March 06, 2011

伊勢佐木町『じゃのめや』の牛鍋弁当の至福 〜週末昼下がりの喜びはここに♪〜 

ある週末の昼下がり、珍しく伊勢佐木モールあたりを一人ぶらぶらしていた。
ウィークデーならよく徘徊しているエリアだが、週末に限ると意外に縁がない。

そもそもワタシの生活は不規則で、世間並みの「ランチタイム」が厳しい。
昼は二時まで!とキッパリ言われると、よほど気合を入れて出かけないと、営業時間に間に合わないのだよ。

でもとにかく、このタイミングでこの辺りで食事をする状態になった。
それも週末やっている店・・・と考えて、おおそういえば『じゃのめや』があったじゃん♪とひとたび思いつくと、足取りに勢いがつく。

ちょうど空腹でもある。
甘く煮付けた牛肉の味を思い浮かべたら、もう辛抱タマラン感じ。
この類のスキヤキ系、普段から特に好んでしょっちゅう食べるものではないんだけど、たまに無性に食べたくなる。

焦り気味に前のめりになって、午後二時前に慌てて駆け込んだのだが、実は午後は通し営業なのだそうだ。

じゃのめや

この「牛鍋弁当」は、午後4時まで出ているそうな。
見た通り、味噌汁、漬物、生卵がセットでついてくる。
シンプルな内容ではある。


じゃのめや

黒胡麻を振ったご飯を従えた牛鍋。
意外にしっかり量のある、甘辛く煮た牛肉は、しっとり柔らか。
甘さは強めだが、全然嫌味がない。
上質な脂の甘味が、本当の甘味と口の中で絡まりあう至福よ♪

甘辛いタレと牛肉の脂とコクを、しっかり含んだ豆腐、葱、白滝もいい。
アクセントの青菜がもうちょっとあれば・・・とは思うが。
でも、これは軽い午後の贅沢としては、何よりのもの♪

肉の端っこを噛んで甘味を味わったり、玉子に付けて齧ったり、それをご飯に乗っけてみたり・・・。
これだけでなかなか楽しく遊べてしまう。
弁当というネーミングだし、見た感じはシンプルなんだけれど、御飯もおかずもボリュームは意外にしっかりある。

諸事情でビールを付けられなかったのが残念至極。


じゃのめや メニュー

メニューをみると、ちょっとしたお出かけ御会食が主体だ。
でも、家族の会食らしいグループの反対側には、常連らしい初老の男性が一人でふらっと入ってきて、一人ビールに牛鍋をつつく姿なんかもある。
もちろん定食や牛丼だけ、という客も結構いる。

店の反対側にあるお座敷は高級だそうだが、モール側から入るテーブル席は意外に庶民的な雰囲気。
まったりとした、実に休みの日の午後らしい空気に心和む。

なんでランチは週末だけなのか、不思議に思って聞いてみたら、要するに昼間店を開けるのは週末だけだから、ということなのだった。
普段は夜だけの営業だそうだ。

正直言ってワタシにとってスキヤキの類は、大枚払ってお座敷に畏まってまで食べたいと思うものでは決してないのだが、こんな感じの手軽な内容ならば、是非また立ち寄りたいもの。

こちらに毎週アップデートされているらしい情報をみる限り、二時までのランチ定食だと、二月中は「小口ステーキ」「牛カツ」「生姜焼き」となかなかステキな品揃えもあったのだが、何故か先月末以来「牛丼」と「牛鍋弁当」のみらしい。
再開予定、ないのか知らん?

弁当と牛丼だけでも十分ステキではあるが、この定食あたりを機会があったらガッチリ攻めてみたいもんです♪

じゃのめや ( 黄金町 / すき焼き )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


牛鍋しゃぶしゃぶ じゃのめや すき焼き / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅

昼総合点★★★★ 4.0



追伸:
ところで関係ないけど、このエジプトのCMが面白いぞ〜!





人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
Never Say No to Panda!
ぐふぐふ。


パンダの飼い方パンダの飼い方
著者:白輪 剛史
PHP研究所(2010-02-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

で、ついこんな本を買ってしまった・・・。


20パック入り♪すき家牛丼の具!送料無料!
20パック入り♪すき家牛丼の具!送料無料!


arima0831 at 23:30│Comments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日ノ出町・伊勢佐木町 | 和食

トラックバックURL

この記事へのコメント

7. Posted by アリーマ   March 09, 2011 00:10
にっきさん

そうかなるほど、猫でもあれだけ姿形の美醜に差がつくのだから、パンダだって色々あるわけだ・・・と、むしろその当たり前なことをしみじみ思いました。

でも、松坂慶子VSベッキーって、要はその時代の「女子好感度ナンバーワン」てことなんだろな。
十年前ならベッキーじゃなくて藤原紀香だったかも。
6. Posted by にっき   March 07, 2011 23:21
パンダ、実は最後のほうはさほど混んでいなかったのよ。
ランラン、カンカンはすごく美形だったし、ホアンホアン(カンカンのところに後妻に来て、子供をもうけるが寝返りを打って小さいその子を失い、夫(カンカン)にも先立たれ、かなり年上のおっさんパンダ、フェイフェイと再婚・・・という悲劇の人生を送ったパンダ)は人間にしたら松坂慶子ばりの美人だったそうですが、おっさんパンダのフェイフェイにいたっては、おっさんというものは人間でもパンダでも、うら寂しいものだ、というのを体現したような奴だったので人気がなかったです。
こんどのパンダはメスのほうは、「ベッキー」並みの美人だそうです。松坂慶子からベッキーへ・・・微妙に格が下がったという気はしないでもないのですが・・・。
と、こういうふうにランラン・カンカン世代は難癖をつけつつパンダに執着しちゃうのよね。(笑)
5. Posted by アリーマ   March 07, 2011 20:50
にっきさん

でしょでっしょ〜♪
エジプト人、本来こういう「間」のギャグが達者な人たちでもないので、きっと製作者のセンスが秀逸なんだと思います。
こういう人が育ったことも、革命の底力になったのかも(?)。

さて、人混みが大嫌いなワタシなので、パンダを見にいったのは実は一度だけ。
その時は、こっちにお尻を向けて寝てたのを思い出します。

その頃はパンダブームでもなんでもない平常時だったんだけど、やっぱりパンダ舎は長蛇の列。
だから、どっちにしろいつ出かけても長蛇の列なんだとすると、新パンダたちを今見に行くのも一興かなという気はします。
4. Posted by にっき   March 07, 2011 16:59
うわはははは。
パンダCM、おもしろかった。
パンダの狼藉にいたるまでの「間」がなんともいえず。
スーパーお買いもの編の「間」が特にいいなぁ。
ところで上野にパンダ、見に行きます?
私の周りのその昔の、ランラン・カンカン世代の間では、態度を決めかねている人が多くて「なんだかねぇ〜」と心揺れつつ、「で、どうする?見に行く?」と言い合ってばかりいます。(ここらへんの心情がどうもうまく説明できないのよ。)
3. Posted by アリーマ   March 07, 2011 13:10
>Gingerさん
前から出たり引っ込んだりしているようで、いつも必ず出しているとは限らないみたい。
ワタシが行った時は、生姜焼きなんかもあったよん。

復活を祈りませう。

>酔華さん
ワタシもなんとなくいままでスルーしてたのですが、行って激しく悔やみました。このランチは正しく穴場と言えます。

ちなみに『じゃのめや』のあとでお茶するなら『まったり屋』がオススメです♪
2. Posted by 酔華   March 07, 2011 07:22
肉少々かと思っていたら、結構ボリュームがあるんですね。
そして牛丼もあるとは!
かつてのランチも魅力的!
そして平日は夜だけの営業なんてことも初めて知りました。

俄然興味が沸いてきました。
1. Posted by Ginger   March 07, 2011 03:33
無くなっちゃったのー(>_<)
あるの知ってて2度もびば☆すき焼きしちゃった罰かなぁ。。
野毛山の後のじゃのめやさん
パパの密かなやめられない贅沢なんです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔