June 22, 2018

鎌倉うろうろ研修 其の一 〜「混んでる時はどうなってるのか研修」でまずは明月院へ〜

この春から生業の一部に通訳案内士が加わった。
海外から来る観光客を連れて歩くアレだ。
資格だけは一応取得したものの稼働していなかったが、ようやく動きまわる余裕ができたところで春先に有難くも仕事につながった。

それはいいんだけれど、なにしろ何もわかっていないので、ちまちまと泥縄式ににわか勉強中である。
正直「え〜こんなことも知らないの?!」の連続で、いつかは少しはマシになると信じたい・・・。

さて、今回は同じような身の上の友人と鎌倉へ。
なんといっても「いざ鎌倉」なんだし(?)。

しかも今回は鎌倉にて、とある重要品目の仕入れも兼ねている。

kamakura20180619
北鎌倉駅に到着するも
ホームは既にグッシャ混み。

さすがは紫陽花のピークシーズン。
聞いてはいたがさすが混んでいる。
何しろ小さな駅で出口は一カ所。
ゆるゆる動いて出るまでに十分近くかかった。
ふう。

まあ、わざわざ日曜日に来たのも
「混んでるときはどうなってるのか研修」
も兼ねているからなので
そうかなるほど・・・て感じで列にぼんやり並ぶ。


まずは明月院へ。
寺の近くの小道に並んでさらに待つ。
入場待ちは15分くらいだったろうか。
中もみっしり人に溢れている。

IMG_0572  IMG_0571

紫陽花は確かに美しい。これだけ咲いてると壮観だ。
でも人ごみもすごい。
自分だけならそこを考えただけでパスするが、まあ来ちゃったもんはしょうがないから目の保養に相務める。

人の多さに目をつぶれば、山の空気は爽やかで清々しい。
竹と紫陽花なんていう取り合わせもステキではある。

IMG_0573

この日の混雑ぶりを考えると、
とりあえずこんなのは
奇跡のショットと言えるか。

しかし紫陽花って、
けっこうどこにでも咲いているだけに
本当にここまでして見なきゃいけないもんか?
とは思う。








IMG_0585_LI


かの有名な円窓など、ほぼ近寄れもしない。
本堂正面はびっしり人だかり。

IMG_0587

そんな中、まさにその本堂正面の群衆と向き合う格好で、微動たりともせず眠っている猫の不動心よ!
さすが徳の高いお寺の猫は…ていうことなんだろうか?

ちょりちょり頭を撫でてやっても、目蓋すら開かず無心無想の風情。
スゴイなオマエ・・・。


本堂の裏にもお庭があって、菖蒲の咲く六月のみということで公開されていた。

IMG_0594



花自体はほぼ終わっているので、この辺りは人も少なくなってくる。
お庭をのんびり見ながら一息付けたので、この日に限っては穴場だったかな。


IMG_0598   IMG_0597


少しだけ咲き残りの菖蒲がみられた。


IMG_0595


でも、反対側から本堂の円窓に群がる人々を見ている方が面白かったかな・・・。


(つづく)


PS:
ロンドンが中途でぶっちぎれているけど、そのうちにまた。




けっこうお役立ちだった鎌倉特集。



ネタ本に♪

arima0831 at 14:50│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 鎌倉 | その他神奈川県

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔