その他各国料理

October 09, 2011

続 小田原『あじわい回転寿司 禅』 〜その変態性について検証する(?)〜

8月上旬南伊豆に出かけて、往きに小田原の回転寿司に寄った。
なんだか引き寄せられるものがあって、帰りにも同じ店にまた寄った。

順番から行くと「南伊豆の話」をまず書いたほうがいいのかなあ・・・と思わんでもないのだが、最近の更新状況だとそんな果てしもないシリーズを創設する気になれんので、いきなり帰路に飛ぶ。

だらだらと滞在した南伊豆の海の家を午前中に撤収。
夏休みとはいえ平日の昼間なので、渋滞などは特にない。
それでも小田原に着いたのは3時過ぎだったろうか・・・?

遠いよな、南伊豆。
だから寿司喰って帰るべ、という猫だましに、わりと簡単に引っかかってくれる我がオットは、ある意味徳の高い人だと思う。

しかし、うっかり「寿司」と振ったために、彼の口がすっかり寿司になっていたのは誤算だった。夫婦の意思疎通は、ネコダマシ領域まではシンクロしない。
オットは座るなり寿司のオーダーに入るのであった。

しょうがないから一人で食べられる範囲で、何種類か頼んでみる。

禅110809 007

いきなりベトナム風生春巻き。
これよりひどいもんを出すベトナム料理だのエスニック専門店だのは、世にいくらでもある。
しかし、生春巻の場合、どんなに美味い店でも傑出したポイントを稼ぐのは難しいのよね、とか思う。
要するにフツー。

禅110809 005

香菜サラダ。
大皿山盛りで出てくる。
大量の焼いた肉なんかとともに食べていれば、有難い一品だろう。
ただ、これだけ食べ進むにはちょいと酢が強めではある。

禅110809 003

ベトナム風揚げ春巻き。
世間一般のエスニックで出てくるよりは、はるかに美味しい。
つい最近この世で一番美味いと思えるベトナム揚げ春巻きを都内で喰っていなければ、いたく感動したことと思う。
サクッとした皮に、ジューシーな臭みのない肉が詰まっている。

何故ベトナム料理があるのかと思って、今回はやっと顔を見られた世間に所謂「変態店主」に尋ねてみたところ、彼が長く居たカナダはモントリオールの料理店に(元空手家だったが、レストランなどで働くようになり・・・ということだ)、ベトナム人のスタッフが一杯いたので賄いでよくいろいろ食べたんだそうな。

禅110809 004

タマネギのグリル。
中心部は甘く解け崩れ、タマネギの旨味がよく出ているのだが、いかんせんちょっと外側を焦がし過ぎかな、と思う。

禅110809 002

トリッパの煮込み。
好みの問題かも知れないが、どうもトマトケチャップ系の酸味と甘味が強い。

禅

美味しいライ麦パンもある。
寿司屋なのに。

ところで飲み物なのだが、今回は車なので酒は一切飲めない。
いや、ワタシは車の運転ができないので物理的に飲めないわけでは決してないので、
「あ、なんかビールとかのみたいなあ」と数回つぶやいてはみたのだ。無視されたが。

「ワイングラス一杯とか・・・」と言ってもみたが、やっぱり冷たい無言の無限空間が厳しく辛い圧迫感をもって返ってきただけであった。しくしく。

しかし、カウンターで好きに飲めるようになっているパックの緑茶でいただくには悲しい内容なので、しばし考えた後に「炭酸水ってありますか」と、前回いなかったご店主に、なんとはなしに聞いてみた。

「はい!」と明るい返事。
「ペリエとサンペレグリノと、XXXとOOOとNNNとBBBと、7種類ありますが」
「ええと・・・」
「あ、ボトルをお持ちした方がいいですね」

・・・というわけで、目の前に350〜700mlの大小取り混ぜた、7種類の欧系炭酸ミネラルウォーターの瓶が並べられた。
ココはどこって回転寿司のカウンターなのに。

告白すると、ペリエ以外はみんな700円というご店主の話なんで、一番でっかいのを頼んでしまった。
とりあえず口の中でプシプシ弾ける感じが長続きしないと、どうもマズイと思ったからだ。

それにしても炭酸水7種類って、これが変態と言われる所以なんですね・・・。

さて、そんなこんなうちに店内の様子を眺めていると、所謂「輸入ビール好き」が数名いるようなのだった。
時間は午後3時半ごろ。
確かに平日休みのビール好きが、静かにまったりできそうな時間帯ではある。
明らかに寿司を喰っていない客が、次はアレ、それじゃあコレと、楽しげに美味しそうに生のグラスを傾けている。

そして気がついた。
店の奥の「本日のビール」というボードに上げられている7種類のビールとは、つまり「本日の生ビール」ということだったのよね・・・!!!
ドイツにオランダ、ベルギーにアメリカ。
国産の生はエーデルピルツだったっけな。
それ以外は海外の生ビールを置いているわけですよ。
もちろん全部タンク入りのヤツ。
濃黒、中黒、薄黒、白なども含め、色とりどりだし。
うっひゃー!これは一杯飲んでみたいよう!!

・・・と、つぶやくも、オットに無視されるのであった。
ぐにゃ。

で、店主に話を振ってみると、一つ聞くごとに滝のような薀蓄がなだれ落ちてくる。
キビキビがんがん降り注ぐ解説の嵐。
うわあ、と思った。
普通の店でコレをやられたら、早々に逃げ出すはずのワタシ。

でも、ここの場合、もうここまで頑張ってるんならいいんじゃないか?と、なんだか許せてしまったんだね。
変態が変態なりに、己の好むところを極めているのであろう。
例えば輸入生ビールなんか「一体ここで売りきれるんですか?」とつい聞いてしまったら
「最初のうちはしょうがないから自分で飲んだり、豚肉のビール煮込みに使ったり(!)、苦労して使いきっていたんだけれど、最近は意外に全部売れちゃうんですよね」との由。
ワインも数百本単位で置いているし、日本酒も焼酎も、とにかく種類は大変な数がある。
こうなってくると、ワタシごときではなんとも判定しがたいんだけれど、要は変態ですね。
英語の"maniac"って確かに「変態」とか「キチガイ」とかいう意味があるし。
そういう品揃えだと思う。凄いです。

でもそれにしても、会話のキャッチボールが何故かまったく続かない。
ワタシがなにごとか尋ね、店主がゴガガガガガガとそれに対して意見解説を申し述べるも、ワタシは「はぁ、そうなんですか・・・」と、気が抜けたような返事で話が終わってしまうからだ。
後で気がついたけど、尋ねるワタシが炭酸水しか飲んでいないから、という至極シンプルな理由。
こういう飲み屋で「じゃあ、それ一杯もらいます!」というセリフなしに、コミュニケーションは成立しないわけです。
酒を飲まずに酒の話をしても、妙な焦燥感が強まるのみ。
ぶすぶすぶす。

それにしても不思議な店だな。
しかも、本来の回転寿司は良好なシロモノときたもんだ。
酒も飲めないので、ちょこまか上のような肴をもらったあとは、結局お茶で寿司喰って帰ったワタシ。
フレンチ系のサイドメニュー(及び多国籍系料理)には、多少突っ込みどころがありそうな気もするが、しかし酒が主体と思えばそれなりに納得が行くレベル。
これについては、遠路踏み越えて必ずリベンジしたいぞ。

帰り際「今日は車なんで飲めないんですよう」と泣いて見せたら、この時ばかりは大仰に同情してくれた。
要するに酒好きでよくしゃべる単なるいい人みたい、この変態店主。

ハイテンションに「また来て下さいねー!」と、いわゆる国道沿いのファミレス系にありがちな大駐車場まで送り出されて、我々は横浜に向かったのだった。

とりあえず、一般的な回転寿司を期待して行くのならそれで十分な店だが、それ以外の部分を試したければ車で行くな、とだけは申し上げておきます。

あじわい回転寿司 禅 ( 緑町 / 寿司 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ちなみにここから渋滞に巻き込まれて三時間近くかかった。
次回は絶対に電車で来ようと思う。いろいろな意味で。
小田原駅からは歩いて15分くらいだそうです。



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
今に始まったことじゃないが、当分は不定期更新になりそうです。すみません。


金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫)金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫)
著者:金子 みすゞ
販売元:角川春樹事務所
(1998-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「人はお墓へ
入ります。
くらいさみしい
あの墓へ。

けれどいい子は
翅が生え、
天使になって
飛べるのよ」

秋の宵に逝きし猫らを思ってしみじみ。心に染みる言霊の群れです。


ケストリッツァー・シュヴァルツビール【楽ギフ_のし宛名書】
ケストリッツァー・シュヴァルツビール【楽ギフ_のし宛名書】

たとえばこんなのも飲める。

arima0831 at 22:11|PermalinkComments(14)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 04, 2009

野毛『麺房亭』の絶品生牡蠣! 〜野菜も豆腐も生ハムもウマイ!!〜

冬になると牡蠣が食べたくなる。
牡蠣がどうにも好きでたまらない、というわけではないのだけれど
店先で見かけるようになると冬が来たなと思い、
そう思うと「牡蠣汁」「牡蠣御飯」「カキフライ」というイメージが連動し、
こういうイメージは衝動的な食欲を呼ぶ。

要するに、単に喰い意地がバリバリ突っ張っているだけなのだけれどね。

それだけのことだが、ある晩突然「美味しい生牡蠣が食べたい」と思ってしまうと
ああもうこれはいけない。
バリバリ突っ張った衝動を抑えるには食べるしかないのだ。

こればっかりは「その辺で適当に買ってきて・・・」というものでもないので
多少高くついても食べに行こうかな、ということになる。

週末を待って「ねえ牡蠣食べたいよねえ、オイシイ生牡蠣の季節だねえ」などと
オットに猫騙しをかけたらあっさり乗ってきた。

目指すは『麺房亭』
色々美味しいものがある店だが、生牡蠣となったらここ以外は思いつかない。
何故か拙ブログであんまり記事になっていないなあと思ったら、
とくに深い意味もなく何年か御無沙汰してしまっていたのに気がついた。

以前野毛本通り沿いに店があった頃は、夫婦で結構よく通ったものだったのだが
今の場所に移転してから何度か行って、ただなんとなくそれっきりだった。

「どーーも、お久しぶりでえ」と店に入ったら、
「ぅおおうっ!」とマスターが唸るような吼えるような声で迎えてくれた。

牡蠣

嗚呼、生牡蠣!
醤油もレモンもいらん!!
大きな牡蠣をちゅるちゅる啜りこむと、潮の味と香りと濃い旨みが一瞬。
ひんやりつるんとした喉ごしも一瞬。
デッカイがハカナイ厚岸直送の逸品なのだ。
一個をじっくり味わっていたら、オットが素早く三個目に手を伸ばしている。
シャア!と威嚇したら手を止めた。確信犯だなコラ。


塩辛ここは料理と料理の出る間が
かなり開くことがあるので
すぐ出るものを侍らせて置く。
塩が効きすぎない旨い自家製の塩辛を
チマチマつつきながら
冷酒をチビチビ。
ああこりゃ至福だわ♪


大根

他のお客さんに出そうとしているコレがあまりに美味そうなのでワタシラの分も!
塩もみした大根にオリーブオイルをかけたもの(既に減り始めているの図)。
ほんとうにこれだけで甘味も旨みもしっかりとあるからステキだ。


サラダ

大皿に山盛りの日替わりサラダ(既に減り始めているの図)。
金時豆、ひよこまめ、水菜、ルコラ、ちりめんじゃこ、ミニトマトなどなど。
刻んだみかんとキウイがいい感じのアクセントになっている。

味付けはこれまた塩にオイルと酢を少々だけだ。

ガシガシと奪い合って喰らいあう二人。
骨太で食べ応えのあるサラダだぞ、うはは♪

皿のふちに乗っている薄青い物体は豆腐。
うっすらと甘くウマイ♪


生ハムパスタ

自家製生ハム。ホントにこの店の工房でマスターが自家製している。
これも既に減り始めているの図・・・写真をつい忘れてしまうのよね。
生ハムならワインだろ・・・と思うが、実はコレが日本酒によくあう。

牛もつトマト煮込みのパスタも。
パスタは自家製タヤリンだけれど、何故かちょびっと口当たりがばさばさ気味。
こういうもんだったっけな?
まあ、今度また来て確かめてみよう。

以前から素材の調達にただならぬ情熱を傾けている店だが、しばらく来ない間に
いっそうただならぬ勢いで極まっている感じ。
ちまちま食材をいじりまわさず、骨太でシンプルな料理を大皿盛りで出す店だ。

そういう系統の主義主張は強いので、駄目な人は駄目な店かもしれない。
万人受けなど狙ってないので、別にそれでいいのですってさ。

マスターは以前より無口になった。
テンションの高い人だったのでちょっと不思議だが、元気そうでなによりだった。

またたまには行きたい。
とりあえず、冬の間に生牡蠣をもう一度、だなあ。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
ここの鍋物なんかもまた食べに行きたい♪



牡蠣400gが1000円送料無料(・・・買った。ミイラ取りがミイラ)

オイスターブック (平凡社ライブラリー (227))
オイスターブック (平凡社ライブラリー (227))
クチコミを見る

古本しかないけど楽しい牡蠣料理の本。
ここに出てくる「牡蠣のジュース」なる素材の正体が以前から謎。

arima0831 at 22:22|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 25, 2007

関内『スパルタ』 〜皐月晴れの日、ギリシャ料理がうまい(喰いすぎ注意)〜

スパルタ
最寄駅:関内 / 伊勢佐木長者町
料理:ギリシャ料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


カイロにいた頃、アテネ郊外にも住居があった。
詳しい事情はこちらの記事に書いたが、まとまった休みの度に
アテネで過ごしたので、ギリシャ料理はよく食べた。

初夏の陽射しに誘われて、などというと美しすぎるが、思い出が食欲と直結する体質だ。
皐月晴れのある日、オットとギリシャ料理を食べに出かけた。

スパルタここは開業昭和28年の老舗で、
今のご店主は三代目。
現在のお店に移って6年だそうな。
隣の「赤い看板」を無理矢理視界から外せば、
地中海イメージの構え。
隣の焼き肉もウマソウだが・・・。


スパルタ結構目立つ店なので、
前を通るたび気になっていたのだ。
夕刻を待って元気よく出かけたら
五時の開店前に着いてしまった。
ウロウロと不審者のように店を覗き込みながら
開店を待つ。


ビールまずビール!
珍しくオットが「ギリシャのビール」なんかを
飲んでいる。
「これは味が薄くて軽いんだがなあ・・・」
とかブツクサ言ってるが、懐かしいらしい。
ワタシは・・・ハイネケンの生を・・・。


タコマリネタコのマリネ。
ギリシャ料理は魚介類が多い。
タコもよく食べる。
オリーブオイルはギリシャのもので、
懐かしい味がする。


ドルマドルマダキア。トルコ語でドルマ。
ギリシャ料理は実はアラブ色が強い。
アラビア語では「マハシ」になる。
これはブドウの葉の塩漬けで巻いたものだけれど、
巻いたり詰めたりした料理は同じ名前だ。
ちょっとご飯が和風な食感だがウマイ。


サラダ田舎風サラダ、という名前がついている。
ギリシャに行くと「サラダ」といえば
トマトやらキュウリやらレタスやらの上に
白くて塩辛いフェタ・チーズが
のっかって出てくる。
オリーブオイルもたっぷり。

ウーゾフェタチーズにはやはりこれだ!
水を入れると白濁するウーゾ。
苦手な人は見ただけで「うげ」というウーゾ。
「咳止めシロップ味」とよく言われるが、
咳止めシロップにもウーゾにも
アニスが入ってるんで似たような味に・・・。


確かに、咳止めの薬効ありだそうで。
体の湿気を飛ばす作用があるので、実は暑気払いによい。
確かに、冬よりは夏に飲みたい酒ではあるな。


カラマリイカのフライ。
現地だと輪切りにした「イカリング」が多い。
ここは丸ごと揚げてだす。
外側はサクサク、中はジューシー。
添えてあるニンニクソースの食感が、
ちょっとイメージと違うけれど、まあいいや。


イワシヒコイワシのフライ。
これまたサクサクでふんわり。
「ウマイよなあ」と、オット。
「日本のほうが魚は旨いんだから
現地より旨くて当然かもなあ・・・」
「・・・そうだねえ・・・」


海外で土地の名物はシーフード!と喜び勇んで突撃した挙句、たいしたことないなあと
がっかりすることがよくあるが、実はそれは我々が日本人だからかもしれない。
幸か不幸か、世界で屈指の「魚喰い民族国家」に生まれ育っているのだ。
魚はやっぱり日本に限る、と思う。


ムサカムサカが美味い!
茄子と挽肉とベシャメルとポテトの重ね焼き。
実は元々中東の料理なのだが、
ギリシャ名物になってしまったもの。
確かにムサカだけはギリシャが美味いから
不思議だなあ。


肉団子「ユワレラキア」というミートボール。
ヨーグルト風味のレモンソースで煮込んである。
残念ながら、この一品だけは
ちょっと肉の生臭さが強かった。



ここのシェフは日本人だけれど、きちんと現地に近い味わいを再現していて美味しい。

ただ、ギリシャのワインの揃えがちょっと寂しい。
ホームページなどを見る限りでは、ワインは、マダムがソムリエでかなり力を入れている
ということだったけれど、値段にしては今ひとつな選択肢しかなくて残念。
 
料理は、一品のボリュームが結構あるので、4人くらいで行くのが丁度よいかも。
以上の量、二人だと、完全に喰いすぎだ・・・。
 
ところで、この店は「本格現地式」に、ふんだんにオリーブオイルを使っている。
ドバドバとかかっているのだ。
だから、オリーブオイルが苦手なら、絶対に無理な店だ・・・。

なにしろギリシャ人、恐怖の「オリーブオイル漬け民族」なのである。
イタリア人、フランス人はもとより、スペイン人すら裸足で逃げるほどだ、と感じる。
「日本人が醤油を何にでもかける感覚を十倍に膨らませた感じ」とでも言おうか・・・。

あるときアテネの空港レストランで、隣のテーブルが席を立った後を見たら、
巨大なボウルの半分ほどまでが「オリーブオイルの海」と化していたのを思い出す。
サラダを食べていたんだがね。
確かに、野菜の切れっぱしが浮いていたがね。
ぷかぷかと、黄色いオイルの海に・・・。

で、オリーブオイルを摂り過ぎると、慣れない人は胃もたれを起こす。
帰宅後夫婦して、久々の懐かしい胃もたれ感を思い出した次第。

ここの料理が美味いのは確かだ。
しかし、ギリシャ料理って、食べ過ぎると胃にもたれる。
初夏から夏には特に美味い料理だけれど、やっぱり食べすぎには注意、なのである。

この店の料理自体は、繰り返すけれど美味い。
喰いすぎたワレワレがいけないのだよ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
喰いすぎがいけないのは、ギリシャ料理に限りません。



実はこのレストラン、楽天でお取り寄せもやっている。ムサカも売ってる。
その他、デザートなども色々。



遠い太鼓

ギリシャの旅行記でこれを超える本はない、と思う。名作です。

arima0831 at 00:20|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 22, 2007

川崎『アルコ・イリス』で、再びペルー料理 〜700円ランチが安い!〜

アルコイリス
最寄駅:川崎
料理:その他西洋各国料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

何故か同じ通り沿いに、しかも『インティライミ』とほぼ筋向いのような場所に、
もう一軒ペルー料理屋がある。
あと1〜2軒中南米系がこの辺に来ると、結構珍しいエスニック・クオーター(?)に
なりそう・・・単なる妄想だけど。
しかし、siu+さんの日記を拝見していると、川崎はやはり不思議なくらい南米料理の
レストランが多い。

店は二階で、ぺかぺかと色柄の入ったビニールクロスがかかった食堂風の雰囲気。
日系のオバサマが二人で明るく接客していた。
ざっくばらんで、いい感じだ。

アルコ・イリス日替わりでスープが出る。
これは「ご近所」と同じ。
この日はスパイスがそんなに入らない
細いマカロニ入りの優しい味のスープ。


同僚に言わせると「この店のほうが入りやすいし、料理も食べやすい」そうだ。
味は好みだろうけれど、確かに雰囲気だけならこちらのほうが入りやすいかなあ。

アルコ・イリス2ランチセットは10種類ばかりあって、
コーヒーもつけて700円。
この界隈でもかなりオトクなランチだ。
この日は「ハチノスのシチュー」を食べた。
下処理がしっかりしているのか
変な臭みがなくて意外に柔らかな味。でも美味い。

ジャガイモごろごろで、なんとなく家庭料理風で和む味だ。
でも、芋と豆が駄目な人は、南米に行かないほうがよろしいようで・・・。

確かに、スパイスは「ご近所」のほうが効いているかもしれないが、こちらも決して
悪くないのだ。

メニューの数が多いし、700円でコーヒーまでつくなら文句はないぞ。

実は同僚の食べていた「チキンのイエローペッパーソース煮込み」が、実に美味そうで
もうちょっとでスプーンを突っ込みそうになった。
強力な意志をもって、無事何とか衝動を押さえ込む。
社会人らしく振舞うのも大変だわい(・・・他に苦労はないのか?!)。


ランキングバナー人気blogランキングへ
最近体重が上昇傾向・・・結構やばい。なんとかしなくちゃなあ。





ハーブの苗も色々あります。苗で買って植えとくと、冷蔵庫がいらんのよ。


ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記


arima0831 at 00:02|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 13, 2007

川崎『インティライミ』 〜最近ペルー料理が好きだ〜

インティライミ
最寄駅:川崎
料理:中南米料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


ペルー料理の店、この通り沿いにもう一軒、ここのほとんど筋向いにある。
川崎は南米系の居住者が多いそうな。
ペルーは第7位で600人余在住とやら(詳細はこちらの記事参照)。
昔エジプトはカイロの日本人会に700人ばかり会員がいた頃、日本食レストランは
三軒程あって、お客は日本人ばかりだった。

それを考えると、下手に日本人の味覚に擦り寄らなくても、立派に営業が成り立つ
在住者数だと思う。
しかも、ろくでもない店ばかりだったカイロの日本食屋と違って、真面目にきちんと
美味しいものを出している。
立派だ。ぱちぱち。

どちらかというと、ここ『インティライミ』のほうが、お客の「現地色」が強い様な気がする。
siu+さんのブログに記事がよく出るので、一度行ってみたいなあと思っていたら、
うまい具合に川崎通いが始まった。
これ幸いと両方の店に数回出かけている。

ランチで二回出かけたのだが、この店のお客の半分ほどはスペイン語圏らしくて、
ちょっと不思議な雰囲気。

ランチは日替わりで二種類。
夜のメニューから二品選んで、200円ほど割引で、サラダとスープ付き。
だから日によって750円〜850円を変動している。

インティライミ サラダ一見なんてことないサラダ。
実は、この緑色のソースがウマイ。
各種ハーブにプラス、
がっつりニンニクが効いてるので
午後の予定を考えて食べたほうがいいかも・・・。
しかし、なんか元気の出る味だ。

ナニが入ってるのか聞こうと思いながら、毎度忘れてしまうのだけれど。
今度聞いてみよ。

インティライミ メインこれは見たとおり、ビーフと豆の煮込み。
全体に豆料理が多いらしい。
シチューなども食感がマメマメしい感じ。
そういえば、中南米の料理というと、
チリ・コン・カルネだのフェイジョワーダだの
豆料理が多いなあ。

豆が大好きなワタシには嬉しい。
嫌いなヒトには辛い料理かもしれないけれど。

インティライミ サルサ各テーブルになんとなく置いてある
オレンジ色のソースは「辛いよ」とのことで、
早速どばどばかけてみる。
一味変わってまた楽しい。

うふふ。


基本的に「豆の食感」が強い料理だけれど、日本人の口には合うと思う。
スパイスはしっかり効いているが、極端な辛さや癖は薄い(極私的スタンダードによる)。
中東のスパイス使いに、どこか似ているような気がする。
気のせいかしらん。
まあ、素朴、ということなのだろうか。

ワタシは気に入ってしまって、二軒あるから毎日でもいいぞ、と思うくらいだが
なかなかそういうわけにも行かない。

夜にはまた違う盛り上がり方をするらしいし、ランチでは別料金のデザートが、なんだか
妙にうまそうに見える。

一度誰かを引きずって、ディナー突撃・・・と祈念する(?)今日この頃なのだ。
祈念するほどのことかよ、って・・・いや、ははは・・・。

「何故こんなお店を知っているんですか?」と、最初は妙に驚かれたのでもあった。
「元ホテルマンの習性でしょうかねえ」ということにしてある。事実だしさ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
ランチに張り切るパートのおばはん・・・自分のことだと思うとなんだか微妙だな・・・。



幸運を呼び、強運を遠ざけるペルーのお守り。携帯ストラップです。


ガイドブック B23 ペルー

まず基礎情報は、このシリーズから・・・だろか?

arima0831 at 14:23|PermalinkComments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote