September 02, 2011

浅草『ベトナム料理・ビストロ オーセンティック』でハーブわさわさ絶品ベトナム料理宴会

実は憧れの国はベトナム。
何度か行こうとしたんだけれど、なかなか実現しない。
とにかくメシが美味そうな国だ。
野菜たっぷり、ハーブどっさりで、タイ料理ほどのビート感はないものの、しっとり体にしみわたる滋味がありそうなイメージ。

じゃあ美味いベトナム料理をどれほど食べたことがあるのか?
正直に言うと、ほとんどないに等しい。
何故か横浜界隈の場合、ベトナム料理屋はそう長く持たずに潰れてしまう傾向があるようで、おおイイカンジの店ができたじゃん、一度行ってみるべ!とか言っている間に、気付くと店自体消えていることが多い。
タイ料理店の隆盛に比べると(3・11以降数が減ったとは聞くが)、実に寂しい限りなのである。

そんなわけで、夢で見るだけの美味に憧れを募らせていた。
最近はkanさんがお出かけの様子を、指をくわえて眺めていたり。

さて、暑さがガンガンとエスカレートする気配を見せていた夏の初め、某サイト関係者のメシ会のお誘いが某師匠より来る。
鰻の『との村』仲間、というご縁なのである。ありがたし。
最近密かに人気急上昇中のベトナム料理店、浅草『オーセンティック』にて「ハーブわっさわさ」的宴会をやるとやら。
特注メニューでお店貸し切りという豪勢な話だ。
はいはいはいっ!行きますイキマス!!ということで、某月某日浅草へ。
浅草が地元のアパ経も誘ったら、きゃわきゃわついてきたので仲良く一緒に参加。
こういう集まりに誘われて、断る馬鹿はおるまいて。

しかし、店の収容人員がこうまでタイトな店とは知りませんでした。
店内だけだとマックス7名。
外のテーブル合わせて9名という、実にかわいらしいお店だったのですよ。
ワガママ言ってスミマセン・・・。

当日浅草に出向いたが、店のあるらしきポイントまで来て完全に迷ってしまった。
あれれれれ??と探し歩いて東武浅草駅の駅員さんに尋ねたところ「地下に潜りなさい」と。
え、なんのことでしょうか・・・と指差してもらった階段を本当に地下に降りて前進・・・

オーセンティック110619 001

こんな小路が出現。
なんとも昭和な香り溢れるロケーションだ。

BlogPaint

向かいのタイ料理は、よく知られた店らしい。
東南アジアの市場の一角に迷い込んだような、不思議な空気感が漂っている。

オーセンティック110619 002

生春巻き。自家製のピーナッツ味噌ダレがついてる。
オーソドックスにウマイ♪
春巻きは三種類出るという。

オーセンティック110619 005

次、蒸し春巻き。
広東料理の腸粉に似てる。
そもそもこの米粉の皮は大好物なんだが、ハーブや野菜をたっぷり載せて、生春巻きより複雑な香りと食感がステキだよ。
この丁寧なモヤシの処理を見て!
中身は緑豆と豚肉。

オーセンティック110619 006

美しい艶を放っている。
歯触りはむっちりモッチリと官能的。
ううん、これはタマランですよ。

この辺から一気にテンションが上がってくるのだった。

オーセンティック110619 007

やったあ、パチパチパチ、と拍手で迎えるハーブの山。
第三の春巻きは「揚げ春巻き」。

オーセンティック110619 008

具は肉がメインだけれど、色々複雑な味わいが絡み合っている。
外側はサックリと軽やかな揚げ上がり。
サクッと噛むと広がる複雑な旨味を、ハーブでわさわさ包んでいただく楽しさよ嗚呼。

揚げた春巻きがこんなに美味いと思ったのは初めてですよーん!

オーセンティック110619 009

この日に出されたハーブの色々。
まず撮って(!)すぐ喰う。
こういう青物は、本当に際限なく食べられてしまうよね♪

オーセンティック110619 010

一見したところ、まことに地味な「ゴイ・ガー」なる蒸し鶏とキャベツのサラダ。
しかし、一口食べるとびっくりするほど複雑な旨味が効いている。

もうアホのように「う、ま〜い!」の一言しかでてきません。

オーセンティック110619 011

口直し的に出てきた空芯菜のスープ。
ちょっと青臭いスープなんだけど、抜群の出汁とスパイスやハーブの塩梅で、淡々とキレイにまとまってます♪

オーセンティック110619 012

ベトナム産ワイン。期待値ゼロだったがなかなかいけた。
ビールはベトナムの「333(バーバーバー)」。
昔エジプトでガボガボ飲みまくった地ビール「ステラ・ローカル」を上品にしたようなビールだ。

オーセンティック110619 014

「チャー・カー」なる鯰とディルの炒めもの。
さっぱり味の鯰にディルの香りがアクセントになって、これまた目から鱗の味わいだ。
こういう類の炒めもので感動することって、そうないような気がするけど逸品です!

オーセンティック110619 015

この日一番のオドロキはこれだったかもしれない。
なにこれ?マカロニと挽肉・・・??

いや、確かにその通りなのだが、このマカロニは米粉製で、歯ごたえがむっちりと独特なのだ。
小麦粉のパスタと違って、ちゅるんと喉に滑りこんでいく食感だ。
青菜も入ったスパイシーな挽肉炒めを混ぜていただく。

見た目からイメージする味を、いちいち舌が裏切るのだが、その捻り加減がなんともタマラン。
着地点はオドロキとヨロコビに満ちている。

オーセンティック110619 016

これもまたハーブわっさわさなバインセオ。
オムライスの亜種かと思っていたのだが、実はウコンで黄色く色をつけた物なのだそうだ。
中にはモヤシを中心にした具がどっさり。
これも野菜たっぷりだな〜♪

オーセンティック110619 017

「コム・ヘン」なる、蜆の激辛ぶっかけご飯。
確かにガツンと辛いが、旨味の凝縮されたスープがガチンコ勝負している。

ベトナム料理の汁物って、上品な薄味のイメージだったが、こういう激しいものもあるんだね。
しかし、ガチンコながらケミカルな味ではなく、濃い自然の旨味勝負。
だからアフアフいいながらも止まらない。

オーセンティック110619 018

そしてフォー・ガー。

・・・これですよこれですよ、これこれ!
こういうスープを飲みたかったんだな、ワタシ!!

オーセンティック110619 019

デザートはタピオカのチェー。
のぼせた頭がちょっと冷えてくる感じで、気持ち良いデザート。


とにかく徹底した手間をかけた料理に感動した。
まず、これだけ色々ハーブわっさわさに各種の料理を出して、一品ずつそれぞれ違う味わいがしっかり出てくるから、料理人の技術と引き出しの多さは大変なものだ、という気がする。

シェフの中塚さんは、元々はフレンチ出身だそうだが、なにが彼をここまでベトナム料理に駆り立てたのか、一度ゆっくりお聞きしたいものだ。
もちろんベトナムの人ではなく、日本の方です。驚いたことに。
この日はひゃあひゃあ言いながら喰いまくるばっかりで、到底そんな余裕がなかったのが残念。
次こそは!

ここは絶対にまた行くぞ。
唯一の問題は、横浜からはちょびっと遠いことなんだけど、遠路踏み越え行く価値がある店だ。

7人入ると満席の小さな店なので、お出かけ前に予約のこと。
営業日などはお店のブログツイッターでチェックしてね。


ベトナム料理・ビストロ オーセンティック ( 浅草(東武・都営・メトロ) / ベトナム料理 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


ベトナム料理・ビストロ オーセンティック ベトナム料理 / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)本所吾妻橋駅

昼総合点★★★★★ 5.0



末筆ながら、この日のメニューの調整手配など、ご尽力くださったよーぜふさんに心から感謝します♪


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
やばい、思い出したらヤミクモに食べたくなってきた・・・!


カンタン、おいしい、ベトナムごはん。カンタン、おいしい、ベトナムごはん。
著者:中塚 雅之
販売元:産業編集センター
(2007-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

中塚シェフの本。クレージーなまでの情熱の秘密がここに?!


ライスヌードル3,5mm【フォー(200g)】透明感のある白色をした、モチモチした歯ごたえとコシのあるサッパリした風味の美味しい麺。本場のベトナム風の味付けはもちろん、和風の味付けにもよくあいます!
ライスヌードル3,5mm【フォー(200g)】透明感のある白色をした、モチモチした歯ごたえとコシのあるサッパリした風味の美味しい麺。本場のベトナム風の味付けはもちろん、和風の味付けにもよくあいます!


arima0831 at 01:18│Comments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 浅草・日本橋 | 東南アジア

トラックバックURL

この記事へのコメント

9. Posted by アリーマ   September 07, 2011 15:57
つちころりさん

ブンもあるみたいですよ。
春巻きの中に詰めてあるくらいだから。

ベトナム料理店自体、タイ料理と違って絶対数が少ないんでしょうね。
ウォーター系への進出度が薄いんじゃないでしょうか?
所謂「本格現地型」は、なに料理でもそういうところにぶら下がる格好で増えますから。

メニューはすべてが常備じゃないので、特に食べたいものがあれば、事前に電話をして相談すると良いようです。
8. Posted by つちころり   September 07, 2011 00:30
久々にコメントさせて頂きます。

コムヘンなんてあるんですね。フエの料理ですよね。
比較的寒いところなので、辛い料理があるんですよね(普通暑いところにあるんですが、ベトナムの場合逆のようです)。

それに、チャー・カーまであるとは!さすがにブンはないか・・・。


横浜って人口の割にベトナム料理店がイマイチといった感じなので、参考にさせて頂きます!
7. Posted by アリーマ   September 03, 2011 13:09
団長さん

この日に食べた料理に関しては、本当に突っ込みどころなしで満足度限りなし!でした。
東南アジア系の料理が好きだったり、ハーブの香りで食欲が増すような方なら、間違いなく楽しめると思います。

ガッチリ食べたければ、事前に電話して食べたい料理を相談するとよろしいかも。
是非行ってみてくださいませ♪
6. Posted by 団長   September 03, 2011 10:02
おお〜、出ましたね、5つ星! 野毛界隈でベトナミーズと言うとレーロイ(それなりに美味しいですけど)くらいしかないので、たまにはそれを超える料理をがっつり食べたいと思ってました。 浅草方面へはときたま出向きますので、是非行ってみたいと思います。 
5. Posted by アリーマ   September 02, 2011 10:07
>わかまるさん
小さな店ですが、料理は確かです。是非どうぞ。

>kanさん
いいな〜!ううむ、なんとか一度行きたいものです。
衛生面はワタシも香港でアタリ引いてました。
ま、こればっかりはしょうがないですねえ・・・。

>ようこさん
お詳しいですね!
このシェフはいい意味でクレージーな人だと思います。

>ぶりさん
ま、ベトナム料理への衝動が突きあげてきたら、浅草遠征してください。どうせ横浜からは電車で一本だし。
4. Posted by ふ゛り   September 02, 2011 08:35
これは写真を見ただけですごいですわ。
私なら写真だけで済ませてしまう(笑
3. Posted by ようこ   September 02, 2011 08:02
生春巻きの透けて見える麺がよくあるそうめんじゃなくて
ほんとの米麺のブンらしくてすごいなと思い、さらに
チャーカー 北部
バインセオ 南部
コムヘン 中部
で、わー、どこ出身の料理人さんなんだろう?と読み進んだら
なんと日本の方だったんですね。
写真からも裏切られないお店というのがすごく伝わってきました!
2. Posted by kan   September 02, 2011 02:48
蒸し春巻いいですよね!
今回の小旅行で好きになりました。

ベトナム、数日なら気軽に行けそうですよ。
衛生面は気をつけないといけないのでしょうけど。
(振り返って反省中です)
1. Posted by わかまる   September 02, 2011 02:41
いい感じの雰囲気でてますね〜。私も行ってみたい

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔