そば・うどん

January 18, 2011

鎌倉の(どうでもいい)謎、解明される・・・か? 〜蛇足な補足〜

鎌倉駅界隈に、グダグダな飲み屋がほとんど見当たらなかった件。

昨夜、某オトモダチ(50代ゲイ)とウダウダ飲んでいる時に「鎌倉詳しい?」と、ふと聞いてみた。
「詳しいよー!」というので、そうかそうかそれならばさあ・・・と話を振った。

鎌倉駅界隈に住んでいる、陽も落ちきらぬうちから酒を飲まずにおられんダメな爺親爺は、いったいどこに行くというのか???

「ばっかねえ。蕎麦屋に行くのよソ・バ・ヤ!」

アタシなんか、高校生の頃ガクラン着たまんま、蕎麦屋でメシ喰う振りして酒呑んでたもんだワ。
それがさあ、あの辺の蕎麦屋って、高校生にも平気で酒出すのよねえ。

あ、夕方過ぎると寿司屋とかでも飲めるよ。
あたしが昔付き合ってた会社の上司とさ、よく鎌倉駅周りの寿司屋で飲んだもんよ。
二人で飲んで喰ってねえ、彼はお酒あんまり飲まないヒトだったから、二人で一万円くらい。
あの辺の寿司屋もわりといいんだわ。

ほお。
なるほど、蕎麦屋か。
そういう店でグダグダするのって、確かに楽しいよね。
安手の寿司屋ってのもヨロシイですな。
高級店であってはイカンのだ、これがまた。

どっちにしても、なんだかとっても鎌倉の爺らしい感じ。

鎌倉のとくに小町あたりは、昼間のお食事場所は山ほどあった。
で、裏道に入るとビルの中なんかにスナック風情だってボツボツあるのに、この二点をつなぐ場所がないのが不思議でたまらなかったのだ。
なるほどね。
なんか謎が解けた気分。

だから、蕎麦屋だので早めに出来上がってから、小町裏手辺りの見るからにしょうもなさそうなバーだのスナックだのに潜り込むのであろう。
場合によっては。
いや中にはしょうもなくない、渋いカウンターバーなんかもあるんだと思う。
野毛や日の出町辺りみたいに。
ただこういう店だけは、一見じゃあどこ行ったらいいかさっぱりワカラン。
こうなると完全に、地元の飲兵衛のまったり世界なのだろうなあ。

そういう意味あいでは、意図してかどうかは別として、昼間の観光都市鎌倉を夜にズルズル引きずらないで、内向きにリセットしてるのかもしらん。
なんか、そういうしんねりした感じは「さすが古都」だよな。
ふうむ。

あと、よくよくあとで考えて見たら、大船と鎌倉の距離感て、ちょうど元町と野毛くらいのような気がしてきた。
ガンガン飲みたきゃあ、そっちに行くのだろうきっと。

ま、ともあれ、そういうような次第で年明け以来、そう考えこまんでもいいようなどうでもいいところに引っかかってたんだけど、ちょっと雲が晴れたような気分になっている次第。
ああ、スッキリした。
いや、まるで見当違いなのかもしれませんけどさ。

と、いうことで、蛇足な補足まで♪



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
マツコ・デラックスそっくりな猫もいた。古都はやっぱり奥が深いです。




世迷いごと世迷いごと
著者:マツコ・デラックス
双葉社(2010-10-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

猫になると実にフツウにカワイイです。


M2 デラックスなマスク マツコマスクデラックス【マスク・かぶりもの】
M2 デラックスなマスク マツコマスクデラックス【マスク・かぶりもの】

ほうら、猫耳がこんなに似合いそうな・・・。

arima0831 at 23:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 14, 2008

佐伯のごまだしうどんがウマイ! 〜名物にもうまいもんあり!〜

名物にうまいものなし、だそうだ。
最近は特に地方活性化向け観光目玉商品として開発されるものが多い…
といえばかっこいいが、要するにとってつけたような一品が名物化するので、
余計に外れクジが多いような気がする。

とかなんとか言いながら「佐伯の名物は・・・」と、つい寿司屋に走って失敗してみたりするから、学習能力低いことはなはだしいワタシ。

でも、うまいもんがあった。
ここまで来てハズレ続きでは悲しすぎる・・・と嘆いていたところだった。

ごまだしうどん
















佐伯名物「ごまだし」だ。
エソという魚をすり身にしたものに、すりゴマと味噌を混ぜて作ったペーストを
茹でうどんに乗っけたもの。
うどんは特に凝ったところのない普通の茹でうどん。
これにネギやらカマボコの薄切りやら、好みのものを乗っけてお湯を注いだものだ。
それだけ。

それだけなんだけれど、実に良い出汁が出てうまい!
とってつけたような観光名物ではなくて、昔からある佐伯の家庭食らしい。
伝統的ファーストフード、だな。

佐伯の港近くにある『さいき海の市場〇』なる観光向け市場で食べられる。
「〇」で「まる」と読みます。
ネーミングの由来は不明。
ここの一角に軽食コーナーがあって、ごまだしは一杯400円。
安直なだけに安いぞ。

開店9時半でホテルにも近いから朝買い物ついでに寄ってみたのだけど、野菜、海鮮、乾物にお土産などなど、観光客向けの施設にしては手ごろな値段で各種揃ってる♪

開店前、入り口にご近所のジジババらしき人々が集まっていて、一体何しに来ているのか・・・と向かう先について行ったら、小さな魚売り場。
結構良さそうなものが安く売っていた。

単なる観光客のワタシは、魚のあれこれを眺めてから・・・

ごまだし・・・「ごまだし」を買い漁ったのだった(笑)
これだけで結構大きな一角を占めている。
どうにも持って帰れまいと思えば
クール便手配完備。
しかも一本余計に買うくらいの値段で送れる。
いい感じの大袋入りちりめんじゃこやら
横浜ではあんまり見かけないようないりこやら
この際だからクール便の料金分買った。


いい買い物だったな。
我が家のちりめんじゃこ消費量は結構なものなのだ。
いりこも臭みなしで、出汁がらまでウマかった。

ごまだしごまだし








ごまだしごまだし








ごまだしも店により家庭により作り方はいろいろなんだそうで、エソだけじゃなくてアジやいりこからも作る。
面白そうなので買ってみた。

これ、便利です。
横浜でもだれか売ってくれないかしら。
大分物産展なんかどこかでやったら、買いに走るかも。


まぐろコロッケかぼすジュース







ついでに買った「まぐろコロッケ」は、とりあえずコロッケだった。
かぼすジュースはさっぱりしてウマイ。
横浜でも売っておくれ!

挽き茶饅頭挽き茶饅頭







佐伯名物「挽茶饅頭」も名物ながらうまい。
ただし、これは「一度箱を開けたら二日以内で食べるように」ということで、日持ちしないのが辛い。
ツライと言いながら何とか食べ切りましたがね。

さいき海の市場〇 (うどん / 佐伯)
★★★★ 3.5



佐伯朝食1佐伯朝食2








それにしても前の日が結婚式で、なんとなくだらだらと終日何かしら食べ続けた上に
普段はめったに食べない朝食を二日続けてしっかりと・・・。
ヘタな旅館の意味不明にてんこ盛りな朝食よりもうまかったです。

そして昼に向けてにじり寄る暑さの中、目指す先は熊本。
途中でやっぱり何か食べるぞ!と言いつつ、どうも微妙に胃腸が重い。
かぼすジュースをがぶ飲みしたから治まるものでもない。
アタリマエだが。

大分の海鮮に未練は募るが、致し方ないのだったよ。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←ぽちっと押してやってくだせえ。
しつこいが繰り返す。お食事は、計画的に!!



ごまだしもお取り寄せできるらしい。

中小都市の「B級グルメ」戦略―新たな価値の創造に挑む10地域
中小都市の「B級グルメ」戦略―新たな価値の創造に挑む10地域

ごまだし、載ってます。

arima0831 at 20:00|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 06, 2006

北柏『竹やぶ』〜soberに蕎麦の相場を考える・・・?

竹やぶ
最寄駅:北柏
料理:そば
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食

竹やぶ
実はあの界隈に実家があったので、何度か行った。
ひとえに「親孝行」のためである。
母が好きな店なのだ。

確かに蕎麦は文句ないが、これだけ大仰な入り口に、それに見合った「立派な」値段をつけて、蕎麦がまずかったら話にならんだろ、と思う。
酒肴も良いので、飲みながら蕎麦派も、とりあえず満足ではあるけど、休みの日など並ぶ人の群れに、到底のんびり一枚手繰りながら一杯、なんと言う気分にはなりにくい。
 
微妙にずれたこだわりを見せる(と私が個人的に感じる)、外のオブジェ系日本庭園風と違い、内装はいいし、サービスも行き届いていて、雰囲気は良い。
これが蕎麦でなくてもっと食べでのあるものなら、外国からのゲストの接待にうってつけだろう、が、いかんせん、いかにあれこれ酒肴をつけようと、天麩羅が付こうと、あの蕎麦だけ食べさせて「これは食事である」と納得させるのはちょっと厳しいかなあ・・・。

彼らは、高級懐石のコースを食べ終わってから
「豪勢な前菜だったけど、メインはいつくるんだ?」と思う人種。
現にそういうところで食事をした後で、こっそりとマクドナルドに入っていった西欧人数名を目撃したことがある。
 
さて、この美味い蕎麦は、とにかく高い!
蕎麦とは「がっつり食う」んでなくて、一杯飲みながら軽く「手繰る」もんだとは思うが、オヤジのバーコードみたいな量にあの値段は、ちょっと高すぎる。
 
蕎麦も蕎麦つゆも好みのタイプだけけど、私に言わせれば「たかが蕎麦のくせに、そんなに反り返るない!」と、いいたくなる。
第一、軽くふらっと一枚手繰りに行くには、ちょいと敷居が高すぎる。
六本木ヒルズに進出した、という話を聞いて、なるほどそうかもしれないね、と、妙に納得してしまった。

まあ、soberな蕎麦屋、ちうことだろか?
値段は相場より高いけど、と。
ん?あ、いや・・・ははは。
 
まあ、雰囲気は面白いから、遠方からのお客さんをもてなすには、いいかもしれない。
単に蕎麦が食べたければ、あの辺は不可思議なほど蕎麦屋は多い。
単に蕎麦なら敢えてここでなくっても、とは思う。

人気blogランキングへ
今日のお昼も茨城某所で蕎麦だった(親孝行)→親孝行にワンクリック?!

『竹やぶ』のそばの竹やぶ

蕎麦の事典


arima0831 at 01:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 25, 2006

御茶ノ水『うどん 竹や』

竹や
最寄駅:御茶ノ水 / 末広町 / 新御茶ノ水 / 湯島
料理:うどん / 居酒屋
採点:★★☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


小泉センセの件の名著のあとに、どっかの店のネガティブな話書くって、いい度胸してるじゃん、あなた、と、自分を揶揄する自分。
意味はない。なんとなくこういう順番になっただけ。
深く考えないでくださいまし。

仕事がらみで、この辺でたまに食事をするのだけれど、この界隈、これだけ古い土地柄なのに、気軽で美味い店はおろか、高級店すらないに等しい。
て、いうか、あるにはあるけど、単に古いだけの老舗みたいなのが多い。
いや、あと5〜10分歩けばあるんだけど、すぐそばに東京医科歯科大学を構えた土地柄にしては、この一角はまるでブラックホール・・・て言うのも大げさか。
これこそ、駅の向こうまで歩く気になればナンボでもいろいろあるが、この界隈だけは不思議なブラックホールとなっている。

東京医科歯科大学そばの「うどんや」の話。
 
この辺、それなりの中企業はある。
小企業は無数にある。
移転だ撤退だ、といわれつつも「HITACHI」の上階数フロアは、夜遅くまで灯りが煌々とついている(日立なのかどうかは未確認)。

そういう中で、ここのうどん屋に、ネクタイを締めた、明らかに同社内だが社用で接待費で落ちるたぐいのオッサンが「打ち上げ会」だの「激励会」だのと称して巣くうのは、場所柄と思って耐えるとしよう(話が全部聞こえるから、あ〜〜またか、と思ってしまうのだ)。
それなりの値段で、それなりのものを、それなりの雰囲気で食べられる場所って、このあたりあまりないので。
 
余談だけど、こういうサラリーマン集団て、どうしてあんなに声がでかくて話が詰まらんのか、と、いつも疲労感を感じる。
二人までなら気にならないのに、三人超えるといきなり声のトーンがあがって、話題はその場にいない同僚上司部下などの悪口から「それに比べて、XX君は立派だよ!」的な褒め殺しあい(?)に移り、果てることなく盛り上がっていくの。
もう、徹底的に金太郎飴な展開と行動。

確かめたことないけど「この手合い」はきっとネクストはネーチャンいる店でカラオケやるのかなあ、と想像したりする。

これは飲食業界では「サンリーの法則」と呼ばれている。
サンリー?
リーマンが三人以上・・・え、どうでもいい?
どうもすみません。
 
やっと店の話になるけど、ここの場合は耳障りな理由がひとつ明確にある。
たぶん店の構造と建材だ。
やたらと近辺の会話が響く。

同じようなキャパの店で、同じ状況でも、よほどでない限りここまで耳にはつかない。
真隣でもない限り。

従業員はアジア系がおおい。故に、接客は雑になりがち。
別にアジア系の従業員が悪いとは言わないが、しっかり笑顔で普通の接客ができない外国人をこういう店で使うのは、どう見ても「人件費削減」という理由しか見えない。
 
うどんは、麺自体はつるりと喉越しよくいただける。
出汁もくどくなく、決してまずくない。
酒肴もいろいろと、数は少ないなりに揃っている。
決してまずくはない。
でも、とりあえず特別にどうした、というレベルでもない。
 
普通のやや高級そうなうどん屋、と思えばそういう値段でもある。
 
場所柄、この界隈以外どうにもならないときは仕方がないけれど、特にそうほめるほどかなあ、と、ちょっと不思議に思う。
何しろいつでもすごく混んでるのだ。
 
食べ物はそういうわけで、まさに「まあまあ」の「3」だが、店内の不可思議なやかましさと接客をマイナスさせてもらいます。

人気blogランキングへ
あほ!と馬鹿にしつつブチッと一押し・・・おねがいしまぁす。

arima0831 at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote