October 01, 2011

小田原『あじわい回転寿司 禅』で変態性を垣間見る 〜回転寿司編〜

8月上旬、オットと夏休みで五泊六日の南伊豆旅行へ。
気がつけばもう既に「遠い思い出」って感じの季節感になっている今日この頃だが。

南伊豆までの道のりは遠い。
知らないと伊豆なんて、熱海くらいが南限みたいなイメージなのだが、実はその先が結構奥深い(いや、ワタシだけなのかそういうのは?)。
今回は車なので、夏休みに付きものの渋滞なんかも考えなければいけない。
うっかりすると、ハワイとは言わぬまでも、グアム・サイパンあたりよりは遠い気がする夏の南伊豆である。

だからまずは途中の小田原で腹ごしらえをしてから臨むべし、ということで、あちこちからオススメのあった『あじわい回転寿司 禅』に寄ってみた。

噂によると地元民に「変態回転寿司」と呼ばれているらしい。
やれ酒の揃いがハンパないとか、フレンチ系のメニューがあるとか、フォアグラの寿司が回ってるとか、寿司に花火が立ってるとか、CDが皿に乗って回ってるとか、不可解な噂がいろいろ聞こえてくる。
キワモノ系?
面白遊園地系?
話題狙い?
しかし、不味い店にしげしげ立ち寄ることだけはしなさそうな方が、よくお出ましのようだ。
まあ行ってみよう。

店の正体が話だけではよくワカラン一方で、場所だけは驚くほどわかりやすい。
西湘バイパスを小田原ICで降りて、国道一号線に向かってチョイと行くと、もうそこに店はあった。
車で出かけた地方の店探しで、ここまで楽をしたのは初めてかもしれない。

BlogPaint

・・・この店だ。

よく田舎の国道沿いなんかによくある、ファミリー向け回転寿司の体。
隣のラーメン屋と共有のでっかい駐車場付き。
諸方面の話を事前に聞いていなかったら、間違っても入らないと思う。

昼をとうに過ぎた時間帯だったのだが、店内は結構混んでいた。
夏休み中とはいえ平日なのに、ほぼ満席状態。

実は回転寿司に入ったのは、人生で多分5回くらいなものなんじゃないかと思う。
寿司は好きだが、中途半端な刺身をのせたミニお握り的な食物は、なんだかどうも好きになれない。
で、なんらかの理由で回転寿司に入ると、絶対に回っているものには手を出さず、いちいち板さんに頼んで握って貰う。嫌な客だ。だったら回っていないところに行けよ、と、いつも微妙なジレンマを感じながら、それでも回っているヤツに手を出す気になれないのだが・・・

禅

禅110804 005

座ったとたん、目に付いた皿をつい数皿取ってしまった。
なんだか手が伸びるルックスなのだ。
シャリは小さめでやや固め。
当然高級なカウンターで食べる寿司とは別のものだが、うっかり回転寿司やそのレベルの寿司屋に入った時、往々にして感じる微妙な諦念が湧かない。

それどころか、十分美味しいし、美味しそうなものが回ってくるから結構楽しくすらあるよ♪

禅110804 004

イクラもウマイです♪

禅110804 003

オクラとろろの軍艦巻きなんて、初めて食べたが意外といい口直しになる。

禅110804 002

ウニは普通だな。多少アンモニア臭いか?
しかし、回転寿司の価格と体裁で出てくるものとしては、十分なものだと思う。

・・・と思ったら「殻つき」を頼むこともできたことを後で知る。
もちろん料金は違うが、棲み分けはそれなりにできているみたい。

禅110804 007

衝動的にオットが取った「鶏の唐揚げ」も、実に当たり前に美味しい。
取るなよそんなもん!ウマかったから許すが。

禅110804 011

こういう店で鯵の不味かろうハズはなく・・・

禅110804 010

蕩けるサーモンもよろしゅうございましたし・・・

禅110804 012

ツブ貝を握ってもらったら、磯の香り溢れるオツなもんが出て来た。

なんとなく回っているやつを取って食べてると、近くにいる板さんが「お好きなものがあれば握りますから〜!」とせっせと声かけしてくれるのだ。

そんなこんなで、これ以外にも結構いろいろ食べて、お腹をさすりながら勘定したら、一人三千円くらい。
今回は車なのでアルコール抜きとは言え、食べた量を考えると実にリーズナブルだ。

確かにこの倍も出せば、もっと美味い寿司が喰えるとは思う。
でも、この値段でそれなりに美味しく楽しく食べられる寿司がある、てことの方が、正直ワタシにとっては嬉しく有難い話だな。
若いホールのスタッフも、いわゆる回転寿司のバイト店員と一緒にしたら申し訳ないくらい、腰低く丁寧な接客ぶりでいい感じ。

まず、回転寿司として、非常に優良な店なのは間違いないよ。
こういう店が近所にあったら、ちょいちょい気楽に足を向けて「寿司を喰う」のにな・・・

と思いつつ、店を出る前に、今日は禁酒だから敢えて目を逸らしていた「酒類の品揃え」にちょっと目をやってみる。
店の壁面を一つ大きく覆うように置かれた巨大冷蔵庫の中身を見たら、あるわあるわ輸入ビールが。
ウルケルとかシメイとかはもちろん、まったく見たことも聞いたこともないような世界のビールがぞろぞろ並んでいるではないか。
ドイツのケストリッツァーなんてもんまであるぞ。
ゲーテも愛飲したとか言う、歴史ある黒ビールだが、これを置いてる寿司屋なんて、全国広しと言えどもこの店くらいだろう・・・。

ちなみにメニューには、ベトナム風春巻きだのトリッパの煮込みだの、鶉のローストだの子羊のグリルだの、なんだかもうワケノワカラン勢いで「寿司以外のメニュー」が壁を埋め尽くしている。

なるほど、この辺が「変態」の本性なのかも。
ううむ、これはもう一回来てみなければなるまい・・・ということで、伊豆の帰りにまた寄ることにした。

(つづく)

あじわい回転寿司 禅 回転寿司 / 緑町駅小田原駅井細田駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0



尚、写真撮影にはいろいろ規制があるようす。
聞いたら「自分の食べてるものを撮るくらいならば構わないが、回っているものにカメラを近づけたり、他のお客が画面に入ってしまうような撮影をされると困る」との由。
だからこの記事の写真については、一応漠然とながら許可を貰ってあります・・・。

あじわい回転寿司 禅 ( 緑町 / 寿司 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
優良回転寿司は、当然それだけでは終わらない店だったのであった・・・。


Tribute to あじわい回転寿司 禅Tribute to あじわい回転寿司 禅
アーティスト:Various Artists
販売元:SPEEDKING PRODUCTIONS
(2010-05-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ここのファンがCDまで作ったそうです・・・。

あげかま 竹皮包《小田原 箱根 伊豆土産 すずひろかまぼこ 蒲鉾》【小田原鈴廣かまぼこ】
あげかま 竹皮包《小田原 箱根 伊豆土産 すずひろかまぼこ 蒲鉾》【小田原鈴廣かまぼこ】

小田原土産にすずひろの蒲鉾♪

arima0831 at 22:58│Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのコメント

6. Posted by アリーマ   October 05, 2011 11:58
きゅーさん

普通に美味しいからあげでした。
5. Posted by きゅー   October 05, 2011 09:46
途中のから揚げがなんか印象に残ってしまいます!
4. Posted by アリーマ   October 03, 2011 22:08
ひとりメシさん

そう、寿司以外のメニューも面白いです。
ご家族と行くなら、とりあえず寿司ってことになりそうですが。
単なる回転寿司として、十分な優良店ですよん♪
午後通し営業なので、時間を外せばゆっくりできますし。

ワタシもまた酒が飲める状態で遠征したいです・・・。
なんといっても、酒の揃いが圧倒的でかつリーズナブルな店で、寿司より料理よりそこがポイントかも。
3. Posted by ひとりメシ   October 03, 2011 10:09
おお。
話は聞いていたのですが、やはりおいしそうですね。
先日家族を誘って行こうと思ったのですが、残念ながら却下されました(涙)
寿司以外のメニューがまたおいしそうなんですけどね。
機会があればぜひいってみたいです。
2. Posted by アリーマ   October 03, 2011 00:25
四川赤熊猫さん

そう、写真については「ごもっとも」です。
CDは・・・ゆかしいができれば誰かに化して欲しい感じですかね(笑)。
1. Posted by 四川赤熊猫   October 02, 2011 11:18
写真撮影ガイドラインは、至極真っ当に思えます。
CDのジャケットもなかなかゆかしく。


お魚食べたいにゃあ..。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔