March 18, 2010

福富町『シンジョウリャンタン』の漢方薬膳スープがウレシイ♪

ほにゃらんふにゃらんと春の陽気に伸び伸びしたり、たまに差し込んでくる
冬日にキュッとしたりする今日この頃。

今冬は風邪も引かず体調もとくに崩さず、去年のように花粉症で辛抱タマラン
目の痒みにのた打ち回ることもなく、呑気にもう春だわい。
イマサラ冷え込んだって、もう完全に逃げ切り必勝体制だぜ、ふふふん・・・

と、ナメたことを思っていたのを見透かすように、週明け突如鼻喉に異変。
ヒリヒリ痛む鼻腔からどーどー鼻水を垂れ流し状態で耳鼻科に駆け込んだら
副鼻腔炎再発。鼻風邪の炎症が花粉の刺激で悪化しちゃったかなあ。
まあ、よくあることなのよ」と医者。

でも、そのように薬をたんまり処方されたのは昨日のことなんで、また更新が
滞っていたのは単に「怠けグセ、ところにより多忙」なのでありました。
ズビバゼン。んがんが。
ややや、オカシイぞ・・・と思った翌日に医者に走ったので、去年よりはマシな
対策が出来たのだと思いたい。
ううむ、逃げ切れたかと思ったのになあ・・・。

こういうときは無性に漢方薬膳スープ。
でもって、そういうものはこの店が旨いのだが、最近ちょびっと値上がりして
二人で気楽に行くには若干高め設定になってきた。

ところで、過去記事を「風邪」と「副鼻腔炎」で検索したら、いちいち大珍楼の話が出てくるのは不思議だな。
偶然ではあるけど、無意識に体がそういうもんを欲しがるのでもあろうか?

数年前香港ですっかりはまって「日本のコンビニでも是非売って欲しいもんだ」と
以来思い続けている薬膳スープ。

まあコンビニじゃあ無理だと思うが、もうちょっと近くでどっかないかね?
と、思っていたら・・・

シンジョウリャンタン100306 009

シンジョウリャンタン






・・・こんな怪しい店がいつの間にか福富町某所に出現。
「健康」という二文字が、これほど怪しげに光る店構えもそう滅多になかろ。
そもそも店名が読めない。
漢字変換も出来ない。

とりあえず「シンジョウリャンタン」という名前らしい。
「読めないよね」と経営者が思ったからなのか、一応見回すとローマ字表記が
目に入るようになっている。
音はわかっても意味は不明。
「リャンタン」とはどうも中国語で一般的に「スープ」のことのようだが(?)
「シンジョウ」とは一体なんだろう。地名?
ご存知の方、教えてください。

前にあった台湾料理屋がちょっと高めの店だったこともあって、おそらく
壷当り単価(?)1500円とかするんだろうな、きっと・・・と遠巻きに見てた。

で、気分が高揚していたある晩、勢いで入ってみたのである。
外に値段の目安になるようなものは一切出ていないので、そういう勢い無しに
どうも入れない感じなのだ。

そもそもこの店は夜だけの営業なので、界隈は赤い灯青い灯キンキラネオン。
特殊な目的がない一般人には、微妙に踏み込みにくい雰囲気満載なのだし。


シンジョウリャンタン 定食メニューシンジョウリャンタン メニュー

こわごわメニューを開けたら、夜だというのに「定食千円」の店だったと判明。
そうか定食か、でも薬膳スープが欲しいぞと悩んでいたら、スープ定食も
千円だそうだ。

この界隈で夜の時間帯、千円で普通に食事ができる。
なんと貴重な店ではありませんか。


シンジョウリャンタン 定食500円か600円のスープに
ご飯とオカズ2品+ちまっと高菜漬け、
という構成らしい。
この日はさっぱりした味の野菜炒めに
豚耳の葱和えが出てきた。
この豚耳で「とりあえずビール」もアリだな。
千円の定食としては、悪くない内容だと思う。
何故かオカズは妙に化調が効いてはいるが。



シンジョウリャンタン スープ

スープは「冬茹・なつめ・蓮子と豚の胃袋スープ」にしてみた。
お店のニイサンは「量は少しです」と言っていたのだが、小振りでも一壷分
たっぷりと出てくる。
豚の胃袋はしっかり下処理されて、臭みもなく柔らかく、それでいてカスカス
でもない。
干ししいたけもナツメも、そして栗みたいな食感でかなり好きな蓮の実も
結構ガッツリ入っているので、これが600円ならば実に良心的な値段だ。

スープ自体は淡白で穏やかな味。
具材の旨味や香りはしっかり溶け込んでいるけれど、えぐみやくどさのない
しみじみ胃に優しい上品な味わい。
漢方臭さなんかもない、素直に美味しいスープなのだった。
壷に入ってくるからだろう、のんびり食べていても冷めにくい。

シンジョウリャンタン100306 002なんと薬膳系のデザートは、
中華街辺りでもほとんど見かけない
凝った名前が並んでいるではないか。

例えば「雪蛤」は「カエルの卵巣の乾物」だとか
香港で学習したことがあったっけ。

思わず頼んでみたら
「普段は置いてないんですよ」との由。
予約制だそうだ。
薬膳料理のコースは一人5千円からで、
事前に頼むと調製してもらえるとか。



これが常時出るようなら、夜の福富町の奥の深さに感じ入るところだったけど
まあさすがにそこまで怖いエリアじゃないってことだよね・・・と、妙に安心して
みたりする。

その後数回行ってみた限りでは、とりあえず「羊のスープ」が羊喰い的には
オススメ品。

こういう店だったら、遠巻きにしていないでもっと早く来てみればよかった。
ほんまさん玖珠さんもお出かけです。

入りにくさの割りに、近隣の韓国系店のような冷淡な接客にあうこともなく
内装もキレイ。
スープ類以外はオーソドックスな台湾料理が主体で、それほどバリエーション
がある店ではないから、一般的な中華料理屋としてのレベルはワカランが
中華薬膳スープの店がとりあえずここにあるというだけで、ワタシにとっては
たいそう嬉しい。


�纒城�腟湯 ( 伊勢佐木長者町 / 台湾料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




とりあえず、二日酔いが夕刻までもつれ込んだら行くところができた。
それだけでも朗報ですぜ♪
あくまで標準的な漢字変換を拒む店名なんだが。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
ところでデジカメはまだ買えていません(・・・店までは数回行ったのよ)




蓮子こと蓮の実。胃腸に良いらしい。


簡単!毎日の薬膳―健康になる、美肌をつくる (PHPエル新書)簡単!毎日の薬膳―健康になる、美肌をつくる (PHPエル新書)
著者:謝 敏〓@59DA@
販売元:PHP研究所
発売日:2004-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

手軽でわかりやすい薬膳入門。

arima0831 at 01:40│ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日ノ出町・伊勢佐木町 | 中華料理(2008.6~2010.12)

この記事へのコメント

6. Posted by アリーマ   March 26, 2010 15:48
はかせさん

シンジョウリャンタンという漢字、本当に日本語変換対応じゃないみたいで、実にいろんな文字が出てきます・・・。

定食の内容は、日によって色々なんでしょうか。
この辺のアバウトさは「あのエリア」ならでは、なんだろうなあ。
5. Posted by はかせ   March 26, 2010 13:56
はじめまして。

先日、体調が悪いときにコチラで鑫城靚湯の事を知り早速行ってきました。

定食を頼んだところ、ライス+スープ+野菜炒め+どっさりの高菜が出てきて、おかずが1品しか出てこずガッカリ感は否めなかったのですが、スープは良かったです。

お蔭様で体調も良くなりました☆
4. Posted by アリーマ   March 19, 2010 00:10
本須さん

ああ、そう言えば確かに「口福館」にはそんなものがあったような・・・と自分の記事をみたら、実際に食べてました。でも比較できるほど記憶に残っていなかったり。

大珍楼は「ボウボウコウの料理がまだそこにあること」に意義があるんだと思うんですが、やっぱり色々と厳しいみたいでメニューの数なんかも減らしています。何とかがんばって欲しいのではありますが、数年前に確か700円くらいだったと思う薬膳スープが1200円になると、一人ではちょいとキツイ値段になります。
やっぱり現地仕様の料理は、現地系の利用者がたくさんいるところで出さないと採算が取れないのでしょうね。

本須サンには是非、もう一歩突っ込んで「作ってみよう薬膳スープ」を期待します♪
3. Posted by 本須   March 18, 2010 23:53
おお、これはよさげなお店。
夜だけ営業なのがちょっと行きにくいですが。
そういや、この近くの口福館も夜だけ営業で、
「今日の健康スープ」とか出してましたね。

大珍楼、すっかりご無沙汰になってますが、
値上げしちゃったんですか。
もはや一人でぶらっと入るには厳しそうですね。
2. Posted by アリーマ   March 18, 2010 10:55
ぶりさん

たぶん中国語対応のソフトかなんかが入ってると違うんでしょうね。その辺の詳しい仕組みは良くわかんないんですが。

夜に一人ご飯の場所としては、土地柄を気にしなければなかなかよろしいのでは、と思いますよ。

>夜定食のあるお店は無条件に良い店認定な私です

横浜中心部って、案外「サクッとご飯系」が乏しい場所なんですよね。去年阿佐ヶ谷や高円寺辺りに出かけた時、駅周辺に定食の店が山ほどあるのを見て、良し悪しはともかく文化圏が違うらしいと思ったものでした。
1. Posted by ふ゛り   March 18, 2010 08:42
良くこの手の読めぬ漢字と日本語チャンポンのお品書きを見るのですが、パソコンで印刷していると思われるコヤツのOSとかフォントとかがどうなっているのか不思議です。

いいなぁ、、このお店。
夜定食のあるお店は無条件に良い店認定な私です(笑。