ラーメン

September 17, 2006

渋谷『すずらん』よ・・・嗚呼、何故なんだ、この豚角煮っ!!

中華そば すずらん
最寄駅:渋谷
料理:ラーメン一般
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


>わざわざ横浜から通いたいとも思わないけど、近くにきたらまた寄ろうっと。

などと五月ごろ書いて以来、4ヶ月の間に、まあなんとなく「ついで」に「なんとなく」近くにいることが何度もあった。

近くにきたら寄る、というよりも、近くに行く用をそのために作っているような気さえしてきた・・・まあ、渋谷に出る用は、あるのだ。
だから、ついでなのだ。あくまで「ついで」なのだ!

挙句に「こんな記事」とか「あんな記事」で、ワタシの食欲中枢をむやみと刺激する困ったものがおる。

その日は所用で秋葉原にいた。
さて、と夜7時ごろ、京浜東北線横浜方面に乗り込んだつもりが、何故か渋谷方面行き山手線に乗っていた。
フ、と我に帰ったら「五反田」とかを通り過ぎていたのである。
単なる乗り間違いだから、ついでに「すずらん」に行こう、と思いついた。
まあ「ついで」ということだ。
そういうことなのだ(「渋谷方面」ていう緑の看板確認してから電車に乗ってなかった、アンタ?、とウルサイ突っ込みを入れるどこかの自分)。

ここの場合、麺がうますぎる。
汁はワタシにはちょいとショッパイのだが、でもついつい全部すすってしまう。
 
なんだか妙にくせになる。
ナニカ特殊なハーブ類でも入れてるのか?!

しかも、ここの餃子はそんじょそこらの餃子専門店が泣いてひれ伏すくらいオイシイ。
ここはつけ麺屋だろうがっ!
なんでこんな旨い餃子が出るんだっ!!
と、文句のひとつも言いたくなる。

「餃子は水餃子」というのは、満州育ちの亡父の遺言にして我が家の家訓。
焼き餃子は「邪道」なのだ。
しかし、親の遺言と一家の家訓に背いてまでも、一人つい

「あ〜、ヤキギョウザくださぁい」

なんということを、ここのカウンターに座るとつい口走ってしまう
(だって、この餃子が目当てで行ってるんだから、オーダーするのは当然でしょアンタ、呟くどこかの自分)。

程よい歯ごたえに、むっちりと食感のよい皮も、中の汁気たっぷりの餡も、文句ない。
焼き餃子で「オツユがプシュ」なんて、許されることだろうか(ユルスユルス、と呟くどこかの自分)。
 
ついでのついでで「豚角煮」もオーダー。
エビスビール、焼き餃子、豚角煮。
「至福」という言葉が心をよぎる。
うふふふのフ。

「自分には正直に生きましょうね」
「うん」
と、食べ物が目の前に出ると急に素直になる自分。

さすが壁に額入り筆書きで堂々と大書してあるだけあって「豚角煮」は素晴らしい。
いかにも旨そうな、いぬわん氏の写真が脳裏からはなれずにここまで着ちゃったが、
素直に予想を超えてる。

もう、テリッテリと輝く「お姿」が現れた瞬間、単に「豚角煮」などと呼んでしまった自分を恥じるほどだ。
「豚角煮様」と呼ぶべき、神々しさ・・・(アンタ、ちょっと大げさよ。トランス状態入ってない?、という声がどこかで聞こえる。ちょっとやばい)。
箸を入れればほろほろと崩れるほど柔らかいのに、じんわり旨みがしみて、脂身は蕩ける。

あああ、もうだめ。
つまらない理屈をこねたワタシを許してくださいアナタ、と、目の前で真剣に麺を茹でるオヤジサンに突然語りかけたくなるが、それではただの変な人なので、やめておいた。
 
ただ、ここの場合、細い「中華そば」の麺はたまに茹ですぎちゃうことはあるらしい。
まあ、おかげで正気に戻れましたがね。

やっぱ、つけ麺でしょ、と思いつつ、次はいつ頃渋谷に「ついで」ができるか考えていた。

その数日後、伊勢佐木町『慶興』のカウンターで、声を押し殺して
「豚角煮ブタカクニ」「ブタカクニなー」「そうなの、すずらんブタカクニ」と語り合う
怪しい男女は、つまるところワタシとイヌワンなのだった。


ランキングバナー人気blogランキングへ
鈴蘭の花言葉は「意識しない美しさ、純粋」
でも、実はこっそり花には毒性があったりする。
花はどうあれ、渋谷の「すずらん」に「中毒性」は間違いなくある。

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
ついでにお花でもいかがですカー?



arima0831 at 22:23|PermalinkComments(5)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 08, 2006

博多ラーメン『どんたく』桜木町 黒いオブジェのできるまで

博多らーめん どんたく
最寄駅:桜木町 / 高島町 / みなとみらい
料理:博多ラーメン / ラーメン一般 / チャーシューメン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


なんかどこかで、と思ったら、ここのことか!

店の前は車でよく通っていたのだ。
どこか心の隅で「いっぺん食べてみたいな」と、思っていた。
いや、車で前を通りすぎるだけだし、中の様子までは見えなかったけど、なんとなく美味そうな匂いってあるじゃないですか。

ある日、ある時期、ラーメンの巨匠Ryumanさんのところ、食べ歩きの達人seikoMTDさんのところ、そしてついには、某ハマのスター喰らいヤー氏までが、突如として絶賛のコメントを連発。

「あの店」とは思わなかったが、まあわりと家も近い。
いってみよ、とタイミングを狙っていた。

と、こうしているとき、とある真摯な反省会を兼ねた会食の後、野毛あたりで朝まで飲んだくれてしまったのである。
翌日は胃も肝臓も、倍に膨れたような状態だ。
そこから夕刻すぎてようやく立ち直ると、なぜか無性にラーメンが食べたくなるのは、なぜだろう。

汚いキタナイと、散々聞いたので、どんなものかと思ったら、まあ確かに「こぎれい」とはお世辞にもいえないけど、町の裏路地なんかでやってるラーメン屋や食堂にたまにある、という程度じゃないですか。

まあ、アタクシのイメージ的に、このようなお店は・・・という某氏が危惧されたお気持ちはわかるけれど、でも大丈夫、ありがとう。
 
店のオヤジさんがとてもよい顔をしている。
渋くてステキです。

別に床が粘つくわけじゃなし、テーブルも拭いてある。
水をとろうとしたときは、軽く微妙な不安がよぎったが、タイやエジプトじゃあるまいし、ラーメン屋で生水当たりもあるまいよ、と考える。

でも、調味料入れは若干怪しくて、中でも本来緑であるはずの「高菜漬け」の色が「赤茶」なのは不可思議だったが、これは「激辛に唐辛子を入れ込んであるため」と判明。緑の高菜がここまで赤茶けるまで辛くしてありゃ、日持ちはOKですね。

さて、ラーメン。

「わかめラーメンて、博多ラーメンにわかめが載ったものですか?」
「そーだよ。上にほいっとわかめを載せただけだよー」
「じゃあ、ひょっとして『タマゴラーメン』は?」
「タマゴを載せただけだよねー」
「すると、あれですね。『もやしラーメンは、もやしを載せただけ』なんだ!」
「そのとーりっ!だって、スープみんな同じだもん」

海藻類不足を感じていたので(夏には重要)、わかめにした。
「じゃあ、ワカメを載せただけのワカメラーメンね。
あ、麺の固さはどうする?」
「固めにおねがいします」
「ほいよ」

なかなかシャレのわかるキュートなオヤジさんだな。

で、裏路地の驚き、と言うのか、ラーメンも美味い。
ちょっと私には塩気が強いが、まさかこの店で上品な薄味のさっぱり系が出たらかえって薄気味悪い。
豚骨のだしがしっかりしているのに、生臭くもくどくもない。
飲んだ〆なんかに食べたくなりそうなラーメン。
キクラゲとネギと煮豚に、のりが一枚とワカメ。
スープは無化調。

平日は深夜二時まで、日曜のみ0時で閉店の年中無休。
「こういう商売はさ、休まず働くのが一番なのよ」
 
にんにく、ゴマなど、ちょっとずつ色々入れて味を変えながら食べるのが、博多式なんだよ、とオヤジさんが教えてくれる。
高菜は「凄く辛いから気をつけてね」と言われていたのに、つい多めに入れた。
辛かったけど、これもよし、なのだった(自己責任)。

お店をはじめて15年、という。
「じゃあ『あの壁の換気扇』は、15年分の歴史の蓄積ですか(黒い脂がびっしりとこびりついて、ほとんどモダンアートのオブジェ的造形美までかもしだしとる)」
「いや、あれは三年。そろそろ変えなきゃいけないんだけどねぇ。
豚の脂って、蒸気と一緒に換気扇通るから、どうやってもダメなのよ」

三年で黒いオブジェが完成するほど、きっちり豚の頭を煮込み続けているのだ。
昼も夜も毎日休まず。ほお。

「ふうん、じゃあ、この黒光りがここのスープの出汁の蓄積なわけなのね」
「・・・ま、あれと同じじゃないがな・・・」
「あ、いやいや、そういう意味じゃなくってですね、ははははははは」
「ははははは。面白いヒトね、アナタ。そういうこと言ったヒト、はじめて」
「フツー言わないですよねー」
「そうだなー、ははは」
 
極私的に「風情」を感じる店だ。
誰にでも「いってみなよ」とは言えないけど、やっぱり。

しかし、そんなに変な店かなあ?
私にいわせりゃ、パチンコ屋の景品交換所みたいな窓口で店員にオーダー出す
「一蘭」の半個室仕切り型のほうがよっぽど不気味なんだけど。
味に集中するためだって?
余計なお世話だよ(あの店は嫌い)。

ランキングバナー人気blogランキングへ
男性については、選り好みと好き嫌いは激しいけど、ストライクゾーンは広いです。
食べものと違うのは「相手の意志」というものが存在することです。
幸か不幸か。


アルミDON 寸胴鍋 24cm 10.7L [0016-0103]業務用アルミ寸胴鍋。
楽器にもなる。しようと思えば。



arima0831 at 13:08|PermalinkComments(13)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 11, 2006

噂の『すずらん』平打ち麺、美味し!

中華そば すずらん
最寄駅:渋谷
料理:ラーメン一般
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:朝食


この横浜界隈で、このところ誰も彼もが絶賛調の『すずらん』(おおげさかなあ)。
渋谷に行く用事があったので、行ってみた。

うっかり出先で手間取って、12時をちょっと回ってしまったら、五人ほど並んでいる。
みんなここのメニューを知り尽くした風情の、わりあい若い近隣の必殺勤め人たち。
全員オーダーは「大盛り」で「つけめん」。
みんな食べ盛りなのね。

でもなんとなく、つけめんに今ひとつ食指が動かない日だったので、汁そばを頼んだ。
私は量は食べないから、普通盛り。

並んでいる間にキビキビとオーダーを取りにくる。
女性率が限りなく低いためか、回転も速いから、そんなに待たない。

味噌たまごの平打ち麺。950円也。
がさっと景気よく盛られたモヤシやキャベツがいい感じ。
確かに値段は結構強気だけれど「大盛り無料」というホスピタリティーであいこでしょ、というところ?
 
麺、噛み応え、舌触り、そして喉越し、すべて上々。
この麺は、麺だけで美味しい!
そうか、それで「つけめん」なんだ!
 
でも、平打ちを汁そばにしてしまうと、汁がはねまくって食べづらい。
オーダー失敗・・・つけめんにして置けばよかった!
つけめんメインのせいか、スープも美味ながら塩気が強い・・・つけめんにして、あとで「汁割り」してもらうのがここでは正解。
雰囲気的に「汁そばの汁割り」などという馬鹿げたものを頼みづらかったので、
そのままいただく。
私はナメクジ体質で、塩気が強いとだめなのだけれど、でもなんとかスープのおいしさでいけた。

汁そばならば、普通の麺がよいかも。
隣の人が食べているのを見たら、ほとんど細めのうどんの太さで、これも美味しそう。

あと、水餃子がなんだかおいしそうな気がする。
次回是非、と思う。どうなんだろう。

ただ、チャーシューがちょっとパサつき気味。
脂身が好きだから、底まで掘り返して探したけど、発掘できず。
運が悪かったのか知らん。
 
わざわざ横浜から通いたいとまでは思わないけど、この麺はちょっと癖になる。
近くにきたら、また寄ろうっと。


人気blogランキングへ
今日もよろしく、愛のワンクリック!

arima0831 at 11:06|PermalinkComments(3)TrackBack(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 22, 2006

六本木『赤のれん』が好き

赤のれん
最寄駅:外苑前 / 広尾 / 六本木 / 乃木坂 / 麻布十番
料理:ラーメン一般 / 豚骨ラーメン / 博多ラーメン / 餃子
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


本来、まっすぐ細めん系はあまり好きじゃないのだけど、ここのは好きだ。
スープも割合塩分控えめで、おいしく最後の一滴まで飲み干せる。
ただ、量が少ないから男性には高くつくかなあ、と。
 
私はあのくらいの量だとちょうどいいんですが。
通りかかるとついつい入ってしまうのです。

好きな理由の一つが「並んでないから」というのは、申し訳ないんだけれど、特に奢り高ぶることなく普通にラーメン屋さんの接客です。
いいと思うな。

人気blogランキングへ
まいどどうも、よろしく!

arima0831 at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 20, 2006

渋谷『唐そば』〜ナゼみな並ぶ??

唐そば
最寄駅:渋谷
料理:豚骨ラーメン / 九州ラーメン
採点:★★☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


どこかのグルメ本で、大絶賛されていたので、名前は聞いてた。
たまたま前を通りかかって、ラーメン食べたい気分で、しかもたまたま空いてたから入った。
 
店はすいているのに、機械的にカウンターの隅から座らせる。
カウンターがバランスを失ってひっくり返りそう・・・ではないけど、感じはよくない。
 
ラーメンは、いたってまったく普通のラーメンで、特にまずいとも思わなかったが、なぜにどうしてこれを食べるために並ぶ人が大勢いるのかは、理解できなかった。
いや、普通にラーメン食べたい時に、さっぱり食べてヨシヨシ、っていうもの。
まずいとは言わないけど、私のラーメンへの思い入れがその程度なのがいけないのかなあ。
 
とにかく、どれほどおいしいラーメンであろうと「あの接客」はNG。
確かに機械的に隅から座らせれば、店は面倒くさくなくてラクだろうが、そういう店のココロはワタシのココロも冷やしてしまうのココロ。

関係ないけど、以前ハタチの姪とディズニーシーに行って、そこいら辺中でひたすら並びまくったことがあるけど、あれを「旧ソ連邦庶民生活擬似体験」などと言ってしまう私の心はやはり曲がっているのであろう。

まあ、単に遊ぶために「あの努力」ができる日本人の辛抱強さは、嫌味でも冗談でもなしに立派だとおもう。


人気blogランキングへ
チューリップが並ぶ姿は美しい。と、無意味にごまかしてワンクリックをよろしく。



arima0831 at 18:02|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 03, 2006

尾道ラーメン『麺一筋 桜木町店』とどうでもいい考察

麺一筋
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:ラーメン一般 / 醤油ラーメン / 味噌ラーメン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


太麺を頼むと、細めのうどん状。
歯ごたえしっかり。
こういう麺て、好き。
 
駅前の好ロケーション。
なんとなくトッピングサービス券がおいてあるが、忘れても快くトッピング追加してくれるのは、ホスピタリティー。得点高い。
 
普通のラーメンというのは、どっちみちワタシにはしょっぱいのだけど、ここの場合は、いい塩を使っている!と謳っているだけあって、クリアできる。
チャーシュー、煮卵など、トッピングもおいしい。
 
タイミングの問題なのか、特に並んでいるのをみたこともないが、桜木町駅前界隈では一番好きなラーメン屋さん。

しかし、なぜに私の好きなラーメン屋さんは、絶対に人が並んでないんでしょうか?
口、曲がってるのか、ワタシ?
(いや、そうではなくて、不精だから決して並ぶような店に行かないだけだよ、という友人家族らのつぶやく声がどこかから聞こえる。幻聴?)

なんでも元プロボクサーの畑山隆則氏がオープンした店だそうだ。

全然話は変わるけど『西洋骨董洋菓子店』に出てくる見習いパティシエの若者は、何故か元ボクシングの世界チャンプ。網膜剥離でボクシングをあきらめて、なぜかケーキ屋さんに弟子入りしちまうんですが(これが単なる「余談」であって、本編の筋のオマケってとこがすごいと思う)、ボクシングを泣きながらあきらめる時、親代わりのジムの会長曰く

西洋骨董洋菓子店 (1)
「大丈夫だ。おれは就職先のコネくらいいくらでもある。
ラーメン屋とか、ラーメン屋とか、ラーメン屋とか・・・」

笑えた。


そして改めて思うんだけれど、

ボクシング→ラーメン
プロレス→焼肉
相撲→ちゃんこ

以上の法則は、なぜ生まれたのだろうか?
いや、どうでもいいっちゃどうでもいいけど、なんか気になる。
最後の「ちゃんこ」は、まあそうだろうな、と思いますけど。

ところで、先日ご紹介したHGのグルメ本(??)、案外良かったのでご報告しておきます。格闘技ファンは必携かも。
こういう本はすぐ売り切れるから、早く買ったほうがいいよ。
そう、ありきたりで金太郎飴な店ばっかりじゃなくて、意外な穴場が載ってる。
いってみたくなります。

格闘家のくいもの屋―うまいゼ!レイザーラモンHGとイク!


「消化を助け、宴会ネタにも使える『HG腰振り講座』」とか、
「快食ボディーを作るHG体操」(ハードゲイ体操第一フー!)とか、
結構ツボを突いた特集までついてる(ちょっとやってみた・・・)

案外まじめに作ったんだ、この本、と思いましたです。
780円はお買い得。


人気blogランキングへ
ラーメン、ボクシング、フォー!

arima0831 at 11:00|PermalinkComments(1)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 28, 2006

並ばない普通のラーメン『角屋』

角家
最寄駅:戸部
料理:豚骨ラーメン / 塩ラーメン / 味噌ラーメン / 油そば / カレー・カレーライス
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


根岸通り沿いにある。
誰も並んでいたためしがなく、まして自分以外の客を2名程度以上見ることもない。明らかに元ボクシング関係者と思える店主が、黙々と麺をゆでている。
エアコンはなく、夏は扇風機のみ。
 
実に普通のラーメン屋だ。
味はいわゆるハマ系というのか、家系というのか、とんこつ味。
面は縮れて太い。
ねぎラーメンは白髪ねぎがごそっとのる(白髪ねぎが好き)。
 
トッピングに擦りゴマと豆板醤とニンニクがドカンと置いてある。
味はちょっと塩辛目。
まあ、店の雰囲気から「上品であっさり」はそぐわないだろうなあ、と妙に納得してる。
 
だが、実は私はここのラーメンが妙に好きで、ついつい月に一回くらいはテクテク歩いて出かけてしまう。
「ハマ系」の「家系」のと、あっちこっちでゾロゾロ並んでる店より、よほど美味い。
誰も一度も「そうだね」と言ってくれたことがないけど、私はここのラーメンが好きだ。
 
ラーメンて、要はジャンクフードなんだから、こんな感じが一番いいよねぇ、と、思いますです。何故にあんなに皆さんストイックになってしまうの?

まあ、列に並んで物を食べるのも、ある種のエンターテイメント、と思えば単に好みの違いでありましょうね。
たまに並ぶ羽目に落ちると、旧ソ連邦時代の庶民生活を偲ぶ。
単に食うため遊ぶために行列できる日本は、平和ないい国だなあ。

帰り際、店主の「あ、毎度どうも」というシャイな笑顔が、いい味を出してくれて、ちょっと和む。

尚、敢えていってみようと思う人は、車のご利用をお勧めします。


人気blogランキングへ

arima0831 at 19:37|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 16, 2006

三幸苑

三幸苑
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:餃子 / ラーメン一般 / 中華料理一般
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夜食
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夜食


やけに人が入っていて、誰に聞いても美味いという。
で、連れ合いと出かけたら、二人して半分ぐらいでギブアップしそうになった。
一応全部食べたが、どこがどのように有名店に値するのか、まるっきり理解不能。
餃子だって、あれなら「王将」でいいじゃんか、と思ってしまう私の口は曲がっているのか?

人気blogランキングへ

arima0831 at 03:45|PermalinkComments(4)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

関内『唐桃軒』

唐桃軒
最寄駅:桜木町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:醤油ラーメン / 塩ラーメン / 味噌ラーメン / ラーメン一般 / チャーシューメン
採点:★★☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夜食


三回いった、と、言うことは、まあそんなに悪くはないのだろうと思う。
が、三回目の今回、どうもスープの味が妙になった気がする。

塩ネギを頼んだ。
チャーシューは確かにうまい。
汁の中で温まるのを待つ。

ねぎは白髪ねぎ(よろしゅうございます)。
でも、これなら私の好きなXXXのほうが・・・と、思ってしまう。

スープは塩辛くて、半分残しました。

なお、テレビに出たようで、各席に撮影時座った人の名前と写真が張ってあります。
これのなかった前回のほうが、美味しいと思えたのは気のせいかなぁ。

でも、私が好きで通うラーメン屋さんに、人が並んでいるのを見たことがないので、皆さんの参考にならないかも・・・すみません。

人気blogランキングへ


arima0831 at 03:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

引きこもり型ラーメン『一蘭』

一蘭
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町 / 関内 / 馬車道
料理:博多ラーメン
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夜食


まず、各自の座るところがすべて壁で仕切られている、というのは妙だ。
何人かで行くと、実に不思議な光景になるし、一人だと店の「空気」が感じられず、ラーメン食いブロイラーになった気分になる。

食券かって、両脇壁で仕切られたカウンター越しにだす。
向こうの顔は、もちろん見えず、しばしの後に注文したものが出てくる・・・。

で、飛び上がるほどうまいラーメンかといえば、別にそうでもない。
飲んだくれて腹が減った〆にはいいけど、それにしても複数でいけば確実にしらける。

すみません、どなたかここのラーメンが、どうしてそんなに美味くOR美味く感じられるのか、解説してください・・・。


人気blogランキングへ



arima0831 at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote