虎ノ門・赤坂

October 15, 2006

虎ノ門『ハングリータイガー』老舗イタリア食堂と名物マダムの取り合わせ 

ハングリータイガー
最寄駅:内幸町 / 虎ノ門 / 霞ヶ関
料理:パスタ / イタリア料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食


某国滞在時代の知人の送別会があった。
参加者七名である。

18:30に『ハングリータイガー』で集合、と聞いて「なんだって、ハンバーグ屋で最初に集合するんじゃ?」と思ってしまったワタシ、いつの間にかすっかりアタマが「ハマナイズ」されている(嘆)。

ここは、界隈では結構有名な「名物イタリアン」だったのである。
ナニが名物って、ここのマダムだそうで。

曰く、
「ロメスパ系のがっつりボリュームだが、マダムがクOOバアだ」
「若いOLたちが、混んでいるときにのんびり食べていたら、思いっきりどやされた」
「若い男性客が『普通盛』を頼もうとしたら、マダムに『女の子だって大盛り平らげるのに、オトコが普通でどうする!』と叱咤(?)された」
などなど。

それでもランチには大行列、なのだそうだ。

正直言って、この事前調査でワタシの気持ちは相当萎えた。
しかし、アレンジした幹事氏を知る限り、そうそうヒドイ店をわざわざ選ぶとも思えない。
送られる主賓も、某国滞在時代に随分とお世話になった人だ。

マアイイヤ、と出かけたら、虎ノ門の裏小路に目立たぬ入り口。
中に入れば「イタリアの庶民的な食堂」で、ざっくばらんだが好きな雰囲気だ。

しかし・・・ワタシは集合時間を30分間違えて、早く行ってしまったのだ。
しょうがないから、座ってビールでも飲みながら待つことにする。

ビールを注文してボーッとしていたら、突然マダムの声が響く。

「ちょっと、オイカワさん!」
(*注:再々連呼されるので覚えてしまったが、サービス担当の初老の方である)。

マダムは店の常連と思しきダークスーツの人々の席で、なにやら話しこんでいたのである。

「このコに、なにかお飲み物でも出してあげなさいよ!」
「・・・あ、もうビールをお願いして・・・」
「ならいいけど、ガーリックトーストもね!」

と、いうことで、ビールと一緒に、ガーリックトーストも出してくれた。
空腹だったので、即食べてしまう。

数分後、再び・・・
「ちょっと、オイカワさん!」

噂を聞いてはいたが、とりあえずホテルマン時代に身につけた、
無害なアルカイック・スマイルを浮かべて事態を見守る。

「ガーリックトーストでも出してあげなさいよ!
カワイソウに、お腹空かして待ってるんだから!!」

オイカワさんがワタシのせいで責められるのは忍びないので、口を挟む。

「あ、イエ、もういただきまして・・・」
「でももう食べちゃってるじゃないの! あと三切れくらい出してあげなさいよ!」

噂どおりキャラは濃いけど、聞いた話と違ってずいぶん優しいじゃないか・・・と思う。
ワタシにとって「良い人、優しい人」=「積極的になにか飲み食いさせてくれる人」
なのである。

「あと三切れ」に「えへへ」と笑ったワタシの顔を見たか、
「オイカワさん、早く出してあげなさい!」と、マダムは畳みかけるのだった。
横に座っている常連(近隣官公庁関係者らしい)は、にこやかに待っている。

と、こうしているうちに、海外某国赴任前で多忙を極める主賓を除き、全員集まる。
懐かしい顔に、しばし話が弾む。
で、主賓が現れないので「いいからはじめちまえ!」と、勝手に宴会突入。

カツオの和風カルパッチョ、スズキのカルパッチョ、生ハムとルッコラ、ピザは二枚、メインは網焼きのビーフにポン酢添え、などなどと、一斉にオーダー開始。

幹事氏「ここの場合、パスタは〆がよろしい」との由で、あれやこれやに一斉にがっつきながら、ワインをがばがば飲む。

パスタの量は、すごかった。
コレは人数と喰いっぷりを考慮してくれたものなのかもしれないが、二種類のパスタが巨大なボウル二杯分ほど出たのだ。
パスタは若干柔らかめだが、ソースが美味い。
本格イタリアンというよりは、元気のよい和風イタリアンだが、それだけに「〆に喰う」
という幹事氏のアドバイスは間違いない。
「本格イタリアン」にこだわりすぎて、なんだかオブジェのようなパスタを鳥の餌ほど盛られるなら、ワタシはこちらの方がいい。

一品は平均して1000円〜1500円。ワインは一本3000円から。
それほど凝ったものはないし、結構和風でもあるが、中途半端な「南欧風」の店なんぞと比べると、料理は素朴なりに手がかかっていて美味い。

たまに店に響き渡る「オイカワさん!」をBGMに、皆で喰いまくっているうち、
パンチドランカーのような足取りで主賓登場。
既にそこに至るまでに、皆出来上がっている。
主賓の遅参など、もう誰も気にしていない。

某国滞在関係者が集まると、どこでもこういう空気になるのは不思議だ。
まあ、あの国では「カラオケ装備のどんちゃん騒ぎ場所」が常に「どこかの個人宅」だったので、業種職掌年齢を超えたワケワカラン無礼講には、皆なんとなく慣れているのかもしれない。

さて、一品に次ぎまた一品・・・と頼んでいくうち、マダムがテーブル横にやってきて言った。

「アンタタチはね、頼み方がヘタよ!
こういう集まりにしたいんなら、最初っから予算を言ってくれれば、こっちでうまくやってあげるのに、バラバラ頼むと全部勘定することになるじゃないの!!」

まあ、そんな具合に夜は更けた。

ここの店の場合、昼は「ボリューム重視のパスタ屋」だが、夜は近隣の大企業や官公庁の「結構エライ人たち」が、部下や同僚とのざっくばらんな会食に使っているようだ。
創業以来40年という古い店なりの雰囲気は、夜はしっくりと悪くない。
一品のボリュームもあるので、何人かで気楽な集まりをやるにはいい場所だなあ。

こちらのマダムは確かにちょっとした「キャラクター」だが、ここの店の雰囲気の一部でもある。マダムの接客が気になるかならないか、というところが、好き嫌いの分かれ目かもしれない。

まあ、イヤな人は行かなければよろしい。
そういうことなのだ、と思う。
ワタシは、気楽な集まりが都内であれば、また使いたいレストランだと思った。
 
ところで「早く来たらマダムに優しくしてもらった」と言ったところ、周囲が何を口々に申し述べたかについては、皆様のご想像にお任せします。

ふん!


ランキングバナー人気blogランキングへ
その後ワタシは、ひとり野毛で飲みなおしたのでした・・・。



ウエストケンジ ガレージキット(ソフビ)完成品 「ゴジラの息子」ゴジラ&ミニラゴジラとミニラのフィギュア(無関連商品)


エーゲ海とギリシア・アルカイック 世界美術大全集 西洋編3

アルカイック・スマイルについて考察したい方へ・・・(いるのなら)。


arima0831 at 04:32|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 06, 2006

赤坂『一龍別館』でソルロンタン

赤坂一龍
最寄駅:赤坂見附 / 溜池山王 / 赤坂
料理:韓国料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


夜の赤坂なんて、何年ぶりだろう?
元々あんまり縁のないところで、たまに仕事がらみで行っても、特に長居せず帰っていた。

昔から韓国系の店が「各種」充実しているのは知っていたが、久しぶりに出かけて
驚いた。エスニック化が凄いのだ。

ただ、横浜は伊勢佐木町あたりの、良くも悪しくも猥雑なエスニック化とは空気が違って、
やっぱり空気が「ちょっと高級」だ。

さて、お目当ては、かの『一龍』の支店。
本店の方は、5年以上前に数回行っただけだが美味しかった。
お客の半分は、韓国のビジネスマンだったのを覚えている。
いいお店だとは思ったけれど、赤坂というエリアと縁が薄いのでそれっきりになっていた。

そして、こちらはソルロンタン専門店の『一龍別館』。
24時間営業の小さい手軽な店らしい。

最近、福富町辺りに『ソウル麻浦屋』という、実にソルロンタン(雪濃湯と書く)のおいしい店を見つけて以来、韓流ブームが復活しているのだけれど(個人的食欲潮流の話)、ここの料理人が『一龍』の出身と聞いて、にわかに「あ〜、そういえば・・・」と思い出した。
以来、行く機会をうかがっていたら、所用で年末くらいまで、しばらく赤坂辺りに毎週1〜2回出ることになった次第。

ふふふ。
「ついで」ができた「ついで」が!

界隈歩くと、あっちでインド人のグループが「インド英語」で立ち話をしているかと思えば、こっちでは韓国のビジネスマンが「韓式」の握手とお辞儀を交わして、接待相手のハイヤーを見送る光景がある。

看板店の看板には、ハングルではっきり「ソルロンタン」と書いてある。
ふうん、やっぱり一本勝負なんだ、と思いつつ、空席を待つ。
夜9時ごろだが、満席だったのだ。
でも有難いことに、そう待たずに座れた。



おかず横浜の麻浦屋同様、ドドドとキムチやおかずが出てくる。
キムチ以外は、辛さ控えめ。

いい感じに「ビールの肴」なので、生一杯もらうことにする。




ソルロンタンこれがソルロンタン。
「塩と胡椒を足して食べてくださいねー」と言われたが、胡椒だけにしていただく。
薄味だけれども、味の濃いおかずと併せて丼一杯食べきるころには、なんとなく丁度いい塩梅になっている。

ひたすらに赤いものが多い韓国料理の中で、これは辛味抜きの優しい味だ。
胃にじんわり沁みる。

ご飯をスプーンで掬って、スープにシャブシャブして食べる。
大振りに切ったカクテキをスープで洗って食べたり、キムチの汁を入れたりすると、
味が変わって楽しい。
ほろほろに煮込まれた牛肉や牛筋も、柔らかくて優しい味だ。

おかずも美味しくて、つい鉢盛のキムチ以外は全部食べてしまったら「なにか好きなのあったらオカワリしてくださいね!」と言ってもらえて嬉しい。

謙虚に、玉子豆腐と牛蒡の炒め煮だけもらう(喜)。
まあ、普通オカワリは言えばできるものなのだけれど、女性一人客には声をかけてくれる
気配りが優しくて嬉しいですね(嬉)。

20人も入れば一杯の小さな店で、メニューはソルロンタン以外はチャプチェなど三種類。

ソルロンタンだけのことを言えば、横浜の麻浦屋の方が濃厚で好きだが、ここも美味しい。
値段はどちらも同じ1500円で、おかず無料。

ただし「生ビール一杯700円」というのは、店の構えにしてはちょっと高いなあ。
要するに、腰を据えて飲むよりは、単にささっと食事をする店、ということだろうか。
一応お酒は各種一通り揃ってるようだけど、ちょっと高め。
もうちょっと安いと、言うことないんですけどね。


ランキングバナー人気blogランキングへ


体がよろこぶ韓国スープ


武蔵野キムチと韓国珍味3点セット[本場韓国の味]キムチと珍味三点セットが1200円。

arima0831 at 14:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 31, 2006

虎ノ門『渝園』 不愉快極まりないぞ!!

渝園
最寄駅:虎ノ門 / 霞ヶ関
料理:四川料理 / 台湾料理 / 担々麺 / 中華料理一般
採点:★★☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


ランチはお値打ち。
二人以上で行って、おかずを分けて食べるとオトク感アップ。
味付けは濃い目ですが、調理はしっかりしています。
どうもこの頃、どんどん塩気に弱くなってるな。
ナメクジ化してるか、ワタシ?
 
しかし、その後夜に一人で行ったら、私の顔を見て開口一番
 
「汁ソバだけだめですからー!」
と、中国人ウェイトレス。
中国女性の荒っぽいサービスにはかなり慣れてるつもりだけど、これにはたまげた。

『麗郷』や『随園別館』の接客がアレコレ言われてるが、ちょいと無愛想なだけで「失礼」ではないぞ!!
「無愛想」と「失礼」は違う。
私、前者は気にしないけれど、後者は絶対に許せません!!

ここなんぞ、まずビール頼めば違うのを持ってきて「これじゃないやつ、といったでしょう」と言ったら、ビンをぶん回すような勢いで持ち去る。
おいおい、間違えたのはあんたでしょ。

でもって、あからさまに大声でこっちを指差しながら、他のスタッフと私語。
あのですね、ワタシ中国語が全くわからないわけではないのですよ。
しゃべれるわけではないけど。
 
そういうわけで、ほかのスタッフの態度も押しなべて最悪。
ランチの時には連れと二人で「まあ、昼時はこんなもん?」と思ってたけど、夜の接客はさらにひどくて、結局二度といっていない。
 
炒め物もスープ類も、しっかり作ってあって味は悪くないし、値段もリーズナブルなだけに残念。
しかしこういう接客が許される、というところに、経営者の姿勢も見える。
その辺に目をつぶれるほど美味しいものを出すなら我慢もするけれど、こういう店だから結局「まあまあ」程度のもの。

近くにたまたま行った時、ランチ利用くらいが関の山ですね、こういう店は。


人気blogランキングへ
行け!怒りのワンクリック?!

arima0831 at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote