サイトのご紹介

July 31, 2010

『刑事眼―伝説の刑事の事件簿』という本を読んだ話・・・


刑事眼―伝説の刑事の事件簿
  • 三沢明彦
  • 東京法令出版
  • 1890円
Amazonで購入
書評


以前から名前だけ参加させていただいている『本が好き!』というブックサイトからいただいた本。

刑事モノに限らず警察小説はそう嫌いではないので、なんとなく献本の申し込みをした。

高価で場所をとる新刊書の段階で、積極的に自費購入こそしないものの、こういう機会だから普段買わないような本を読んでみるのも面白いか、と思ったのだった。

地味そうな本だと思えば、初版から数週間で増刷がかかっているらしい。
この出版大不況の世の中で、初版が何部だかはワカランものの、そこまで売れる本ならば案外面白いのかも知れないな、と思う。
しかもこれが新書ですらない新刊書で、税抜き1800円もする高価な本だ。

しかし読み始めてすぐに、あまりの話の単調さに「うああ」と軽く呻いてしまった。
イカン、一番苦手な類の本を引き当てたらしいぞ・・・やれやれ。

たまに病院の待合室なんかで読む「週刊S潮」の「男と女の事件簿(だったっけ?)」みたいなテンポと文章。
アレは週刊誌の短い読みもの的に起承転結がついているし、ずるっと読んでから「ああ、またアホなもん読んじゃったけどまあいいか」と頭の中の水洗機能をフラッシュすれば、あっさり流れ去っていく類のものなので、ソレなりのスタイルが確立されているのだと思う。

ただし、この本の基本トーンは至って真面目なもので、この類の話がベットリ押し出す「えげつなさ」は全くない。
描かれているのは、地味で地道な「昭和のデカ」の足跡だ。
色恋痴情沙汰などとは全く無縁であり、世間の刑事モノによくあるようなキワモノ感もゼロ。
まず服装のイメージが湧かない。見事にモノトーンな雰囲気。
ストイックというよりは、単に地味なのである。
ジーパンはいて突っ走ってる刑事など、夢にも現れない現実世界だ。
プロに徹する姿は素晴らしいと思うが、読む側としては正直ツマラン。
いやいやイカンな、がんばれ!と己を励まして読み進む。

すると今度は、何故か数ページおきに「ひといき入れるか」という気分になり、10ページも読むとさざ波のような眠気が押し寄せる。
深夜草子としては、眠気も吹っ飛び気付けば夜明け・・・なんていう本よりははるかに穏当ではある。
でも寝オチするたびに脳裏に残る「やれやれ感」が、季節柄もあるのかどうも蒸し暑い感じ・・・。

そうこの「やれやれ感」が、どうも何かに似ているよな、と考えてみたら、件の週刊誌連載なのだった。こんなどうでもいいことに、つい気付いてしまう。
話自体に色合いが不在なのも手伝って、文章を追いながら、本の内容とはまるっきり関係ないところに思考が流れていくのだ。

寝オチを5回くらい繰り返したところで、どうも眠くなるタイミングがどうもほぼ一定していることに気がついた。
ああなるほど、新聞か雑誌に連載されていた、短めの記事をまとめた本なんだろうな・・・と、そこで気付く。新聞連載をまとめたものって後でどれほど加筆訂正をしても、何故かコマギレな息つぎが入るような気ぜわしさがある。
新聞連載時はそこそこ面白くても、一冊の本になって読み始めたとたん、独特の疲労感に襲われるのだ。

新たな気付きが出てきたところで「もう読むのを止めてもよろしいんじゃないですか」とうっすら思う。
正直面白くもなんともない。
とりあえず、ワタシにとっては。

増刷の謎だけは、読み始めてすぐに解けた。
こうした現場の警察関係者が、バルクでごっそり買っているに違いない。
日本全国津々浦々にある大小無数の警察署の署長室なんかに、数冊〜数十冊配備するだけで、莫大な部数が捌けるのは間違いないことだ。
ううむ。このマーケティングは素晴らしいな・・・と、またどうでもいいことに感心をする。
ある意味、非常に地道で手堅い。
これでガッツリ儲けようという意図も、アカラサマに感じられないから、ある種の美談なのかも知れない。
どうだっていいが。

しかしまあ、感想を書かねばいけないのでもある。読もう!読むのだ!
なんとかギアを「週刊誌読み飛ばしモード」に切り替えて、斜めに駆け足で走りきりを狙う。
それでも数回寝オチしたが、最後まで頑張ったご褒美として、あとがきで「あはは」と明るく笑えることができたのは、まあ幸いだったかな、と思う。

やっぱりこの本は、連載記事をまとめたものだったのである。
掲載誌はなんと月刊「捜査研究」。
東京法令出版という出版社のもので、他に例えばどんな雑誌を出してるのかというと「月刊警察」とか「月刊交通」とか「月刊消防」とか。
きっと人気連載だったのに違いない。
まあそういう、専門特化型の出版社だったのだ。
知らなかったけれど。

そんなこんなで、たまには苦しい思いをして一冊を読了するという、それなりに貴重な経験にはなった。
茶化しているのでも馬鹿にしているのでもなく、たまにはやるべきことだと思う。
真実そう思う。

そういう意味では、ワタシの世間は少しだけ広がったのである。
だからそれでいいのだ、と思う次第。

ふう。



人気ブログランキングへポチッとよろしく♪
『本が好き!』は、他にも面白い本をいろいろとくれます。
問題はあくまで、ワタシの選び方なのだよ。



君は一流の刑事になれ君は一流の刑事になれ
著者:久保正行
販売元:東京法令出版
発売日:2010-04-22
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

東京法令出版、昭和の刑事シリーズ(?)

 □【童友社】1/64スケール次世代電気自動車 i MiEV(アイミーブ) 神奈川県警察DOYUSHA
 □【童友社】1/64スケール次世代電気自動車 i MiEV(アイミーブ) 神奈川県警察DOYUSHA


arima0831 at 01:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 31, 2007

「ぶらぶら」の椿事

たまに話が出てくるけれど、拙ブログの「姉貴分」で「中東ぶらぶら回想記」というブログも
一応やっております。
中東がらみの与太話を、ぶらぶらと書き綴っているものです。

・・・しかし!
数日前、突如として接続不能になり「まさか、強制閉鎖?!」と焦っていましたが・・・
そういうことではなくて、なんだか不思議な別次元の話でした。

はぁ、よかった。

一応詳しくはこちらをご参照ください。

こちらでご報告するのも変な話ですが、両方覗いてくださる方もおられるようなので、
一応ご報告しておきます。

「ぶらぶら」は相変わらずぶらぶらと更新中です。
閉鎖になっていません。
ならないと思うな。
毒にも薬にもならん、ぶらぶら話ばっかりだし。

問題解決までは、http://blog.livedoor.jp/arimaburabura/からアクセスできます。

一応、ご案内まで。

ランキングバナー人気blogランキングへ
ほにゃららら。


アート・オブ・フラ(日本語版)

まったく関係のない、なんちゃって著作。

arima0831 at 19:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 24, 2007

ラパンdeデート 〜また行ってしまった・・・〜

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


諸般の事情で、毎日が日曜日なはずのワタシが、ここんとこ微妙に忙しい。
春だからかな?
身の回りの自由業者ら(要するに中年フリーター)も、程度やレベルの差はあれ
似たようなことをいっている。
「木の芽時」ならぬ「花芽時」ってやつですか?

しくしく・・・とPCに向かっていたお昼頃、なんとシュール・リーさんからメール飛来。
やり取りしながら
「あ〜、今日くらいしかラパンのクリーム煮が・・・行こうかなあ、どうしようかなあ」と
自動書記のように打ち込んでしまったら、なんと「じゃあ、一緒に行きましょう!」
ということになった。
素晴らしい行動力だわ。
ステキ・・・とうっとりしながら(?)、仕事に一段落つけて出かけることにする。
るんるんるん。

お店に行って、初対面の二人は何故か旧知の仲のように「あ、どうもぉ」などとご挨拶。

「ええと、お二人ご一緒は、初めてでしたよね」と、混乱しているらしき鈴木シェフ。

「実は初対面なんですよ」と答えたら、いまひとつ要領を得ない風情で首を傾げつつ、
お仕事に戻るシェフ・・・スミマセンね・・・。

サラダワカメと豆腐のサラダ。
これは初めてだけれど、
海藻類がなにより好きなワタシには
大変嬉しくオイシイ。
相の手に「おいしー」を入れながら、
しゃべりまくる二人。

店内突然だが、いつもながらカワイイうさぎたち。
誰しも首のへんを撫でたくなるのか
首の付け根が軽く光っている気がする。
BGMはお馴染み「中島みゆきメドレー」
中島みゆきを歌わせながら(?)
しゃべりまくる二人。

チキンマスタード風味がクリームに、
実に美味く溶けあっている。
春キャベツが甘い。
ジャガイモにかぼちゃに人参・・・と
野菜がいっぱいだ。幸せな気分になる。
幸せ感が溢れて、さらにしゃべりまくる二人。

美味しいものは、同じ気持ちの人と食べるともっと美味しくなる。
この「法則」を改めて思い出す。

それにしても、ハンバーグの時の激混みがウソのような、ゆったりしたランチタイム
だ。
特に1時半くらいの遅めの時間は、土曜日でもそう混んでいない印象がある。

空いているのをいいことに、食後べったりと座りこんでから、二人ぽくぽく歩いて
関内駅に向かう。

ついでに、といっては申し訳ないが、九州某所から送られてきたばかりの海産物を
気持ちばかりもらっていただく。

ええ、税理士の義兄は釣りが趣味でございまして、フィッシングボートを一隻
持っておりますの・・・(フィッシングボート=釣り舟)。

シュール・リーさんの「半税半漁生活なんですね」という突っ込みに笑う。
ん〜まあそんな感じかしらん。

今日中ならば刺身でいけるアオリイカなのだが、意外とこういうもののおすそ分けって
喜んでもらえるとは限らないので難しい。
誰を呼び出して渡そうか考えていたのだけれど、絶妙のタイミングで彼女が現れた次第。
猫科の嗅覚か?

何はともあれ、突然ながら思いがけず楽しいひととき。
シュール・リーさん、ありがとう。

こちらの彼女の記事もどうぞご参照を。

さて、次に向かうは野毛。
実は、重要な使命を帯びていたのである(?)・・・けど、次回に続く。


ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜、来週のランチは再び「ハンバーグ」だそうで・・・。



ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー「グラン・ドール」
というワイン・・・





シュール・リーさんも絶賛のクリーム。ワタシがなんぼ言ってもムダだろうが、
彼女も愛用というところに注目してくださいね・・・いいんですよ、これ。

arima0831 at 03:18|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 17, 2007

『ビールでいただきます!』 〜本の御紹介〜

ライブドアの書評プロジェクトに参加することになったので、今後はたまに本の話も。
企画としては面白い。
関心ある方はこちらを参照いただきたく。

キリンビールのやっている『キリンビール大学』というサイトはなかなか面白くて、ビール好きならたまに覗きにいくと楽しい。

ワタシの場合は、エジプトがらみで吉村作治先生の『古代ビール研究所』など、
見に行くことがある。
昨日別のブログに古代エジプトのビールにまつわる与太話を書いたが、こういうビール開発も含め、けっこう面白いことを色々やっているのである。

その中に「食学部」というコーナーがあって、イラストレーターでエッセイスト(横文字系だなあ)の大田垣晴子サンが、ビールと食事にまつわるオハナシを、のほほんと楽しい雰囲気でやっているのは知っていた。
けっこう見てると楽しい。
「ふうん」と思って眺めるには、実に良い感じ。


ビールでいただきます!
  • 著:大田垣晴子
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 定価:1050円
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く



で、それが書籍化された。

本の雰囲気は悪かろうはずがない。
大田垣サンの、いい味出ているイラストの中で

「とりあえず」ビール!でなく、「まず」ビール!「とにかく」ビール!

なんて「主張」が入ると、思わずホホエミながら「そうだそうだ!」と思ってしまう。
反射的に本を置いて立ち上がって、ビールを取りにいって続きを読むことになる。

各国各地のお料理にビール。
古代エジプトから日本まで、世界のビール薀蓄など、記事も軽くまとめてあって、
なかなか楽しい。

しかし・・・軽すぎるのだ・・・。
世界のナントカ、と銘打てば、なんとなく安直に本一冊分の話ができるし、大田垣サンの
イラストを媒介して眺めていれば、ソコソコ楽しくはあるのだが、突っ込みは浅い。
ウェブで流したものを、紙媒体にだらだらりんと流し込んで、そこに適当に調べた
軽い薀蓄つけて本が一冊出来上がり、というお手軽さを感じて、軽く鼻白むワタシは、
たぶん単なる根性曲がりなんだろうなあ。

これは作者のせいではなくて、編集企画の安直さの問題なのだろう。
と、いうか、この軽さが本来のこの本のよさなのかもしれない。
まあ、好みの問題ですね。要するに。

でも、各国料理、ビールの色々などは、浅いなりにソコソコいろいろ並んでいるし、
ちょっとしたお手軽レシピも美味しそうでいい感じ。
先にも書いた通り、本をひろげて数分後に「お、ビール、ビール・・・」という行動を誘発する
独特の雰囲気の良さだって悪くない。

悪くないから、もうちょっと頑張ってほしかったけど、春の昼下がりにぼんやりビール飲みながら眺めるにはいい本でしょう。

まだ昼前だっていうのに、ビールが飲みたくなってきた・・・やれやれ。


ランキングバナー人気blogランキングへ一日一回、ポチッとよろしく。


 ハートランドがすきだ。

痛風はビールを飲みながらでも治る!―患者になった専門医が明かす闘病記&克服法

こんな本もあります・・・。

もっと知りたい!ドイツビールの愉しみ

この本、オススメです。

arima0831 at 12:08|PermalinkComments(6)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 25, 2006

前世占い

こんなものを教えてもらいました。
前世と来世がわかる・・・そうで・・・。

前世占い
http://u-maker.com/3.html

ちなみにワタシは、本名+好きな言葉「うにゃあ」でやったら、
前世は「平安貴族」(「どことなく気品があるのは、そのせいです」だって)、
そして来世は「ラジコン」・・・(生き物じゃないんかいっ!)

ついでに、アリーマ山口+好きな言葉「インシャアッラー」で再トライしたところ、
前世は「遣隋使」(「新しいもの好きなのはそのせいです。今でも異国に惹かれるところはありませんか?」だと・・・はぁ・・・)、来世は「チョロQ」だった・・・。

ところで、チョロQって、なんですか?
ミニカー?(来世まであるんだろうか?)

ほかにも色々あるんですよねー。
ちなみに昔はやった「猫占い」では、ワタシはアビシニアン、オットはエジプシャンマオ。
相性「やらずぼったくり、テイク&テイクでぼろぼろにされます。エジプシャンマオの男性は、アビシニアンの女性だけは絶対に避けましょう」

・・・当時は結婚五年目くらいだったが、目に触れぬようこっそり本を隠した・・・。

うにゃあ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
やってみると結構笑えます。


3日で運がよくなる「そうじ力」
買っても、やらなきゃしょうがないしなあ・・・。

誕生色事典―「色の秘密」366日
面白そうだ・・・。

arima0831 at 00:10|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 20, 2006

『恰幅の良い彼のblog』

いつもリンクを張らせていただく時には、必ず「ご紹介」を入れるのに、なぜか入れてなかったのでした。
そしたら、管理人のほんまサンがわざわざご紹介記事をっ!!

http://taputapu.blog18.fc2.com/blog-entry-256.html
恐縮でございます。

『恰幅の良い彼のblog』
http://taputapu.blog18.fc2.com/

食べ物にかける愛情が、怒涛のように押し寄せる。
はっきり言って、私のいく店はここんとこ大半、ほんまサンのパクリです。
コメントまではパクらないのがせめてもの良心・・・?

ワタシは「今日はナニ食べよっかな〜」という時、とりあえずこのブログをあけます。
プラス『野毛日記』。実はワタシ、リンクは自分のために張るの。

自分のブログの存在価値が疑われてくるけど、ほんとの話。


人気blogランキングへ
あ〜、ワタシもグーグルには意味不明の理由で二回も拒否されましたよ。
「親」は別の管理人さまがおられまして、こっちはOKなのに、変な話ね。

arima0831 at 19:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 15, 2006

「野毛の帝王」のサイト

コメントがきて、ん〜?と相手先のサイトをあけたら、知る人ぞ知る(知らない人はだから知らない)「野毛の帝王」からであった。

こちらから押しかけるのも気が引けるので、なんとなく遠慮してたが、コメントいただいたからリンクにTBに、とやり放題なのだ。

『野毛日記』
http://noge.blog10.fc2.com/

『野毛ノヲト』
http://f22.aaa.livedoor.jp/~noge/

野毛が大好きな私には、宝のようなサイト。
是非ごらんあれ。

人気blogランキングへ
彼とはきっとどこか出会っているはずだ・・・

arima0831 at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 09, 2006

ケバブログ?

日本の国際化というのは、ここまできている。
日本人の諸々異文化の咀嚼力は、結構偉大なもんがある!!

と、驚きました。

親ブログの『中東ぶらぶら』で記事を紹介してもらってしまったのです。
以下参照。
http://donerkebab.blog58.fc2.com/blog-entry-56.html

こんなのもあるそうです。へーー。
http://donerkebab.blog58.fc2.com/blog-entry-53.html

サイトのその名も『KEBABlog』http://donerkebab.blog58.fc2.com/

HPもあります。
公式サイトです。
秋葉原がこのようになっていたとは、知りませんでした。
http://www.kebab.co.jp/

靖国の屋台のは、ちょっとどうも・・・な感じでしたが、今度アキバにいったら食べてみよ。

人気blogランキングへ
ケバブの世界にポチッといこー!


arima0831 at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 14, 2006

『ヨコハマな日々』の河津桜

LEGO-Yokohamaさんのブログは写真が素敵。
一度は見に行きたい河津桜の素敵な記事があってのでご紹介。

http://legoyokoha.exblog.jp/3621948#3621948_1

伊豆は夏しか行ったことがないけれど、きっと今ごろが素敵なのだろうなあ、などとふと思う。

その他、素敵な風景いろいろ。
お気に入りです。

http://legoyokoha.exblog.jp/

人気blogランキングへ

arima0831 at 14:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote