May 03, 2011

吉田町『スパルタ』で初夏のギリシャを思ってみる 〜そしてグルメゼロメートル地帯へ・・・〜

ギリシャ料理『スパルタ』は、以前は別の場所にあった。

この店はきちんとギリシャ現地式で、かつきちんと手のかかった料理を昼も夜も出しているので、たまに思い出すと行きたくなる。
しかし、元のロケーションだと我が家からだと若干場所が遠い上、ランチ終了は1時半ごろと早いのがネックになって、なかなか何度も通えずにいた。

それが去年のある時、吉田町に引っ越して来てくれたのである。
早速行ったら、ざっくり5分強くらいは我が家に寄った場所で、しかもランチ時間はラストオーダー14時半という、非常に有難い変わりよう。

例えば先日のランチ。

スパルタ110501 001

まずサラダ。
今回思い切って「オリーブオイルを多めにかけてください」と言ったら、ハイハイと足してかけてきてくれた。
ギリシャ人の場合は、鉢の中で野菜が泳ぐほどドボドボやるのだが、ワタシはまあそこまでしなくてもいいよ。
日本人だからね。

フェンネルやらルコラやら、香草がそれなりに入っているので、オリーブオイルに胡椒でかなりいい感じになる。


スパルタ110501 002

この日のスープはモロヘイヤ・スープ。
ギリシャでは見たことないけど、スープ自体は決して悪くないので、よろしいんじゃないでしょうか。

ちなみにエジプトのモロヘイヤ・スープが有名だが、彼の地のものはドロンと濃くて脂が強い。実際、モロヘイヤ自体は独特の灰汁や臭みのある野菜なので、エジプト式にがっつりニンニクと脂を効かせたほうが美味しいような気はするが。


スパルタ110501 003

湯気の立つバゲットにタラモ・サラダ。
ここのタラモは非常に上品な味。
ギリシャ現地でも、わりといい店で出てくるタイプ。
上品ではあるけれど、しっかりニンニクと塩が効いていて、和風にひよっていないから好感度高い。

メインは常時5〜6種から選べるようになっている。

スパルタ110501 004

この日はパスティーチョ。
トマトソースで煮た挽肉とマカロニを重ねた上に、ホワイトソースを載せて焼いた料理だ。
基本的に不味くなりようがない組み合わせだが、手間暇はしっかりかかる。
当然だが、ギリシャの街角で買って食べたものと同じ味。
懐かしく美味い。

ついでに別の時に食べたメインも。

スパルタ

羊肉の煮込み、だったと思う。

付け合わせの野菜やバターライスも、毎度丁寧な作り。
ライスの微妙なポソポソ感が懐かしい。
きっと日本人には一般的に不評に違いない、このポソポソなピラフを毎度きちんと付け合せてくるあたりに、この店のこだわりを感じる。

量は抑え気味だけれど、いわゆる女性向けのイタリアンのようなちまちました盛りでもなく、結構色々出てくるので満足度が高いぞ♪


白とブルーが基調の店内は、シンプルだが開放的で居心地よい。
今の店には外のテラス席もあるから、天気のいい日は外で飲むのも楽しいだろな。

夜は1500円でセットメニューがあるそうだから、一人夕食難民には有難いかも。

ゴールデン・ウィークは休まず営業。
普段は月曜定休だが、祝祭日は営業しているそうな。
週末祝日でも、同じ内容のランチをやってるのは立派だと思う♪


スパルタ ( 伊勢佐木長者町 / ギリシャ料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



実は最近、仕事の場所や内容が激変したので、横浜でランチするのも久しぶりだった。

豚角煮丼


最近はこんなようなモンを、ガガガとかっこんで終わることが多い。
この豚角煮丼は380円。安いがね。
あるいはコンビニ飯。
他に無いんだからしょうがないぜ嗚呼。
いっそ自分で弁当持ってくるか、とこのワタシが思っちゃうような、食文化ゼロメーター地帯がこの世には存在する。
やれやれ。

三月は地震後の虚脱状態のまま過ごしてしまい、四月は一転、新しい仕事でバタバタ過ぎて行った。
よもやまさか自分が今のような生活をするとは、ウッスラとも考えていなかったのだが。

ジャスミン110501 002


なにはともあれ、無事ジャスミン香る初夏のころとなった。
この夏はどんな風に過ぎていくのだろう。
まずとりあえず、メシが不味くて重労働だから、痩せるんじゃないかと期待してるんですけどね。




人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
まったく人生、なにがどう転ぶかワカラン。



古代ギリシア・ローマの料理とレシピ古代ギリシア・ローマの料理とレシピ
著者:アンドリュー ドルビー
丸善(2002-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この本、ほし〜い!!と思ったが、既に中古のみであまりに高い。
文庫になってくれないかしら。


無農薬スパークリングワイン【スピロポロス・オデパノス・ブリュット(750ml)】ギリシャ産オーガニック【gourmet0428】
無農薬スパークリングワイン【スピロポロス・オデパノス・ブリュット(750ml)】ギリシャ産オーガニック【gourmet0428】


arima0831 at 22:45│Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西洋料理 | 桜木町・野毛

トラックバックURL

この記事へのコメント

5. Posted by アリーマ   May 04, 2011 13:13
>酔華さん
お、酔華さんもお近くですか。
店も広くなって、なかなかステキですよ。
是非お出かけくださいませ♪

>ひとりメシさん
なにしろこれで900〜1000円という価格も魅力です。
食後のコーヒーまで付くから、お得ですよね♪

>にっきさん
代官山・・・確かに豊富ではなさそうだけど、でもまだ「砂漠」じゃなさそうな気がする・・・。

そう、休みの日に美味しいものを食べるよう、出来るだけがんばっているのですよ、ご明察。

>ぶりさん
ウィキぺディアによると「日本では「タラコとジャガイモのサラダ」の略であると誤認している人も多い」そうです(笑)。
確かにそういう料理だものね。
元はトルコらしいです。タラマの語源は調べ切れなかったんだけど、元の意味が知りたいですね〜。
4. Posted by ふ゛り   May 04, 2011 09:01
タラモって明太子をマヨで混ぜた、日本のものだと思っていました!
3. Posted by にっき   May 04, 2011 08:21
毎度のことながらアリーマさんのブログ更新のタイミングがわかるという自分の絶妙な勘の良さに満足しています。(ええ、自己満足ですが)

「スパルタ」気になっていてずっとお店の情報をお気に入りに入れているのだけれど、結局未踏の店です。多分、私も好きな味だと思う。

「食文化ゼロメーター地帯」の不幸、わかります。代官山もそこで働く身にとっては同じような状況です。お弁当持っていかなかった日は私もコンビニもしくはスーパーの惣菜コーナーで命をつないでいます。そして断言しておきましょう。不味いもの食べていてはけっして痩せないから。ストレスが溜まると痩せないものなのよ。だからお休みの日はしっかり美味しいものを食べてね。
2. Posted by ひとりメシ   May 04, 2011 07:34
パスティーチョおいしそうですね。
このランチは魅力的です。
機会があればいってみたいです♪
1. Posted by 酔華   May 04, 2011 06:18
曙町時代にはよく行った店です。
宴会もやったなぁ…

あの店が吉田町に来たんですね。
ここなら徒歩圏内ランチ!
近いうちに行ってみたいと思います。

中華街では「アテネ」、「ゾルバ」でギリシャランチをやっていたのですが、
数年前から夜だけの営業になってしまったので、
これはありがたい店です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔