July 19, 2010

京都ふらふら遠征 其の一 〜先斗町うろうろ♪〜


先日突然「京都・奈良に行くのだ行くのだ」と宣言して、ふらふらと出かけてきた。
本当にある日突然思いついて、二日後に出発したのだった。
実は行こう行こうと思いながら、一年余り過ぎてはいるのだが。

「どっかいいとこない?」というごくアバウトな突然話に、各種情報を
お寄せ下さった皆様、感謝多謝であります。

さて京都、ワタシときたら完全にオノボリなんである。
右も左もワカラン。
もう十年以上住んでいる横浜に在ってさえ、無駄に右往左往することが多い。
そういう方向音痴なので、知らない土地、それも大きな都市を歩き回ろうなど
思うだけでうっすらパニックに襲われてしまう。
結果、意味不明にいい加減に歩きまわって終わることが多い。
そんなわけで、どうせ目標を定めても辿りつけないんだから、いっそのこと
自分がどこにいるかよくわからんでも、ふらふらするだけで楽しく過ごせる街
が好きだ。


京都こだま 往

まずは京都行きのこだまに乗り込む。
ビールにチーズちくわを持って。
長年の習慣で「国内長距離列車=ビール&チーズちくわ」となっているのだ。

ところが新横浜の場合、何故か崎陽軒の一人勝ち状態になっているみたいで、
チーズちくわを見つけるのにちょっと苦労した。
売店にはシューマイがあふれている。
ようやくキオスクを見つけてチーズちくわを確保。
己のアイデンティティーにかけて、なんぼどれほど横浜在住が長くなろうと、
チーズちくわをシューマイに持ち替えたりなぞするものか。

今回は「ぷらっとこだま」というパッケージを利用。
京都まで片道が9600円で、何故か缶ビールなど飲み物の券もついてくる。

ダメモトで「エビスは?」と尋ねたら「どうぞどうぞ」と言うではないか。
だから「ビールはサッポロ黒ラベル主義」を軽く廃してエビスを飲む。
やっぱりウマイ。
昔は好きだったが、一時期どうも味が重いような気がして避けていて、それが
なんだか最近ウマく感じるのは何故だろうな?

それと同時に、最近麦芽100%になったという「キリン一番搾り」が妙に
香料臭く妙な味に思えて仕方ない。体調の変化?味覚の経年劣化?
まあいいや。同じ値段でエビスが飲めるなんて、思わぬ拾い物をしたような
気分だし。ルンルンるるるんるん♪

指定席が結構混んでいるのに、自由席はがらがらだった。
こだまの座席周りは、ゆったりとなかなか快適にできている。
時間は一時間ほど余計にかかるが、ひかりの窮屈さがなくて伸び伸びできる。
なかなかヨロシ♪

実は駅弁の類にもうっかり手が出かかったのだが、これから京都でどうせ爆食
鯨飲になるのは目に見えているので、まずはサンドイッチでセーブ。
好判断だ。えらいぞワタシ!
そもそも崎陽軒の弁当はマズイしさ。

京都駅に着くと、ホームにはねっとりとした熱気と湿気が立ちこめていた。
はあなるほど、これは蒸し暑い。

ホテルに着くとほどなく、京都在住のくるみん女史来訪。
彼女の妹のはるみんが昔の仕事の同僚で、姉妹でエジプトに遊びに来てくれた
こともある。
はるみんが京都の子だったのを思いだして「地元話を聞かせてちょ♪」と軽く
頼んだら、瞬く間に現地にいる旧知のお姉ちゃんが出動してくれた次第。
持つべきものは佳き友達哉♪
ありがたやありがたや。

まずぶらぶら歩きましょう、と、ホテルを出て鴨川沿いに出る。
京都の町並みには、レトロがどうしたなどという安っぽさを超えた、不思議な
奥行きのある空気感が漂っていた。
なるほど、東京の町並みに平素感じる妙な薄さ安さは「新興都市ゆえ」かと
生まれてはじめて実感する。
ううむ、こりゃあスゴイ、うわあナンダこれ・・・と、街を数分歩きまわっただけ
で妙に興奮してくる。
これは、たぶんローマ以来だ。

実は今まで行った街で、ダントツぶっちぎりで愛しているのがローマ。
誰がなんと言おうと、そこいらの街角をふらふらするだけで、あれほどまでに
心踊る街はない。

そうかなるほど、これが「千年の都」の力というのかもしれない。
打ち捨てられることなく、プライドと繁栄を保ってきた千年は、必ず街に
したたかなパワーと重みと奥行きをつける。
ローマよりざっくり1500年くらい新しいとはいえ、古都の風格がきっちりと
そこかしこから立ちのぼる街だ。


京都川床〜お好み焼き 002

暑気を一気に払い去るような、気持ちのよい風に吹かれて鴨川の川床バーへ。
まずはスパークリングワインをもらって、うひひひひと怪しく笑う。

このシーズン、京都の川沿いの店はどこもかしこもテラスを出して、これを
「川床」と呼ぶのだった。最初は一体なんなのかサッパリわからなかったが、
これは気持ちいい♪
ここのバーだとチャージが千円(屋内は600円)かかるが、川床で寛ぐには
安上がりなほうらしい。

パチンコ屋までがなんだかシックな色調になるから、京都って大したもんだ。
何を見てもむやみに感心するワタシ。
それにしても、彼岸も対岸もカップルだらけだな。


京都川床〜お好み焼き 001

この辺の飲み屋は、どこも軒が低い。
時間が早いから貸し切り状態。


京都川床〜お好み焼き 003

南座が見える。
四条大橋の近くだ。

SENT JAMES CLUB 本店
(店名が・・・とか突っ込むのはヤボですな)


ところで先斗町の語感が気になる。
てっきり大きな橋の袂から出てる小路だからかと思ったが、それは突如狂った
ように「京都ローマ説」を唱え始めたワタシの妄想だと思う。
イタリア語で橋は"ponte"だよなあ・・・とか、勝手に思ったことを一応告白は
しておくが。

でもポルトガル語の"ponto"(「先に」の意)が語源という説はあるそうな。
ちょっとびっくり。まぢですか?
博識な方、誰か解説してくだせえ。


京都川床〜お好み焼き 004

それじゃあ、日本酒でも飲みましょうということで、先斗町のこじんまりした
酒坊
へ。
静かな落ち着いた店だ。

くるみん女史が大好きだという、美しい錫の酒器で三種飲み比べのセット。
結構たっぷり入っている。


京都川床〜お好み焼き 005

浸し豆、塩うに、イカの塩辛、汲み上げ湯葉。
いやあこりゃあ、まさに酒の肴♪
こんなのも京都らしい感じでステキなのであるよ。


京都川床〜お好み焼き 007

生麩の揚げもの。淡白だがモチモチして旨い♪
生姜醤油で食べる。

酒坊 上燗や


京都川床〜お好み焼き 008

この後、通りがかりにあったお好み焼き屋に突入。
店の名前は失念してしまった。


結構しっかりと飲んで、ゴキゲンでふらふらとホテルに帰還。
初日の夜から、もうすでに完全に浮かれているワタシなのであった。

(つづく)



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
もう、暑さも吹っ飛ぶハマリよう、であります。確かに暑かったがね。



ふわふわとした食感【生麩・3本セット】生麩ならではのこの食感と風味がたまらない生麩・3本セット【10P13jul10】
ふわふわとした食感【生麩・3本セット】生麩ならではのこの食感と風味がたまらない生麩・3本セット【10P13jul10】

生麩が旨かった・・・。


京都散歩マップ京都散歩マップ
著者:散歩マップ編集部
販売元:成美堂出版
発売日:2009-02-11
クチコミを見る

結局あれこれ見た中では一番使えるような気がするガイドブック。街歩き用に。

arima0831 at 00:50│Comments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 飲み屋 | 京都

トラックバックURL

この記事へのコメント

17. Posted by ゆうあ   July 25, 2010 01:44
『そうだ 京都いこう』ですね★
あたしは家が二条城の近くなので 毎年 新横浜駅に二条城ライトアップの宣伝ポスターが貼ってあんのがなんか 変な感じです(笑)
16. Posted by アリーマ   July 24, 2010 12:56
ゆうあさん

次回は秋に、と本当に思っています。
いつごろ行けるかなあ。
15. Posted by ゆうあ   July 24, 2010 01:03
今度は秋に是非!
原由子の『京都物語』って歌を最近聞いて神奈川の彼氏と石畳を歩いたなぁ〜って 懐かしい気持ちになりました。
あたしも 中学の修学旅行広島行きましたよ♪ 高校は沖縄でした…
14. Posted by アリーマ   July 24, 2010 00:21
>にっきさん
ワタシなんて、修学旅行が中学で東北、高校で山陰&広島だったから、今回が実質的な京都デビューでしたよ。行ったことが全く無いわけじゃなかったんだけど、マトモに観光したことがなかった・・・。

ああそういえば、ぶりさんが転勤したいとかなんとか・・・そうか、香港まで行かんでも、京都でいいんだよね♪(大阪不可)

>ゆうあさん
いらっしゃいませ。
じっくり見るのは初めてですが、素晴らしい街ですね。これからせっせと通いたいと思ってます♪
13. Posted by ゆうあ   July 23, 2010 23:52
3 初めて拝見させてもらいました。
あたしは逆で新横浜の駅に毎月行ってます。あたしは生まれも育ちもずっと京都なので、なんか自分が住んでる街を誉められてるみたいで嬉しくなり、そして親しみを感じました。
12. Posted by にっき   July 23, 2010 05:50
思い返してみると、大人になってから京都って行ってない!!(ちょっと自分でもびっくり)
友達が博多に住み着いたので、お酒が飲めるようになってからは、一人旅は博多だったなぁ。出張で博多に行った時にもその友人に無理やり案内させて、地元民御用達のお店に会社の人達と押しかけて楽しかったっけ。
当地に住むお友達がガイドしてくれると、数段楽しくなりますよね。特に「食」関連は充実しますね。

京都の知り合い・・・・・・。だれか転勤しないかな。
11. Posted by アリーマ   July 22, 2010 14:43
もじおさん

そのダラダラと長い駄文を、がんばって読んで下さってどうもありがとう。

ネットで自分が不快だ嫌いだこいつはダメだ、と思うものは、最初から見ないこと。見てコメントまで書いちゃうなんて、エネルギーの無駄の最たるものです。
歪んだ愛情表現なのかもしれませんけどね。

暑いんだしさ、やめなよアホくせえ。
10. Posted by もじお   July 22, 2010 14:02
1 簡潔に。
ダラダラと・・・
相変わらずの横浜コンプ丸出しの
駄文ありがとう。
9. Posted by アリーマ   July 21, 2010 01:08
>teruさん
そうそう、売店のオバサマが「プレミアムモルツでもいいですよ〜!」と仰ってましたっけ。
まあ、20円かそこらとはいえ、この「ラッキー♪」感はステキです。

崎陽軒に関しては、まあ名物だし、地場産業支援も必要だし、横浜の人達が大きな声で援護する気持ちはわかります。でもJRの駅周りをシューマイ色に染めちゃう極端な姿勢は嫌い。京都駅ですら売ってるチーズちくわを売らない駅ホーム売店・・・だめだろうそれ、て感じです。

実は昔の仕事で、数千個の弁当を始終発注し続けたことがあるのです。確かに完全管理された工場で、バカスカ生産されてくる「超衛生的」な弁当はアンパイでしょう。しかも、きちんと「弁当デザインのプロ」が如何にも美味しそうに見えるように作りこんでるし・・・。

でも、アレが本当にうまいと思えるとしたら、それは単に気分の問題ですよ。アレを旅行気分もヘッタクレもない会社の机でしょっちゅう喰わされると、三回くらいでギヴを入れるのが普通の人間の味覚だと信じたい。

まあね〜、好みの問題なんでしょうけどね〜。

>里香さん
おかえりなさい♪
京都は確かに本当に暑いけど、観光地(寺社仏閣)と鴨川・高瀬川・山の中なんかをピンポイントして動けば、案外やり過ごせるか・・・?と思ったり。結果論なんですけどね〜。

京都の話は、なんとか涼しくなる前に終わるべく、鋭意努力する所存であろうと思おうとしていたり・・・ううむ。
8. Posted by 里香   July 21, 2010 00:11
さきほど私も京都から帰って参りました。
ちょうど今日のお昼間、先斗町界隈を散歩してたんですよ。
京都初日は湿度のせいか空気の重さで息苦しかったのですが、
今年の暑さはさほどでもなかったと感じました。
この続きの京都記も楽しみにしてまーす。
7. Posted by teru   July 20, 2010 22:11
以前から拝見させて頂いております。初コメントです。

そう、ぷらっとこだまのドリンク券、エビスもOKなんですよね。なので私も迷わずエビスをチョイスしてしまいます(笑)。あとご存知だと思いますが、『プレミアム・モルツ』もOKですよ〜。

それと、『崎陽軒NG』には私も賛成!です。こーゆー意見、あまり見かけないので、同意見の方がいてうれしい限りです。個人的には崎陽軒のシウマイ、横浜土産として認めない!です。CPがあまりよろしくないので…。「はまっ子のくせに!」とか言われそうなんですけど(汗。
6. Posted by アリーマ   July 20, 2010 19:59
ヌシさん

今回ばかりは本当に、一人じゃ到底行きつけないようなところに連れていってもらいました。
昼間は一人でほっつき歩いて、夜はこんな風に遊んでくれる地元の人がいる旅行って、本当に楽しいもんです♪
5. Posted by 小径のヌシ(^−^)   July 20, 2010 07:43
5
初日からノリノリだ !! (笑)
向こうに知人がいると穴場なお店とかに
連れて行ってもらえるのでよいですよねーっ
4. Posted by アリーマ   July 19, 2010 14:28
>酔華さん
そうそう、確かに結構な量が入っていて、2ラウンドしたらワタシなんぞは「どの酒もとりあえず旨い」になってしまったのでした。
ありそうで意外にないタイプの酒坊だと思います。

>ぶりさん
楽しかったですよ〜♪
ちょっとした必要に迫られて行ったのですが、思いがけず非常に好きなタイプの街でした。

「住めば都」はその通りだけど、単に遊びに行くのと住むのは違う話なので、是非ローマ転勤してください。遊びに行きます。

>kanさん
JR東海だと、電話で予約しておいて乗車前にピックアップできるみたいですね。JTBはその場で予約&発券。新横浜と京都は駅にJR東海の店舗があります。セコいようだが、ドリンク付きはささやかにウレシ♪

ワタシ本来超級雨女なんですが、今回は大きな面倒なく過ぎました。珍しいことなのでした。
3. Posted by kan   July 19, 2010 13:28
ぷらっとこだま、便利ですよね。
JR東海でしか扱ってないけど、JTBなどで買う手がありますし。
なんといってもドリンク付きですし。

かなり暑かった京都ですけど、アリーマさんはちょうど大雨と大雨の合間にうまく滞在なされたのではないかと思います〜
2. Posted by ふ゛り   July 19, 2010 08:35
あらまぁ、暑い熱いだけかと思いましたら、思いのほか楽しく過ごされたようで。

ローマはそんなに良い街でしたか。
なんだか最近頭でっかちになりすぎて、どうせどこでも住めば都じゃない、と臍が左に寄っています。

強制的にどこぞのやに飛ばされてみたいな、と思うのであります。
1. Posted by 酔華   July 19, 2010 06:31
飲み比べセットにしちゃぁ、すごい量ですね。
弱い人なら酔っ払ってしまって、比べられないんじゃぁないですか。
コップもいい感じですね。

昔、京都で呑んだ黄桜がうまかった。
あれは雰囲気のおかげだったのでしょうかね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔