ショッピング

October 26, 2007

船戸与一『風の払暁』&『事変の夜』


風の払暁
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/国内純文学



事変の夜
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/国内純文学


ライブドア『本が好き!』プロジェクトから、再びいただきもの。

『満州国演義三部作』でその一部と二部。
上中下巻の下巻だけ未発表、という状態での発売らしい。
いや、ひょっとしたらもっと延々と続くのかも知れないが、勢いや雰囲気からして三部作だろうな、と思っているだけなのだけれど。
何しろ第三部自体は未発表だからわからない。

舞台は満州帝国設立前夜まで。
本番はこれから、ということらしい。

実は祖父が満鉄だった関係で、我が父は満州育ち。
よく思い出話に出てきたものだ。
そんなわけで「満州」というキーワードに引っ張られた。
ステレオタイプのストーリー以外の、あの時代と現地の空気が読めるといいな、という期待感は大きい。

せっかくなので一部と二部を両方もらって読み始めたのだが、第一部『風の払暁』を30ページくらい読んだところで「一冊でよかったなあ、これは」と軽く後悔した。
小説の内容云々以前に、どうも「口に合わない」感じがしたのだ。
船戸与一は寡作な作家ではないのだが、実は本で読むのは初めて。
なぜいままで手が伸びなかったのかと思ったら、一時期購読していた月刊小説誌などに時々連載が出てきていたのだった。
その当時はカイロにいたから、結構なんでも貪るように読む習性があったはずだが、ちょっとだけ読んでなんとなくパスしていた作家だ。
だから書店でも、無意識のうちに今ひとつ手が伸びなかった、と。

単純に好みの問題だと思う。
上手いの下手のという以前に、この作家独特の呼吸が体質に合わない。
だからまともに一冊読むのも初めて。幸か不幸か。

もうちょっと読み進めると、明らかに連載小説だなあ、これは・・・と思う。
案の定「週刊新潮」だった。
歴史大河小説のわりには、やけにブレスが短いので、ああやっぱりと思う。
週刊連載1〜2話分くらい読み進むと、何故か「ふう」と一息ついているのだ。
どうしてもそういうテンションで話が進んでしまうのだろうな。
ついでに、登場人物やその背景経歴経緯などの説明が、必要以上にしょっちゅう出てくるので、そのつど同じディテールを読み込まされることになる。
新聞小説でなくて、まあよかった。
そうなるともっともっと頻繁に「事の次第」が繰り返されることになるので「もうわかったからちゃきちゃき話を進めんかいっ!」と、自発的に読書しながら勝手にキレる変な人に成り果ててしまうのであるよ。
ワタシだけかしら?

個人の日常生活をまったり書き綴るような話ならばともかく、主人公は「時代」の「歴史大河ロマン(と、帯に書いてあったのだ)」で「登場人物各個人の事情」が不自然に繰り返し説明されるのは、目障りなだけ。ちょいとつらい。

主要登場人物は、とある名家の四兄弟で、長男は帝大卒業で外交官として奉天領事館へ、次男はよんどころない事情でやくざとケンカして殺しちゃったので満州に渡って馬賊の頭目となり、三男は陸軍士官学校から軍人、満州では憲兵隊に、末の四男は早稲田中退で半分騙されちゃったような状態で中国で留学生になり・・・と、まあそれぞれこの時代に彼の地に渡った「ワケアリなパターン」を体現しつつ、悩んだり戦ったり身を持ち崩したり騙されたりするわけだ。
人物設定としては面白いと思うのだが、悲しいことにト書きで説明される以上の生々しさはなくて、誰にも感情移入できないのがつらい。
ワタシが根性曲がりだからかねえ・・・と悩みたくなるほど、この四人の存在感が平板で、そこんところは確かに「主人公は時代」なのではあった。
でも小説なので、ストーリー進行上、登場人物に精彩がないと結構つらい。

「小説は歴史の奴隷ではないが、歴史もまた小説の玩具ではない」という作家の主張は二巻のあとがきに記されており、話を面白くするために史実を曲げない律儀さと努力は感じられる。
当時の日本人にとっての「大陸」が、夢を追う最果てだった、そんな空気も非常によく出ている。
だから当時の満州に関心があるのならば、一読に値するとは思う。
その上でこれを面白く感じるかどうかは、お好み次第ということだろう。
ただし、作者がこれまたあとがきで解説しているように、特殊な参考資料を積み上げて書いたわけではないらしいから、元々こういう話に詳しければまた違う感想になるかもしれない。

せっかくだから三巻が出たら読もうと思っているが、もう「週刊連載まとめ型」は勘弁しておくれ、と勝手に願ってみたりする。
満州帝国成立、大戦突入と、これからがクライマックス。
チマチマした「登場人物の事情」で停滞させてしまうには、せっかく背景にある時代の勢いがあまりにもったいない。

船戸与一、やっぱり苦手みたいです、ワタシ・・・と、いまさら無意識にあったものを再確認してしまった。
もし「これならば絶対に面白いからこっちを読んでみろ!」というオススメがあれば、お知らせください。

ランキングバナー人気blogランキングへ
満州には一度是非行ってみたい。父を偲びつつ水餃子を食べるのだよ。

arima0831 at 13:18|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 23, 2006

『温玉ごっこ』で夏を乗り切れ! 邪道な「主婦」の悪知恵とは・・・

ナニを突然トチ狂ったか?!と思われるかもしれないが、一応ワタシもキッチンに立ったりする、という話。

夏のキッチンは、暑く辛い。
「あ〜、暑いから今日は冷やし中華」だの、
「う〜、さっぱり素麺!」だのと言われると、瞬間殺意が脳裏を走る。

涼しいのは「食べる人」だけなのだ。
作る人は、グラグラ沸き立つ湯のまえで、じっと汗を拭きつつ辛抱せねばいかんのじゃあ!

この辺の解消に、手抜き主婦は「邪道なお道具」に頼る。

以前にご紹介した『レンジで簡単 ゆでじょうず』は、お浸しなどの茹で野菜に欠かせないが、もうひとつ、特に夏に活躍するのが『温玉ごっこ』。

要するに、お湯を注いでほっとくと温泉たまごが作れちゃう、もんの凄くチャチな道具なんですが、これが結構便利なんですよ。
しかも、ポットのお湯があればいいんで、エコですらある。
しかも、保温性抜群だから、お酒飲むときの氷入れにもつかえます!
(・・・と、謳い文句に出てるけど、デザイン的にちょっと厳しいんじゃ・・・と内心思いはする)。

ご家庭でできる!温泉タマゴ作り器♪お湯を入れるだけ♪【温玉ごっこ】

超手抜きに、これで作っといた温泉たまごを冷蔵庫で冷やして、冷えた出汁を張って(面倒なら麺ツユ薄めたものでよろしい)、ジュンサイとか山芋細切りとか、キュウリとか、まあなんでも一緒に盛り合わせて冷やしたガラスの器にでもテキトーに盛れば、一品出来上がり。
ふふん。

ちゃんと出汁とっとくと、やっぱり美味しいけどね。
この辺も人に頼ろうという不届きものにも、

“うどん等の麺類との同梱にどうぞ!”〜化学調味料・防腐剤無添加〜本場小豆島醤油・正金『八...
このような優れものがある!
我が家の愛用品です、実は・・・。
でも、ホントに無添加ですぐカビちゃうんで、ご注意を。

卵といえば、ゆで卵だって暑い夏には・・・!
誰に責められようが暑いもんは暑い。
しかも、たかがゆで卵にコンロを一口占領される。
コチラは、レンジに放り込んでおけば勝手にできてくれるんで、便利です。

レンジでゆでたまご&温野菜

あ〜、それでつい冒頭に書いちゃった「麺類」ですが・・・アレコレ試したけど、こればっかりは諦めて額に汗するよりないみたい。
電子レンジ器具使うくらいなら、作らんほうがよろしい。

期待した方、スミマセン。


ランキングバナー人気blogランキングへ
あと「レンジでご飯炊き」の類も、役に立たない・・・結局同じ手間を食うのです。





いつまで続くのか、全品送料無料・・・。


arima0831 at 22:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 22, 2006

今年もALOHA!「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル」

毎年恒例の「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル」が、今年も大桟橋などで開催です。

7月28日から30日まで。
詳しくは以下の公式HPを!

http://www.hawaiifes.com/

横浜の重要なイベント。

なんといっても、明治の御一新の後、日本が最初にお迎えした国家元首は、
当時まだ独立国だった「ハワイイ王国」のカラカウア王。
降り立った地は横浜でありました。

そんなわけで、横浜とハワイというのは、不思議な縁があります。

で・・・ハワイといえばフラです(フラダンス、などと呼ばれておりますが、これは間違い)。

フラ、といえば・・・

もちろんこの本以外にありませんっ!!

アート・オブ・フラ(日本語版)


なんちゃって、ワタクシのたった一冊の「全訳書」なのですよ・・・。
写真や図版など、ハワイの好きな方にはお楽しみいただける内容となっております。
翻訳がミョーですが、本は内容盛りだくさん。
表紙の写真はワタシです(真っ赤な嘘)。

実は春先にも宣伝してたが、一冊も売れた形跡なし・・・ダメか、やっぱりこういう浅ましいことでは。

ハワイ好きの方、フラをやってる女性へのプレゼントにいかがでしょうか。
ほら、いま、ちょうど「お中元」だし!

ちょっと内容を見たい方、なんと「KIKUYA CAFE」に装備されております。
え?押し売りした??
やってません、そんなことやってません・・・ほんとです。

と、いうことで、なんちゃってコマーシャルでした・・・。

ランキングバナー人気blogランキングへ
ああ、なんて節操のない・・・しょうがないじゃないの初版まだハケてないんだから!
と、言い争う自分と自分。
あ、ハワイイ・フェスティバルも、もちろんお忘れなく!

フラのルーツを探す旅

この本も、翻訳&記事書いた。
でも、別に「私の本」てわけじゃないんで、無理して買わんでいいですが・・・。

アロハシャツの魅力

拙著を監修いただいた、矢口先生の翻訳書。ステキな本です。


古干作品集

こっそりこんな本にもかかわりあっていた・・・中国の人間国宝級前衛書家。
たったの52,500円です。買えば奥付に、こっそり私が本名で載ってます・・・。
買う・・・?

arima0831 at 19:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 18, 2006

電子レンジで茹で野菜 〜夏の必需品〜

湿度が上がると、火の前に立つのがしんどくなります。
それでも食べたい、茹で野菜・・・。

確かにサラダは体の熱をとってくれるので、夏場は美味しいものだけど、
それにしたって、食べられる量には限度が・・・。

オススメ品、ひとつ。

これだ!
レンジで簡単 茹でじょうず
レンジで簡単
電子レンジ調理器具、というと、一人暮らし用のちゃちな物が多くて、量をこなせないものなんだけど、これは少量から大量まで対応できる。
使いであり。

内かごになっているから、野菜を洗って軽く水切り、というところから使える。
あとはフタしてレンジでチン!

アホのように単純な構造だけれど、よくできているのですよ。
しかも、茹でたものより美味しい。

鍋をにらみながら汗拭う、なんてことなく、ほっといてチーンというまで他の作業ができるので、これは台所に立つ人間には大きい。

レンジの野菜茹では色々あるけど、今のところこれが一番使い勝手がいいみたい。
蒸し器にも使えます。

ただ、同じシリーズでも、パスタ用とか素麺用は使えません・・・。
こればかりは額に汗するよりないようで。



ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜梅雨が過ぎれば、暑い夏・・・。


arima0831 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 13, 2006

ドミノピザのネット宅配

昨夜、夫は高級イタリアンで美食に舌鼓を打っていた。
その間、私はPCの前で仕事とブログの間を行ったりきたりしていたのだ。

で、ふと思い立った。
「アレを、試してみよう」

アレとは、これである。
宅配ピザのドミノ・ピザ

アナログ時代からまったく脱しきれないワタシ。
いつかはやってみよう、と思いつつ、この「ネット宅配」だけは未体験だった。

入力30分後、いつもと同じピザがきた。
いつもの、というのは、
「ジャーマンポテト」と「シンプルミート」のハーフ&ハーフ。
Mサイズ、レギュラークラスト。

そう、メニューの中で、一番安いのとその次のやつです。
だって、正直言ってどれも同じような味がするし、やけに安い割には変に凝りまくった高いやつより食べやすいんだもん。

クーポンの20%割引もきくので、玄関まできてくれて、お会計1012円。

毎日やったら長生きできないだろうが、たまにこういう風にサボってワイン飲むのもいいもんだ。どうせ高級イタリアンしてる人もいるんだし(ふん)。

今オットが何をしているのか、なるべく考えないようにして、ワインを開けてピザをかじった。あんまりほしがるので、猫たちにも少しだけ分けてあげた。

人気blogランキングへ
ピザの食べ過ぎ、デブの元。気をつけてワンクリック?!

arima0831 at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 11, 2006

よしながふみ『フラワー・オブ・ライフ』第三巻

出ました、新刊。
これは普通ののどやかな学園ものです。
ボーイズ・ラブ作家と聞いて腰が引けていた方は、この辺から入るとよろしいでしょう。
ボーイズ・ラブだから、とこの人の作品を愛読している方は、買うのをやめましょう。

フラワー・オブ・ライフ(3)

上記リンクは『楽天ブックス』です。
ただいま何買っても送料無料大サービス中なので、ポンとクリックして買っちまっても送料付きません。ありがたいですね、これは。

あと、著者直筆メッセージもUPされてます。

三巻ですから、一巻と二巻もあります。
フラワー・オブ・ライフ(1)
フラワー・オブ・ライフ(2)

のどかな学園ものといいながら、よしながふみ風の軽くブラックなひねりがきいてます。

でも、くどいようだが、目下絶対ぶっちぎりオススメは
大奥 1 (1)

これ以外に、ない!

以下でちょっと立ち読みできます。
http://www.hakusensha.co.jp/cgi-bin/mag/magazine.cgi?mode=magazine&magmode=mag09&day=now
二巻はまだかなあ。


人気blogランキングへ
愛がなくても、ワンクリック!




愛がなくても喰ってゆけます。

こちらもよろしく。この一冊のせいで、うちは「よしながふみ」が全部そろってしまった・・・。

arima0831 at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 05, 2006

菊水ふなくち・・・『アルビレックス缶」もあった

この世の酒という酒で、嫌いなものはないワタシ。
おいしければいい。

我が家はオットが九州熊本は球磨地方、という
「なにがなんでも米焼酎地帯」
の産なので、自宅ではどうしても焼酎だけれど、旨い日本酒だって飲みたい。

そういうわけで「ちょこっと日本酒」に良いのが
『菊水ふなくち』
ふなぐち菊水一番しぼり(200ml缶 5本詰)

今は関係ないけど、瓶で持っていくよりも手軽だし長持ちするので、海外に住んでるころは重宝しました。
今でもお土産に喜ばれてます。
缶入りだけど、飲み口がさっぱりしていて「缶」をあまり感じさせない。
日本を離れている人は、特にこういうものは大事に大事に飲むから、開封したきり駄目にしちゃった、などという悲劇も起きません。
奥さんが料理に使って、夫婦が揉めた・・・などという話もきいたけれども。

そして・・・新潟恐るべし、こんなものまであったのだ!
ふなぐちアルビレックス缶 200ml 3本詰
中身はふなくち

話が脱線するけれど、いちどサッカー気違いの友人が札幌から出てきて、
「聖地巡礼をするのだ」
というから、何かと思ったら「国立競技場開催試合参拝(?)」だった。

元陸上部の私にとって、あそこはベンチとスタンドでストレートに行き来できないから、七面倒くさいことこの上ない競技場だったんだけれど。
へぇぇぇぇ、そんなもんかね。

とか言いながら「巡礼」にくっついていった。
ストーンズのコンサートとおんなじノリです。

さて、競技場近くの千駄ヶ谷駅。
ふと階段からホームを見ると、あたり一面が輝くオレンジ色に塗りつぶされたような群集が・・・。

(参照)http://sports.livedoor.com/article/detail-1475748.html

うわっ、ナニナニナニがおきているのっ?!
と、たまげて硬直するほどすごかったが、あれはすべて「国立初登場」を追いかけてきた「新潟アルビレックス」のサポーターたちだったのである。

一応ホームはまだ「市原」時代の『ジェフ』だったけど、国立競技場はオレンジ色で埋め尽くされて、しかもなぜか、こういうとナンなんだけど、新潟のサポーターの声量はすごい(要は声がでかいのだ)!!

以来、私はちょっとジェフが気になっているので、去年の健闘はうれしかったです。

尚、早稲田大学関係者御用達品まであり。
その名も『荒ぶる魂』
荒ぶる魂 720mlオリジナル化粧箱付

新潟のパワーをゆめゆめ侮ることなかれ。

とにかく「菊水ふなくち」はお手軽でオススメ。
まあ、近所のコンビニで売ってますけどね。


人気blogランキングへ
ふなくちや ぽかんとあけて わんくりっく





arima0831 at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 27, 2006

お花を取り急ぎ!

さて、三月ももうすぐ終わり。
四月、新学期、新生活・・・なんであれ、年度変わり目の忙しいころ、
な?んか忘れちゃいませんか?

「あ、しまったぁ!」
明日は、彼女の誕生日、お世話になった方の記念日、まさかあなたの結婚記念日?

とりあえず、花、というのも無粋かもしれないけど、花を贈られて怒る人はいません。
滑り込みセーフのお手伝いは、便利な時代だ、インターネット。
送料込みで当日配送なんて、いくらかかるんだろうと思いますが、
3000円程度からと、意外にお値ごろです。

例えば、

三月のお誕生花は、スイートピー。
花ことばは、優しい思い出、門出。
【花キューピット3月の誕生花】スイートピーの花束 3150円(税込)(送料525円は、「花キューピ...

定番は、やっぱり薔薇?
【花キューピット・お見舞い】バラのアレンジメントのアレンジメント(送料525円は、「花キュー...


退職のお祝いに・・・
【花キューピット・春のお祝い】花束・3150円(税込)(送料525円は、「花キューピット取り扱い...

「桜の花束」なんて、粋ですよね。
【花キューピット・春のお祝い】花束・3675円(税込)(送料525円は、「花キューピット取り扱い...

そして・・・
突然のご不幸にも。
【花キューピット当日配達可能お供えおまかせ】10500円(税込)(送料525円は、「花キューピット...

朝9時までの受付で当日配達OK!

花キューピットへのご注文は・・・



結構私も助かってます。
オススメです。

でも、お相手の花粉症だけは、要チェックです。
念のため。
もひとつついでに加えると、花束をもらったら「後で生ける」という作業があるのをお忘れなく。そのまま置き花になっている、アレンジメントのほうが「単なる社交」という場合はスマートではあります。
もちろん、花束じゃなきゃあ決まらないシチュエーションもあるけど、それは各自考えてみてくださいまし。


人気blogランキングへ
↑たまにはお役に立ちました?

arima0831 at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 24, 2006

「スタジアム」の風景

もういくつ寝ると公式戦スタート。

思ってみれば、7年前横浜に転任してきた時、
「そういえば大洋ホエールズって、パ・リーグでしたっけ?」
というトンでも発言をかまし、オフィス中から水をぶっ掛けられるような沈黙を浴びたワタシではあった。

上司は静かに、噛み殺すように
「今言ったことは、聞かなかったことにしてやる。
日本の状況を少しは勉強しろ」
と、厳かに申し渡したものであった。

転任前は「カイロ」だったんで、少しは許してもらえたのかも。
でもなきゃ、転任早々いきなり誰も口をきいてくれなかったかもしれない。

ここの職場は、ベイスターズの勝敗が下手をするとボーナス査定に影響する、という現実的な事情も抱えていたので、なおさらのことであった。

さて、ここ横浜では「横浜スタジアム」などと決して言わない。
「スタジアム」と、微妙に「ジ」と「ア」にひねったアクセントを入れて呼ぶ。

住民票を移す際には「支持球団」という欄があり、ベイスターズであれば市民税は半額免除される(これはうそです。信じないでください)。

その後、帰国した夫は元野球小僧で、しかも徹底した「ご当地チームサポート主義」。
あっという間にワタシは「ハマの色」に染められていってしまいました。
もともと影響されやすいんですがね。

そんなわけで、子供の頃以来、久しぶりに野球観戦なんぞに出かけるようになった。
新聞屋さんがホイホイチケットをくれるからだ。

どこの球団だろうと、ビールを握ってスタンド観戦て楽しいものだ。
特に「スタジアム」の観戦は、実にほのぼのとアットホームで楽しい。
東京あたりと違って、見るからに近所で仕事を終わって、職場のみんなとちょっと来ちゃいました!というサラリーマンのグループやら親子連れやらが、実に和気藹々と応援している。

関内駅前で買ったタコ焼きなんかつつきながら、ビール飲んで野球を見る夕暮れ時というのは、文句なく楽しい。
よその球場だとそうも行かないことがあるらしいけれど、ここ「スタジアム」は駅前で、帰りの電車のためにおしくら饅頭で並ぶ必要もない。
気合を入れて、野球観戦に行くぞ!という「わざわざ感」のないのが気に入っている。

それなりにメジャーな球場で、ここまでまったり呑気に野球観戦できるところは、全国でも珍しいんじゃないか、と思う。

一方で、横浜Fマリノスへの市民の冷たさ、無関心さは、実に呆れるほどだ。
勝とうが負けようが「あっそ」であって、どこぞが「優勝記念セール」なんてこともない。
日産スタジアムに、ジュビロのファンで地元磐田の友人と週末にいったら「平日のヤマハスタジアムだって、もっと客が入ってるぞ・・・」と、驚きあきれていたっけな。

で、今年の行方を占うべく、なんとなく公式グッズを眺めてみた。
ちょっとご紹介。

『ホッシー人形』(毎日拝もう。抱いて寝てもいい?)
☆ホッシー人形

『ベイスター酢』でパワーアップ!(これで本当に勝てるのか?!)
☆ベイスター酢ヘルシーウォーター

丸い『マウスパッド』(結構ほしいかも)
マウスパット(丸型)

その他いろいろグッズはこちらから・・・(ザ・ベイスターズ online Shop)


★★★




トミー・ラソーダ曰く、

"Baseball is like driving, it's the one who gets home safely that counts."
(野球は車の運転とよく似ている。無事にホームに帰ってくるのが大事なんだ)


ホームに向けて、ワンクリック!
人気blogランキングへ





arima0831 at 02:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote