊肉は「炭火で塩」。深く深く頷きます。可愛いラムジーちゃんのロースト、舌舐めずりです。
5. Posted by     November 26, 2009 00:25
はじめまして。いつも拝見させていただいています。

あれ?ほにゃららサービスはなくなっちゃったんですか?
4. Posted by アリーマ   November 25, 2009 00:57
ぺりおさん

羊って、やっぱり独特の匂いはあるのだと思うんですよね。
ちなみにワタシは、三週間中東ドサ回り羊責めの刑から無事帰ってきたオットが玄関に立った瞬間、うぇっとなって顔を背けたことがあります(笑)
3. Posted by ぺりお   November 25, 2009 00:02
アリーマさん

美味しい羊処教えて頂きました。

最近、牛より豚より羊の味の深みに気づきました。
又おいしいところ、教えてくださいね。

でも、北海道でふらふらしていた時、ジンギスカン帰りの人が
乗った車に乗せてもらっときは、正直 うぇってなりました(笑)
2. Posted by アリーマ   November 23, 2009 20:35
ぶりさん

羊肉はやっぱりシンプルに「炭火焼に塩」がいちばんウマイ!と、この店に来るたび思います。
やっぱり焼肉は二名以上が楽しくはありますが、このお店はお一人さまでも大丈夫ですよ。
最近は金土を外すと空いてるそうですし、是非一度お出かけください。

羊の抱き枕、枕のニシカワの製品だから案外よいのかも。
コレの猫版があれば、ワタシ買っちゃいそうです。
1. Posted by ふ゛り   November 23, 2009 19:45
こちらもいつかいつかと思いつつ、相棒が見当たらずに未踏のまま、客満堂のラムのクミン炒め止まりな私です。

それにしても「羊の抱き枕」。
あまりに折衝で、泣けてきます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔