レシピ

March 07, 2011

黒豆讃歌(?) 〜都橋商店街『豆や』はイイよ♪〜

去年の秋くらいから、せっせと黒豆を食べている。

例年夏バテはもれなく襲ってくるんだけど、昨年は特にとりわけヘビーでしつこかった。
降りかかる愁訴を、掛かり付けの漢方医に訴えると「腎虚だね」との由。

それが何だかはイマイチ説明しがたいのだが、要するに老化の一種らしい。
胃腸はヘタリ気味で不安定、肌は妙に乾燥する、アトピーは再発、ことに頭皮のパサり方が尋常でない。
元々アトピーの気はあったので、自分の肌は乾燥しがちだと思っていたが、あんなものは乾燥肌でもなんでもなかったことが、こんな年になって初めてわかった。
目の周りなんかがピキッと不快な感じで突っ張るんですね。
なるほど「お肌の潤い」って大事なもんだ、と痛感する。

そして、じわじわと白髪も増えてきた感じがする。
今までは「探せばある」感じだったのが、どうもチラホラと目立つところに出始めたのだ。
まあ、人間年をとれば老化が進むのは当たり前のことなので、そこに抗ってジタバタするのもみっともない話だと思うのだが、しかしまあ、やはり目の前にキッチリと老化の証拠が突き付けられると、ヤレヤレ感はどうしても湧き起こるよな。

そんなこんなでなんだか萎えた気分でいたある日、なんとなく「腎虚」をググってみたら「黒豆が良い」と出ていた。

何しろ萎えてたもんだから、その時は「ふうん」と気だるく鼻を鳴らして終わったのだが、別のある日、食糧庫の地層調査、もとい片付けをしていたら、賞味期限が一年前に切れた黒豆が一山出現。
おそらく何年か前の正月用だったと思われる。

をを!と思った。
これは「片付けを中止して豆でも煮なさい」という、天の意思ではあるまいか。
賞味期限?
乾物なんだから大丈夫ダイジョーブ!

単に片付けに飽きていただけだろう、と言われたら、えへへと笑って誤魔化すしかないのだが、とにかく黒豆を煮てみたのである。

黒豆を煮る。
なんと家庭的な響きであろう。
ワタシだって、実はやるべきことはしっかりやっている、賢い奥さん・・・

・・・な、はずはなく、なんと乱暴なことに、その時は味を付けずにそのまま30分、圧力鍋でがっと煮たのだった。

味(特に甘味)をきちんと付けようと思うから、やけに手間暇が掛かるのだ、という屁理屈による。
それでも意外に喰えた。
元の豆が良かったこともあると思うし、ワタシの味覚が雑なのも幸いしたのだろう。

そもそも豆を喰うに至る諸々の手間暇って、あまりに誇張され過ぎているような気がする。
特に黒豆ときたら「錆びた釘を入れろ」だの(!)、一回煮てから砂糖水(甘いものが特に好きでないワタシには、ホラーなくらい大量の砂糖で作ったもの)にしっかりと漬けて、それから一日かけてどうのこうの・・・とか。

「やってらんねーよっ!」と、市販品に走るのが、はっきり言って人情というものだ。
そうじゃありませんか?

言い訳がましく言い添えておくと、ワタシは御節の黒豆だけは、以前から一応毎年煮ていた。
我が亡き母親が、黒豆好きだったのだ。
その母が「錆びた釘を入れろって言うのよね。確かに黒くキレイにはなるんだけど、別に食べられればいいじゃない」などと、横で作業を眺めている幼いワタシに語りながら、既成の手順を軽々と無視しているのを、間近で見ていたっけ。
それでも市販品とは比較にならないくらい美味しいものだったのは、よく覚えている。

そんなわけで、我が母を偲ぶよすがとして、何はなくても御節の黒豆は煮ているのだが、アレは毎日喰うにはあまりに甘すぎるので、正月限定だ。

ワタシは実は、本来甘いものが特に好きではない。
一時好きになりかけたこともあったが、ちょっと多めに食べるとなんだか体調が狂う。
妙な疲労感がくる、とでも言おうか。
家族親族に糖尿病患者が山ほどいるので、中年初老期を迎えた今になって、体に本能的にアラートが入っているのかもしれない。

ともあれ、そんなこんなで思いつきで雑に煮上げた黒豆は、なんだか体のどこかにぴたっとはまったような、不思議な美味しさだった。
なんかもう、喰わずにいられない感じ。
特に煮汁など、単なる飲み物として非常に美味しい。

毎日朝晩、小鉢一杯くらいは食べていたと思う。
そしてオットが気付いて、オレもオレもと朝晩茶碗一杯食べるようになった。

最初の雑な黒豆は、二日ほどであっさり消えたので、取り急ぎ近所のスーパーにあった黒豆を補充したが、こういう勢いで喰っていると、200gくらい買ってきても焼け石に水なのだ。しかも高い。どこで見ても高すぎる。
中華街で500g千円の「国産丹波」なるものを見つけて、一気に買占めを掛けたりしていたが、その後は入荷する様子もない。

秋〜初冬は大豆の端境期だったのだそうだ。
11月末くらいになって、ようやく新豆が出回る。
都内某所の豆屋さんで、そう説明されて漸く品薄なのには納得がいった。

ああそうだ。
亡き母が言っていた「美味しい煮豆の黄金則」も、一つ思いだしたぞ。

曰く

「①豆は豆屋で買いなさい。②できればそこで高い方の豆を買いなさい」

それじゃあ近所でどこか・・・と、ある時期横浜界隈を探し回っていたのだが、意外とそういう店が見つからない。
ないなあ、ないよねえ・・・と彷徨を繰り返していた時、吉田町の手前辺りの電信柱に『豆や』という広告表示発見。
都橋商店街だ?

え???
そんな店ないよ。
何度この道を通っても、そんなもの見たことない!
断言でき・・・いや・・・

6ef9758f.jpg

念のため、昼間行ってみた。

豆や

ちゃんと店はあった。
ぐちゃぐちゃと飲み屋が山ほどある建物の、一階にある時計屋さんの向かい側。
店があるのは、上の写真の方向(この先に都橋がある)に向かって左側である。

この店でよくよく聞いたら、営業時間は9時から5時まで。
土日祝日は休業、という、この一帯には珍しい時間帯でやっているのだそうだ。
この店舗はオマケみたいなもので、本来は豆の卸売り問屋が本業、とのこと。

こういう店に気がつけるような、ちゃんとした生活を送ろうぜ!
まあ、普通昼間に通る必要のない場所なのかも知れないけれどさ。

で、さすがは卸問屋さんだけあって、黒豆の小売価格は百グラム百円くらい。
これならば、朝晩量を気にせずせっせと食べても、そう懐も痛まない。

ちなみに最近は、半日くらい水に漬けた黒豆を、追い水しながら数分煮立てて灰汁を取り、ほんのちょっと甘味をつけて、塩を2摘みほど投入。そして20分ほど圧力鍋にかける・・・という手順が定着してきた。
煮汁が美味しいので、ワタシは汁ダクで煮る派♪

煮たものと別に、最近は知人に教えてもらった「黒豆ご飯」も美味しくいただいている。
2〜3分炒った黒豆半カップを米3カップに入れて、1〜2時間水を吸わせてから炊飯器で炊くだけ。
ひじきとか雑穀を足してもウマイ。

そんなこんなで毎日飽きもせず黒豆を喰う習慣が根付いて数カ月。
ある日ふと気付くと、肌のぴりぴりしたツッパリ感が消えていた。
そういえば・・・と鏡を覗くと、アラ不思議。
あからさまに増殖していた白髪が、どう考えても減っていて、以前の「探せばあることはある」レベルに戻っていたのである。

ついでに、尾篭な話で恐縮だが、夏から秋ぐらいには下ったり詰まったりを繰り返して、なんだか不安定だった胃腸の状態も安定していた。
基本的に豆はお通じによいものなのは知っているけれど、黒豆に限っていえば、食べた後に不思議と胃が温まる感覚。
他の豆も試してみたが、やはり黒豆が一番しっくり来る。
気分的なものかもしれないんだけれど、どうもあの黒い色素にナニカシラあるような気がするな。

もちろん効果に繋がったのは、その他諸々の生活状況や気候条件なんかが重なった結果に違いない。
だから黒豆単品だけの話ではないとは思う。

でも、最近やってみて非常に良かった!という実感は確実にあるので、ちょいと皆様にオススメまで。

黒豆の煮方や料理法については、まだ色々研究の余地がありそうなので、何かご存知の方は是非教えてくださいまし。



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
黒豆健康生活♪これで酒量を減らせば、なんて言うのは野暮ってもの・・・。



毒出し「黒豆」ダイエット ラクに50kg減、ニキビや宿便も一掃!毒出し「黒豆」ダイエット ラクに50kg減、ニキビや宿便も一掃!
著者:チョン・ジュヨン
ソフトバンククリエイティブ(2009-11-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

韓国ではこんなのも流行ったそうな。爆量喰いが肥満の原因になりがちな向きにはよろしいかも。ただし「食べれば痩せる」というもんではないです。残念ながら。


新豆22年産!北海道産 いわいくろ黒豆【1kg】
新豆22年産!北海道産 いわいくろ黒豆【1kg】

お取り寄せもあり。1kg980円は安い♪

arima0831 at 20:25|PermalinkComments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 06, 2006

手抜き粥レシピ

どうもこの数日、のどがチクチクするわ、頭はボーッとするわで
「ああ、湿気の多い季節が来た・・・」と、ぶちっていたワタシ。

湿気のせいもあるんだろうけど、なんと単に「風邪」だったのでありました。

本日未明、なんだか手足が熱い。
「更年期?」
身体も熱い。
「湿気強いからなあ・・・」
頭が熱くてがんがん痛い・・・
「ひょっとして、熱あるんじゃないの?」
体の各部関節がきりきり痛む。
「これって、まさか風邪?」

測ったら、39度ちょい。
ひえー、これは、マジ風邪だ。

とりあえず、トマトジュース飲んで、水飲んで、風邪薬飲んでベッドに逆戻り。
すると今度は、いきなり寒気が。

「どっちかにしてくれえぇぇぇ」

秘蔵の自家製カリン酒に焼酎、常備してある冷凍おろし生姜をお湯割にして、
ふうふうとのみ・・・(喉が痛くなくなる。カリン酒は偉大です。この不精なワタシが、毎年カリン酒の漬け込みだけは欠かさないのであります)。

そんなことを繰り返して一日、ようやく夕方に熱が下がって、
お医者に這っていったら「風邪です」と。

こういう時って、どきどきしながら「すごい難病奇病」の類を
ひっそり期待したりしません?
しないか。

帰路、食欲コビトもかぼそい声で「サンドイッチ・・・」としかいわない。
しょうがないから、コンビニサンドだ。
コティーベーカリーまで歩いていく元気はなし。
「ああ、あの美味しいサンドイッチが食べたい」と思いつつ、
「ああ、美味しいお粥が食べたい」とも思う。
(こういうときにも「食欲コビト」は沈黙しないのである)。

家に這って帰って、お釜のふたを開けたら、見事に半分ミイラ化した一膳半分ほどのご飯が・・・あ〜またやっちまってい・・・。

でも、これはこれで「使える」のであります。

ふらふらと三カップほど水を入れ、貝柱(ホタテなどという高級品の必要はない。いちばん安いやつ。おつまみ用に駅のホームなんかで売ってるのでもOK)、切り昆布(普通の昆布をバリバリ手で砕いて入れても良いけど、細かく切ってあるやつのほうが食べやすい)、塩少々を放り込んで「お粥炊き」で放置。

薬飲んでしばらく寝ておきたら、ちゃんとお粥ができてる。
ダシも効いてる。
レトルトの粥よりは、はるかに美味しい。

梅干入れて、食べた。
二食分のはずが、一回で消えた。

明日は何か、元気の出るものを食べに行こう!


人気blogランキングへ
お見舞いクリックでも、ポチっとしてやっておくんなせい・・・(弱気)


花梨(かりん)蜂蜜漬450g・1本はちみつ漬けも効きます。

かりん原液100%「かりん」500mlビン入り【在庫処分】これは効きそうだ・・・。

「紅乙女 かりん酒」18度500mL結構売ってるものです。



arima0831 at 03:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote