アラブ料理&トルコ料理

March 26, 2006

トルコ料理『Troy』で「ほにゃらら・サービス」!

**閉店しました**

トロイ
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:トルコ料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


何度か出かけた桜木町のこの店だが、いつも割合と時間が早かった。
以下を参照。
http://honyarara.livedoor.biz/archives/50139610.html

さてある晩、都内から戻ってきて小腹がすいたなあ、と思っていた深夜過ぎ。
ふと目をやると『トロイ』の灯がついている。
覗いたら、中からオイデオイデと手招き。

「まだやってたの?」
「うちは二時閉店だ」

知りませんでした(ウィークデイのみ、らしい)。

「ほれ、書いてあるだろ」と、マスター兼シェフのナムク氏がわざわざ外に引っ張り出して外に書いてある「開店時間」を示す。

ラクとレンズマメのスープとナスのサラダを頼んだ。
毎度ながら、まことに普通に懐かしいトルコの味がする。
『トプカプ』あたりの洗練されたものとは違うが、なんだか和む。

ここはいつも必ず誰か彼かトルコ人のお客がテーブルに座っていて、客かと思えば突然立ち上がって、お皿を運んだりするのである。

「あれ、お店の人だったの?」
「いや、トモダチだよ」

なんだかこのアバウトさは大変トルコだねえ。

とかなんとか、和んでしゃべってるうち「『ほにゃらら』を見ました」と言えば、アイスクリームのサービスをしてくれることになった。
ナムク氏、ラクでいいご機嫌だったから忘れてるかもしれないけど、おいでの方は一応言ってみてください。

尚、この店はランチもやってるんだけれど、この人いったいいつ寝てるのでしょう?

そういうわけで、ラクと白チーズだけというオーダーは、普通にレストラン営業してる店じゃ無理だけど、お試しでちょっと味見してみたい方はどうぞ。


人気blogランキングへ
↑ラクはいいのよ、ラクに酔えて・・・ということで、ポチっといこう。





arima0831 at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

表参道『トプカプ』 東京屈指のトルコ料理店

トプカプ
最寄駅:表参道
料理:トルコ料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


東京でも屈指のトルコ料理店。
店内は20席程度で、狭いながらにこじんまりアットホームなムード。
いわゆるガツンとワイルドな味はしないけれど、上品で洗練されているのに、日本人向けに変に手を加えていない。
手のかかった美味い料理は、トルコ料理ファンでもそうでなくても、リピート率が高い。

ただし、人気店で必ず予約要。
一人でカウンターでの食事も楽しいが、それでも満席のことが多い。
あと、遅い時間だと売り切れじまいのこともあり。

貸切パーティーも可能。
料理の内容、値段など、いろいろと相談に乗ってくれる。
「マントゥが食べたい」と訴えたら、かなり手のかかる料理なのに、同じ料金で一品プラスしてもらえて涙。
貸切のみ昼間の特別営業もOKです。

ところで、TOPKAPIと書いて『トプカプ』と読みます。
トルコ語には「イ」と読む"i"と別に、イとウの間みたいな"I"があるんです。
ご参考までに。

RAKIと書いて「ラク」と読む、トルコ名物のお酒も同じ。
ぶどうを蒸留してアニスで香りをつけたもの。
アニスの油成分が水に反応して白濁します。

慣れなきゃ「咳止めシロップ味」だけど、羊に実によく合う。
これで決まり!のおつまみは、ベヤズ・ペイニールこと白チーズ。
いわゆるギリシャあたりで「フェタ」というやつ。
これも癖のあるチーズだけど、ラク飲めば無性に食べたくなります。
お試しあれ。

イエニ ラク 45度700ml (トルコ)YENI RAKI楽天シニア市場 

【フレッシュチーズ】フェタ
↑ギリシャ産だけど、まあ同じような味です。


人気blogランキングへ
↑ワンクリックをチョク・タシャッキラー、どうもありがとう!


arima0831 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 18, 2006

マントゥ食べたさにトルコ料理『Troy』

**閉店しました**

トロイ
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:トルコ料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


桜木町駅そばのこじんまりしたレストラン。
前菜などはしっかりにんにくが利いててうまい。
料理は家庭料理風。

全体に雰囲気のいい店で、18席しかないので要予約。

トルコ料理やアラブ料理の店は、日本人向けに無味無臭で、食べてもまるで何も感じないけど、ここは少なくとも「懐かしい味」がする。

あるとき店先においてあるメニューに「マントゥ」の文字を発見した。
トルコ餃子というのか、トルコ風ラビオリというのか、まあそういうものだ。
中身は羊肉。形は多種多様。
小さめの羊肉餃子にヨーグルトとソースをかけて食べる。
「げ、なにそれ」という人が多い。
わからない人はわからなくていいです。

昔イスタンブルにすんでいたころ、三日にいっぺん出前で食べてた。
結婚してカイロに移ってから、一度だけ突然ここのマントゥ食べたさに飛行機に飛び乗り、タクシーを飛ばして、一食300円くらいのこのマントゥの店にいったことがあるくらいだ・・・というのは嘘だけれど、少なくとも一度カイロから行ったとき、街中に泊まっているのにタクシー飛ばしたのは事実。

で、ここのマントゥは、私のイメージと微妙に違ったのだけど、結構笑える話があったので以下参照。

http://arima.livedoor.biz/archives/50395642.html#comments

食べてる間「イタリアンでも食べようかなーと思って」と、ちょっといい感じのオジサマが入ってきた。
トルコ人のマスターは微妙にむっときて「トルコ料理って書いてあるんだけどね」と一応言ってたが、とりあえずラクというトルコの酒をサービスしてた。

え〜、それは〜〜ちょっと初めての人には厳しいんじゃ・・・。
ラクというのは、水を入れたら白く濁る酒で、慣れない人には単なる化粧水の味がします。
化粧水というより「咳止めシロップ」といったほうがよいかも。
この独特の匂いの元はアニスなのだけれど、薬草としての効用に「咳止め」があったんですね。そりゃあ、咳止めシロップに味も似るでしょうよ。

でも、羊肉との相性は最高です。
私もトルコで羊と一緒に飲むまでは、この類の酒を飲みたがる友人に「そんなに化粧水が飲みたきゃ、私のランコムのを飲ましてやろうか」とか毒づいていたので、嫌いで普通です。
好きじゃなくても恥じる必要はありません。
まあ、トルコでトルコ人と仲良くなるには、ちょっと不便かもしれませんが。

ところで羊肉のステーキ焼く時、私は家にあるレバノン産アラックでフランベします。
ビーフではNGだったところを考えると、やっぱり羊と仲良しみたい。

私のマントゥ偏愛症については、以下ご参照のほどを。

http://arima.livedoor.biz/archives/21008007.html


人気blogランキングへ
もっと羊を!!


トルコヨーグルト料理レシピ集
トルコ家庭料理レシピ集―簡単!ヘルシーCooking


arima0831 at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 05, 2006

レバノン料理『アル・アイン』

アル・アイン
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:エスニック一般
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


レバノン料理の名店。

シェフは元クウェート大使館で7年間料理長を務めた。
日本にあるアラブ料理系は、ちょっと腕に自信がある程度の素人が、そこの国の出身だというだけでやっているところが多いけれど、ここは本格派。
東京在住のアラブ諸国大使が、車を飛ばしてやってくることも。
メニューにない料理も、事前に予約をすれば作ってくれる。

金土はベリーダンスショー付のセットメニューのみとなる。
店内の調度などは落ち着いていて、一人でふらりと、というよりは、二人以上で会食のほうが良いムード。

人気blogランキングへ

arima0831 at 10:01|PermalinkComments(3)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote