May 29, 2011

横浜西口『A&P with terrace』は女子会やデート向け・・・なんだって、という話

「デートや合コン、女子会なんかにピッタリの店」というカテゴリーは、ワタシには基本無縁な世界。

「雰囲気のいいインテリア」が置かれている時点で、メシ代に雰囲気分が経費として乗っかってくるのは目に見えている。ワタシにとってそういう余分な出費は「ムダ」以外のなんでもない。

とりあえず店なんか汚くってもいいから、その分しっかり喰いものに投資したい。
ワタシはそういうケチでシミッタレた人間なのである。

そんなワタシの人間性を知ってか知らずか、明らかにそういう類の店に「ちょっと行って来てくれ」という依頼が来た。
行って感じたままを書いてくれればヨロシイ。
何を書いてもヨロシイ。
本当ですか、ホントにいいんですね・・・。

店の概要を聞いた瞬間、我が理性は「断りなさい。すぐ断れ」と主張した。
でもまあ、そういう普段寄り付きもしないような類の店で、オットとビール飲んだりするのも、まあよろしいんじゃないですか、自分の懐が痛むわけじゃなし・・・なんてふと思いつき、なんのかんのとオットと二人で『A&P with terrace』なるダイニング・バーへ。

店にいるのは20代女子のグループと、合コンらしき飲み会の男女グループが主体。
中には女子を連れたオッサンもちらほら。
確かに、会社の若い女子に邪な思いを抱くシケた既婚のオッサンが、自分の懐でデート代を賄えるくらいの価格設定ではある。
それも、今夜は決めてやるぞ、という決意を秘めた夜ではなく、とりあえず「軽く飲みに行かないか」と女子を誘いだしてお話だけして後につなげて・・・というイメージ(?)。

内装はそれなりにデート向けといえよう。
インテリアに高級感は薄いのだが、店の照明が暗く暗く絞り込まれているので、その辺の粗は目立たない。
時節柄、節電にもなる。
電気代も抑えられる。
一石二鳥、ということなのだろうな。
ま、よろしいんじゃないでしょうか。

夜遅い時間なのでよくわからなかったが、9階にある店の半分はテラス風になっているらしい。
外光が入る時間帯ならば、開放的で気持ちがよいかもしれない。
電気代も・・・まあいいか。

事前にメニューを検分した時、フードの値段が思ったよりも安くて不思議に思ったのだが、出かけて全容を見て納得した。
この店はフードが安い分、酒が高めに設定されている。
はあ、なるほど。
そういう風にバランスをとっているわけだね。


A&P002

クーポンを出すとサービスしてくれる「生春巻き」。
店内の暗さがわかるだろうか?
皮がパサっているが、まあこんなものだろうな。


A&P 003

「豆腐ポキ」なる豆腐サラダの一種。
ハワイアンもエスニックの領域だったのだな。
要するに豆腐と海草のサラダだ。


A&P 004

トート・マン・プラー。タイ風さつま揚げというやつ。
かなりしっかりと辛い。
この店の場合、辛さはかなりハッキリとついている。
それ以外のフレーバーが薄いので、辛さだけが突出して感じられる、というのもあるのだろうが。

あと、特に何も言わなくても、香菜はそこそこの量が乗っかって出てくる。
そこは評価してもいいかもしれない。


A&P 006

「ヤム・マクア」なるベトナム風なすのサラダ。
ニョクマムがちょっと入りすぎだ、と感じる。
あれはバランスを考えて少し入れれば美味しいのだが、それだけで味をまとめようとすると、結構舌が疲れる味わいになるんだよ・・・。

その他サラダ類、冷たい前菜系は、基本的に味わいがニョクマムベースでよく似ている。

肉系の料理も頼んだが、これは見事にバッサバサ。

A&P010

ナシゴレン。
何故かやけに辛い。


A&P 015

鶏団子のフォー。
出汁が効いたものを特に期待をしてはいなかったので、まあこんなものであろう・・・という味。

全体に、ニョクマムなんかでエスニックな匂いと味をつけて、スパイスは唐辛子。
ハーブはとりあえず香菜を盛る。
料理の基本トーンはそんな感じ。

なるほど「エスニック風」だな。
で、価格を考えると、要するに「エスニック風の酒の肴」ということなんだと思う。
まさかちゃんとしたエスニックが喰えるなんて、まるで期待していないから、まあコンナモンだろう・・・と軽く納得できる。
こういう店で、ちゃんとメシを喰おうなんて思うのは、非常に愚かなことだしさ。

でもまあ、金を取って人に料理を出すんなら、もうちょっと考えてもよさそうには思う。


ところでこの店、いまどき珍しく喫煙席が非常に優遇されていて、広いテラス席は喫煙者用になっている。
禁煙席はきちんと別エリアになっているのだが・・・

A&P 012

A&P 013

眺望はこんな感じ。
なんだこりゃ?!とびっくりしたが、隣にあった東急ホテルの残骸なんだそうだ。
そういえばしばらく前に閉鎖になっていたっけ。
ふとした弾みで、向かいのビニールシートが、なんか軽く動いたような気がしてちょびっと怖い。


あれこれと結局辛口になったが、この店の場合、バーラウンジと考えて喫煙席(つまりテラス席)に場所をとれば、使い道はあると思う。
何しろ横浜駅周りで、落ち着いて座って話ができるような環境があるとしたら、それはそれで貴重だ。
平素はオッサン臭い居酒屋で、ガサガサと飲み食いすることが多いワタシとオットなぞ、珍しく落ち着いた環境で向かいあっているもんだから、なんとなくしんみりと近況を話し合ったり、最近の中東情勢を考えてみたりできたし。
だから、話をするにはいい環境、と言ってよいだろな。

特に陽が落ちる前の時間帯なら、外光がたっぷり入って、それなりによいだろうと思う。
ランチから午後通しの営業もやっているということなので、お茶する場所に困ったら思い出してもいい店だ。
横浜駅周りで、明るい広いところでランチをしたい、という場合にも使える。
そういう場所を見つけるには、横浜駅西口界隈は不便な場所なのだし。

でも、とりあえず、こういう店で真面目にメシを喰おうとするな、という基本が覆されるようなことはない。
まあ、そういうもんだろ。
エスニックをちゃんと喰いたければ、福富町や伊勢佐木町に向かえ。
当然のことだが。

もうひとつ敢えて付け加えると、たまたまなのだろうが勘定のつけ違いが結構あった。
どこの店でも同じだが、伝票の詳細はきちんとよく見るべし。
しかし、デートに女子を連れてきたオッサンなんかは、出てきた金額を黙って支払うんだろうなあ。

で、ワタシがこのように穏やかなのは、要するに「自費じゃない」からなんだとも思うんだが。
どうせこういうことであろう、と思って行ったらその通りだったんで、特に腹も立たん、ということでもある。

確かに、こうるさくない20代女子が喜ぶ店、という意味では、ある程度正しいに違いない。
しかし、こういう店がダメな人が、わざわざ出かけてみたら意外とよかった、なんていうことは起きない。
だからオッサンくせえ居酒屋志向の人たちは、とりあえず近寄らないのが無難だよ・・・(笑)。


A&P with terrace 東南アジア料理 / 横浜駅神奈川駅新高島駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.0




ワタシとオットは、結局微妙な空腹に耐えかねて、野毛でラーメン喰って帰りましたとさ。
笑。


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
一昔前なら、ブチキレ気味にコッテリいろいろ書き連ねたんだろうな、と思うとちょっと感慨がある。



テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)
著者:ヤマザキマリ
販売元:エンターブレイン
(2011-04-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

三巻にもなるとネタ切れか・・・と心配していたのだけど、非常に面白かった♪


【Healthknit】ヘルスニットジャガード レギンス(スパッツ)エスニック柄 幾何学1 全6色
【Healthknit】ヘルスニットジャガード レギンス(スパッツ)エスニック柄 幾何学1 全6色

エスニック柄って、こういうもんだったっけ・・・?




arima0831 at 02:15│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 東南アジア | 横浜駅界隈

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by アリーマ   June 08, 2011 13:02
団長さん

いらっしゃいませ♪
車橋ファンには、まず決してオススメできない店ではありますね(笑)。

最近更新が間遠になりがちなのですが、折々なにがしかUPして行く予定ですので、よろしくお願い申し上げます。
1. Posted by 団長   June 08, 2011 12:54
はじめまして。 車橋モツ肉店のファンです。

今回のレポートはお店的に、おやっ?、と思いましたが、気が進まない雰囲気がよく出ていてそれはそれで楽しく拝見しました。(笑)

過去の記事の分厚さに感服致しました。 これからも楽しみにしております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔