焼き鳥・串焼き

January 17, 2011

鎌倉の謎 〜そして某所で焼鳥〜

急激に襲い来る寒波をかいくぐるように、正月気分もとうに抜けた鎌倉へ。
鎌倉の街に来るのは、昨年以来二度目。
なんだか縁のない街だったのだ。

あの雪のドームを何故「カマクラ」と呼ぶか、それを体で感じた一日だった。
冬の鎌倉は寒い。
北風がビュンビュン頭皮に突き刺さりまくる寒さ。
山際にあるからだろうか?
横浜より西だから、もっと暖かいのかと思っていたよ。
後で聞いたら、体感温度で2〜3度低いのだそうな。

カチンコチンになった体を、急速解凍にかけるべく、赤ちょうちんを探した。
昼を回って夕方になるかなあ、位のタイミングで開店して、近所のダメな爺の避難所になってるどうでもいいようなやつを。
しかし鎌倉駅そば、小町あたりにはそんなもんの匂いもしない。

立派な住宅の連なる地帯に取り巻かれた小町界隈は、竹下通りと元町を足して2で割って巣鴨のセンスだけをを軽く振ったような雰囲気の中、噂どおりに観光客が目立つ。
この辺は、ステキなカフェやフレンチの店が軒を連ねているらしい。
ついでに何故か、オシャレなカレーの店にも事欠かんように見える。
カレーっつーのが、ちょっと独特な感じだな。何故カレー?
或いは中程度に高級な和食。

一方で下町風の生活感はゼロで、まだ明るい夕方時分からグダグダ酒を飲み始めるダメな爺どもが、こっそり背中を丸めている飲み屋なんかありもせん。

この日は終日結構色々あってくたびれていた。
そのクタビレ具合の結果、この時の体と心を温められそうなものは「安い燗酒と安直な肴」であって、断じてココアやコーヒーにケーキではなかったのだった。
昼にしょうもないもんを結構しっかり喰う羽目に陥っていたので、空腹でもないからカレーに食指動かず。

何故ここでそういう風に意固地になるかなあ、と軽く自分にゲンナリしたが、せっかくだから、ちょっとふらふらしてみる。

こういう時はまず裏道だ。
一応1〜2軒あるにはあったが、5時半の段階で若い女性2名が外で席待ち中。他の店はちょっとキレイな小料理屋の雰囲気で開店前だ。

では、と駅のロータリーを挟んだ反対側へ。
屋内市場風の場所はあったが、やっぱりやけに混んだ立ち飲み屋か寿司屋。
この立ち飲みは悪くなさそうだったが、しかしこの日は足腰もヨレていた。
座りたい。だからパス。

それにしても、こういう焼鳥だの立ち飲みだのが、週日の夕方早い時間にここまで混むということは、この界隈は本当にこの手の店が乏しいのかもしれないよ・・・と思いつつ、駅の反対側へ回ってみた。
一見庶民的だが、不可思議なくらい活気のない商店街がある。
こういう道沿いに何軒かあってもよさそうなもんだが・・・

結論。この辺は何故かそういうものが極端に薄い。
地元向けの、所謂「飲み屋街」みたいなものが、まったく見当たらんのだ。
鎌倉くらいの規模の街ならば、どこかしら何軒かそういう店が軒を連ねるエリアがありそうだと思ったが、どうも本当にないぞこりゃ・・・。

そもそも急速解凍を求める冷え具合だった体。
足は既に棒。
心身ともに冷え切って、この際もう横浜に帰るぞ・・・と涙混じりで思い始めた頃合に、赤ちょうちんを発見。
うあああああ。あったあった!

鳥秀

遠目にみた赤ちょうちんから手が出て、しなやかにオイデオイデをされたような気がする。
とにかく問答無用で引き戸を開けた。

ここもやっぱりそこそこ「良い店」だ。
品の良い物柔らかな女将さんが「テーブルでもカウンターでも、お好きなところにどうぞおかけください」と、穏やかに声をかけてくれた。
非常に感じのいい店ではある。
お猪口は好きな者を選べるとのことで、一山見せてくれた中から、まずは一番大きいやつを抜き取る。
グググと行きたい気分なので、許してつかあさい。

まずは熱燗二合。
そして焼鳥の盛りあわせを。
突き出しには、大根の鬼おろしを出汁割りにしたものが出た。鶉の卵がのっている。
焼鳥の口直しには良い感じ。

店で既に友人と飲んでいた常連らしき自由業風情の爺は、女将を相手に最近立つの立たないのという話を大声で。
やれやれ。
女性に聞こえるところで(いやたぶん、女性に聞こえるからこそ)、そういう類の話をしないではいられない大馬鹿って、ごくごく地味な庶民的な店よりは、こういう類の中くらいの店に多くいるような気がするのは何故だろう。

とりあえずこれは、店のせいではない。
店自体は落ち着いた穏やかなところなので。

鳥秀110111 002

ハツ、シロ、ねぎまに手羽先を塩で。
肉は若干汁気が薄いが、とりあえず酒肴としては申し分ない。

鳥秀110111 001

レバだけタレで焼いてもらった。
このレバはちょっとレアな柔らかい焼き上がりで、なかなか美味い。
タレは甘口。

なにはどうあれ、手で持てないくらい熱く燗のついた酒を、グググといったら体の芯から一気にほぐれた。
ああ寒かったよう。しくしく。

焼鳥専門の「良い店」らしく、鶏スープだの雑煮だのという品目に激しく心惹かれたが、彷徨するうちに腰を落ち着けるほどの時間の余裕もなくなっていたので切り上げた。
お勘定は千円札二枚とちょっと。
特に安くもないが良心的だ。

野毛・日ノ出町辺りは恵まれたところだ、としみじみ思う。
とりあえず、石を投げれば焼鳥だの居酒屋だの、背中を丸めた爺が集う飲み屋だのに当たるから。

そういう激戦区の店に比べると、どうもなにか物足りない感じはあるのだが、この日に感じた限りでは、鎌倉では需要のある店かもしれない。
だから、他所からわざわざ遠征するには及ばないが、この辺で静かに焼鳥を食べたくなったら、思い出してもいい店だと思う。

鳥秀 ( 鎌倉 / 焼き鳥 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ


それにしても、鎌倉駅の周辺に広がる住宅地に住むオッサン爺さんたちは、いったいどこで一息つくのだろう?
これだけの住宅地があるなら、地味な庶民的な居酒屋の需要は十分あると思えるのだが。
鎌倉のオッサン爺さんどもが、誰も彼もいつも自宅で晩酌、じゃなかろうに。

ひょっとして大船だの藤沢だのに、その辺りを全部任せているのかなあ?
出来上がったらタクシーで帰ってくるのか??

古い街のわりには、その辺がコギレイにまとまりすぎている。
鎌倉は不思議な街だ。
たぶんワタシが知らないだけだろう、とも思うので、なにかご存知の方は是非教えてくださいまし。

鳥秀 焼き鳥 / 鎌倉駅和田塚駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



鎌倉の梅110111-2鎌倉の梅110111

この日、実は蝋梅が見たかったのだが、個人宅の玄関先にあるものを数本見かけたくらいで、香りは薄かった。
かわりに梅がもう綻んでいた。

春よ来い。


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
ところで、横浜辺りで蝋梅がきれいなところってどこでしょう?



カラー版 鎌倉―感じる&わかるガイド (岩波ジュニア新書)カラー版 鎌倉―感じる&わかるガイド (岩波ジュニア新書)
著者:岡田 寿彦
岩波書店(2004-03-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ジュニア向けだけに、わかりやすくていい本。

丹波篠山黒大豆をたっぷり使用!鎌倉きなこ豆120g【兵庫県産(丹波)黒豆】【雑誌掲載】【寒中見舞いにも】
丹波篠山黒大豆をたっぷり使用!鎌倉きなこ豆120g【兵庫県産(丹波)黒豆】【雑誌掲載】【寒中見舞いにも】

黒豆、この数カ月毎日喰ってたら、なんと白髪が消えました・・・!

arima0831 at 01:25|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 17, 2007

関内『やきとり TESSHO』がウマかった!

やきとり TESSHO
最寄駅:桜木町 / 関内 / 馬車道
料理:焼き鳥 / 居酒屋
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:デート


ウマイ焼き鳥を食った♪
しばらく前なんだけれど。

地下鉄馬車道駅とJR桜木町の間くらいにある。
関内といえば関内、なロケーション。
この中途半端な場所にある店が、やけに評判よい。

中に入ると意外に間口が小さくて、スタッフもわりとイケ面系統の若い衆ばっかり。
オットを騙して引きずってきたので、ここで相好を崩すわけに行かず、無理にキリリと
表情を引き締める。
こういうとき、尻尾の無い普通の人間に生まれてよかった、と思う。
普通でないイヌ人間も世の中にいることはいるが、属性が違うのだ。
ああ、よかったよかった。


レバ1でも、まずここで結局相好崩れる。
プリプリのレバー。
もうイケ面なんかどうでもいいぞ。
大きなヒトと普通のヒトが
カウンターで並んで尻尾を振りちぎるの図。



レバ2「わがままコース」なるものを頼んだ。
わがまま、とはいえ
好き嫌いは許されずオマカセで出てくる。
でも好き嫌いなど言わず、
さらに大きく尻尾を振って
ハツをコリコリ喰らう。

コリコリだがジュワジュワだぞ。
くふふふふ。
あ、そこの肉が嫌いなのに騙されて連れてこられたヒトは無理して食べなくても・・・

「これはニクぢゃない」

・・・あ、そう・・・。

おひたし青ものもついてくる。
この日はツルムラサキのおひたし。
ちょっとエグみがあるけど
箸休めにはいいな。



ささみのタタキ期待感が高まるなか
コース外の「レバ刺し」をたのむ。
・・・売り切れ・・・(悲)
じゃあ、ささみは?!ある!

サッパリしっとり。甘味すらある。


トリ鶏だんご。
いわゆるツミレだけれど
これがイヤモウたまりません。
丁寧に叩いた鶏に
これまた丁寧に叩いた軟骨が入って
食感がステキだ。


大きなヒトは、指を出して邪魔しないように!


れば3その他、色々出て、
レバのいいやつを追加でもう一本焼いてもらう
ううう。
むっちりと蕩ける。
これが本日一番かも。


そぼろメシコースは8本。
他の追加も食べてしまうと、
〆にそぼろメシがくる。
ふうん、と半分くらい食べたところで・・・



〆のスープ鶏がらスープ投入。
をを、これはいいなあ。

スープの塩気が
もうちょっと薄ければ・・・
と、思うのはナメクジ体質だろう、きっと。


全体にちょっと塩が強めな味付けだけれど、それぞれに生姜をおろし、山葵をおろし、
手間ひまかけているのがわかる。
肉嫌いのオットも喜んでヒトの分まで取り上げようとしていた(やめねえか!)

〆に雑炊か茶漬けを食べたかったなあ・・・また来よう!
と、パタパタ尻尾を振りながら店を出たのだった。


ランキングバナー人気blogランキングへ
パソコンが猛暑でダウンして(?)入院治療中につき、なかなか記事UPできず。
早く元気になってオクレ・・・。



夏休み、留守中の花の水やりに便利です。


猫まっしぐら! またたびの木2本セット。



新作、古本、いっしょくたに買えるから便利です。

arima0831 at 14:00|PermalinkComments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 09, 2007

川崎『鳥元』の蕎麦がうまい! 〜意外にイケる焼き鳥屋の蕎麦ランチなのだ〜

鳥元
最寄駅:川崎
料理:焼き鳥 / 鳥料理 / そば / 居酒屋
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


このところ、急に気温が上がった。
湿気も増した気がする。
乾燥したところに長く住んでいたおかげで、なんだかすっかり湿気に弱い体質に
成り果てたワタシ。

蕎麦食欲がないので、今日は蕎麦だけ。
この店はチェーンの焼き鳥屋なのだが、
蕎麦が意外にうまい。手打ちの十割蕎麦。
太めで腰のある歯触り喉ごしがいい感じ。
蒸し暑くて食欲のない時は
このくらいで十分・・・


親子丼・・・な、わけはなくて、
親子丼も食べた。
蕎麦は400円の「ハーフ」。
なんだかひどくお蕎麦が食べたかったけど、
お腹も空いていたんである。


親子丼自体は、以前一度ひどい目にあったことを思い返すと「まあよかろ」と思えるが、
卵にあと一息火が入っていてほしかったろうか。
でも、入っている鶏自体はウマイ。
あと、この店は定食類に五穀米がつくのだけれど、親子丼はやっぱり普通のご飯だなあ。
でも、ここの定食、全体にわりとうまくて安いから許す。
ランチで820円。夜は860円になるけど、ほぼランチ価格で出ているらしいから、夜に
飲まずに食事だけでもいけそうだ。

スープなど鶏団子入りのスープと漬物もつく。
やっぱりこれでは喰いすぎだなあ・・・うう。
それでもどうしても、
蕎麦がちょこっと食べたかったのだ。
だからよいのだ。

「チェーンの焼き鳥屋の蕎麦」と頭から馬鹿にしていたけれど、ここの蕎麦は結構
気に入っていて、最近は昼にこの辺で蕎麦が食べたくなると足が向くようにさえなった。

調べてみたら、ここは『石庫門』と同じチェーンの経営だ。
ラゾーナにも系列店が入っているけれど、意外と手堅くマトモでよいなあと思う。

にわかに蕎麦嗜好高まる今日この頃。
やっぱり蕎麦の季節なのだろうなあ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
それにつけても、嗚呼ウナギ・・・。


 生蕎麦です。ご家庭でドウゾ。

はじめての蕎麦打ち―誰でも本格的な手打ち蕎麦が打てる!

蕎麦打ち・・・最近メジャーな趣味らしい・・・。

arima0831 at 17:30|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 20, 2007

横浜駅東口地下『地鶏や』の親子丼が・・・嗚呼!スカッピキ!!

地鶏や
最寄駅:横浜 / 新高島
料理:鳥料理
採点:★★☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


某日、都内へ。
毎日通勤している人だって山ほどいるのに、最近とみに地元密着型べったら漬け的生活
なので、なんだか大変遠く感じる。
しかも、都内某駅構内から場所確認の電話を入れたら・・・アポはなんと翌日だった。
うにゃ。

駅の中にいるのをよいことに、とぼとぼ引き返す。
空しさとアホらしさで、口が半分開いた状態だ。
まあせっかくだから、スカイスパでまったりして明日に備えるべし、と気を取り直して
横浜駅東口へ。

そう言えばお腹が空いた、とあたりを見回すと、飲食店が山ほどある。
PORTAにいるからアタリマエだが、しかしよっくもまあ、こんなにたくさん
並んでいるものだな、と感心する。
無計画に来たものだから、ただでさえ苦手な人混みに揉まれてハラヘリ曲線(?)が一気に
ピークへ。
終わり間際のランチメニューを眺めていたら、親子丼になにかがピピピと反応する。
それもただの親子丼ではない。
「地鶏と堀川ごぼうの親子丼」なのだ。
ただの鶏でなく「地鶏」、ごぼうだって「堀川ごぼう」なのだ。

親子丼相変わらず「だからどうした」な画像だが、
とろりとした卵に人参、ごぼう、蓮根
そして気前よく乗った三つ葉が映えて
たいへん旨そうなルックス。

顔を近づけると、ふわりと三つ葉の香が・・・


・・・しない・・・

たぶん気のせいだろう、と、ごぼうを噛めば大地の力強い味わいが

・・・しない・・・

ごぼうも蓮根も、白くなるまで灰汁抜きされているのだ。
素材の味を全部消し去るまで・・・。
たいした手間暇の下ごしらえだな。

しかも、ロクに味がついてないから立派だ。
しつこくくどく醤油と砂糖で煮付けたものもイヤだが、味もしないって、なんだかすごい。

そして、地鶏だって下処理が悪ければ臭くなるし、パサパサにもなるのだよ、という
当たり前のことに気付かされる。

ここまで見掛け倒しだと、ある意味立派だな。

駅地下のチェーン店とは、まあこういうものなのであろう。
ランチサービスで1050円という値段だって、適正価格に違いない。

そもそも、アポの日を一日間違えた、このワタシがいけないのだ。
アポまちがえたアホ。

・・・とほほ・・・

ランキングバナー人気blogランキングへ
嗚呼、すかっぴき・・・!





パルシステムの鶏肉と卵は安くてソコソコ旨い。
こんなことなら自分で作れば良かったのだよ。いまさらながら。

arima0831 at 00:11|PermalinkComments(25)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 03, 2007

吉田町『焼き鳥 安兵衛』 普通に和める焼き鳥屋

焼き鳥 安兵衛
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:居酒屋 / 焼き鳥 / 串焼き
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:デート


吉田町というのはなんだか不思議なところだ。
もともと横浜の人間でないワタシにすると、なんだか野毛の延長のような気分なのだが、
エリア的には独立している。
伊勢佐木町ともつながっているようでいて、空気感がどこか違う(混じっているけど)。
実は「横浜のモンマルトルを目指す!」という理念(?)もあったりするそうだ。

HPもあって(こちらをどうぞ)、こうしてこの区画だけ改めて眺めていると、確かにモンマルトルかどうかは別として独特の空気はあるかなあと思う。
ちなみに、ワタシの食生活になくてはならぬコテイベーカリーも、先代は吉田町で修行をされたとやら(こちら参照)。

と、しみじみした様子だが、この日はなんのこたない、焼き鳥食べに行ったのである。
焼き鳥は好きだけれど、何故かそうしょっちゅうは出かけないので、この『安兵衛』に寄るのも年数回程度。
野毛辺りは、焼き鳥事情はかなり充実しているので、よい店が山ほどあるのだが、
たまに出かけるとなると慣れたところに足が向く。
この店だと串に刺した肉ばかり食べ続けなくても、他の肴も色々あるので長居しやすい。
煮込みも旨い。
今日つき合わせたオットは、一人で抱え込んでオカワリしていた。
おいおい。
ついでに三丁めの冷奴を頼もうとするので、豆腐サラダにさせた。
こらこら。

もちろん焼き鳥だって旨い。
もっと旨いところが・・・と言われれば、まあそうかもしれないなあと思うけれど、
ここのトマト巻きなどを、プシュ、アチチなどとやっていると和むのだ。
季節外れだろうが構うものか。
トマトに鶏が巻いてあって、噛むと汁が飛び出す。

なにより、ここのカウンターが好きだ。
単に肌があう、ということなのだろうけれど、妙に落ち着く。
家族経営で、つかず離れずのんびりした接客も気ぜわしくない。
けれど、決して空いているわけではなくて、いつも結構混んでいる。
活気はあるけれど、ぎゃあぎゃあうるさいリーマンの3〜4名などは不思議といないのだ。

それにしても、スーツのオトコが三名以上寄り集まると、どうして独特のフシギな
テンションになるのかね、と思う。
なにしろ声がでかくて話が丸聞こえだし、その話がこれまた判で押したようにオンナジ
「XX君がドウシタ」「OO部長がナンダ」「いやいやキミは素晴らしいな」的な、
オバサンのご近所井戸端会議の社会人版だ。
あくまで三人以上のときに限る。二人だとお静か。老若問わず。
これをワタシは勝手に「サンリーの法則」と呼んでいるけど、別に何の足しにも
なりません、ハイ。

お勘定をして出るとき、ご主人に「強いんですね」と言われた。
「ん?」と思ったら、ビール数本のあと焼酎のボトルが空いていた。
夫婦二人で、特にテンションの高い会話をするわけでもないのに、いつの間にか
腰を落ち着けてしっかり飲んでいたらしい。

この軒の低い一角も再開発の魔の手が迫っていて、どうもそう遠くない将来に移転か、
という話だ。
たまにしか行かないくせに、こういう話を聞くとたいそう寂しい。


ランキングバナー人気blogランキングへ
冬の焼き鳥はやっぱりいいなあ。






arima0831 at 10:04|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 22, 2006

またまた、日ノ出町『延明』・・・深夜に蚕を食べた・・・

延明
最寄駅:日ノ出町 / 伊勢佐木長者町
料理:京蘇料理 / 北京料理 / エスニック一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夜食

某羊焼肉専門店関係者より、深夜近くお誘いがかかる。

『延明』に行こうねえ、と話していたばかりだったので、行動の早さに驚きながら、
ホイホイと出かけるワタシ。

ここの売りは「一本百円の羊串」だ。
写真入りはこちら
水餃子も美味しい。

しかし・・・私が店に着くころには、彼らは「蚕の串焼き」を食べてしまったあとなのであった。
それまでは「これはうまいっ!」と盛り上がりまくっていたのに、この一品で一気に
テンションが落ちた・・と。

そういえば、ボスの目は微妙に逝っており、正面のチーフAは、青い顔をしており、となりのチーフBは意味もなくハイテンションになっている・・・。
そんなに、インパクト強かったか、蚕の串焼き・・・と、うっすら同情していると、
「もう一本頼む」と、ボスが言い出した。

みるのもイヤだから「まだ食べるんですカー?」と非難したら、要するに「オマエも食って見ろ」ということなのだった。

きーーーー、かんべんしてぇぇぇぇぇーーー!

とは思ったが、本当に目の前に出てきてしまったものは仕方がない。
黒い丸い、実に「焦げた芋虫」そのものが、串に四つ刺さっている。

しょうがないから食べてみた。
オーダーした本人は「100個食べたら、101個目から病みつきになると思うぞっ!!」
などと、ヤケクソ気味にいっている。
AB両者が涙目で辞退するので、二人で二個づつ、という配分になる。

一個目。
外側は堅い。
中は微妙に柔らかい。
不可思議なザラザラ&ネットリとした舌触り・・・。
そして、ぶちゅ、という部分があって、大変「オモシロイ」匂いが鼻腔に広がる。

「う〜ん、なんかアレですねぇ・・・」
「そう、なんかアレだろー」

二個目。
今度は比較的マシ。
慣れたか、当たりか?
まあ、何とか食べて食べられないものではないかもしれない・・・。

これの場合、ビールで食べるのは根本的に無理だ、と思った。
マッコリか、そうでなければ茅台だの粉酒だのという、強くてくせのある酒をあおりながらなら、何とかいけそうだ。

などと分析をしていると、正面のA氏は「スミマセン、僕、帰ります」と席を立った。
だれも敢えて止めなかった。

しばしの後、解散した。
わたしゃ夜中に何をやっているのであろう、と不思議に思ったが、まあ「貴重な体験」
ということで、ご報告する次第である。

上記の内容では、味も香りも食感もいまひとつ明確にわからないと思うので、関心のある人は是非お試し下さい。

残念ながら、写真をまた忘れました。
だから、実物を是非あなたのその目でみてください。


ランキングバナー人気blogランキングへ
なにごとも経験なので、他人を恨んではいけません。


かいこ缶詰(140g)
韓国産かいこの缶詰。

カイコのサナギの佃煮絹の味(120g)
蚕のさなぎの佃煮(国産)、その名も「絹の味」・・・ううむ。




arima0831 at 00:01|PermalinkComments(23)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 24, 2006

野毛のはずれの『焼き鳥 安兵衛』

焼き鳥 安兵衛
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:居酒屋 / 焼き鳥 / 串焼き
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円


さばさばと明るい接客で、気持ちよし。
古い狭い店のこれまた狭いカウンターが大変居心地よくてスキ。
 
煮込みがうまい。あと「トマト巻き」が個人的に大好き。
鶏でトマトが巻いてあって、噛むと熱くなったトマトがぴゅっと弾ける。
 
いろいろ頼む時は、紙と鉛筆を渡されてオーダーを書きます。
 
好きだ、あの和み加減が。
店のこだわりも薀蓄もごたくさ言われず、天気と野球の話とかして帰ってくる。

二階には広い部屋もあって、宴会も可との由。

人気blogランキングへ
鳥インフルエンザが怖くて、焼き鳥が食えっか!(超べた)

arima0831 at 13:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 15, 2006

野毛『庄兵衛』

庄兵衛
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町 / 関内 / 馬車道
料理:焼き鳥 / 居酒屋 / 日本酒
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


名物『満州焼き』はなんだか後を引く味。
『延明』の羊串焼きと、味のベースが似ている気がする。
満州焼き、というだけに、中国の北のほうの味付けなのかも。

焼き鳥も全般においしいし、なんといっても大変安い。
いかにも野毛らしい、いい空気のある店だ。
しかも、夕方4時から営業している。

ただ、焼き鳥専門店でいつも思うのだけれど、どんなにおいしくても肉ばかりというのはちょっと辛い。
ただ、もうちょっと箸安めになるような野菜類なんぞあるといいんだけれどもな。

お新香はあるけど、これだけは悲惨。
ここでうまいお新香が出るようになったら、結構通っちゃうだろうなあ、とついつい思います。

人気blogランキングへ

arima0831 at 13:14|PermalinkComments(2)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote