草津

June 03, 2008

草津遠征 其の二 〜温泉旅館の前衛と非日常的選択肢について(?)〜

草津の話、つづく。

結婚15周年謝恩月間ということで、先月末からこっち無意味にイベントてんこ盛り。
気がついたらそうなっていた。
まるで年中夫婦して遊び歩いているようだが、そんなことはないです。

遊びすぎの言い訳を後付した感あり。
まあいいや。いいことにする。

さて、お泊りは某温泉旅館。

さて、草津の中心「湯畑」に程近い旅館に着くと、
「女性は浴衣を30種類の中からお選びいただけます」
という案内があった。

下から持って上がるのがメンドクセエ、とシンプルに思いつつ玄関ロビー奥を見やると、
いっそ前衛的とすら言えるような光景が広がっていた。
色とりどりの浴衣が山積みになっているのだ。
最近そういうサービスがたまにあるらしいと聞いてはいたが、
マサカ自分の目の前にでてくるとは何故か思わなんだよ。
なにしろ自腹を切って高級旅館なんて、身に過ぎた贅沢に慣れていないのである。
そもそも今回の宿泊だって、貰い物の旅行券だから自腹ではないし。

色とりどり満艦飾な光景って、例えば国技館前の幟立ち並ぶ風景のように、
本来もっと心躍るもののはずだが、なぜか一瞬思考停止に陥る。
予想外のオドロキって、思わぬところにあるもんだ。

「部屋に置いてあるやつでいいです」などと口走らなくて良かった。
まあ、口走ったところで強制的に持って行かされるんだけれどもね。
どうせ選ばせてくれるんなら、お部屋にお届けくださいませえな、
などと思っちゃイカン。イカンのだっ!

ぎすぎすとけたたましい色柄の山が目に痛い。
赤地に花柄、ピンクに花柄、水色にピンクの蝶々、薄緑に折鶴極彩色・・・

ナニが悲しゅうてこんないいトシして、中国産インチキ金魚コスプレもどきを
せにゃあいかんのだ。
こんなコッパズカシイもん、着られるかっつーの。
第一、これって寝巻きだろ。
こんなもん着て安らかに寝られるかっ・・・

といった思い渦巻く中、

「白地にXX旅館て書いたようなのは、ないんでしょうか?」という言葉を飲み下して
なんとか一番「クワイエットなヤツ」を隅のほうから見つけ出した。

最近自分は、実に温厚で物分りの良い協調性に富んだ人格に変わりつつあると思う瞬間。
こういう「一瞬の留め」みたいなもんが十年前に身についてれば・・・と思うもムナシ。
要するにこれが「中年になった」ということなんだろうなあ嗚呼。

「あらあ、そんな地味なのでよろしいんですかあ?」と仲居さん。
スミマセン、いいんです、これでいいんです・・・。

部屋は実に広々としていて立派だ。
卑しく館内案内図をこっそりチェックすると、角部屋の一番広い間取り。
へへへ、良いではないか・・・と浴衣に着替えた。

図体のばかでかいオットは、広い部屋を見てルンルンしている。
ばかでかいので、狭い窮屈なところが大嫌いなのである。
「ウチの社員旅行なら十人部屋だなあ」というヨロコビのツボが若干不思議だが
まあ良いとしよう。

しかし、彼が下で「大」の浴衣をテキトーに手にとった時点で嫌な予感がしていたのだが
着た姿を見ると、つんつるてんでまるっきり「アホのこども」である。
なんぼ浴衣が寝巻きでも、この姿で部屋の外に出すのはまずい。
両足を淑やかに閉じていればまだしも、開いて立てば猥褻であり、胡坐で座れば
ほぼ変質者だ。

しかもこの熊本男児は、病気の猫を抱くときさえ「女座りだ」と両足閉じて椅子に
座りたがらない。
やれやれ。

本人はまるで気にしていないのだが(気にしろよ!)、押し留めてフロントに電話。
「なんでもいいから一番でかいのを持ってきてください」と頼む。

ありました。よかった。風呂に行った。

お湯は実に良い。
ちょっと熱いのだけれど、硫黄の匂いにうっとりする。
でっかい風呂に体を浸すと、どうして思わず「ううぅぅぅ〜♪」なんて声がでるのだろ。
まずは何より幸せいっぱい。

湯上りにビールをぐびぐびいって、ふんにゃあほんにゃあと畳の上で伸びをしていたら
夕食がやってきた。

晩飯1正しい旅館の晩飯。
ワインがハーフボトルサービスでついた。
どうせなら日本酒が・・・などと
文句を言ってはいけない。
フルーティーで結構いけたし
左下の「春きゃべつとスモークサーモン」には
白ワインでちょうどよかった。


刺身エビ







どんな山奥であろうと御約束のように、刺身は必ず供されるのである。
馬刺しもちょっと付いた(喜)

しかしなあ、左の不思議なマヨネーズぽいクリームをかけた海老料理は、
敢えて草津で喰わんでも・・・などという野暮は言うものではない。

まあ、こんな感じでちょこまかとつづく。
どうも中途半端なフレンチ洋風もどきが入り込むのは気になるが、まあよかろ。
以下省略。

旅館恒例のセレモニーとして、ここの女将(雑誌に載ったりしてるらしい)が突然現れ
キンキラな声で「ご挨拶口上」をケタケタ述べて出て行った。
ふたりして口の端から海老の尻尾をぶらさげて聞いた。
ほんの一分ほどのようだが、えらく長く感じた。

朝めし風呂から出たり入ったり
ビールを飲んだり日本酒飲んだり
テレビを見たり本を読んだり
寝たり起きたりするうちに朝が来る。
正しい旅館の朝ごはんがやってくる。
細かい内容はいちいちアレコレ言うまい。
温泉玉子か茶碗蒸しがお選びいただけます、
とのことなので、この朝は茶碗蒸しにした。

干物味噌汁








なんと朝食から魚も味噌汁もお手元であっためていただけます、というコンセプト。
朝から板場を稼動させるには、よほど経費がかかるのだろうな・・・と感慨にふける。

ここまではまだよかったが、二泊目の晩には「オードブル五点盛り」を皮切りに
不可思議に中途半端なフレンチ洋風な色合いが強まる。
そして「次は温泉玉子♪」な心算の翌朝は「鉄板焼きベーコンエッグ」が供された。
お一人様用鉄板鍋に、火を通してないベーコン&生卵。
鍋に添加して蓋をしておくと、蒸れたベーコンエッグができる。
この辺はお選びいただけないらしい(嘆)

普通に温泉玉子を喰わしてくれろっ!

こういうことに不満を言いまくる自分は、とても贅沢だと思うのではあるが、
一体何が不満かよくよく考えてみると、要するに「このくらいやっとくと若い女の子が
喜ぶんじゃないの?」というソロバン勘定があっさり透けて見えるところなのかなあ・・・
などと思ったわけだ。
良し悪し以前に、こういう人様をなめた目線を感じると、つい「ふざけんな」と構える
自分がいる。

余談だが、風呂場でオバハン二人組みがおり、一人は玄関ロビーでまず目に付いて吐き気を催した「赤地に花柄」を着ていたのだった。

「あらあ、それにしたのねえ!」
「そうなの、普段着ないようなものにしようと思ってえ」
「それ、かわいいわぁ♪」

そう、温泉旅行も温泉旅館も、要するに「非日常を楽しむ場」なのであろう。
だから、宿それぞれに趣向を凝らして「非日常」をクリエイトしてくれてんだよな。
そうだよな。

まあ、とりあえず「浴衣お選びサービス付き」という非日常選択肢をくれる旅館は
今後避けることにしよう。そうしよう。

尚、後日うまい香港メシを喰いながら、いわゆるタダのいぬわんなんかにその話をしたところ

「アホーなネーチャンとオバチャンのツボがおんなしって、あたりまえやんか」と
キッパリ言っていた。
そうなのか。そんなもんなのか。

なんだか、ちょっといやだなあ。


(以降は草津の楽しい話がつづく・・・たぶん)


ランキングバナー人気blogランキングへ ぽちっとよろしく!
草津のお湯と町はよかったです。宿を変えてまた行きたい。



草津温泉マン、ビーズストラップ!


群馬―草津・伊香保・尾瀬 (’05) (マップルマガジン―関東 (100))

2009年版もあります。ガイドブックなんて旅館にどうせあるワイと思っていたら、意外と装備していないもんなのね。
自分で買っていこう。

arima0831 at 22:00|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 12, 2008

草津遠征!『栄屋うどん』がいい感じだった

ゴールデンウィークに草津に行った。
このところ腰やら肩やらがどうも不調続きなので、湯治に出かけたのだ。

ナゼ草津?
実は以前仕事のしがらみでもらった旅行券を利用したのだ。
使わずに放ってあったのだけれど、ふとオットが引っ張り出して「間もなく期限切れ」
という恐るべき事実をほじりだしてしまった次第。
某J社の高級旅行券なので、みすみす捨てるにはあまりに惜しい。
えらいぞ、オットよ!

ギャラの安い仕事だったから、バカモンこれはカネである!というオットに
背中を軽く蹴飛ばされて二泊三日の旅行手配をした。
軽い蹴りでも、このバカデカ男にかまされると結構堪える。DVだわ(嘘)

で、「ナゼ草津?」かといえば、旅行券が使える宿リストに載ってた中で
一番湯治場イメージが強かったからだ。
うだうだ浴衣を引っ掛けて、昼間は旅館のタオル一本持って温泉町ぶらぶら・・・という
正しい日本のジジババ休暇を夢に描いたのである。

そんなこんなでウダウダ車で遠征した。
茨城辺りのちょい先、と思っていたら、まるっきり方向が違う。
しかも遠い。
車で三時間程度なんてもんじゃありません。
予約手配完了後に気付いて、泣きながら地図とインターネットで予習した挙句
途中のサービスエリアで確認したら、まるっきり違う道を教えられる始末。
横浜から草津へお出での皆さんは、伊香保経由が便利です。
軽井沢経由だと馬鹿遠いのでお気をつけ下さい・・・(呆)

ついでに、知り合いになにげなくヒアリングしているうちに、群馬VS栃木の深い確執みたいなものまで感じた次第。
間違っても「どっちがどうだかよくわからない」などと発言してはいけません。
ここで今してるけどさ。
この界隈関係者の皆さん、スミマセン。
すべては地理感覚に疎すぎる我ら夫婦がイケナイのであります。

さて、まずは現地で食べた美味しいものの話!
・・・とイキタイのだが、実は一軒しかない。
某所で皆様に色々大変参考になるアドバイスもいただいたのだけれど、考えてみればそこそこの旅館に泊まれば朝晩メシはテンコ盛りだ。
減量云々は忘れても、昼に爆食する元気はない。

だからうどんを食べただけなのだ。

店名:栄屋うどん
最寄駅:
料理:うどん
採点:
一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下
用途:一人ご飯


店先街の中心、湯畑から西ノ河原へ向かう道沿い。
誰でもなんとなく通る目立つ通りにある。
この辺の店はどこも観光地価格だが
ここは普通の庶民的なうどん店の構えで
値段もいたって良心的。
ひとりでも入りやすい敷居の低い雰囲気なので
ふらりと入って席に着いた。


なべやきうどん・・・なべ焼きうどんが自慢のようで
それも「揚げもち入り」が看板らしい。
しかしこの日は夏日。
今年初めて「つるっと冷たい麺」が
無性に食べたい気分だ。
ちょっと悩んだが
やっぱり冷たいうどんにする。


なめこつるる















「なめこつるる」という、わかりやすいような得体が知れないようなネーミングの
冷やしうどん。
要するに「なめこのぶっかけうどん」だが、陽射しの強い突然の夏日、
屋外を歩き疲れた耳元で「ナメコツルル」と囁かれると結構カラダが反応する。

カラダって、胃袋だが。
客引きなんていないので、耳元に怪しいササヤキなど吹き込む者もいないが。

レモンを絞っていただく。
無添加自家製のうどんはみっちり腰の強いものではないが、
ほど良い食感でスルスル入る。
多少酢の利いた汁にレモンがはいって、旅館メシの物量責めに疲れた胃にはサッパリと
大変よい感じ。
汁も甘味や塩気が飛び出していない自然さが良いです。

特に期待していなかったのだけれど、名物だぞほれほれ的な鬱陶しさはなく、
かと言って地方の観光地にありがちなハンパな手抜き感もない。
普通に真面目な美味しいうどんだ。

こんな店が、うどん過疎地横浜にあったらいいのになあ、とすら思う。
近所にあったら絶対に通うぞ。
支店を出してクレ、とまた決まりきったフレーズを呟いてみる。

もちろんここは普通の手打ちうどんの店なので、わざわざ遠くから出向くほどではないのだけれど、また草津に来ることがあったら是非鍋焼きうどんを食べにこようと思う。
この麺ならば煮込むのもよさそうだ。


お土産うどんお持ち帰りもあって一袋二人前入りが300円。
良心的な値段だと思う。
二袋買って帰って
煮込みうどんを作ったら結構ウマカッタので
もっと買ってくればよかったと思ったぞ。
あんなにいい加減に茹でたのにねえ。



でも、煮込むよりは冷やしぶっかけのほうが、麺の食感が楽しめるからよろしいかも。
暑かったからだろか?

草津の顛末など次回に続く・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
アドバイスくださった皆様に御礼申し上げます。ちょっと場所が違うが。



絶対行きたいとっておきの湯やど


Jリーグエンタープライズ ザスパ草津 タオルマフラー

こんなものもアマゾンで売ってます。最近幅広いのね。

arima0831 at 20:06|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote