みなとみらい

April 11, 2006

ランドマーク『Sizzler』で、またハンバーグ・・・

Sizzler
最寄駅:桜木町 / みなとみらい
料理:西洋料理一般 / ステーキ / カルフォルニア料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


経営はかの「ローヤルホスト」でした。
知らなかった。なるほど。
 
ハンバーグ・ステーキを食べた。
またですか?!
いいかげんにしたら??!!
でもまあ、ちょっと・・・と、自分をなだめる自分。

接客が微妙に遅い。
よく見ると、明らかに慣れなさそうなアルバイトの女の子が、かなり広いエリアを持たされている。
この辺、ローヤルホスト的。
 
ハンバーグは、鉄板の上でジュウジュウいっており「まだレアですので、切り分けて火を通します」という彼女を止めて、レアのまま出してもらう。
焼き加減、できればきいてほしかった。
あの「かたまり」にナイフを入れてジュワ〜、だって、楽しみの一つなのよ。
奪わないで、お願い。
 
サラダバーと一緒にとることが前提でメニュー構成されてるんで、付け合せは貧弱。
でも、メインと同じくらいの値段をとるサラダバーは、種類いろいろだがどうもなんだか中途半端でイキのよさが感じられず。
見たとこいろいろそろえてるけど「メインは必ず別にとるように」という声がどこかから聞こえる。幻聴?

生野菜を山盛り食べたい気分の人にはいいかもしれない。
でも、冬はやめたほうがいいよ。体を冷やすから。
おばあちゃんの知恵だ。
私じゃなくて、私のおばあちゃんね、言っとくけど。
 
尚、参考までに、近隣のホテルのビュッフェだと、だいたいランチ3000円弱、ディナー4500円前後。
それよりは、メインとサラダバーをあわせて、若干安い。
ただし、取るメイン次第であって、ステーキなんか取ると、完全にホテルのディナービュッフェより高い。
これを安いととるか、高いととるかは本人次第でしょうか。
 
ご飯を鉄板に入れて、デミグラスソースと混ぜながら食べた。
なんか一味足りない。

ジュワ〜の肉汁はあるけど、このハンバーグも、何故かどうしてか薄味で、肉の臭みを消して旨みに変える一工夫なし。単なる肉の塊。
これか、不満の理由は・・・と、気がつく(遅い、遅すぎる!)
 
なんだか肉の選定その他、ものすごいこだわりが店頭に書き連ねられてるけど、
「オーストラリアの輸入冷凍牛肉」を「オーストラリア産チルドビーフ」と表現する、素晴らしいレトリックには感心した。
ものは言いようだなあ。
 
禁煙席は窓際で、眺望よし。。
この得点は高い。
テーブル配置もゆとりがあって、これなら多少混んでもせわしい感じはしないでしょう。
この辺のレイアウトはさすがプロ。
カップル向けです。
お一人様でも、のんびりできる。

ところでどうでもいい話だけど、眺めの良いところでビュッフェ、というのは「始まりかけたカップル」に案外向いてるんじゃないでしょうか?
まあ、ビュッフェなら肩もこらずに普段着で気楽にしゃべれて、しかもビュッフェ見ながら「あれおいしそー」「あ、オレこれ取ってみよー」などという会話の接ぎ穂もある。
「わ〜コスモクロックだ〜〜」なんて彼女が喜ぶ。

しかも、重要なのは「おなかいっぱいになる」というポイント。
お腹いっぱいで食欲が満たされたところで、どっか静かなところでも「腹ごなしに」散歩するなり、軽く一杯飲みにいくなり、とワンクッション入れると、いい感じにマッタリすると思うんですね。
そのあとどうなるかは、知ったこっちゃないけどさ。
がんばって。

以上を信じて失敗したら、私を恨まず自分の力不足を嘆いてオクレ。
一応、言っとく。
わたしゃ、一人でハンバーグと語り合ってたんだし。
 
ここの場合、ホテルでビュッフェ、というのが心理的に面倒くさい感じのする向きには、よいかもしれない。でも、値段は結局大差ないのをお忘れなく。

内容?
インターコンに限れば、軍配はホテルに上がります。
ほかのは入ったことないからわかりません。
 
とにかく「なるほど、ローヤルホスト」な店。
良くも悪しくも。
そうか、そういうことか。


人気blogランキングへ
「私のハンバーグ」は、いったいどこにいるのでしょうか?

arima0831 at 01:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 10, 2006

みなとみらい『おしどり』パンパシフィックホテル

おしどり
最寄駅:みなとみらい
料理:和食一般 / 懐石料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):15,000円〜25,000円
用途:夕食

ホテル内に一軒ある和食屋などというのは、特別な例を除いて本当の美味美食を求める場ではなく、むしろ商談や会食で落ち着いて話ができる環境があるかどうか、というところが肝心だと思う。
味はどこも結局そう大きな差はない。
値段は、一律に「高い」。
 
このパンパシフィックの店は、個室が多くていろいろな人数の会食に対応できるところが良いと思う。
店も明るくて、清潔感がある。
 
海外の方とのご商談にどうぞ。

人気blogランキングへ
雨模様でローテンション・・・励ましのワンクリックを!

arima0831 at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 06, 2006

みなとみらい『ガーリックジョーズ』

ガーリックジョーズ
最寄駅:みなとみらい
料理:エスニック一般 / ニンニク料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


傷の消毒に、再びみなとみらいへ。
ランチでもディナーでもないタイミング。
う〜ん、と思っていたら、この店の前を通りかかった。

夕方五時までランチをやっている。
ハンバーグのセットが1050円。
おお、これこれ・・・と店に入る。

まだ、ハンバーグですかぁ〜、と自分の中のどこかで自分がつぶやく。
 
サービスはてきぱきしていて、さわやかだ。
バブル時代に散々甘やかされたジジババがやる接客より、不況の中でがんばってる若いもんのほうが、よっぽどしっかりしたサービスをするな、と思うことが良くある。
 
しかし・・・ハンバーグは「売り切れ」だった。
がっくり。
マアイイカ、と、ガーリックステーキを頼む。1280円。
「みなとみらい」じゃ、魔法の言葉よ。

でもこういうとき「私は大人になりました」と、思う。
 
ガンボスープ出てくる。
塩気が強い。これは私の問題で、一般にはOKだろう。

しかし、カップがプラスチックというのは解せない。
機内食じゃないんだからさぁ、こういうところでコスト削減というのはちょっとせこい。
それとも何か、深い慮りがあるのか??
チープな手軽さを強調してるとか?
そういう気配りはいいから、陶器の食器を使いなさいね。

確かに、陶器カップはメンテも大変だし、ちょっとでも欠けると出せない。
見た目の問題もあるけれど、欠けたところに黴菌がつきやすい、という現実的な衛生面の問題もあるんです。だから、欠けた食器を平気で出すようなところは、飲食店としての常識を捨ててると思っていい。

余談、長いですね、すみません。

あと、もひとつちょっと嫌味がましいこといっちゃうと、スープは本来「食べる」もので「飲む」ものじゃない。常識にとらわれるな、とはいわれても、中に具の入ったスープを持ち手のついたカップでコーヒーみたいに出すのって、すんげえトンチンカンな気がする。
 
ステーキは、焼き加減を特に聞かなかったが、出てきた時に熱い鉄板皿の上でじゅうじゅういっており「今はミディアムですけど、焼けてきますので」とのこと。
実際のところ、レアだった。
結果オーライだが、ちょっと???な発言。
まあいいや。
 
肉自体は、値段にしては、まあまあ。
自宅で、スーパーから輸入物の牛肉を買ってきて、ざっと調理するとこんな感じかな。店に座って、人に料理してもらうんだから、合格でしょう。
あと、付け合せの野菜はうまい。
たまねぎって、不思議とステーキに合う。
 
だから、プラスチックカップ以外は、1280円なりに完結してる。
いろいろ言ったけど、そんなにひどいものでもなかったです。
飲み物ついてるし。
5時までこれが食べられるのは、ポイント高いでしょう。
 
で、店を出る時、スタッフに
「文句いうんじゃないんで、誤解しないでほしいんだけど、売れちゃったセットは売り切れって大書したら? そのほうが、人気メニューっぽいインパクトも出てよろしいんじゃなかろーか」とか、余計なこうるさいオバハンのようなコメントをしてみた。
 
「あ、そうですね! ありがとうございます、申し訳ありませんでした!!」
と、さわやかなお返事。笑顔です。救われます。
 
ただ、この店で決定的にだめなのは、テーブル配置のセンスのなさ。
駅の食堂じゃないんだから、四角い四人がけとか二人がけとかのテーブルを、きっちりとスクエアに横一列に並べることはなかろうよ。
あれは、みなが同じ方向を向くだけに、なぜか隣の話し声や出入りが、妙に気になる配置なのだ。

確かに席数調整には便利だろうけれど、お客の居心地は悪い。
ランチの回転はよくなるだろうけれどね。
 
チープなら、チープなりに工夫すれば結構いい雰囲気は作れると思う。
ハードロックカフェのほうが若干高いのは、やっぱりこの辺の違いかなとも思う。

料理の中身は大差ない。この店のほうがいいかもしれない。
そもそも、みなとみらいで美食なんて誰も思ってないんだから、せめて雰囲気やサービスで平均点をあげてほしいものです。

もうちょっと、がんばろう、ガーリックジョーズ。

人気blogランキングへ
ステーキの上に山盛りのガーリックチップは良くできてた、そういえば。
ガーリック、上手・・・いいからワンクリックね・・・。



arima0831 at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

『ハードロックカフェ横浜』のハンバーガー

ハードロックカフェ
最寄駅:桜木町 / みなとみらい
料理:アメリカ料理 / ダイニングバー
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


ちょっとした手術をした。
詳しい話は後日になるが、まあ30分で即帰れる気楽なやつだ。
考えてみれば、これを「手術」と呼んだら、歯医者さんの治療はみんな手術だな。

そんな後でまさか肉類に食指が動くとは、我ながら呆れたんだけれど、先日来の「ハンバ〜グ〜〜、ハンバ〜グ〜〜〜」という念仏のような通奏低音は、いまだ止まっていない。

ハンバーグ食べたさに、入った。
和風洋食のハンバーグは、あれはあれでよいけれども、なんだか柔らかくて食感が違う。
焼きものというよりも煮物のイメージ。

「ハードロック・カフェ」の前で、馬鹿みたいだけどやっとわかった。
私が食べたかったのは「和風洋食」の「ハンバーグ」じゃなくて、いわゆる「ハンバーグ・ステーキ」だったんだよ!!
わかるの、遅すぎるね。
やれやれ。

そうなると、アメリカン・ダイナーが正解なわけです。
どうしてすぐに気がつかないのよ、自分!
 
さて、こちらのアメリカンなハンバーガー。
「今日のランチハンバーガー」なるものがあって、テリヤキバーガーだという。
スープ、サラダ、サイドにフレンチフライ、さらに飲み物もついて1050円はオトクです。
 
でも「普通のハンバーグ」があくまでどうしても食べたかったので、500円増しを甘んじてこらえる。「ハンバーガー」になるにせよ、ちょっとは期待に近いものが出そうな予感。
 
スープが小さなカップで出てきて、ちょっとチープな味だがジャガイモなど入って、これはこれでいい感じ。ちょっと塩辛いのは、どうせ私のナメクジ体質だろう、たぶん。
 
サイドはフレンチフライが嫌いなので「別のにできないの?」とダメモトできいたら、マッシュポテトにしてくれた。言ってみるもので、このマッシュポテトも上等上品ではないにせよ、チープなよさがある。

サービスの女の子は、いまどきルーズソックス。
まだアリだったんですか?と、シンプルに驚くが、さわやかに可愛らしいから許す。
 
で、肝心のハンバーガー。
バンズはカリッと焼いてあって、パンもおいしい。
中に、焼き目がきれいについたハンバーグ。
ナイフを入れたら、肉汁がジュワ〜と染み出て下のバンズに染みていく。

おお、いいぞ。
 
しかし・・・味が薄い。
このナメクジ体質の私が、塩コショウを振ったのだから、ちゃんと下味してないな、これ。
 
そして、残念ながら肉質が悪い。
ないものねだりだとわかってはいるが、やっぱりハンバーグは、いいステーキも出している店で食べなきゃだめだなあ、とつくづく思う。
 
あと「レア」と焼き加減をオーダーできるのに、出てきたのはミディアム。
ここで文句をいうと、さっきの若い女の子が恐縮して「ゴメンナサイゴメンナサイ」になる気がしたんで、まあいいや、と食べる。

ここ、みなとみらいでは、重要な感覚である。
たかが「まあいいや」、されど「まあいいや」。
 
全体にまあまあでした。
別に腹もたたないし、不快でもない。
 
繰り返すけれど、ランチはあの界隈の物価を考慮すれば、お値打ちであります。
ロックが好きならもっと楽しいのでしょうけれどね。 


人気blogランキングへ
イテテのテと苦しむ私に、ワンクリックをプリーズ 

arima0831 at 03:11|PermalinkComments(8)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 29, 2006

『スープストック・トーキョー』の「羊肉とモロヘイヤのモロッコ風煮込みスープ」

スープストックトーキョー 横浜ランドマークプラザ店
最寄駅:桜木町 / みなとみらい
料理:西洋料理一般 / その他軽食
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


決して低価格ではないのに、ものすごい勢いでチェーンが拡大している。
しかしいいツボをついてきたなあ、と思ったら、某商社マン氏が考えたわけですね。
店員の接客はどこに行っても気持ちがよいし、味はどこもほとんど変わらないし、季節ごとにメニューなども研究されてて、うまい経営してるなあ、と感心してます。

食い意地張ってるのは、結局女性で、しかも『お一人様』派が圧倒的に増えてる中、この店をはじめてみたときは「おお!」と感心しました。
なにしろ入りやすい。
 
だから軽く何か食べたい時に、つい入っちゃう。
今日は通りすがりの横浜ランドマーク支店。
 
で、なんとなく「羊肉とモロヘイヤのモロッコ風煮込みスープ」を食べた。
確かに、中東あたりの家庭料理によくある感じ。
しかし、モロヘイヤは基本的にエジプトだけど、なんでモロッコ?
ヒヨコマメどっさりで、嬉しかったけれど。
 
「エジプト風」だと語感的に可愛くないから「モロッコ」なのかなあ?
どうせ可愛くないよ、悪かったね、フン!と、無意味にすねる元エジプトの住人。

ただ、いつも思うんだけど、ここのスープは基本的に「ぶっかけ向け」なんで、ご飯は茶碗でなくて、もうちょっと平ためのボウルで出して、スープの入れ物はもうちっと、ブッカケやすい形状にしてもらえるとうれしいんですがね・・・。
あと、スープの量の割りにご飯が多いです・・・他におかずなしだから、あと一工夫ほしい・・・サイドメニューとか。

こういう発想は「おしゃれじゃない」のか?
どうせ私はオヤジだよ、ふん(また無意味にすねてみる)。

ランドマーク店は「一人ご飯」に向いたレイアウト。
三名以上は逆につらいかも。

 スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る

この成功の秘密はなんだ?!

ポテト・スープが大好きな猫

関係ないけど、この絵本はカワイイ!
訳は村上春樹。

人気blogランキングへ

arima0831 at 17:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 20, 2006

『スパイシーJ』で「二人の世界」を作ろう!(若者のみ)

エイジアンビストロ スパイシーJ
最寄駅:みなとみらい
料理:東南アジア料理一般 / タイ料理 / インドネシア料理 / 韓国料理 / ベトナム料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:デート


はっきりと書きます。
ホテルのダイニングで、しかも夜、ここまで安上がりに済む店はないです。
そもそものコンセプトが「若い人が気楽に利用できる店」だったそうですから。

で、この値段で「あの夜景」を見ながらお食事です。
なんだかみなさん、このホテルの「海側」にこだわるようですが、海側の夜景って単に暗いだけです。ベイブリッジが、ぼや〜んと見えるかな、ってくらいのもんで。
逆に、街側の夜景はコスモクロックが間近にドカンと輝く、実にいいものです。

料理はホテルですから「なんだこりゃ?」なものは出てきません。
平均点はクリアしています。
ただし、雰囲気もんのエスニックなので、本格現地風を求める方は他店に行きましょう。

そして、デートならば「窓際指定」で必ず予約を入れること。
いきなり行っても、絶対に座れません。
安いとはいえ、同じ値段払ってデートするなら、窓際に座って「二人の世界」を作ってください。

あと、女性の場合、エスニックには意外とうるさい人がいますんで、その辺だけは事前チェックが必要です。そういう女性を連れて行ったら、すべての努力は水の泡ですから、注意してください。
逆に変わった料理が嫌いな女性の場合、ここなら大丈夫です。

あとは、エスコートする男性の努力次第ですので、幸運を祈ります。

と、いうわけで、評価は「デートスポット」としてのものです。
そこんとこヨロシク。

人気blogランキングへ
↑よぉし、ここでひとつがんばろう、と思った人もそうでない人もポチっとよろしく

arima0831 at 16:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote