オススメいろいろ

June 23, 2008

梅雨時風邪引き布団乾燥機

どうも毎年梅雨時になると体がシケる。

毎年懲りもせずに繰り返す繰り言ではあるが、10代末〜30代前半のほとんどを
湿気の少ないORほとんどない地域(北海道→中東界隈)で過ごしたせいだか、
すっかり湿気に弱いカラダに成り果てたワタシ。

振り返ると2005年の6月から始まって、2006年はああだのこうだの、2007年も相変らず・・・

このシケた不調さ、無自覚でいるうちに気付けばそういえばを・・・毎年繰り返しているから(学習能力もないのだ)、やっぱりこの季節は鬼門なんだよねえ、と改めて思う。

改めて思ううちにオットが長期不在となり、いまさらのように夜遊びに励むワタシ。
いまさら励むまでもないような生活なのだが、案外オットがいるうちは「それなりの」
抑制が効いているものらしい。

さて、暴飲暴食がヒートアップしてきた頃、どうも微妙に体がだるくなってきた。

手足が妙に熱くて変な汗をかく(更年期?ああ、最近ちょっと暑いしねえ・・・)
どうも食欲が今ひとつさえない(食べすぎかなあ。そうだろうなあ)

なんだかどうも何度となく繰り返したパターンのように思えるのだが、この辺で
「頭が熱い」「喉が痛い」となって、漸く「ひょっとして風邪?」となった。

なんだか体温計の水銀が「38度線」に近寄っている。
そうそう、今年の風邪は喉に来るんだそうですよ・・・嗚呼。

でも、家にあった風邪薬を飲んでひたすら寝ていると、午後を過ぎ夕方が近づく頃には
なんとなく元気になっているのが不思議だった。
そういう晩には必ず「なにか美味しいもの」を食べに行く予定が入っているのだ。
食欲系アドレナリンというものは、一時的に風邪のバイキンを制圧するものらしい。

で、ご機嫌よく家に帰ってしばらくすると、あれま!と熱が38度線を越える。

そんなことを繰り返しているうちに、喉が激しく腫れ上がってしまった。
夜遊びが一段落し、オット無事帰国となったとたん、みるみるうちに体調が悪化する。

こういうときに頼りになる秘密兵器がこれだっ!



布団乾燥機。

またかよ、と言われそうだが、ワタシの場合これなしの生活は考えられない。
梅雨時に肩こり腰痛が悪化する向きには、真剣にオススメします。

この雨降りの中で大汗かいて寝ていると、乾いた布団がなんとも心地よい。
ウチのは近所で5千円もしないのを買ったのだけど、かれこれ5年以上
きっちり稼動している。
梅雨が苦手なヒトは、一家に一台是非どうぞ。
持っていない人は、悪いことはいわんから買いなさい。
梅雨を乗り切るだけでなく、冬まであったかく過ごせるんだよ〜ん。
本来の目的はここにあったはずだが。

それにしても、ここまで喉を痛めたのは初めてのような気がする。
初老のオッサンやら爺婆やらが、歩きながら喉をゲロゲロゴロゴロ言わせて、
げふげふ咳き込んではケッケカッカと痰を出すらしい不思議な音を、なんだか微妙な忌避感を持って聞いていたのだが、あれって喉を痛めると否が応でも「そうなるもん」だったのだ。

自宅で一晩中ゲロゲロゴロゴロケッケカッカ状態となって、人生まだまだ知らないことがあるのよね、と思う。

なにをもっても幸いなのは、唯一この姿を見ているオットが、イマサラこの程度の姿に
まったく驚かず動じなくなっていることであろう。
結婚15周年の倦怠期を超えた力、みたいなもんを、しみじみ感じるこの数日。

いいのかわるいのかよくワカランが、そんなわけで「書きかけのもの」を放り出して
遊びまわった挙句に体調を崩したから、しばらくオヤスミしたんです・・・という・・・

要するにイイワケです。

心配してくださったりした皆さん、もしいらっしゃったらごめんなさい・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ ワンクリックで湿気を吹き飛ばそうっ!
いろんな話がどんどん古くなっていく・・・ええと、ぼちぼち順に・・・ハイたぶん。


電子レンジでゆでたまご。馬鹿馬鹿しそうだが、この季節なかなか侮れない道具でし。


その名も「ゆでじょうず」。青菜からイモまで、電子レンジで茹でるのだ。
これからの季節、熱と蒸気にうだらずにすむ。なにかと便利。是非どうぞ。

徹底図解 気象・天気のしくみ―天気図の見方から梅雨・台風のしくみまで (カラー版徹底図解)

知りたければこんな本も・・・。

arima0831 at 03:53|PermalinkComments(14)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 10, 2007

ポケパワー! 〜そして時代はMOVAからFOMAへ(イマサラ)〜



別にボケの初期症状が始まったんではなくて、商品名だ。
ふたたびCyberBuzzからのいただきもの。
してその実体は(?)「携帯充電器」。
「ポケ」はボケがなまったのではなく、ポケットが語源である。
よく見たら「ポケパワー(Pocket Power)」と明記してあった。
でもその略し方って、微妙に問題あるんじゃ・・・と思うのはワタシだけか?

ワタシの長年愛用してきた携帯はバッテリーがすっかりへたってしまい、
ちょっと使うとすぐに電池切れ。
外で長時間携帯して歩けない携帯電話など、もはや携帯電話ではないから、こういう道具はありがたい。

晴れて抽選に当たって本機が送られてきたときには、ああ、これでワタシは愛機を手放さなくってすむのね・・・と、嬉しさに経年の友に頬ずりしたものである。

充電池姿はこんな感じ。
早速充電する。
「ナンダこれもいちいち充電するのか」と
馬鹿げた不満を呟いたが
まあ仕方なかろう。

携帯も始終充電を忘れて電池切れを起こしているので、アッチもコッチも充電しなきゃ、となるのは面倒くさいがまあ一度充電すればしばらくはしなくてよいらしい。

充電池中身商品URLによると
ニッケル水素電池使用時約70分間使用化。
いざ充電池が切れても、
今度は市販の電池を入れて使えるらしい。
重さ60g。

ええと、一応申し上げておくと、注目すべきは機械の方であって、ガラステーブルに積もったホコリとか(一応拭いはしたが)、床の汚れとかにさりげなく目をやらないように・・・

接続不能さて、使ってみよう。
コードで繋ぐのである。
コッチにカチッ、コッチにも・・・
入らない。なぜだ?!
DOCOMO対応型じゃなかったのか〜?

結局つながらなかった。
MOVAはだめですと。
しくしく。

仕方がないので、これもいい機会であろうかと機種変更を決意。
経年の友だが、決別のときは来るのだ。
こういうデジタルな気持ちの切り替えも時代の要請というものだろうさ。
さらば、愛機よ・・・!

しかし、何しろ「新しい機械」というものがナントモ苦手でたまらないので、携帯電話を確実に使う用がある日にはできない。
ワタシの能力では、どうも最近ますます多くの新機能を搭載したらしい「新型機」が即日使いこなせるわけなどないからだ。

ようやく出かけたドコモショップのスタッフ氏によれば「3年5ヶ月のご利用ですねえ」とのことだが、このうち一年は電話以外の機能がほとんど使いこなせずにいたのである。

「あれ、5年くらい使っていたような気がするけど、そんなものですか?」
と、彼に言ったら「・・・イエ、あの、かなり長いご利用期間かと・・・」と、
目をそらしがちなお答えであった。

このスタッフ氏はたいそう親切で、この類のアナログなジジババ対応マニュアルもしっかりしたもの。
「重たくなくってメンドクサクなくって、なるべく安いやつ」
というアバウトな要請に素早く3〜4機種並べて的確な説明をしてくれ、
しかも押し付けがましくない
こざかしくもない。
好青年である。
そうそうしょっちゅうドコモショップに出かけるわけではないのだが、今回に限らず接客は非常によいので感心する。
この辺のスタッフ教育はかなりしっかりしているのだろうと思う。
自称一流のホテルあたりが見習ってもいいくらいのものだ。

以前は買ってから一時間くらい待たされたものだが、今は5分で渡してくれるので驚いた。科学の進歩は身のまわりのあらゆるところで起きているものだな。

そこですかさず「ポケパワー」を取り出し、彼の目の前で装着して見せた。
実は「あれ、はまんない・・・」と呟くワタシに代わって、彼が繋げてくれたのだが・・・「あの、これ、反応していないようですが」

一週間前にしっかり充電したのだからそんなはずはない。
しかし確かに無反応だ。
彼の気の毒そうな視線を背に、しくしく・・・とウナダレて店をでた。

どうもこの充電器、充電してもそのままほっとくと電池が消えるらしい。
そんなものなんだろうか充電器って。
つまり、コイツもしょっちゅう充電器にかけておかなきゃいけないのかね。

家に帰って充電池を再充電したら、今度はちゃんと携帯が反応した。
充電池、いきなり電池切れであった。
あ〜あ。

そういうわけで、未だにキッチリ使いこなせていないのでどうもよくわからないのだが、とりあえず・・・

1.「充電池を常時充電する」という作業はどうも面倒くさいが、状況によっては結構便利かもしれない。ただ、面倒な切り替え作業抜きで乾電池を放り込めば用が足りる、というのはポイント高いかも?

2.ただし写真のように接続ケーブルが必要で、このケーブルが邪魔くさい。本体のどこかにケーブルをくっつけて収納できたら使いやすそう。
なぜかって・・・ワタシの場合は「本体はあるけどケーブルを忘れた」という事態が頻発しそうな気がするのだ。ワタシだけですかね?

3.とりあえず付属ケーブルでは携帯専用。どうも他のケーブルを買えばゲーム機やデジカメなんかにも使えるらしいけれど、そのケーブルを常時持って歩くのは面倒だ。ワタシだけですかね?


値段を調べたら2980円くらいで買えるらしい。
これを高いと思うか安いと思うかは、その人次第なのだろうなあ。
外に出ずっぱりな生活ならば、案外お買い得かもしれない。

でも、考えてみたら新規購入した携帯の充電池はピカピカの新品なので、旧愛機のようにしょっちゅう「電池クレ」とはならない。
いまだトリセツを開く気にもなれず、留守電聞くのも大騒ぎだが、でも最近の機種は親切にできていて、思っていたより意外と使いやすそうだ。
本当は安い型落ちのものにしようかと思ったが、思いっきり重たくて使いにくいので、新しいほうにした。
素直にそういう感想をドコモショップのお兄さんに言ってみたら、やっぱり「使いにくさへの反省」はあって、最近のものはぐっと機能がわかりやすくなっているそうな。
ふうん、やっぱりそうなのか。
実は数年おきに携帯を買い換えるたび、どんどん機能がややこしくなっていくのでかなり怯えていたワタシだが、なんのこたない旧愛機よりも見たところわかりやすいくらいなのだったよ。

ちなみにこのお兄さんは、単に親切で感じがよいだけではなくて、販売の能力もしっかりしたものだったので感心する。
目の前に安い順に並べてくれて、さらっと必要な説明をしながら大事なところは実機でいじらせ確認させ納得させ・・・というプロセスをきちんと踏んでいるので、いい加減な対応だったら安いほうをとっとと買って出てきたはずのワタシが、きちんと納得して5000円ばかり高いほうに決めた。
こういうアップセルって、さりげなくやるのは高度な技なので、「元営業マン」としてはかなり感心するポイント。
レストランなどでもそうだが、お客の使える金額と希望と要求を見抜いて満たして「高くてよいものをオススメできる」のがプロというものだ。

まずは時代はFOMAへ!
ああ、やっとのことで・・・。

ポケパワーも活躍の場が出てくるだろう、近いうちに。

ランキングバナー人気blogランキングへ
さらば、愛機よ・・・(ちょっと寂しい)


Panasonic USBモバイル電源 ポケパワー (NTTドコモ、ソフトバンク対応のコネクタコード付属) BQ-600K/F

詳しい説明はこちらにも。

arima0831 at 23:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 13, 2007

『報道できなかった自衛隊イラク従軍記』

報道できなかった自衛隊イラク従軍記


ハンバーグだ、羊串だ、カニコロだ・・・と、食欲が人生の200%を占めるワタシ。
こんな本をいきなり出してくると、皆さんドン引き状態になるのは目に見えているの
ではあるけれど・・・。

でも、作者の金子貴一が、エジプトで出会って以来もう18年来の友人で、しかも実に面白い本を出したので、この際ご紹介してしまう。

ある日ある時、なんとなく食事などしていたとき「いや〜、サマワでさ〜」という話がひょっこりと出て「あ、そーか、言ってなかったっけ」と口にしたのが、

「自衛隊と一緒にサマワに行って通訳やってた」

という「!!!」な話だったのを思い出す。

そのうちになにか出てくるだろう、と楽しみに待っていたのだが、このたび晴れて上梓
された。

「自衛隊」「イラク戦争」などという言葉が出てくると、それだけで手に取る読者層が
限られてくるに違いないのだが、実は「異文化コミュニケーション」というキーワードに
引っかかりを感じる向きには、間違いなく興味深い内容だ。

相変わらず細々やってるもひとつのブログに、一応詳しいことは書いたので、そちらも是非ご参照を。

軍事やらイラク問題やらに興味のある方もない方も、話を読むだけで十分面白いので
是非一冊どうぞ。

(ライブドア用)

報道できなかった自衛隊イラク従軍記
  • 著:金子 貴一
  • 出版社:学研
  • 定価:1890円
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く





ランキングバナー人気blogランキングへ
たまには中東のほうにも、遊びに来てね・・・。


世界の宗教 知れば知るほど

何故かキクヤ・カフェにもおいてあるこの本も、彼の共著です。

arima0831 at 01:17|PermalinkComments(9)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 26, 2007

オカマの声が聞こえる部屋 〜あるいはただの風邪っぴき〜

どこからともなく、妙に塩辛いカスレ声が聞こえてくる。
なんの声かと思ったら、妙にガタイのいい女装のオカマの声だ、これは。
どうすると聞こえるかって、自分が口を開くと聞こえてくるんだよ。
自分の声だろうって・・・まあ、そういうことだなあ。
自分の言いたいことに、ガギグゲフゴホをまぶしまくってあるけど。

「をがまがあべってう"ー」
「キミの声だよ」
「えんなおえ"〜」
「うん、そうだなあ」
「ぐえ"〜」
「静かにしてたら?」
「おもへろい"〜」
「うん、確かに」

人工知能並の高度さで、無意識のうちに相手をしているのはオットです。
いうまでもないか。

最初は喉に、渋くて固い鉛のようなものが張り付いたようだったが、段々と流動物化。
熱が出るわけでも、お腹の具合が悪くなるわけでもなく、ただ単に喉が痛い。
息が苦しいから頭は多少ボーっとするし、食欲もおきないが、他はどこも痛くない。
こんな風邪、初めて・・・。

とりあえず、なにかで読んだ「にがり水でうがい」というのをやってみたら、一瞬でも
ただのぬるま湯よりは楽になるようで。
喉にキリキリへばりついてたカタマリも、なんとか緩んだ。
効くのかね、これ?
気のせいかしらん?

夜中、急にココアが飲みたくなって、作って飲んだらまた少し楽になった。
そういう効果って、ココアにあったっけ?
まともに作ると面倒なんで、ヴァン・ホーテンの粉と塩ひとつまみと砂糖(ウチは
オリゴ糖)をカップに入れて、熱湯でネリネリ。
牛乳で溶かして、蓋してレンジで二分ほどチンして、ブランデーをドボドボ入れます。
最後のブランデーは入れなくていいです。
て、いうか、入れないほうがいいらしいな。
まあいいや。
あ、グランマルニエとかでもおいしい。
だから、入れないほうがいいって・・・グエップシュン・・・げふげふ。

翌朝、しつこくへばりついた鉛の塊が熱を帯びたように流動し始め、タンと鼻水に。
ズルズル、ゲルゲル、ガフガフ、グルグル・・・とのたうつ布団に猫が乗るけれど、
ブエックシン!とクシャミをすると、ひゃあ、とかいって逃げる。

ざまーみろー、あらひゃぁぐるひぃんらあ"〜。

猫に当たってはいけない。
だめです。普段が普段だけにやりたくなるけど。
しまいにやりすぎて、スケバンひめちゃんに左裏拳を喰らう。
しくしく、またぶたれてしまった。
今回は的確に軽く右頬一発。
腕を上げたな・・・怒る気もしないぞ。

でもしかし、なんであの塩辛声がオッサンじゃなくってオカマなのかしら。
よくよく考えてみると不思議だな。
ワタシの普段のしゃべりは、やっぱり基本的にフェミニンなのかもしれないわ。

げふげふ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
明日くらいには、ほぼ良くなる予定。
そういえば、きのうでスタート一周年でした。なにって、拙ブログが・・・うにゃ。


 にがりです。一本あれば、用途色々。



「天然にがり」を使いきる!111の便利帳―飲むだけじゃもったいない!健康・美容・ダイエットに、海洋ミネラルが効く

ダイエットにどうだ、というのもあったっけ・・・。

 グランマルニエ(喉には効きません)

arima0831 at 22:05|PermalinkComments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 19, 2007

2006年旨いもの大賞!

新春をダラランテレレンと過ごしたため「今年の目標」などを考えぬまま今日に至る。
いまさらなにを誓っても遅かろう、とは思うが、とりあえず「食べたいもの」リストでも
作ろうか・・・ああ、ちょっと待て、去年の反省をしていないぞ。

と、言うわけで去年食べたものいろいろ。
このブログを初めたのが二月末で、真面目に体裁を整えたのが三月始めだから、
きっかり一年分ではないけれどまあいいや。

まずは、2006年で特に美味しく楽しかったこと。
もうこのさい順不同ということで、順位はつけないことにする。

 青山『ローブリュー』で豚喰いまくり
 武蔵中原『とんかつ武蔵』のホタテクリームコロッケ
 伊勢佐木長者町『アル・アイン』のクナーファ(6月の食事会は楽しかったな)
 同『華隆餐館』の刀削麺
 新宿御苑『赤ちょうちん』で生モツ喰いまくり
 渋谷『すずらん』の豚角煮と焼き餃子
 『ショー・ラパン』のディナー

よく出かけたのはこちら・・・

 『KIKUYA CAFE』
 『コテイベーカリー』
 『大珍楼別館』
 『慶興』
 『どんたく』
 『延明』
 『だんだん』

そして、是非是非今年こそ、の計画&泣く泣く昨年食べそこねたものなど・・・

 荻窪『安斎』で鰻三昧
 中野『カルタゴ』でクスクスを食べる
 新宿御苑『隋園別館』で鍋もの
 渋谷『シャンドン』でケーキを食べる(お菓子をランチにしても行くべし・・・)
 神田『龍水楼』で普通の中華
 
行き先を探しているのが・・・

 美味い手打ちうどん!
 どこかトルコ料理の店で美味しいマントゥ(現地に行こうか・・・)
 ハンバーーーーグ(もうちょっと探したい)

行きたいところ・・・
 台湾、上海、カイロ、イスタンブル!
 ついでに熊本は阿蘇の『高森田楽保存会』!!

しかし・・・自分の一年が、これでほぼすべて集約されると思うと、なんだか複雑ね・・・。

いいんだ、これで!
今年も旨いもんを食べよう!!


ランキングバナー人気blogランキングへ
タイトルで大きく出たわりに、結局自分用のメモで終わりましたな・・・(嘆)。
他にもいろいろあるけど、キリがないぞ。





ライブドアブックス、買取キャンペーン中。
本を売るなら今がおトク!

arima0831 at 04:44|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 19, 2006

『パルシステム』のCM

今回は「生協の宅配パルシステム」の回しものと化した、提灯記事だ。
でも、まあ実際自分で使っていて便利だと思うんで、なんちゃって御紹介ざんす。

思いっきり所帯じみてくるけど、ワタシの生活の現実でもあるの。

混雑と行列が我慢ならないワタシの悪夢は「週末のスーパーマーケット買い出し」だった。

ガキが転げまわり、オバハンどもは安売りワゴン前で「圧しクラ饅頭大会」をし、後ろから「スナック菓子一個だけ」カートに放り込んだヤンキーじみたネェちゃんに追突かまされ・・・と、もう世の全ての悪しきマナーが蔓延する空間で、週末の半日をつぶすのは辛い。
自分のマナーは完全に棚上げして、とにかくゲンナリふらふらしてくる。

しかも、行って帰って荷物の積み下ろしをして、玄関先まで持って行く・・・という作業もつくと、心身ともに疲労困憊状態。

そんなある日チラシが来たので、まあ試しに入ってみっか、ということになった。
始めてみて、やめらんなくなった。
だって、牛乳、卵なんかはスーパーマーケット何ぞより安くてマトモなものを売ってるし、肉も野菜も結局のところ、値段的にそう大差ない。

エコに自然食云々というところも、まあそこいらのスーパーよりは、多少考えていそうだ。

なによりも、週に一回、玄関先まで保冷剤やドライアイスの入ったポリ箱入りで、持ってきてくれる。
なんちゃってビールも激安じゃないにせよ売ってる(箱買い)。

出かけていても、とりあえず玄関前に置いて行ってくれるのだ。

実際自分でこういうシステムを利用するようになるまで「こういうのは、外で働いてちゃ無理」と思い込んでいたのだけど、外に出ていて、週末くらいしか買出しにいけない人にこそ、便利で有り難いもんだということに気づいたのは、退職してフリーになってから。

遅かった・・・あの疲れ果てた数多の週末を、返せ〜!と、意味なく自分に怒る自分。

最近は、テレビでCMなんか出てきて、結構ビジネス的にうまくいってるみたいだ。

実は「こんせんくん」という牛キャラが、パパイヤ鈴木の振り付けで踊る、なんて代物まで出てきてしまった。

こんなヤツです。
http://www.pal-system.co.jp/campaign/0609tvcm/index.html

ここからも見られます(うまく行くのか?)。

画像をクリックすると、現在放映中のパルシステムのTVCM動画が再生されます。


●Windowsをご利用の方はこちら









●Machintoshをご利用の方はこちら










まあ、こういう記事を書くと200円相当のポイントがもらえるとやらで、小学生でも鼻の先で笑いそうな「小銭」目当てに、パルシステムの御紹介でした。

でも、実際のところ似たようなのはいくつか使って見たけれど、商品はいいけれど高かったり、注文方法が面倒だったり、必ず箱入り野菜を毎週買わなきゃいけなかったり・・・と、色々あって、結局いまんとこココが一番便利、という実感もあり・・・
いや、その人の生活形態にもよると思いますけど、便利です。
ホント。

魚だけは、近所の魚屋さんで買ってますが。

尚、入会されてもワタシに割戻しが来るシステムは、ここに限ってはありません。
ホントに200円なの。
あ「こんせんくんグッズ」も抽選であたるかもしれない・・って・・・。

まあ、いいや。

ランキングバナー人気blogランキングへ
「生協のアリーマさん」と、呼んでくれ・・・。


根釧原野の釣り

「こんせんくん」はここで生まれた・・・らしい。


arima0831 at 15:53|PermalinkComments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 18, 2006

電子レンジで茹で野菜 〜夏の必需品〜

湿度が上がると、火の前に立つのがしんどくなります。
それでも食べたい、茹で野菜・・・。

確かにサラダは体の熱をとってくれるので、夏場は美味しいものだけど、
それにしたって、食べられる量には限度が・・・。

オススメ品、ひとつ。

これだ!
レンジで簡単 茹でじょうず
レンジで簡単
電子レンジ調理器具、というと、一人暮らし用のちゃちな物が多くて、量をこなせないものなんだけど、これは少量から大量まで対応できる。
使いであり。

内かごになっているから、野菜を洗って軽く水切り、というところから使える。
あとはフタしてレンジでチン!

アホのように単純な構造だけれど、よくできているのですよ。
しかも、茹でたものより美味しい。

鍋をにらみながら汗拭う、なんてことなく、ほっといてチーンというまで他の作業ができるので、これは台所に立つ人間には大きい。

レンジの野菜茹では色々あるけど、今のところこれが一番使い勝手がいいみたい。
蒸し器にも使えます。

ただ、同じシリーズでも、パスタ用とか素麺用は使えません・・・。
こればかりは額に汗するよりないようで。



ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜梅雨が過ぎれば、暑い夏・・・。


arima0831 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote