January 02, 2021

2020年に読んだ本 〜和書編〜

先にも書いたが、今年はどうも華々しい長打が少なかった和書。
和書の場合、ちょっと出遅れると図書館の蔵書は長蛇の列で、なかなか借りられないのも原因なんだろうか?

ついでに2020年を概観してしまうと、やはりコロナ禍の話になる。

副業で二年越しに上手く伸ばしていた通訳案内士業が完全開店休業になったのが一つ。
一応三月に旅行業界系の視察旅行だけは一本できたけれど、今年はそれだけ。
2019年に順調に仕事に幅が広がってきて、三月には二十日近い地方も含めた長いツアーのデビュー戦が来ることになっていたのが、なんと二日前にキャンセルが来た。

しかしその準備で京都に何度か行ってきて、以来すっかり京都にハマってしまった。
なんといっても、この数年ですっかり高まった苔愛を満たすにはやはり世界最高の街なのだ。
コロナのおかげで新しい世界が広がった、とも言える。
いっそこのブログのテーマを京都と苔に路線変更してみるか…(笑)?

それはさておき、ガイドの仕事には正直オリンピックも含めて色々期するところのあった年なので、非常に残念ではあった。中東やらで、若い頃から何度となく仕事根こそぎは経験してきたので、最初はああまたか、てくらいのもんだったが、予想以上にしぶとく長い事態になりそうだ。事実は小説よりも奇なり。まったくなあ。
しかし旅行業というのは、非常に脆いがしぶとい業種なので、まあまたガツガツ稼げる時期も来るさ、と研修研鑽に励む日々。研修研鑽て、要は京都あたりで呑んだくれている、てことなんだが。
ま、それも勉強だよね♩

一方英語を教える方は、大学の授業の大半がオンラインに移行。自他ともに認めるIT原人のワタシには、冗談抜きで地獄のような春から初夏。ガチで発狂寸前だった。ヤダヤダと泣きながらデジタル最前線を無理やり突っ走らされているわけで、まあよく失敗したもんだ。ウチのタケゾウくんが、突然二本足歩行でスーツ着て会社経営を強いられて、トイレの粗相を繰り返すような状況だったよ。その辺がゴメンで済むのが非常時でもあって、いい勉強と言えばいい勉強にはなった。今でもイヤだが。ホント早く終わって欲しい。

そして我がベイスターズでは、我が最愛のアレックス・ラミレス監督が退任してしまった。
そろそろ来るな、と覚悟はしていたがこれはショック。
ついに我が3番ラミレスのユニフォームも引退だ。
今シーズンは何着てハマスタに行こう…?

じゃあ、梶谷のユニでも買うか…と思えば、ウッソーマサカのジャイアンツ移籍。日本プロ野球界で最も弁髪の似合いそうなリードオフマンが奪われてしまったのである。まあ仕方ない、弁髪の思い出はチョキンと断ち切って生きて行くよりないよねえ。怪しい髭ともおさらば。勝手にしろ。ぷんぷん。
ついでに井納の宇宙人発話も、もうハマスタで聴けなくなるか。ないとなると寂しい。
ジャイアンツのバカ〜!

というわけで(?)、今年の和書ベスト10。
小説、ノンフィクション、実用書を全部一緒くたでまとめる。


1.流浪の月

流浪の月
凪良 ゆう
東京創元社
2019-08-29



昨年一番胸に刺さった一冊。自由な両親に慈しまれ育った少女が、一転常識的で一般的な伯母夫婦の家庭での生活を強いられるが馴染めず、逃げ出すように縋った相手は公園で出会った大学生。世間の大騒ぎの中、淡々と穏やかに過ごした二人だが、彼は逮捕される。そして二十年後…少女拉致事件が背骨だが、実は胸を突くほど切ない恋物語。話は一転、二転して、一体どうなるのかと息を殺して話に没入した。生臭さはなく、二人の世界は透明な光に満ちて美しいが、取り巻く世間一般の人々はどこまでも愚鈍で醜い。姫野カオルコの『ツイラク』を読んだ時に近い衝撃だった。

2.米旅・麺旅のベトナム

米旅・麺旅のベトナム
木村 聡
弦書房
2019-08-23


ちょっとディープでマニアックなベトナム食紀行。フォーやボー、チキンライスといった日本でも一般的なベトナム料理からちょっと凝ったものまで、ベトナム食の奥にあるものを、味わい深い現地の風景とともに描き出す。写真も良い。作者のベトナム食に対する偏愛ぶりが行間からダダ漏れに流れてきて、これはまさにメシテロ。読んでいたら堪らないほどフォーやボーが食べたくなる。いつかは現地で、と言いつつ随分経ってしまったが、是非とも実現しよう、という気になった。

3.落花狼藉

落花狼藉
朝井 まかて
双葉社
2019-08-21


一人の女将の目を通じて見る吉原の歴史。花魁の話だと、薄倖な遊女の人生と悲哀にスポットが当たりがちなのだが、本書の場合はそうした要素も踏まえながら、もっと大きな歴史を紐解いていく。江戸の始まりに日本橋の外れに出来た売色の町の時代から始まり、奥浅草に移転し色街として大きく発展していくまでの六十年ほどを描く。一人の女性の人生を通じて、馴染んだ風景の奥にあるものが色々と見えてきて、時代小説として非常に面白く読んだ。

4.ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ブレイディみかこ
新潮社
2019-06-21



イギリスはブライトン在住の作者。彼女の息子が、そこそこいい小学校から地元の元底辺校に進学した日々を描く。今までなかった角度から描かれるイギリス社会の現実が淡々と描かれていく。元底辺だがそこから脱出するために学校の先生やスタッフたちが変えていったことや、自律的な思考を確立させる教育のあり方など、隅々まで実に興味深かった。スッキリ無駄がないスマートな文章だが捻りも効いていて、母である作者や息子の姿が生き生きと浮かぶ。海外在住日本人母のエッセイかと思ってうっかりスルーしていた迂闊。他の本も是非読もう!ということで読んだ『ワイルドサイドをほっつき歩け』も実に良かった。


5.砂子の中より青き草




正直にいえば『校正ガール』の作者が平安文学ものを…?という偏見がまずあって、手元にあってもしばらく開く気になれなかったのだが、いやはや恐れ入りました。枕草子を下敷きに、中宮定子と清少納言、そして取り巻く人々の息遣いが見事に伝わって来る。煌びやかな平安の宮中世界が濃密に描き出されていて、夢中で読んだ。250ページに満たないほどの話なのだが、じっくりと読んで堪能した一冊。一見こざっぱりした枕草子の世界に肉付けをすると、なんとこんな世界が生まれるのか。是非またこんな平安朝小説を書いて欲しい。

6.じんかん

じんかん
今村翔吾
講談社
2020-05-26



前回直木賞候補作品。前作『童の神』も面白かったが、本作はさらに話が緻密かつ濃厚に。応仁の乱から信長の時代に向かう戦国時代の社会背景や、さまざまな人間模様がみっちり描き込まれた濃い物語を堪能できた。松永弾正の人物造形が、実に高潔で立派で興味深いけど、ほんとにそうなの?とは思ったがまあヨシ(笑)

7.日本の中のインド亜大陸食紀行

日本の中のインド亜大陸食紀行
小林 真樹
阿佐ヶ谷書院
2019-05-17



ある時期から急速に増えた日本国内のインド系在留者たち。そうした人々の日本での食文化やビジネス環境、そして生活実態を観察しレポートした本。インドの代表的な各州、パキスタン、ネパール、バングラデシュなどの地域別に、日本全国各地の状況をまとめている。作者はインド料理の食器を扱う商社を経営しているそうだ。雑多な情報が出てきて多少散漫な印象はあるものの、こうした話はなかなかまとまってこないので貴重な一作。昨年出た『食べ歩くインド』も上下巻でインド全土の食を網羅してスゴイ本。インド三部作、といって良いかも。

8.美味すぎる!世界グルメ巡礼

美味すぎる! 世界グルメ巡礼
サラーム海上
双葉社
2020-08-27



ほぼ十年近く前にエジプトの革命時にカイロに居合わせて、その毎日をレポートしていたのを読んで以来、応援しつつ著作を読んでいる作家さん。本来はエスニック音楽ライターで、日本初の中東料理研究家でもある。取材力と人間関係構成力に、驚くほど健啖な食い意地を以て、いつのまにか他の誰にも真似できない世界を構築した。本書では中東だけに収まらず、世界各地、ついにギリシャやポーランドまでを勢力圏(?)に。カラー写真は少ないが、そちらはご本人のウェブページを参照。むしろ空腹時に穏やかに読めてよかったかも…?(笑)

9.宗教改革者




知の巨人で宗教学の専門家が語る、ルターと日蓮に共通する部分とは?読んでいくと、確かに奇想天外な比較ではなく、どちらも基本的には原理主義者と言って良いほど各宗教の基本に忠実な知識人である。基本を真っ当に語り尽くすが故に、本質からズレていた者には強烈なアンチテーゼとなった。ルターはともかく、日蓮についてはかなり色々偏見が入っていたなと反省。立正安国論は是非読んでみよう。

10.魯肉飯のさえずり

魯肉飯のさえずり
温又柔
中央公論新社
2020-08-21


台湾で出会った日本人の男性と結婚して、日本に来た母。日本で生まれ育った娘は、どことなく生きづらさを抱えたまま、若くして結婚。夫は彼女の作る魯肉飯が口に合わない。子供の頃は違和感を覚えた八角の香りが、結婚してどこか不安定な娘の気持ちに何かを生んでいく。そんな母と娘の姿を、短編を重ねる形で描き出す。優しい穏やかな眼差しに満ちている。まずとりあえず、魯肉飯を食べたくなる。台湾にまた行きたいな、と思う。そんな話。他愛無い話に思えたのだが、時間が経つごとに温かなイメージを増した。

次点 下級国民A

下級国民A
赤松 利市
CCCメディアハウス
2020-02-29



遅ればせながら一昨年から読み始めた作家。とりあえず一番強烈だったのが一昨年読んだ『犬』で、呵責なきエロスと暴力が強烈だったが、また違う角度の一冊が読めた。バブル期には派手にやっていた男が、身を持ち崩して東北で土木作業員として生きていく。現場の理不尽、他の作業員との確執、殺伐とした日々。主人公は作家自身で、エッセイなのだそうだが、小説を読むのと同じ感触。だが、エッセイらしくなんだか行間から現実感が漂う。明るさはまったくないのだが、淡々として突き放した筆致がどこかしらユーモラス。泥臭い話なのにすんなりと読めた。挿入される昭和歌謡がいい味。面白かった。


arima0831 at 17:47│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔