新橋・銀座・有楽町

April 12, 2009

鰻を求めて雨の銀座彷徨 〜地焼きの鰻はやっぱりウマイ♪〜

しばらく前のある雨の日、所用で都内へ。
悪天候下、電車に乗って混んだ都内の街中へ・・・と思うと微妙に気が重かった。
しかも予定の時刻は午後二時半から1〜2時間ほど、ときた。
なんとも中途半端で、出かける前に結構悩む。

いったいなにに悩んでいるのかといえば「どこでどのようにランチしようか」と
例によって天下泰平な話だが。
最近どこかに出かけるとなると、事前準備で一番丁寧なのが「メシ場の選定」。
人生もっと大事なことも・・・と誰かに肩を叩かれそうだな嗚呼。

「鰻が食べたい」と突然思う。
「そういえば銀座に地焼きの店があったっけな」と思い出す。
「地焼き」つまり「関西風の蒸さずに焼くタイプ」だ。
脂ぷちゅう、だね嗚呼。

時計をみれば、どうにかぎりぎりランチタイムに滑り込めそうなタイミングなので
慌てて傘を掴んで飛び出した。
電車の中で「う〜なウナうなう〜な〜ぎぃい♪」と「ウナギの歌(即興)」に合わせて
カラダをゆらゆら揺らしてみる。

あくまでイメージだが。気分だけだが。
実際にやるほど、ワタシは壊れていない。
軽いハミングと微妙な揺れ感くらいは、ひょっとしたら出ていたかもしれないが。
雨の昼下がり。どうせ車内は空いているからそのくらいはよかろ。

ところが電車は途中で止まってしまった。
まさか微妙な揺れ感が、電車の電機系統に支障をきたしたのか?
え〜〜〜〜〜!と無言歌(?)を有音ブーイングに変えたが何の助けにもならず。
あえなくランチタイムは車中で終了。
こうなったら夕方の開店を待ってやろうと募る空腹のみを噛み締めながら、
用件先の雨の六本木をとぼとぼ歩く。

しょうがないから用件を先に済ませた。
こういうときはいつもの倍くらい時間がかかってくれても構わないのだが、
こういうときに限ってスイスイと全てが迅速に片付いてしまう。
日頃の行いの良さが忍ばれるぞ。

六本木から銀座へ。
銀座の某書店で時間を潰していたらついつい本を買いこんでしまい、
外に出たら雨足がいっそう強くなっていた。
ああしまった。荷物が重い。

日々の些細なことから人生まで、一事が万事計画性ゼロ。
こういうときに思いがけず反省の機会が訪れるのだ。いつも時すでに遅いが。
やれやれ。

そのようにウダラウダラと辿り着いた『ひょうたん屋』は銀座一丁目にある。
以前は味わいある下町庶民派の店構えだったらしいが、最近新築移転したそうだ。
真新しい店は非常にシンプルにこざっぱりとしていて、なんだか寂しいくらい。
老舗の鰻屋というよりは、新装開店した立ち食いうどんのようにも思える。

寒中雨に打たれて冷え縮みつつ全身湿気た風情のワタシに同情してくれたか、
お店の女性が傘を畳んだりお茶を出したり、こまごま親切に世話を焼いてくれた。
熱いお茶を啜ってようやく人心地。はぁ。

ひょうたん屋 003体が温まったので
小瓶のビールをもらう。
突き出しはおから。そして大根の浅漬け。
うざくも頼んだ。
高級店だとこの一品で
千円以上も取られることがあるのだが
この店は穏当な「小鉢価格」がとても嬉しい。

『尾花』のうざくにちょっと感動して以来、価格にめげず毎回頼むようになったが
やっぱり所詮は酢のもの小鉢なのだ。
価格も小鉢並みであってほしい。
値段も嬉しいが、香ばしい鰻が軽く甘酢でしなっているのもやはり嬉しい♪
手軽でウマイです。

ひょうたん屋肝焼き

手前に肝焼き。そしてかぶと焼き。
肝のぷりんとした食感がいい。
かぶとの軽い歯ごたえと濃いが臭みのない脂もタマラン。
「かぶと」と呼ぶからには頭の部分なのだろうが、小骨はなくて柔らかく
頭の形状も残っていない。
どちらも辛目のタレが焦げて、炭の香ばしさがシンプルに絡んでいる。

名店の肝焼きなどは上品に手がかかっていて、それは確かに値段なりの仕事だが
しかしこのスッキリ無骨な串もなかなか良いぞ。

で、これが一本300円?!
思わず振り返って背後のお品書きを確認してしまった。
なんと庶民フレンドリーなお店であろう。

この手軽で気楽な店構えならば、気張らずにこの辺の串やら酒肴やらだけで
軽く一杯もいけそう。
こういう力の抜けた感じは都内のいわゆる老舗名店にはないものだ。
お店の人の距離感も程よくて、無愛想スレスレだが気持ちと目は行き届いている。
何が「新装開店の立ち食いうどん」だっ!
「スミマセンデシタ」と心の中で項垂れてみる。

そうこうするうちに目の前でこれまた香ばしく焼き上げられた蒲焼が・・・

ひょうたん屋 005

「ほいよ!」と目の前で御飯にのって、テンポよく一直線に目の前に出てきた。
御飯にのせてから蓋をしないので「蓋開けの儀式」ナシが若干寂しくはあるが・・・

ついでにもうひとつ付け加えると、後から来た馴染みらしいお客が迷うことなく
「特上!」と注文したソレもつい見てしまったので、ワタシの「中」はやはり小さい・・・

そうなのだ。
美味しい鰻に出会うたび、いつも「嗚呼もっと大きいのにすればよかった!」と
後悔をする学習能力のなさ。
まあ、大きい分だけ高くてガックリすることもあるからね・・・と過去イイワケを
繰り返してきたが、もうそろそろきちんと学ぶべきだろう。

「鰻は潔く大きいのを頼め!」

しかし、なまじ特上を目の前で見たからツマラン悔いが残るだけであって、
一切れちぎって噛めば強い歯ごたえ、そして「ぷちゅう」と香ばしい脂。
しっかりと濃厚でもある。いいぞいいぞ♪

そして炭で焦げた軽い苦味をスパイスにした辛目のタレ。
御飯は固め。
好きなタイプだ。
一番好きではないかもしれないけれど、かなりトキメクなコレは。

思わず笑みこぼれるワタシ。
雨と寒さに萎えた気分は既にきっちりとリカバリーを果たしていた。
幸せなり。
わはは。

ひょうたん屋 1丁目店 (うなぎ / 銀座一丁目、宝町、銀座)
★★★★ 4.0



ところで今回この『ひょうたん屋』を検索していたら、鰻専科のサイトを発見!
『うなぎ大好き日記』『うなぎ大好きどっとこむ』も、鰻100%混じりっ気なし。
各店のお品書きまで網羅している、この情報力!
なによりも画面全てから滲み出る「鰻愛」がなんとも素晴らしい。
もっと早く知りたかったなあ。
鰻好きは必見です。
ただし鰻死滅地帯横浜在住にして都内にしょっちゅう出られない者には相当辛い。
覚悟して御覧あれ。
ワタシはついつい読みふけった結果、全身鰻と化してのたうちまわっております。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
鰻が食べたいよう。



レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)
著者:バリー アイスラー
販売元:早川書房
発売日:2009-03-31
クチコミを見る

ついに今月末映画劇場公開。小説はとりあえず抜群に面白いです。観る前に読め!


アイスラー最新作も出た!(新シリーズなり)

arima0831 at 01:40|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 05, 2006

祝!10万ヒット・・・と、イマサラな御礼・・・(んにゃ)

いやはや「さぼり癖」というのは恐ろしいもので、ほんの軽い気持ちでホニャララとしていたら、数えるのも怖いほどの日々が経過。
事情は色々ありますが(フィラリア罹患の疑い、とか)、結局さぼってただけなんです。

スミマセン。
あやまって済ましていいですか?
(いいともー!とご唱和下さい・・・ん?)

まずは、11万ヒットが目前となっていることを、ひっそり喜びたいと思います
(嗚呼、なんてイマサラ)。

本当は「祝!10万ヒット」というのが正しいのでしょうが、あの晩は・・・

新橋で知人に「たかり酒」をして、いい具合に出来上がりきったところで

*冷酒をこんなに飲んだのは久しぶりである
*ここからオウチに帰るには、まず30分以上電車に乗らなきゃいかん

以上二点に突然気がついた・・・ちょっと、遅かった・・・。

なにしろ知人が懇意にしている、この新橋の某小料理屋、美味しい日本酒が山ほど揃っていて、しかもお刺身はピチピチのしっとり。
酒肴も最高の充実ぶりで、キャッキャにゃおうんごろごろ、と喜び飲み進むうちに、フト気がつけば大酔っ払いの出来上がり。

まこと、猫にマタタビ、とはよく言ったものだ。
まあね、マタタビでラリってる猫はかわいいんですけどね・・・(多くは語るまひ)。

ここまではいつものことだ。
まずかったのは、ここのところもっぱら野毛だ日ノ出町だとウチの近所でばっかり飲んでたもんだから「タクシー一本、基本料金で無事帰還」というスタイルが、骨の髄まで染み付いていたことであろう。

こうしてみると、なんとも贅沢な話だ。

そして電車は揺れる。
終電近くて、混んでいる。

かのような状況下、突然昔々に体で覚えた法則を思い出すワタシ。

「コントロール不能に陥りやすい酒は、一位シャンパン、二位冷酒」

ん?!と思ったときに、脚に来ているのだ。
視界が揺れる。足元が揺らぐ。

うにゃ?!と焦っても、後の祭りだよ、まったくもう。
しょうがないから、途中で降りてベンチで深呼吸する。
気休め程度でも、酔いを醒まさなくっちゃ・・・なんて言うといかにも立派そうだが、
実は、ベンチでハンドバッグだけはガッツリ抱きしめたまま「居眠りした」のだった。

こういう日に限って、いつものヨタケた寝巻きもどきでなく、昼間ちょっと別件があったもんだから、きっちり化粧して、ちゃんとしたワンピースなんか着てる。
あ〜あ。

まあそれでも、ナントカカントカ家に辿り着いて、酒臭い息を吐きながらPC立ち上げ。
「明日は何時ごろ、10万になるのかしらん」と、見当だけでもつけておきたかったのだ。
カウントダウンしながら、シャンパンでも・・・という優雅な思惑(?)があったからである。
シャンパンとぉ〜、冷酒はぁ〜・・・という理性など、とっくに酔い潰れて先にお休み中。

まだ酔っている。
画面が揺らいでいる。
カウンターが見づらい。

む、おかしい・・・んにゃ?

そう、アクセスカウンターは、とっくに10万を数百超えていたのである。

「うにゃ?」とかいっても、これまた後の祭り・・・。
即座に座って、なんか書こうとしたが、もうとうに限界を超えていたので

「うにゃにゃらおうぅん」

と、うなるよーに複式に呟くと寝室に這って行き、ベッドをヒットして爆睡してしまった。
駄目なオンナだな、まったく・・・。

翌朝、粗悪な酒粕漬けの銀鱈切り身状態で横たわって、色々考えた。

なんでどうして、かなり余裕でみていた予測が、24時間早まってしまったのか知らん?

それは、すべて、このブログの節目を見守ってくださる皆様が、いらした、ということのようだ・・・と、おそるおそる思った。

なんと畏れ多いことであろう・・・と、慄いたが故に、ってさぼってた理由になんないですね。

それにしても、あの日あの晩、ワタシは「もう今期はこれ以上は望めまいっ!!」という
「カキフライ」を食べた。
イカワタのパター炒め、なんていうものも絶品だった。
イカの塩辛だの、むかごの塩茹でだの、実に色々うま〜いモノを、しかもご馳走になってしまった。

しかも、お品書きを見る限りでは、野毛と比べてもかなり良心的な値段ではあった。
ご馳走にあずかっておいてこんなことを言うのもなんだけれども、でも、色々な意味でステキなお店だ。

新橋、侮るべからず。

そして、粘り腰系の飲み会が、その後も続いたりするのであった・・・(一部公表済み)。


末筆ながら・・・

どんな理由であれ、拙ブログにご来訪くださった皆様、ありがとうございます。
本当に「できちゃったブログ」で、最初は自分と友人知人以外の方がみにきてくださるだけで嬉しかったものなのに、おかげさまで様々な楽しい人間関係にも恵まれ、実に幸せなことだと、皆様に感謝する気持ちで一杯です。

気まぐれに、馬鹿馬鹿しい飲み喰いを、今後もボチボチと綴って参りますので・・・
どうぞお見捨てなく、今後もお付き合いいただけましたら幸いです。

基本的に、ワタシの甲斐性がその程度な為「1000円前後のささやかな幸せ」を主体に「たまの贅沢」がある、というような話ばっかりですが、どうぞよろしくお願い申し上げますですです。

うにゃおうん。

ランキングバナー人気blogランキングへ
ところで、10万のキリ番を踏んだ方は、どうぞお申し出下さいましね。


大奥 2 (2)
ついに出た、待望の二巻!

大奥 1 (1)
だまされたと思って読んでみてくだせい・・・面白いんだから・・・。

追伸:
この日のお店・・・
酒房「いそむら」
最寄駅:新橋 / 汐留 / 御成門
料理:居酒屋 / 地酒 / 日本酒
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:飲み会/宴会


追伸2:
オットは北アフリカ某地にいた夜ではございました。

arima0831 at 03:13|PermalinkComments(23)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 13, 2006

『トラットリア エッセ』汐留にイタリア街

トラットリア エッセ
最寄駅:新橋 / 汐留 / 大門
料理:イタリア料理 / パスタ / ピザ
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食


行ったのは、私ではない。

アレンジをしたのも予約をしたのも、ネットでチェックをして進行段取りの入れ知恵をしたのも、店との電話での確認事項などを指示確認したのも私だが、行ったのは夫だ。
取引先の接待だそうだ。

「そういう時は夫人同伴!」と大声で主張したが、日本にそういう習慣はない。
けっ、無粋な国だ。こういうとき私は、日本が嫌いになります。

さてこの界隈、なんだかアーティフィシャルにイタリア化しているのだそうだ。
イタリアンばっかり一ヶ所に集めて、高級レストランにダンピングゲームでもさせるつもりなのか?
まあ、私が行ってみて来たわけではないので、ノーコメント。
なんか、WINS(馬券売り場ですね)にまで、グレコ・ローマン調の大円柱が立っていたりしたのには、さすがの夫も驚いたとやら。

新橋から歩くとかなり遠いらしい。
でも、ちょっと引っ込んだところにある入り口を見て、参加者一同和んだそうな。
いい感じの木の扉は、サイトの映像だけではないようだ。
写真で見ても、ビルの一階だが一軒家風のいいかんじ。

で、その他コメントを聞くと、
「テーブルに白いクロスがかかっているのだ!」
→(そういう店、というご希望でしたが)
「時間制限とかがないんだよ。閉店までいていいんだって!」
→(どういう店に普段いっとるんじゃい!)

と、タワケたことしか言わなかったが、とりあえず突っ込んでいくと、

静かで落ち着いた雰囲気で、接客も無理無駄なくいい感じ。
ワインのそろいはイタリアンのみでも、かなり充実しているが、むやみに高いワインを勧めたりせず、5000円前後の悪くないのを出してくれる(良心的ですね)。

肝心の料理に関しては「美味かったよ。飛び上がるほどじゃないけど」

ただ、パスタは非常によかった、と。
彼のオーダーした魚料理(鮪だったらしい)は、値段の割りに大したことないな、と思ったが、肉料理はかなり良いそうで、元ヨーロッパ駐在のクライアントが非常に満足していた、との由。

5人でワインを三本(スプマンテ、白、赤各一本)にアラカルトで料理を取って、一人一万円。相場といえば相場だけれど、とりあえず「さすが海外生活の長い人は、こういう店で気のきいたアレンジをするものだねえ」と、好評だったのだそうで。
あ〜〜そうかいそうかい。

レースで讃えられるのは馬だが、勝ち馬の成果は調教師と騎手の成果でもある。
そういうことだ。フン。

ただ、最近すっかり単なる「神田ガード下のオッサン」と化した彼だって、昔は休暇だ仕事だとヨーロッパは散々行っている。実際、アテネに住居まで構えて月半分はヨーロッパにいたのも事実。

だから、彼の評価が「4」というのは、たぶん当たりであろう、と思う次第。
あまり格式ばらない接待にはよさそうなお店。

ランチは1500円くらいで、相当お手ごろらしい。
今度行ってみよっと。


人気blogランキングへ
ワンクリック、ペルファボーレ!



arima0831 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 21, 2006

新橋『新亜飯店』 老舗の貫禄

新亜飯店
最寄駅:浜松町 / 大門 / 芝公園 / 御成門
料理:中華料理一般 / 上海料理 / 飲茶・点心
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


日本で屈指のうまい小籠包が食べられます。
最近は結構どこでも出てくるので、昔ほどのありがたみはないけれど、しかし老舗の貫禄で頭ひとつ抜けております。

ランチもお値打ち。
二人以上で行って、おかずを分け合いながら小籠包を追加すると、ちょっと張り込んだ幸せなランチとなります。

正統派の中華料理店らしく、一品の量が多いので、夜行く場合はできれば三人以上がいいでしょう。
なお、予約は三名からです。
二人の場合、早めに行くか並んで待つか、というところと、一階の二人席のテーブルが狭くて落ち着かないのが難といえば難でしょうか?

スープ類も上々。

サービスはちょっとムラがありますが、まあこんなもんじゃないの・・・という程度です。
この程度で怒ってちゃ、日本で美味い中華は食べられないんだ、と自分を納得させられる範囲?

「お一人様」はランチ以外は「想定外」なのが残念。
小籠包のハーフがあってくれたら、並んででも行くのになあ。

人気blogランキングへ
ショーロンポー、ショーロンポー、うま〜〜いショーロンポー、で、はいクリック!

arima0831 at 06:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote