December 24, 2009

中華街『金陵』のチャーシューあひる丼がニクヅキウマイっ! 〜そして幻のミックス丼・・・〜

焼きものの名店が中華街にある。
ええと、言うまでもないことだが、このブログで「焼きもの」と言ったら
とりあえず肉とかせいぜい魚のことである。
陶芸食器などに関する話じゃないです。
場所が中華街ならば、即叉焼なんかの話だ。

で、その焼きものの名店は『金陵』。
以前は大きな店を構えていたのだが、関帝廟通りに「叉焼丼などのみ」を出す
店舗が残った。

キレイな飴色に光った叉焼だの焼き家鴨だのをウィンドウにぶら下げた、
いかにも小売店風の店に入って、「食事を・・・」と囁けば、店のオカアサンが
「焼きものだけですけどいいですか?」と返してくれる。
そっと指差された先にある店から階上に向かう細い階段を登り、店の住居区分
かと思えるような廊下を抜けると、前は居間兼食堂だったと思しき場所を
一般に開放したような、妙にアットホームな場所がある。

別に怪しい食べ物を出すわけではない。
特段凝ったものもない。
もちろんきちんと食堂として営業をしているので、当局のガサ入れ急襲などに
怯える必要などない。当然ない。

ここはこの店で作っている叉焼などをざっくり乗っけた丼を主体にした、
ごくごく素朴なメニューの食堂になっているのだ。
しかしこれが実に不思議な空間だ。
飲食店の客というよりは、一般家庭を訪れて食卓で待たされている営業のヒト
みたいな、ちょびっと所在無い気分になる。

別に愛想が悪いわけではなくて、店のお婆さんはパチンとテレビを付けて
「はい、好きなもの見てね」とリモコンを渡してくれる。
熱いジャスミン茶も出してくれる。
雰囲気的にはむしろ、丁寧で優しい。
このほどよい距離感の接客が、さらに「お宅訪問」な気分を高めるのだが。

要するに、慣れない人にとっては、必ずしも居心地極上の場所ではない、と
いうこと。
お気をつけあれ、と一応言っとく。


金陵 スープ

丼を頼むとまず出てくる、日替わりのスープとザーサイ。
小さな茶碗に入ったスープはちょっと塩気が強目。
具はざく切りの白菜とか賽の目に刻んだ冬瓜とかで、干し海老の出汁の効いた
家庭料理風の味わいがなかなか良いのだ。
オカワリできないかなあ・・・といつも思う。
しかし気分はお宅訪問中の営業マンになっているので、これまたいつも
言い出せずに終わる。
ワタシだけかそういうのは?


金陵 チャーシューあひる

叉焼焼鴨飯。
メニューの「チャーシューあひる丼」という表記も捨てがたし。

この焼鴨の脂身部分を一口噛み締めて、思わず・・・

うま〜〜〜♪

と、だらしなく口元が緩んだ。

スリムに引き締まった旨味の濃い脂、みたいな、矛盾した表現が浮かんでは
消える。
いやぁ、これは久々のクリーンヒットかも。

以前なんどかあっちこっちで話が出ていたのを覚えてはいるんだけど、一体
何故いままで食べようとしなかったかワタシ!

半熟の玉子と茹でた青菜が、これまたよいアクセント。
青菜だけ倍盛りは出来ないものかなあ、とこれまた毎度思う。
肉肉しい「月旨」さが、青菜に玉子を加えて栄養的にもビジュアル的にも
大変ステキなバランスを醸し出すのだよ。うっふっふ。


金陵 丼アップ

月旨のアップ。
叉焼もまた違う旨味。
醤油味の焼きもの二種じゃ飽きるか・・・なんて危惧は無用のものであったよ。


金陵 皮付き焼豚ところで実は、以前にも一度来たことがある。
その日はあいにくメニューに
売り切れが多いタイミングだった。
だからとりあえず「皮付き焼豚」の丼を頼んだが、
正直ご飯にこれだけ乗っかったものは
いまいち味気なかったもので
どうしてここがそんなに一部に高評価を呼ぶのか
どうもワカラナイ気分でいたのだ。

ゴメンナサイ、と、素直に謝っとこう、ここは。
この皮付き焼豚自体は大変ウマイので、単品でビールの肴にするか、或いは
他のものと相乗りで盛り合わせれば良かったのである。
でも当時は「盛り合わせ」という知恵すらも無かった(尚、今はメニューに
「二種盛り合わせできます」と表記されてます)。

中華焼きもの店なんだから、まずは叉焼&焼鴨にしとけばよかった!
人間、やっぱり素直さが大切だよね〜。
嗚呼、反省。

出会いが二年遅れてしまった後悔が、むやみに食欲を掻き立ててたまらず。
口に広がるジュワァな月旨が、しつこく口の中に蘇ってくるものだから
この際とりあえず素直に、そう間をおかずに足を運んでしまった。


金陵 ミックス丼

そして、出てきたコレは「ミックス丼」だ!

行ったタイミングが週末の閉店近くで「今ここにあるくらいしかない」と
見せられたのは、辛うじて一人前あるかなきかの半端量ばっかり。
どれにしようかなあ・・・と深い悩みの淵に沈みながら、ついつい小さな声で
「全部」と呟いてみたところ「じゃあミックスで千円!」とオバサン。
なんでも言ってみるもんだ。

ご飯の上に、叉焼焼鴨白切鶏焼鶏、そしてモツ数種がチマチマとならぶ。
なんと楽しい丼♪
おかげでほぼ一通りの味見ができた。

しかしまあ、楽しいけど二種盛りくらいの方が、しっかり味わうには良いの
かなと思ったりもする。
これだけチマチマ色々食べると、個々のインパクトが薄まるのだ。

どっちみち、これは特別措置なんで普段は出来ないそうな。
ラッキーだわい♪
素直に喜んでおこう。

ちなみに手前にちまっと載ってた白切鶏が一番旨かった。
次回はこれだけどっかーんと丼にして食べに来たいなあ。


金陵 ( 元町・中華街 / 広東料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



最近は本格カレーもメニュー入り。
700円のこのカレー、たまたま隣で食べてる人がいたんだけれど、本格的な
実にいい匂いがしていたな。
一度くらいこっちを食べてみるのもよいかもしれない。

そんなこんなで慣れてしまうと、店内の微妙なアウェイ感は特段気にならなく
なります。
まあ、もうちょっとまったり過ごせると嬉しいんだけど、丼一杯ガッと喰って
サッと出てくる分には無問題。

イカン、書いてたらまた喰いたくなってきた・・・。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
今夜の我が家のメニューはなんとなく叉焼丼だった。メリー・クリスマス!



香港粉麺飯―めんとご飯香港粉麺飯―めんとご飯
著者:謝 華顕
販売元:柴田書店
発売日:2003-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

これに載ってる焼きものどんぶりの写真が、またウマソウで・・・。


叉焼お取り寄せ。

arima0831 at 23:40│Comments(24)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理(2008.6~2010.12) | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

24. Posted by アリーマ   February 17, 2010 01:38
皆さま

とくに体調や家族などに異変はないのです。
単にちょっとサボってるだけなんですよ。

近日再開予定、です。
ご心配おかけしてスミマセン。
23. Posted by 乙さん   February 16, 2010 06:09
しばらく更新がないようでするが、ファンとしては寂しいでするなぁ。。。体調でも崩されたのでしょうか。陰ながら応援しておりまする。
22. Posted by とも2   February 15, 2010 22:25
まあ、ボチボチとお願いしますね♪
21. Posted by しゅんじ   February 15, 2010 21:34
アリーマさん

気ままでいいっすよん!
20. Posted by アリーマ   February 15, 2010 00:50
しゅんじさん

いや〜、ひょっとしてご心配をおかけしたりしてたのだろうか・・・?

スミマセン、特に大きな理由があって休止したわけではないもんだから、余計復帰が長引いてイタリして・・・。

うだうだ言ってねーでなんか書いて上げろよ、と思いつつ、ついつい手が伸びずにいます。

うむむ。
19. Posted by しゅんじ   February 14, 2010 20:09
アリーマさん久しぶりのコメント見れて安心
18. Posted by アリーマ   February 14, 2010 18:47
まきのさん

香港辺りではよくある体裁の丼のようだけど、日本では意外にないものですよね。
汁気が薄いので、日本人の好みからは若干ずれてしまうのかも。
中華街にもこういう飯類がもっと出回れば楽しいのに、と思います。
17. Posted by まきの   February 13, 2010 00:00
こんばんは
こういう丼ははじめてみましたね。
脂がのっていて旨そうですね。
16. Posted by アリーマ   December 30, 2009 13:21
CPHさん

栄楽園の葱叉焼を探しているので、ワタシも是非行ってみます♪
15. Posted by CPH   December 30, 2009 07:29
一楽のおばさまが
元々、栄楽園が開店するとき、一楽から
窯を持っていった、と教えてくれました。
その窯が再び、戻ってきたわけですね。
非常に期待できます。

チャーシュー好きとしては、土日に同發の
チャーシューランチが食べられないときは、
金陵に足が向かいがちですが、これから
選択肢が増えたということです。
14. Posted by アリーマ   December 27, 2009 14:39
CPHさん

「一楽」と「栄楽園」はなにか関わりのあるお店だそうですね。
栄楽園のチャーシュー焼き釜は一楽に引き継がれたと、酔華さんのところで読みました。

一度行ってみようと思いつつ、もう半年すぎていたり。
来年の目標にします(笑)
13. Posted by CPH   December 27, 2009 14:17
栄楽園のチャーシュー丼は、やすくて
おいしかったですよね。
栄楽園の御主人の妹さん(たぶん)のお店の
一楽のチャーシュー丼、お値段は850円と
少し高いですが、栄楽園のチャーシュー丼を
彷彿させる丼です。
まだ食べてはいませんが、一楽には海老巻きも
あります。
12. Posted by アリーマ   December 27, 2009 00:51
hiyokoさん

はぁ、なるほど・・・でもまあ、落とした御本人はショックだったでしょうね。
11. Posted by hiyoko   December 26, 2009 23:54
>アリーマさん
2階のおばちゃんが「ご飯できたよー」と1階のおばちゃんを呼び、
1階のおばちゃんがお皿を持って上がってきたところで
2階のおばちゃんが炊飯器を落としてひっくり返したので、
あれは従業員用のご飯だったのではないかと推察してます。
10. Posted by アリーマ   December 26, 2009 23:13
>CPHさん
たかがチャーシュー、されどチャーシューです。
ワタシは相変わらず『栄楽園』のネギ叉焼丼が忘れられません・・・。

>hiyokoさん
炊飯器を引っくり返した・・・そのダメージって、特に週末は強烈・・・。
丼ものしかないだけに、ご飯がない間に来たお客はみんな諦めて帰ることになったんでしょうか・・・?

お気に召してなにより。
しかし、三階まであったとは知らなんだ。
9. Posted by hiyoko   December 26, 2009 20:43
アリーマさんのこの記事を読んで、たまらず行ってきました。金陵。
なかなかお店にたどりつけず、ついに見つけたときの喜び!
おそるおそる2階に上がり、うっかり3階まで行っちゃいました。
あまりにも一般家庭ぽいもので。。。
チャーシュー丼も白切鶏丼も、下のお店の雰囲気も
すっかり香港か広州の雰囲気でした。
おいし〜いですね!
お店のおばちゃんが、うっかり炊飯器をひっくり返して
床に落としちゃったのも目撃しました。
そのまま全部元に戻すんじゃないかとハラハラしました。
8. Posted by CPH   December 26, 2009 17:05
元町公園プールの帰りに、子供づれで
よく立ち寄ったものです。
今年の夏は、天候不順で一度も元町プールに
行っていないので、そう考えると、2年前に
なるんですね...
皮付き焼き豚の香辛料がたまらなく異国情緒を
醸し出します。
よくよく考えると、今年の夏は、同發に
足しげく通って、チャーシューをよく
食べておりました。
この2店のチャーシューは、ほんと
おいしいですよね。
7. Posted by アリーマ   December 26, 2009 14:13
つちころりさん

結局チャーシューあひるが食べたくて出かけるようなことになりますからねえ。
カレーにはいつ行きつけることやら(笑)
6. Posted by つちころり   December 26, 2009 11:03
あ〜やっぱり旨そうですね☆
年末は御節用に並ぶのかな〜。

そう2種類くらいが一番味を堪能できるかも。
でも、結局、いつも同じのになってしまう笑。

5. Posted by アリーマ   December 25, 2009 13:05
アパートさん

ふふっ、やっぱり刺さったか!!
一番刺さりそうな角度は想定済みだったぞ(へっへ)

正直このために東京から遠征するほどかどうかは「?」だが、考えてみればこういうリアルに広東風の焼きものをガンガン食わせる安直な店って、東京で探すとあんまりなかったりするのかも。

車橋や大珍辺りとセットなら、遠征価値が増す?
4. Posted by アパート   December 25, 2009 12:40
うおおおおおおお!!!!
あたたたたたた!!!
こ、これは激しくアパ経のハートに刺さりまくりの
胃腸をわしづかみでありましゅうううう!
行くべし、行くべし!行くべし!!
3. Posted by アリーマ   December 25, 2009 00:38
>本須さん
確かにあのカレーは、そういう衝動を呼ぶかもしれないです。
価格的にも許容範囲ですしねー。

嗚呼、胃力が欲しい!!

>ぶりさん
食欲ってシンプルなもんですよね。
で、他の人が書いたのを見て、また食べたくなって・・・というループがしばらく続くのです。

いいじゃないですか!
人間素直が一番ですから。
2. Posted by ふ゛り   December 25, 2009 00:22
イカン、読んでいたらまた行きたくなってきた。

某教授が、誰かが行き出すと皆右倣えで、、とおっしゃっていましたが、だってこう読まされて(勝手に読んでいるだけですが)行きたくなるのに何の罪がありましょうか。
1. Posted by 本須   December 25, 2009 00:19
ああそういえば、
焼き物丼を食べた後、隣のカレーが気になって
追加でカレーを注文するような剛の者を
先日見かけましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔