July 17, 2012

中華街『獅門酒楼』のランチが極上激安ですよ!

三月に三日続けて中華街に行った話が、初日だけで頓挫しているんです。
子猫がやってきた話だって、まだ家に辿り着いたばかりの段階で放置されているんです。
夏休みの間に何とかしよう、すでに過ぎ去った七夕のお星さまに無意味に誓う・・・!

でも、とりあえず今日美味しいものを食べたので、久しぶりに「美味しかったレポート」@中華街『獅門酒楼』♪

いや、噂には聞いていたんだけれど、中華街で昼の二時までしか食べられないランチ定食の類って、ワタシの生活からはいろいろな意味でかけ離れていて、いつかできるもんなら・・・という遠い夢のような位置にあったわけですよ。

しかし、何故か突然昼過ぎに一人で中華街に行く用件発生。
勢いに乗って行ってきた♪

実際のランチメニューを店先で見ると、650円〜840円の価格帯で9種類もある。
目移りする。
5種類はカニ玉、酢豚といった、ごくごく当たり前な中華メニューなんだけれど、日替わり部分が実に面白い。

店の前に悩んでいても暑さが増すだけなので、店内に入ると意外に広々。
高級ではないにせよ、夜にお客さんを連れてきてもまったく問題ない雰囲気。

なんかこういう気分でお店に一人で座るのも、実は久しぶりのことなのでちょっと嬉しい♪

この店にはMランチというものがあって、MはなんのMかっつーと「ミステリー」のM。
要するに、素材だけ書いてあって、あとはなにが出るかわからないから「好き嫌いの多い人は頼まないでください」という但し書きがついているもの。
この日は「青菜と海鮮」だ。

ううううう。
これも良さそうだなあ。

しかし、ワタシのココロをクギヅケにしているのは、実は日替わりのAランチ。
「はまぐりとトマト、冬瓜の煮込み」だ。
冬瓜・・・5月からせいぜい9月下旬くらいまでしか食指をそそらない、この実に特殊な野菜。
しかも蒸暑い夏の間は、家でも外でも「冬瓜」と聞くと即降参の体なのだ。
あの微妙に青臭い旨味を思うと、もういてもたってもいられなくなる。

心を鬼にして(?)、Mは捨ててAに走った。

すぐにスープとザーサイが運ばれてきた。
高菜と大豆のスープは、高菜の酸味が効いた面白い味わい。
しかし、メインがなかなかこないね・・・と待っていたら・・・

獅門酒楼


・・・こんなのがきた。
作り置きではない証拠に、口を開いたばかりの大きな蛤からふんわりといい湯気がたっている。
しかも、二人分でもいいような量だ。
蛤だけでも六個くらいはあったろうか。

680円の定食ですよ、これは・・・。

この大きな蛤の旨味が染みわたった冬瓜。
他にも豚バラ肉の旨味やら、春雨の食感やらが入って、そこに煮崩れないくらいに火の通ったトマトの旨味がキュッと追い討ち。

そして、高菜の酸味が効いたスープが面白い中和剤として、全体の美味しさをおっとりと増す。

うわー、こりゃあ素晴らしいわねえ・・・と食べ終わってポヤンとしていたら「デザートは杏仁豆腐かマンゴプリンをお選びいただけます」と。

マンゴプリン、美味しゅうございました。
小さな鉢にちょこんと盛られて、小さな中華スプーンを添えたミニサイズなれど、ひんやりしたもので口をサッパリさせながら、ちょっとした甘味で心を和ませる効果は大きい。

ちなみに金曜日の日替わりは「穴子の一本揚げ 油淋ソースがけ」だそうな。
それから、隣席が頼んだ「Mのほう」を盗み見ていたら、「イタヤガイと空芯菜の塩炒め」で、これまたなんともウマソーでしたわ。

その他ランチメニューを見ていると、この季節には心を奪って世界の果てまで連れ去ってしまいそうな

「海老とトマト、冬瓜の冷やしつゆソバ&チャーシュー丼」なんていう麺セットが840円。

この店はランチでも、数名で来たら非常に楽しいに違いないです。
でも、一人でも美味しく楽しい。

そっかー、こんな店がまだ中華街にあったのかあ・・・!
と、己の不明を激しく悔やんだのでありました。

ランチで来てとても美味しかったから、夜に大事な人を連れてこよう!と思った。
これって良いお店の格安ランチの王道だよね♪

尚、週末にはちょっとアップグレードしたセットメニューを千円ちょっとくらいからでやっておられるそうな。

この辺の顧客へのアプローチも、かなりプロフェッショナルな感じがする、とてもいいお店です。
いままで知らなかったのが、とにかく残念でなら〜ん!

獅門酒楼広東料理 / 石川町駅日本大通り駅元町・中華街駅

昼総合点★★★★★ 5.0



獅門酒楼 ( 元町・中華街 / 広東料理 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ




人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
尚、もうひとつのランチ有名店『一楽』も未訪。行かねば!

日本語でどづぞ―世界で見つけた爆笑「ニホン」誤集 (中経の文庫)日本語でどづぞ―世界で見つけた爆笑「ニホン」誤集 (中経の文庫)
著者:柳沢 有紀夫
販売元:中経出版
(2007-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

関係ないけど、最近最も爆笑した一冊。暑気払いにどうぞ。ワンコインだし。

[キャットタワー]【送料無料】キャットタワーランド天井突っ張りタイプ!猫ちゃんの運動不足解消に!CLD-240[キャットタワー・キャットランド・キャットポール・猫タワー・キャットタワー 突っ張り・アイリスオーヤマ]
[キャットタワー]【送料無料】キャットタワーランド天井突っ張りタイプ!猫ちゃんの運動不足解消に!CLD-240[キャットタワー・キャットランド・キャットポール・猫タワー・キャットタワー 突っ張り・アイリスオーヤマ]

ついにキャットタワー購入。
でも、諸事情でまだ組み立てられない・・・。





arima0831 at 22:10│Comments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理(2011.1〜) | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

7. Posted by アリーマ   July 20, 2012 00:36
socitonさん

ランチ時間に手の届く場所にいれば通うだろうなー。
一楽も是非行ってみたいと思います。
6. Posted by sociton   July 19, 2012 13:44
アリーマさん初めてとは知らなかった。
私この日は一楽でハゼの中華風天ぷらを食べましたが、一楽と獅門酒楼は他の店とメニューが違うんですよ。
最近めっきりはまってしまい、どちらかに行くようになってしまいました。
5. Posted by アリーマ   July 18, 2012 22:36
>酔華さん
こんな社食、あったら夢のようですねー!
実際社食価格だし。

紹興酒ムースはいつとも知れぬ次回の目標に掲げておきます・・・。

>ぶりさん
写真映えする照明か・・・。
最近は流行る店を考えようとしたら、そこまで計算しなきゃいかんということですねえ。

4. Posted by ふ゛り   July 18, 2012 22:17
何だかタイトルが特価系Blogのようで(笑。
難は室内照明にメリハリが無いので、写真が映えるように写すのには一苦労なところです。
3. Posted by 酔華   July 18, 2012 08:55
獅門酒楼と一楽は我々の社食のような店です。
それぞれにファンが付いていて、毎日通っている人も。
近くで働いている常連さんは、
売り切れになりそうなメニューの場合、
ランチの予約までしているとか。
最近は混み過ぎて困っています。

本須さんも述べておられるように、
紹興酒ムース、美味しいですよ。
2. Posted by アリーマ   July 18, 2012 00:01
本須さん

実はそうだったのです。
ちなみに『一楽』も未訪。

ランチの中華街は、この数年本当に遠いです。

しかし、こんなにステキな美味しいものが眠っているなら、たまには行かなきゃいけませんね!

老酒ムースを次の目標(?)にします。
ここはデザートも丁寧に作ってあって美味しいですね♪
1. Posted by 本須   July 17, 2012 23:18
アリーマさんがここをお初だったなんて意外です。

今回の入店時間は遅めだったのでしょうか。
デザートには「老酒ムース」というのもあって、
早々に無くなってしまうのですが、これもかなりおいしいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔