テレビ・映画・芸能界

February 08, 2009

『週刊ニュース新書』のまーごくん 〜土曜の昼時、ぶす猫に萌える〜

土曜の昼時にはテレビをつける。
12チャンネルにあわせるのだ。
ついつい「東京12チャンネル」と呼んでしまう、現「テレビ東京」。
土曜の11時半からやっている『週刊ニュース新書』が面白い。
猫がレギュラー出演しているのだ。
まーごクンという茶色のアメリカンショートヘアである。
アメショーって、高雅なグレーに黒のストライプ・・・と思い込んでいたが、
茶トラもいたんですね。
アメショーといわれなければ、単なる近所のトラくんに見える。

しかもこのまーごクンが・・・ブスだ!
笑えるほどブス可愛い顔をしている。
いわゆるお菓子のように愛らしいタレント猫じゃないので、逆に妙な安心感を
醸し出していて、彼の顔を眺めていると実にほっこりと和みます。

番組は硬派のニュース番組。
ホストの田勢康弘さんと週代わりのゲストが、穏やかな口調ながらしっかりと時事問題を解説する。

民放のニュース番組というと、見識の浅さを声のでかさとテンションの高さで補ってるようなスポーツ実況上がりの脳足りんの「無知性雑音番組」やら、口調は穏やかで聞きやすいけど毒にも薬にもならん人が時にヘタすると星野仙一氏(!)に経済問題を語らせちゃったりする「ハテナ系脱力番組」やらに、アイドル系の噛みまくりな女子アナだのジャニタレもどきだのが「ハナを添え」たり、とにかくどうでもいいような趣向が無駄に凝らされたものばっかり。
どうにかならんのかね・・・とタメイキをついているのだが、そんな中で清涼感すら覚えるナイスなニュース番組だと思う。

レギュラー出演者は田勢氏と女性アナウンサー、そしてブス猫まーごくんのみ。
まーごクンはなにをしているかというと、人間出演者が時事問題を淡々と語っている間、洒落たリビングルーム風のセット内をひたすら暢気にウロウロ。

実は田勢氏は猫好きで、本当は自分の家の猫を連れてこようとしていたのだけれど
奥さんに反対されてやむなくプロダクションからまーごを連れてきたとやら。
さすがは12チャンネルらしいユルい事情だな。
どうでもいいジャニタレもどきに何か無理矢理しゃべらせるくらいなら猫でも放しとけ・・・なんていう、イジワルな制作意図はないようです。

のんびりした猫らしくて、政治情勢風雲急を告げようが、日本経済の将来が深刻化しようが、オバマ大統領のアメリカの行方が熱く語られていようが、何も語らずに(語ったら怖いな)マイペースで毛づくろいなんかしている。
ついついまーごクンばっかり目が追っているうちに、肝心のニュースを聞きそこねたりするのが困るんだけど。

まーご
まーご、こんな顔です。
猫好きは土曜11時半
テレビ東京を見て萌えてください。
BSジャパンや地方系列局でもやってます。

『週刊ニュース新書』

田勢康弘さんの語り口がまた、穏やかで嫌味がないのに切り口は確か。
見識豊かな方なのね、と思いながら、ぼけらっと猫を眺める土曜の昼下がり。

萌えつつ和みます。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
まーごの動画をハナちゃんに見せたら興奮していた。タイプだったのか?





ジャーナリストの冒険 (新潮OH!文庫)
ジャーナリストの冒険 (新潮OH!文庫)
クチコミを見る

田勢さんの著作。

arima0831 at 12:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 18, 2009

『南天のど飴の歌』はけっこう脳にくいこんでくる 〜パソコン用スピーカーの成果〜

某所で一度見てしまった。
その後数日、ついつい毎日気がついたら見に行っているので、どうせなら自分のところに載せておこう、と思った次第。

けっこう鋭く脳の薄いシワに食い込んでくるのだよ。




先日パソコン用にスピーカーを買ってきて接続した。
「買ってきて接続した」などとさらりと書いたが、実は思いついてから二年越しの
大事業だった。

以前パソコンが故障したときスピーカを再接続し忘れ、そのまんまどこかに
消え失せたままとなり(整理整頓無能力なワタシのところではよく起こることだ)。

ああ探せばどっかにあるんだろうな
でもまあ音なんかしなくても困らないからいつかやればよかろ
でも音が聞こえないと不便なときもあるよねえ
とかなんとかいいながら、簡単に時は過ぎる。

年も明けたある日、ふと某店の店先で980円で売っているスピーカを買った。
ちょうどプリンタを買い換えたところで、ポイントがしっかりたまっていたのだ。
ちょっと時間つぶしが必要なときに某電気店の前を通りかかったので
数年越しの懸案だった(=無意識下に放置されていた)「プリンタ買い替え」を
衝動的に断行した直後でもあった。

強烈な達成感。
凄いじゃんワタシ!

ちなみに、スピーカを接続したところで力尽きてしまったので、目下の目標は
「プリンタ接続」。
何故先にスピーカーかというと、小型なので愚図愚図しているとまた失くしてしまいかねないからだ。
幸いさすがにね、プリンタを失くすレベルまでは来てないんだ我が家。

スピーカ接続の成果として、まずはなんとなくナンテンマン、という次第。
ナンテンマン、小指を立ててマイクを握っているんだな、というのが今日の発見。

ナンテンガールズの踊りをエクササイズがてら居間でやってみたら、猫が怯えた。

あ、いまそこで「アホ」と呟いたアナタ、見てごらんなさいよ。
アレはついついやってみたくなるからさ。

是非アナタも見てハマって下さい♪


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
なんなんななんななななな〜ん♪


南天のど飴の歌
南天のど飴の歌
クチコミを見る

なんとCDも売ってます。

arima0831 at 01:41|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 30, 2007

ふと気がついたこと

素面でテレビをみていたら、なかなかカワイイ男の子がでていた。
そのときはアップだったが、カメラが引くと・・・レスリングの浜口京子だった。

こうしてみると、イケメンくん(?)だわね・・・でも誰かに似て・・・いや、そんな馬鹿な・・・

誰かに違うと言ってほしい。
ワタシの視力が相当悪化したのだと思う。

でも、なんだかキムタクに、微妙に似ているような気がして仕方ない。

そのこと自体は、まあなんとか笑えるのだけどな・・・

でも、カメラが移動して「浜口・父」がアップになったとき、暗い気持ちは自己嫌悪に
変わっていきましたとさ・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
しくしくしく(泣)・・・最近視力が落ちて・・・。



京子!~アテネへの道~

違うよねぇ、やっぱり。


アニマル親子の「夢よ来い!」―女子アマ・レス世界チャンプへの道

うわぁぁぁぁぁ!

arima0831 at 23:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 11, 2006

ショック!HGサマが結婚!!

HGサマ、マイラブ、を標榜してはばからぬワタシ。HGサマのことを考えているうちに、いつの間にかベトナム料理やに入っていたこともある(「フォー」が食べたくなっただけですが)。

ここのところテレビをあんまり見ないので、しばらくお姿を拝見せぬうちに、いつのまにやら結婚した。入籍した。

過去形・・・もう後戻りできないのか・・・。

livedoor ニュース


いいな〜、としか言えん。
あの姿のよさと声のよさは、無茶なコスチュームを脱いでも世間に通用するっ!
だって、アレを着てもTV出て醜悪にならないって、モデル並のスタイルだ。

だからもうアレはやめて、別のお姿を拝見したいの、ワタシ。

そうか、結婚するんだ・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
結婚、フゥ〜!


格闘家のくいもの屋―うまいゼ!レイザーラモンHGとイク!

しつこいようだが、結構面白かった。まだ売ってるのがオドロキ。

レイザーラモンHG

実はこんなもんも買っていた。

新喜劇フゥ~!!

コレ、ほしい・・・。


arima0831 at 05:05|PermalinkComments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 18, 2006

マイラブ、もこみちサマがドラマ主演!

愛読書筆頭は『ごくせん』なのだ。

最近、以前ほどのスパークする激面白さは落ちてきたが、おかげさまでワタシは各週刊『YOU』なんてレディース系漫画雑誌を、発売日に起きたとたんに走って買いに行くようになってしまった。

で、最初のテレビのシリーズは「はぁ〜?」だったが、続編にはハマった!

そこで「きゃー、彼はダレ〜!」となったのが、マイラブのモコちゃんだ。

ワタクシ、メシも男も好き嫌いは激しいがストライクゾーンが広い(?)。
とりあえず、一番弱いのは

一本筋の通った姿のよさ

なのだ・・・。

男性のどこを見ますか?

と、きかれれば、

1・背筋、2.首筋、3.肩まわり

でもって、ひっそり次点は「尻」「手首」です。
いや、ココロのぴっしりした男は、このへんもピッシリしているんです。
うちのオットとか(と、一応書いておく。書かねばなるまいよ)。

さて、速水もこみち、実に大根役者で、『輪舞曲』なんて竹野内豊など、芸達者なまわりの役者に食われまくって終わっちゃいました。

爽やかなくらい、演技力ない。
ああいう役は、むりむりったら無理だ。
記事中の「目つき鋭い、冷徹な演技(*)が評判だった」っていうのは、(*)に
(が、見事なほど似合わん、スカッと爽やかな大根役者っぷりが)をいれて読みましょう。

でも、あの姿のよさは、ちょっと今風過ぎる気はするけれど「よいね」と思うのですよ。
きゃあきゃあ。

で、へんに暗いマフィアがどうしたのでなくて、今度は「ボートマン」だそうです。
おおっ!いいなっ!背中が背筋が肩周りがキリキリするお姿がっ!!
きゃー。

詳細以下参照。
livedoor ニュース


この半年ほど「見るだけホストクラブ」に飢えていたので楽しみです。
ボートというからには、また健康そうなイケ面ボーイズが一山いくらで・・・じゃなくて、
まあ複数名出てくるのは確実ざんす。
目の保養ができるな。

ああ、楽しみ・・・(るんるん)。

ランキングバナー人気blogランキングへ
禿げておろうが、上記を満たして(顔が並以上ならば)いい。
日本男児よ、ハゲを恥じるな!
ジャン・レノとか、いいじゃないですか。
最近、風雨にうたれて落ち武者状態のバーコード系みると、悲しくなるの。
たまたま、ヅラ屋がバリバリ番組スポンサーについてるだけで「禿げは人に非ず」
のようなメディア洗脳がなされている日本はおかしい!!

あ・・・ところで、うちのオットはふさふさしているけど、これはたまたまなのよ・・・。

ヨースケ坊主かつら
これもズラなのか?

mocomichi 太陽の季節―速水もこみち写真集

買おうかどうしようか、考え中・・・。



arima0831 at 06:48|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 27, 2006

古きよき横浜再び・・・横浜日劇、復活!

ワタシがレバノンノン、イェ〜とか言ってる間に、横浜日劇が再開していた、というニュース(関連性なし)。
でも、一回目は25日配信で25日上映・・・入場者少なく苦戦中、とか。

詳細以下参照。
livedoor ニュース


なにかと「みなとみらい」な横浜。
こういういいオハナシは、是非サポートしたいものです。

ランキングバナー人気blogランキングへ
ところで、アレレと気づかぬうち、2万アクセス越えを昨夜果たして下りました。
seikoSTDさんのご指摘で気がつく始末・・・皆様、ありがとうございます。
三万の時にはもうちょっと気をつけて見てよう・・・。


私立探偵濱マイクシリーズDVD−BOX〈初回限定盤・4枚組〉
濱マイク&横浜日劇!

「ザ・濱マイク テーマ」オリジナル
CDもあります。


arima0831 at 00:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 16, 2006

ピザを食べつつ『緋牡丹博徒』〜だらだら雑感〜

相も変わらず、渋り続ける左肩。
お腹は空いたが、外は雨降り。

雨さえなければ『KIKUYA』に這っていって、ビーフシチューを食べたいなあ、
と思うがこれでは身動きとれない。
「豚足・・・」という呟きは、雨音に紛れて空しく消えていく。

雨脚は強い。最悪の「コンビニ」もNGだ、これじゃ。

自分で料理しろよ、といわれそうだけど、その元気もないわけですよ。
しかも、料理したら「洗い物」が出るじゃないか。
わたし、作るのはいいけど、片付けが嫌いなんです。
両手元気でもいやなもんが、片手でやれるわきゃあないのですね。

甘えんな?
いえ、はあ、結局甘えました・・・こういうときは、

宅配ピザのドミノ・ピザ
これに頼ろう。
今ならネット注文すると、いりもしないコカコーラまでついてくる。

久しぶりに飲んだら、カイロの味がした。
そう、コーラって、なぜかカイロの炎天下でだけは、不可思議なほど美味しく感じるの。
ピラミッド級の謎。

PC叩いて30分もすると、ピンポ〜ン、と来るのが、なんだか面白い。
星新一の「近未来SF」ぽい気分(違うか)。

気分直しに、健さんのお顔でも・・・と、TSUTAYAで借りてあった『緋牡丹博徒』
を取り出す。

一度観たのは、高校生の時。
場所がまた「新宿昭和館」ときた。
目立つミッションスクールの制服着たまんまだし・・・薄気味悪い女子高生だ、
と、われながら思う。
でも本人、自分でやってることに何も疑問を感じてなかったから怖いもんです。
単に、自分が観たい映画を上映しているところに観にいった、
と、それだけだったけど、これを「世間知らず」っていうのだろうな。

そのときは「健さんて、ステキ」と、それだけだったが、20年余を経て改めて見ると驚愕の事実が次々と!!!

なんとお龍さんは「熊本県球磨郡五木村」のお生まれで「人吉の大きな布団屋」に嫁ぐことになっておったと?!

うっそー、ダンナの実家(山江村)の隣村じゃん!
人吉・・・当時は結構立派な町だったのだろうなあ。

山江村出身者に嫁いだワタシは、一応「球磨弁特訓」を年に数回オノレに課しているので、当時はなんとも思わなかった藤純子の「変な熊本弁」が耳についてたまらんのだった。

お龍さん、あんたの球磨弁ば、おかしかよ・・・。
そげん鼻から抜けんがごと音ば、出さんばい・・・。

こういう方言のアクセントって、妙だと実にむずかゆくなるもんだ。
あと、熊本弁て言うのもなかなか多彩で、熊本市内、山間部(五木とか山江とかですね)、海のほう(天草とか)で、語彙まで違う。

ちなみに、ヒロシは荒尾というところの出身で、市内近郊育ちの甥に言わせると
「結構暗めなタイプ」の熊本弁、だそうで・・・なるほどねえ。

『鉄道員(ぽっぽや)』の広末涼子の北海道弁聞いたときも、全身痒くなったな。
北海道の山奥の鉄道員の娘が、あんな山の手のお嬢さんみたいな細くて甲高い声の出し方、しません!(あの映画は、健さんの「出発、進行!」だけ見られればそれで良かった)。

女優さんて、標準語に発声を直されてしまうせいだか、声の出し方やリズムがどうしても「東京風」になってしまうのね。
こういうのは、今も昔も変わんないなあ、と、しみじみむずむずと思う。

と、どうでもいいことばかり考えながら、若かりし日の健さんにうっとりする。

顔はまだ若いけど、姿の良さときたらたまんないですね。
特に、着流し後姿で、軽く斜めに首を向けるところ・・・くぅぅぅぅっ!!
後姿の決まる人って、いいなあ。

と、ピザを齧りつつストレス解消をした夜でした。


ランキングバナー人気blogランキングへ
健さ〜ん・・・




意外と便利。出不精なアナタへ。


緋牡丹博徒


arima0831 at 08:23|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 26, 2006

『男たちの挽歌』が韓流リメイク、ですと・・・

20年余年前、ワタクシのアイドルはチョウ・ユンファ様であった。
あの笑顔と立ち姿のよさにノックアウト状態になっていた。

25歳でしばらく日本を離れたが、唯一の心残りは「ユンさまの新作が、もう観られなくなる!」ということのみだった。

ヨンさまでなく、ユンさまの時代があったのだ。
同年代の映画好きにきくと、男女問わず結構ファンがいる。
知人の某男性は「ユンファーズ」なるグループまで発足させて、
「あのコート」を着て「あのサングラス」かけて、みんなで都内をうろついたりしていたそうだ。
ヲタク的コスプレのはしりだろーか?

そして、ファンは日本に限らず、韓国にもいた。
韓国の俳優イ・ソンジェのエピソードも、なかなかキテいる。
以下参照。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1802187/detail

当時ユンファーズ会長だった某様、あなただけじゃなかったんですよ。

さて、ユン様はこの『男たちの挽歌』ではまだ準主役だった。
こういうノワール系のお約束で、準主役で弟分役の、ユンさま演ずるマークはラスト近くで殺されてしまうのである。
でも、いきなりここで大ブレイクして、続編では彼が主役になる。
死んじゃったのに、どうやってユン様を主役に続編を作ったか、というと…

「マークには、ニューヨークに双子の弟がいた」(わーーーー!)

堂々とこの設定を押し通して、しかも「ああ、観てよかった」と思わせる無謀なパワーが懐かしい。

リメイクについては以下を参照。
livedoor ニュース


で、誰が出るのか、というと…
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1745337/picture_detail

さて、どんなものになるのやら。
これは観に行かなきゃいけませんね。


人気blogランキングへ
下手なもんを作ったら、韓国映画界はアジア中の中年層から袋叩きでしょう…
そうならぬことを祈ってワンクリック!




男たちの挽歌<デジタル・リマスター版>DVD−BOX


男たちの挽歌<デジタル・リマスター版>


男たちの挽歌供礇妊献織襦Ε螢泪好拭屡如


arima0831 at 02:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 07, 2006

映画『トム・ヤム・クン!』と『死霊の盆踊り』

060503トムヤムクン ポスター

これは映画のタイトル。ただいま上映中。

「恰幅の良いほんまサン」の大絶賛コメントを読んだ瞬間「これは観にいかねば!」と思ったのです。
(参照→http://taputapu.blog18.fc2.com/blog-entry-242.html
いやいや、久々の感動でした。

公式HPは以下:
http://www.tyg-movie.jp/



「取り戻したい愛がある、取り戻したい象がいる。

タイからオーストラリアへ
男の前に立ちはだかる最強格闘技軍団。
象から授かりしムエタイ秘奥義が、いま炸裂する!」

実に、そのまんまの映画。
泣きも笑いも、驚きを超えた決死のスーパーアクションもテンコ盛りで、
しかも感動の象と人との友情物語もあり。

カメラワークがすごい迫力。
話の辻褄だの理屈だのをぶっ飛ばすパワー(?)も凄い!

ついにムエタイは、カンフーを超えた!

私は昔、チョウ・ユンファの香港映画がとてもとても好きで、
大学時代『ユン様教』の教祖にいつのまにかなっていたこともある。
いいから一緒に来なさい!と連れて行った友達が、男女問わずみんな狂うのだ。
大晦日の「来日イベント」に出かけたこともある。

そう「ヨンさま」でなくて「ユンさま」だった時代が20年位前にあった。
あれを超えるパッションはもうなかろうと思っていたら、ありましたよ。
当分はまりそう。

とにかく、アクション系、格闘技、象、昔の香港映画、といったものが好きな方は、見逃しちゃいけません。
格闘技は異種格闘技マッチ(五回戦やるの)に有名な人が出ているらしいし、ムエタイの技や格闘技に詳しかったらもっと面白いだろうなあ・・・。

それにしても、昔のギャガという配給会社は、本当に脱力状態のスーパーB級映画を細々中野の片隅で上映したりしてたのに、いつのまにか大企業になっている。
驚いていたんだけれど、でもこういう映画を持ってきてくれると「B級精神健在」と、なんだか嬉しくなります。

ちなみに、配給第一作は、
『死霊の盆踊り』という超あほ馬鹿脱力ポルノ。
観た人、います?
ワタシ、実は一人で観に行きました。
ポルノ一人で見に行くなんて習慣は金輪際なかったけど、なんか「行かなきゃいかん」という不思議なものに操られるように、中野の片隅に出かけたんでした。20年以上前の話。
あのときの入場者、ワタシ一人だった記憶がある。

実は、この映画は1965年製作だったとやら。
原題は"Orgy of the Dead"だって。
どこが「盆踊り」?!
意味??
自分で辞書引いてください。

とにかくね、ほとんど裸のオンナたちが、次々出てきて延々と「地獄の大王」の前で踊りまくるの。
それだけ。ホントに、それだけ。
わが人生で見た一番馬鹿馬鹿しい映画。
逆に、記念碑的に脳裏に焼きついてはなれないくらい・・・。

あそこまで馬鹿馬鹿しい映画を、わざわざ輸入して、字幕つけて(いらないようなもんだけど)、金とって映画館で上映しよう!という連中がいた、という破天荒さに、むしろ感動を覚えたものだ。しみじみ。

だから、ギャガが派手に出てくるたんびに、アホで馬鹿でどうしようもなかった昔の知り合いが大出世したような気分になります。

で、ワタシは、早速『マッハ!』のDVDも買っちまいました。
これは「象」じゃなくて「仏像」を取り戻しに行く映画とか。
まだ観てないけど、とっても楽しみ。

で、次は何を取り戻しに行くのかなあ・・・?


人気blogランキングへ
動物園で象に石をぶつける子どもなんぞいたら、羽交い絞めにして止めて、
できたらワンクリックさせてください。


マッハ ! プレミアム・エディション


死霊の盆踊り デラックス版
この映画の何をどうデラックスにするのかと思ったら、三分間の「関係者インタビュー」が入っていて「不思議な味と乾いた笑い」をデラックスに付け足してるんですと・・・買う?


arima0831 at 02:18|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 06, 2006

キムタクは今年後半が楽しみざんす

どうして彼はな〜んか何をやってもこう「微妙に意地悪」なこといわれるんでしょうかね・・・。
僻みっぽいオトコはあっち行っててね。
ドラマ『HERO』が、特番で七月に戻ってくる。
楽しみ。仕事も家庭も捨てて、テレビにしがみついてやるぞ、と今から決意を固める私。

続編やらない主義なのに、いまさらやるから落ち目で焦ってるだぁ〜?!
馬鹿こけ。一言。以上。
livedoor ニュース


尚、ウィキペディアにも出てました。
なんとなく載せとこう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E6%8B%93%E5%93%89

年末公開『武士の一分』は、どうなるか。
微妙に不安だが、一応楽しみにはしてる。

公式HP
http://www.ichibun.jp/

でも、露出が少ないのはやっぱりさびしくはあるよ。
もっと出てこいこい、キムタク。

人気blogランキングへ
ハッキリ言って、食ってしまいたいほど好きだ!
そうならないようワンクリックしてね。

HERO 全巻(1?6)セット


arima0831 at 19:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 03, 2006

HGさま、野球の次はサッカーに!

絶対に一発屋などと言わせまじ、と、真剣に念力をかけているHGさまの話題。

FIFA公認の映画『GOAL』(27日公開)の公開記念イベントに登場。
さすがに「服から出す」芸は不可能なためか(?)、野球の始球式の時と違ってネタは滑った、と・・・(涙)。
livedoor ニュース


http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1913675/detail

南米からイギリスに出てきて、プロを目指す青年のストーリー、とのこと。
国立競技場で試写会ですって。
興味のある方は応募してみたらいかがでしょう。

公式HP
http://news.livedoor.com/trackback/1913675

今日『トム・ヤム・クン!』を観にいったら、こんなのがおいてあった。
GOAL


がんばれHG!

人気blogランキングへ
ほにゃららんも、ついに「ワンクリック?」とつぶやいた(「?」はいらないって!)

arima0831 at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 13, 2006

叶美香の写真集・・・ううむ。

まぁ、デビュー当時は「お嬢様育ちの民間人」を強調してたけど、そんなもん嘘っぱちだと散々たたかれたり、あーだー、こーだー、といわれてました。
そういうチャラいバッシング、みーんな「あの肉体」で跳ね返して、いまやエロセクシーアンドロイドキャラ的に安定してる。
えらいと思う。
だって、最近もうだれも「彼女たちの過去」なんて気にもしてないもん。

なんか、デビ夫人が出てくるよりも、不思議な安心感があります。
三輪明宏と同じような『オーラの泉』さえ感じるぞ。

で、あれ以上脱ぐところがあるのかと思えば、やっぱりあったんですね・・・と妙に納得した写真集、バカ売れだそうです。

livedoor ニュース


本屋で立ち読みしようと思うと「ビニール袋入り」か「緊縛状態」かで、中が見られません。

買ってまで読みたいとは思わないけど、やっぱり「あの中身のすべて」を見たかった人が、いたわけですね。
なんか感心。

人気blogランキングへ
ドカン、バーンと押しまくろう・・・いや、ていうか、一回でいいです。

arima0831 at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 09, 2006

実は、タクさま命!

思えば、7年前エジプトから戻ってきて、なんとなくテレビつけたら
「むむむむっ!ななななななんとっ!!」
というくらいカッコイイ芸能人が出ていた。

翌日早速、職場の同僚に
「昨日8チャンネルで9時ごろやってた番組で、アンナコンナ感じのタレントが、べっくらこくほどカッコよかったが、あれはだれ?!」
と、たずねたら、哀れなものを見る目で

「キムタク」

といわれた。
ちなみに、たまたま見た番組は「スマスマ」でした。

確かに、カイロにも日本の雑誌などはたまに出回る
(女性週刊誌などは、ぼろぼろになるまで回覧され続ける)。

写真も見ました。
しかし、単に写真だけだと、フツーの一山いくらの二枚目タレントにしか見えん。
みんな同じに見える。

ワタシのタクさまの場合、動いてないとダメ、しゃべってないとだめ、立ってるだけでもいいから、映像じゃなきゃだめ。
だから、ドラマが始まると体内時計セットするんだけど、最近ない。
とてもさびしい。

あげく、ここのところ、
稼ぎが落ちたの態度が悪いの偉そうだの静香に食わせてもらってるだの、
ナンダノカンダノ。

うるせい、だまらっしゃいっ!
まったく、男の僻みと妬みって、女と違って社会的パワーを持つ分、ホントたち悪い。
日本の職場にいるとき、女の子の意地悪なんてカワイイもんで、男の意地悪くらい陰湿で怖いもんはないと身にしみて経験したから、余計腹が立つ。

アンタタチがどんなに騒いでもあがいても、タクさまの「あの輝き」はない。
あきらめて、素直に「かっこいいなあ」と思いなさいよ。

工藤静香などという、かなりストライクゾーンの狭い男性諸氏にもキュンときそうな女性と結婚して、三十路を過ぎても立派なカリスマアイドル。
僻みたくなる気持ちはわかるけどね。

キムタク御殿できる!というニュース見て、そう思った。
以下参照。

livedoor ニュース


ところで、関係ないけど本日誕生日を迎えたウチの旦那。
彼は一年後帰国したのだけど、ある日いった。

「ねえ、あのすごいカッコイイやつ、よくテレビで見るけど、誰?」

ワタシを哀れなものと感じた、同僚の気持ちが痛くわかった。

「キムタク」

しかも!
「それなに?」
「スマップ」
「それなに?」

その後何年か経過し、彼の頭の中でそれなりのスマップのイメージはできていった。
が、草薙が韓国と韓国語がんばっている、という情報がどこかで間違って刷り込まれた。
韓流ブーム、などというものも、混乱を深めた。

「キムタクって、韓国の人なんだね」
と、言い張って譲らない。

どうでもいいけどテレビ見てる時に
「お〜い、キムさんがでてるよ〜」
と、ワタシを呼んでくれるの、ありがたいけど何とかしてほしい。

ガッツ石松が
「スマップって、キムタくんのいるグループだろう!」
って言った話、笑えません・・・おかしいけど。

尚、オットはゴローちゃんのほうがカッコイイと思うそうです。

人気blogランキングへ
こんな女と13年以上結婚生活を送る夫に、ハッピーバースデー・クリックをよろしく
(ワタシの幸せは、彼の幸せ・・・に決まってるんだ!)

木村拓哉―終わりなき“風雲児”の想いは今…

木村拓哉―終わりなき“風雲児”の想いは今…


世界に一つだけの花


Triangle


arima0831 at 19:23|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 06, 2006

『輪舞曲』のない日曜日がくる・・・

日曜九時の体内時計にセットされてた『輪舞曲』が終わってしまった。
先週は花見の二日酔いアフターで時計止まってたが、次の日曜は悲しいな。
ぽっかり穴が開いてしまうのよ、体内時計に。そして心に。

なんだか、テーマが重過ぎるのナンノカンノと文句たれた向きもあったようだし、挙句に「難しすぎる」てのもあったそーで・・・あれ、難しいか?
難しいって言うか、パワフルに荒唐無稽だったから、まじめな日本の視聴者はついてこられなかったのかも。

だって、最初まるっきり韓国語できなかったはずの潜入デカ(竹野内豊)、なんか見る見るうちに韓国語わかる人になってくし、父を探しに来日して、悪の組織『神狗』を憎み嫌ってきたはずのユナ(チェ・ジウ)は、なぜか途中から「神狗の天才プログラマー」で、探してたはずのオトーサンに使われてるし、悪の首領は簡単に日本の拘置所脱走してクライマックスでピンチを救っちゃうし・・・と、もう無茶苦茶なのに、実に切なく悲しくエンディング。
なんでもかんでも予定調和な、日本の金太郎飴ドラマ群を考えると、この無茶なストーリー展開を「勢いと哀愁」で吹っ飛ばしたこのドラマ、立派でした。

そもそもわたしゃ、マイラブ速水もこみちクン目当てでチャンネル合わせたのに、モコちゃんどうでも良くなっちゃいましたから。
でも、彼、ああいう役はちょっと無理がありますね。
やっぱり当分は「サワヤカ青年」でいてほしいわ。
役は選んでね。

ちょっと基礎韓国語会話のお勉強もできたりして、これはオトクなおまけでした。
「あなたが好きよ」は「ダンシガ・チョワヨ」だったのね、ふぅ〜ん。
使う場所ないけど。

さて、わがままジウ姫、結構いろいろ言われてて、日本のプロデューサーが以下について、そんな事実はなかった、釈明会見をおこなったとやら。

(1)チェ・ジウが煙を嫌がったため撮影現場はたばこ厳禁になった
「そんな事実はなかった」と釈明してるが、これだけ人気のワガママ女優をお金かけて引っ張ってきたんだから、そのくらいワガママか?と思う。
むしろ、受け入れたとしたら、ジウ姫はえらい。

(2)現場は“ジウ待ち”が多く、休みを取りたがるので現場の雰囲気が悪くなった
ジウ姫だけですかぁ〜、そういう役者さんだら芸能人だら・・・日本にもいっぱいいそう。
「そういう事実はなかった」としたら、えらいと思いますが。

(3)注文した食事にキムチがないと機嫌が悪かった
韓国の人とキムチは、決して切り離せないもの。当たり前です。
だって、エジプトだろうがアマゾンの奥地だろうが、韓国人のツアーは必ず「大箱入りキムチ」を添乗員が山ほど背負ってくるんですよー。
韓国の添乗員はキムチの箱に埋まって眠る。結構過酷。

一般人でこうだ。
ジウ姫相手に、なぜに日本側がそのくらい気をきかせてあげないのよ、と逆に不可思議。

「冷たいキムチ抜きのロケ弁を、楽しそうに食べてた」って、もう涙が出るくらい健気な話じゃないか。日本側のホスピタリティーに、むしろ問題ありです。
反省しろ!

詳しくは、以下参照。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1826821/detail

少なくとも、和田アキ子よりも相当待遇が悪かったのは間違いないですね。
それって、あんまりじゃない?
私はチェ・ジウのファンでもなんでもないけど、かなり気の毒になりました。

なお、夫は「チェ・ジウってだれ?」と尋ねました。
「『冬ソナ』で主演だった女優さん」とおしえてあげたら、
「そうか、あれがヨンさまなのか」

いいです、あなたはそれでケンチャナヨ。
ダンシガチョワヨ(と、一応言っておく)。


人気blogランキングへ
ワンクリックガ、チョワヨーーー!




輪舞曲-ロンド- DVD-BOX/TVドラマ



TBS系ドラマ日曜劇場「輪舞曲-ロンド-」オリジナル・サウンドトラック/TVサントラ

輪舞曲・ロンド


さよなら3
主題歌!

arima0831 at 16:14|PermalinkComments(4)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote