植物

August 16, 2010

ヒメの初盆 〜そして季節の花など〜


ああそうか、お盆だな・・・と生まれて初めて思う。
自分の宗旨はどうあれ、今回はヒメの初盆にあたるのだ。

ワタシは実は一応はキリスト教徒なので、去年の秋にヒメを彼岸に送る時は、
どうしたもんかとちょっと悩んだのだった。
逝った翌日に、焼き場に持って行く手はずを何とか整えたのだったのだが、
焼き場を運営しているお寺が「読経もいたします」と申し出て下さったのだ。
松竹梅の竹コースには、そこんとこも含まれてますよ、という意味なのだが、
しばし考えて御辞退申し上げた。

ワタシは真面目な信者とはとうてい言い難いが、ヒメは家族と等しい者だし、
ワタシが育てた子供のようなものでもある。
なんと言っても、この者の主はワタシなのだ。飼い主だからね。
だったら、自分が唯一知っている形で送ればよいではないか、となった次第。

ちなみにヒメは、トルコの生まれだ。
もっと細かく言えば、ヒメの母さんのモモちゃんは、紛れもなくイスタンブル
の道端で拾われたコで、ヒメの父さんは近所のブサイク極まりないマフィア面
のデブ雄であり、トルコの宗教人口などを考慮すると「イスラーム系」としか
思えない出自ではある。

あ、マフィア面とかデブとかはイスラームと関係ないよ。
単にワタシがあの頃「あいつだけはカンベンしてくれ」と思っていただけ・・・。

しかし、キリスト教でもイスラム教でも、ワタシが理解する限り、犬猫などは
祭祀の対象にはならないのである。
一応為念、識者に話を聞いてみたが、イスラームで猫の葬式はしないとの由。
キリスト教もしかり。
仏教が生きとし生けるものの一切を「衆生」と考えることとは対象的だ。

その辺の是非はとりあえず置いといて、そこで周囲の意見が別れたのは、
なんだか興味深いところだった。

周囲の大半の人たちは「せっかくやってもらえるんなら、とりあえず仏式で送ればいいじゃない?」と、ワタシの問いに首を傾げたのだが、その一方で、真面目なクリスチャンである知人と、ワタシ同様に特段真剣な信心のない我が弟が、口を揃えて「それはちょっとちがうかなあ」と言ったのである。

一神教と多神教の感性は、ある部分決して重なり合わない。
ううむ、それはこういうことだったのだよね・・・と、ぼんやり考えた。

ふむ、そうだねえ・・・と、打ち嘆き悲しむココロを一瞬フリーズして黙考後、
とりあえず近所の教会に行った。
ヒメが逝ったのは、日曜日の早朝だったのだ。
顔を洗って服を着替えて5分くらい歩いたら、ちょうど教会の日曜日の礼拝に
間に合うタイミングだったのは、神の御心というものなのだろう、とも思う。
礼拝の間、痛みも苦しみもない神の御許で、ヒメの魂が安らにあるように、と
真剣に祈り、帰りぎわ旧版のままだった聖書と賛美歌を買いなおした。

「いままでこんな状態なのに、突然スミマセン」というような内容も、一応
祈りの中に含めたのは御愛嬌・・・ですむといいんだがな。

そして翌日焼き場で、聖書を傍らにして、同じ祈りを繰り返したのだった。

焼き場といっても、一応ペット専用の葬祭場があって、お骨が上がってくる迄
2時間ばかり待つ場所も用意されていた。立派なもんだ。

と、いうわけで、初盆である。

仏式は避けたんじゃないの?と言われそうだが、まあ逝ったのは猫なんだし、
ヒメの場合はおっちょこちょいだから、うっかり他の猫らと一緒くたになって
勢いよく帰ってくることもないとは言えまいよ。

京都 三十三間堂のお香

何故か幸いにして、手元には京都で買って来たお香があった。
京都の三十三間堂を訪れた時、なんともいい香りが漂っていたので、帰り際に
買ってきたものだ。

ちょっと甘い香りがニッキのようだが、一体なんだろうかと思っているうちに
深く優しく気持ちが静まる、そんな香り。
夜ならば心静まり、朝ならばスッとリフレッシュする。
こういうのは良いな。

お盆なので、思いつくたびにヒメの写真の前で焚いている。
要するにこういうことは自分の気がすむようにやればよいのさ、と言いつつ。


夕顔

お盆は夕顔の咲く季節でもある。
薄い芳香が、なんとも奥ゆかしい。
この季節の宵から朝にかけて漂う、ちょっと重い湿った空気に似合う花だ。
ひとつひとつに、なんだか優しい魂が宿っているような気がして、見るたびに
心和む。
夜遊び&朝寝を繰り返していると、なかなか見られない花なのでもあるが。

匂いを嗅ごうと強引に引っ張ると、意外に簡単に首が折れて、結構うろたえる
ことになるのでご注意を。


夕顔


ところでその後、数回教会に通い、四十九日の頃にも出かけたが、それから
だんだんと間遠になって、最近はなんだか足が遠のいている・・・という実態は、
一応最後に告白しておきます。

だから繰り返すが、こういうことは自分の気のすむようにやるのが一番なのだ
と思うよ、本当にね・・・。



人気ブログランキングへポチッとよろしく♪
沈香をおいてゆかしきゆくえかな、なんだよね。いまや思い出だ。やれやれ。


追伸:
これがなんだかわかる人!
しゃぶると甘い♪
ゴーヤのタネ


答:熟しすぎたゴーヤ

ゴーヤのタネ 001


arima0831 at 04:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 16, 2009

桜に葉桜など 〜そしてまた、イチローに神が降りた・・・〜

初夏へと向かう、よき春の日。

イチロー復帰第一戦にして開幕戦。
7回ワンアウト、フルカウントから満塁ホーマーが出た。
そしてこれが、張本と並ぶ3085本目。
日本最多安打だ。

WBC決勝打のときと同様、神が降りる瞬間が見えた。
思わずポカンと口が開いてしまいましたわ。

イチロー、凄いなあ。
もうそれしか言えない。

桜090407 004

桜090407 001

満開の桜には文句なく胸が高鳴る。
以前にも書いたウンチクだが、桜には本当に精神を高揚させる作用があるので
普段おとなしい人はヤケに元気になり、元気な人は花見で暴れだし
常時木の芽時な人は奇矯奇抜な行動がエスカレートする。

エフェドリンなるアンフェタミン系物質の効果だそうだ。
ダイエット効果もあるらしいんだけど、こっちは全く実感できん。
気持ちが高揚して喰い過ぎるからだろか?

ハイ太りましたとも。
昨年以来ゆるゆる続行している減量作戦だが、最大6キロ減以上は進まず。
やっぱり気分だけ減量モードになっても限界はあるようです。
コアリズムでもやるか。

葉桜090410 004

葉桜が好きだ。
桜満開の高揚も良いが、花が散りかけて新緑にぼんやり霞む姿は心和らぐ。

葉桜090410 001

遠目にぽわぽわんと鈍い薄緑に染まると、こちらもぽやぽやんとした気分で
はあやれやれ、なんて一息ついた感じになる。

一週間ほど前の写真だから、今はもう少し緑濃い。
頼り無げな葉桜は、瞬く間に新緑へと勢いをつけていきます。

月桂樹(旧)

ついでにこちらも。
知っている人にはイマサラだろうが、月桂樹の花だ。
結構可愛い花が咲く。

月桂樹090409 001

遠目にはちょっと花の多い金木犀のような姿。
香りはごく薄く柔らかなので、芳香というほどでもないが。
小さいが硬い蕾の時期が長い花で、アレと思うと満開になっている。


あ、そうそう。

桜花の塩漬けを桜茶にして飲むと、二日酔いには効果抜群。
これだけは四季問わずお世話になっているかも。

最近はこれを「桜御飯」にするのが我が家のブーム。
昆布出汁で御飯を炊いて、炊きあがりに桜花と鯛の刺身を混ぜ入れて蒸らす。
簡単だがこれが実にウマイです。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
そんなこんなで春の過ぎゆく・・・。

追伸:
イチローの3085号動画を以下に追加。






桜花の塩漬け


おいしい花―花の野菜・花の薬・花の酒おいしい花―花の野菜・花の薬・花の酒
著者:吉田 よし子
販売元:八坂書房
発売日:1997-10
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


コアリズム DVD 日本語吹き替え正規版【dwカラダ】【送料無料】
コアリズム DVD 日本語吹き替え正規版【dwカラダ】【送料無料】

実は買ってしまった。ははは。

arima0831 at 15:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 13, 2006

ナスタチウム

060407ナスタチウム苗を二つ買ってきて、植えたらうまくプランターで綺麗に咲いている。
大好きなの、ナスタチウム。
なぜって、美味しいから。

060408ナスタチウム葉も花も、ちょっとワサビに似たマスタードの味と香り。
花が終わって、若い種がついたら、すりつぶしてサラダやカルパッチョのドレッシングにいい。オリーブオイル、ワインビネガーに塩少々と合わせる。
葉も花も食べられる。
これにパセリだのルコラだのスライスしたタマネギだのを混ぜれば、ハーブサラダです。
タコぶつなど、シーフードにも合います。

060410ナスタチウム
ナスタチウムと言うだけに、茄子と一緒に育てると良いそうで(ホントなんですよ)。
トマトもいいらしい。
コンパニオン・プランツというやつ。

反対側にはびこってた、変な雑草がそろそろおわったので、引っこ抜いて肥料と腐葉土をがさがさ混ぜて、すごいいいかげんに、トマトとナスと苦瓜を植えた。

で、周りにバジルとイタリアンパセリ。

早くトマトが食べたいなあ。
自宅で取れたのが、やっぱり一番おいしいもんねえ。

人気blogランキングへ
趣味はお料理とガーデニングですの、ほほほ・・・(あ、皆さん、なぜ引いてるの?)


arima0831 at 03:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote