京都

August 07, 2010

京都『大徳寺 一久』で精進料理弁当 〜京都ふらふら遠征記 其の三〜

昼前に起床。清涼感を求めて大徳寺に出かける

・・・ていうか、朝から奈良に行く予定だったが、起きられなかったのである。

前の晩、くるみん女史と別れた後で、通りすがりのスパニッシュ・バルで
なんとなくまったり飲み直しちゃったのだ。
やれやれ。

さて、寺社仏閣を全く知らぬワタシが、何故敢えて大徳寺かというと・・・

京都大徳寺100713 001

この『大徳寺一久』という精進料理の店があるからだ。
深く考えず、知っている人が行ったという話だけでココにした。
昼前に起きてから電話をしたら、予約もとれたのである。

向かう途中でわかったのだが、京都市内中心部からこのあたりまでは、案外と
距離がある。
京都は結構大きな街なのだ。
そうかなるほど。
しかし、いつになったら着くんだろう・・・と、延々バスに揺られながら思う。
四条あたりから、たぶん30分はかかったと思う。

この辺まで来ると、郊外らしき雰囲気になる。
どのあたりかも今ひとつ理解していないのだが、汗をドードーかきながら、
予約時間に大幅に遅れてナントカカントカ店に辿り着いた。
やれやれ。

通された和室の個室は、予約時間に遅れた罰なのだか、冷蔵庫のように
エアコンで冷やし固められていた。
不思議なことに、畳の上に緋毛氈状(?)の赤い布地が敷かれ、その上に妙な
縁台みたいな高いテーブルと、不安定な椅子が置かれている。
座るのが苦手なガイジン向けのセッティングらしい。
しかし、特にそういうことをリクエストした記憶はないがなあ。
ワタシノニホンゴ、ヘンデシタデスカ・・・?

個室は庭に面しているのだが、このヘンな椅子ときたら、あからさまに庭を
背にして置かれているのだった。
上座には誰もおらん。
ナンボ外人相手だったとしても、このセッティングは不可思議。
ひょっとしたらこれも、一種の罰ゲームだったのかも知れん・・・とか思うのは
僻みっぽいのかね?

一応途中で「遅れてしまうが、まだ大丈夫であろうか?」という主旨の電話は
入れてあったんだけれど。
でも遅刻は遅刻なんでしょう、きっと。

こういうのが京都なのかも・・・という、微妙な気分になる。
これがまさかよもや「いけず」ってやつなんですか?
ううむ。

冷やし固められた空気を溶かすべく、空調のリモコンを探すが見当たらず。


京都大徳寺お弁当

大徳寺弁当。
詳しくはこちらを参照。

リモコンを所望すると「おやそれならば、エアコンきりましょか」との由。
冷え固まるのとどっちがいいかというと、むしろ蒸し上がるほうが比較的体の
欲求に近かったので、切ってもらうように頼んで、自分で部屋の障子などを
開け放つ。
蒸し暑い空気が、鬱蒼と侘びた感じの庭のマイナスイオンとともに、一気に
部屋に満ちた。
プラマイゼロってやつだろな。うううむ。

料理に関しては、前夜に『哲酔』に行っちまってたせいなのか、どうしても
味わいが浅く単調に感じられてしまう。
口当たりも全体にもっさりしている。
そういうものなのか、精進料理って・・・?

お馴染みの人が夜に連れて行ってくれる、小さな割烹の料理と比較するのが、
そもそも無理ってもんなのかもしれないし、昼の弁当が4000円越えって
いうのも京都の相場価格なのかもしれないが、諸々の不具合などもあったので
「なんかちょっとなあ」という気分になった。


京都大徳寺 吸物京都大徳寺 茶菓子

揚げ麩の吸物も旨いことは旨いが、どこかモッサリした口当たり。

茶と菓子は待っていても出てこないので、勘定をしに帳場に出て行ったところ
店先の縁台で出してくれた。

こちらが先で『哲酔』が後ならば、かなり印象が違ったはずだと思う。
順番を間違えたね。
とりわけ不味くはないけれど、自腹でまた来ようという気にはならん。

菓子の横に添えられた「大徳寺納豆」は、ひょっとして買って帰ろうかとも
思っていたのだが、きっと渡しても喜ぶ知己はいなさそうだ・・・とやめた。

翌日行った奈良公園の、芝生の隙間に転がっていた鹿関係の黒い粒粒を見て
ああ、それが正解だったかも・・・と思ったのは余談だけどね。

ちゃんちゃん。


大徳寺一久 ( 北大路 / 精進料理 )
★★☆☆☆2.0
powered by livedoor グルメ


大徳寺一久 精進料理 / 北大路駅
★★☆☆☆ 2.0



京都大徳寺100713 007

まあせっかくなので、大徳寺の境内でも覗いてみるか・・・と寺に入る。

入って驚いた。おそろしく広大な一丁区画に、院が並び立つ集合体が大徳寺、
だったのだ。

ゴメン、ワタシったら、実は仏教神道関係にはてんで疎いのである。
告白すると、実家がキリスト教なんですよ。プロテスタントね。
しかも、仕事で関わる場合を除き、遺跡史跡名所旧跡を巡ることに興味関心が
呆れるほどまったくないまま、中年になってしまった。

アホかと思われるだろうが、こういう寺をみたのは生まれて初めて。
ひぇ〜、と広大さに驚き、しかもそれぞれの院がキッチリと参拝料を徴収する
事実にまた驚く。
せっかくなんで、公開されてる4院(と数えていいのか?)のうちの3院に
入ってきたが、呑気にこんなことをしていると、京都観光って一日一ヶ所で
終わりかねないぞ・・・と軽く焦る。

焦りながらも緑の陰影に目を奪われて、一時を呆けたように過ごした。
枯山水の庭も、鬱蒼とした竹林も美しかったが、寺の庭の各所に張られた苔の
下生えが不思議なほど活き活きとして目を労ってくれる。

暑い日中だったせいだか、ほとんど人がいないので、枯山水も苔庭も竹林も
すべてほぼ独り占めは贅沢だった・・・と後刻思う(@竜安寺)。


あぶりもち

大徳寺を通り抜けて、今宮神社の門前へ。
名物あぶりもちを喰う。
写真が一人前。ワタシにはちょっと多い。
素朴な味わいは良い。

そうそう、大徳寺に行ったのは、あぶりもちとやらを食べにいくのに、
通り抜けたら近そうだったから・・・という理由だったのを、今改めて思いだしたよ。
ありがとうあぶりもち。おかげでいいものが見られた。


この後、歩いて竜安寺に行こうかと思ったが、数メートルで熱死しかけたので
タクシーに乗った。
正解だった。



(つづく)



人気ブログランキングへポチッとよろしく♪
それにしても暑い午後だった。でも最近はもっと暑いんだそうだ。うはあ。



苔とあるく苔とあるく
著者:蟲文庫店主 田中美穂
販売元:WAVE出版
発売日:2007-10-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

苔入門。なかなか良い本です♪
そう、ワタシはこの後、どっぷりと苔にはまるのだよ・・・。

お酒の肴に最高!大徳寺名物 大徳寺納豆箱入り50g
お酒の肴に最高!大徳寺名物 大徳寺納豆箱入り50g

大徳寺納豆は、お取り寄せも出来るのだった。

arima0831 at 01:25|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 25, 2010

京割烹『哲酔』ではんなり酔う・・・ 〜京都ふらふら遠征記 其の二〜

浮かれはしゃいで結構飲んだ、その翌朝・・・

実は相当二日酔い気味だったが、そうなることを見越して某ツアーを前払いで
終日ブッキング済み。
通常の旅行中だと考えられないことだが、朝7時前にふらふらと起き上がる。
今回の使命は爆食鯨飲ではなく「観光」なのだ。

朝から暑い。
ぐたぐたウダウダと煮えそうな心身は・・・嗚呼ああぁぁ・・・

(中略)

そして夕刻。
ホテルの狭いバスタブで、潔斎して臨む京料理割烹。

実は「家族なんかでよく行くこぎたない店はあるんやけどまあ・・・」と、
はるみん&くるみん姉妹がストレートに誘いたがらない店があったのだ。

「なんでそこはダメなの?」と、前夜しばし様子見してから思い切って直球を
投げ込んでみた。
横浜ベイスターズの劇場型豪腕クローザー、どすこい山口の152キロ級?

東夷の中でも、とりわけKYで知られるワタシだ(だって本名だもん)。
折りしも往きの新幹線でエビスを飲んで景気をつけてきている。
京都のぶぶづけだろーが南アのブブゼラだろーが、もう何も恐ろしくはない!
暴投をかまして京都を押しだされたって、この際エエわい!という覚悟だ。
旅の恥はかき捨てだしさ。

それよりこの数日間の京都滞在で、目の前にはんなり飛んできた気配のある
旨そうな匂いのする店を逃すほうが、よっぽどオソロシイぜ。

「ほんとによろしいんでしょか。こぎたない店ですけれども・・・」
「いいっ!いいともーー!!」

という次第で、ホテルから鴨川を渡って、ふらふら祇園方面に入ったかなあ、
というあたりの小さな店に連れてきてもらった。
よくわからんが、あの辺を祇園というのか?
あとで見た地図によれば、建仁寺の隣くらいの位置らしいが。

でもここは横浜関内だよと言われれば「あ、そうだっけ」と言えるような
普通のすっきりと清潔なカウンター割烹。

「どこがこぎたないんじゃ・・・?」と、平素ハルマゲドン級のうらぶれ加減に
慣れきっているワタシは、心底不思議に思って首を傾げたのではあったが。


京都 胡麻豆腐

見た通りの雲丹のせ胡麻豆腐。
それ以上でも、それ以下でもないのだが・・・

柔らかな胡麻の甘味。
新鮮な雲丹の甘味。
そして出汁の塩気と旨味。

食前酒に出てきた梅酒の赤ワイン割りをククと飲み干し、ビールを飲み干し、
「冷酒ください」は当然の展開であろう。


京都 お造り

お造りがアイスカービングに乗って登場。
こういう趣向は普通なら「フン」と軽く鼻を鳴らして迎えるワタシだが、
なにしろ外は暑いので、氷の放つ冷気に癒やされる。

かわいらしい七夕飾りもよいね♪

京都 おつくり鱧などUP

鱧に白身(種類は失念)、そして軽く味をつけた鮪。

実は鱧が美味いと思ったことがないのだが、軽く淡く口の中でほぐれる食感と
爽やかな後味は、間違いなく京都でこの季節食べるべきものだろうよなあ・・・

と、ほんわり幸せなのだった。



京都 哲酔吸い物

吸物も鱧。
底にはオクラの摺りおろし。
ジュンサイの食感をアクセントに、いい感じの舌触りだ。
旨味と塩気がバランスよく、すうっと体に沁みてくる。


京都 賀茂茄子

賀茂茄子の煮物。
こちらはほんのり甘い。
小芋やら蛸やら海老やらも、丁寧にいい味が煮含められている。

お出汁の味に良い油揚げみたいな旨味が入るので、これはなにかと思ったら
茄子を白〆大豆油で揚げているのだそうだ。

軽く葛を引いたお出汁の、仄かだが確かな旨味。
ああ、和食っていいな。


京都 八寸

冷酒が進みまくる小さなものたちよ♪

手前にある白いものは蛸の卵。ねっとりと濃厚な味わいに酒が進む。
他には、素麺の煮凝りとか、鱧寿司とか・・・。

ごめん、考えて確認する先に、飲んで喰っちまいましたわ。
ちまちまと酒が進み止まらず。


京都 鮎

鮎。
ほろ苦い。
ふんわり旨い。
ほんのり香ばしい。

山桃が、実にすてきなアミューズ。
えへえへえへへへへ・・・。


京都 揚げ物

素朴な野菜の天麩羅は、トウモロコシの掻揚げが特に好きだった。
写真に入らなかったが、この後ろに鱗を立てた金目鯛の揚げたやつ。

サクサクぱりぱりの鱗を噛みしだけば、ほっくりとした身が柔らかい。


京都 鰻茶漬け京都 菓子

〆の鰻茶漬け。
山椒の効いた濃い味に、香り良いお茶。

なるほど、これが京のぶぶづけってヤツ?
これだったら「食べて帰るか」と聞かれりゃ食べて帰りますがな・・・(違)

お菓子も出た。
口がさっぱりする。


こんな店が横浜にあったら、せっせと通うに違いない。
無口な御主人は、聞けば丁寧にいろいろ説明してくれるし、女将はほどよく
やってきて、ほどよく楽しい世間話をしてくれる。

でも、くるみんと二人で思わずいろいろ話し込んでいる間は、お店の二人は
何故かまるで気配を消してしまうのだった。
この日はたまたま二人で貸し切りの夜だったが。
カウンターの料理自慢な店によくある「亭主や女将の機嫌取り」が無用なので
とても有難く居心地よい。

しかし、なんでこの店を真っ先に出してこなかったのかね・・・?、と不思議に
思ってくるみんに尋ねると「東京の人にほとんど喜んでもらった例がない」
と。

まあ確かに、夜景もないし鴨川の風も吹かない。
店も普通のカウンター主体の小料理屋風情ではあって、清潔だが普通の構え。
特段雰囲気で「旅情を誘うもの」ではないと思う。
料理の見た目も、地味と言えば確かに地味だ。
基本的な手間暇をちゃんとかけた料理だが、華やか煌びやかとは言いがたい。

でも、余韻はひくけれど後味のよい、はんなりとした旨味は京都ならでは。
出汁が旨いのだ。
ワタシが他を知らないだけなのかもしれないが。

京都のことだから、お金を出したら出しただけのものが出てきそうだけれど、
この7千円ちょいのコースが食べられれば、ワタシはもう十分満足だなあ。



哲酔 京料理 / 祇園四条駅河原町駅清水五条駅
★★★★ 4.5


哲酔 ( 祇園四条 / 懐石料理 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



ご案内いただいたくるみん女史に深謝多謝。

このあと鴨川の別の川床のバーに連れてってもらい、二人また深夜まで飲む。
鴨川の風と夜景が、本当に気持ちいい。
こういう風に、夏の屋外でまったり飲める場所があるって、ステキなことだ。

Bar Atlantis


四条あたりで別れた帰り道、通りがかりの飲み屋でひとり仕上げ。
ホテルそばのスペイン風バルというやつだけど、安くて開放的で居心地よく・・・


翌日は奈良観光の予定だが、ブッキングなしなのよ・・・嗚呼。



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
直球どストライク!



梅棹忠夫の京都案内 (角川ソフィア文庫)
著者:梅棹 忠夫
販売元:角川書店
発売日:2004-09
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

とりあえず一番面白かった京都ガイド、とか言ったら叱られちゃうのか?

越前の地の鱧(はも)!獲れたての贅沢な旨味!只今はも落とし20g増量中!!【送料無料】越前産 天然鱧(はも)の落とし2人前【0801gourmet】
越前の地の鱧(はも)!獲れたての贅沢な旨味!只今はも落とし20g増量中!!【送料無料】越前産 天然鱧(はも)の落とし2人前【0801gourmet】


arima0831 at 15:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

July 19, 2010

京都ふらふら遠征 其の一 〜先斗町うろうろ♪〜


先日突然「京都・奈良に行くのだ行くのだ」と宣言して、ふらふらと出かけてきた。
本当にある日突然思いついて、二日後に出発したのだった。
実は行こう行こうと思いながら、一年余り過ぎてはいるのだが。

「どっかいいとこない?」というごくアバウトな突然話に、各種情報を
お寄せ下さった皆様、感謝多謝であります。

さて京都、ワタシときたら完全にオノボリなんである。
右も左もワカラン。
もう十年以上住んでいる横浜に在ってさえ、無駄に右往左往することが多い。
そういう方向音痴なので、知らない土地、それも大きな都市を歩き回ろうなど
思うだけでうっすらパニックに襲われてしまう。
結果、意味不明にいい加減に歩きまわって終わることが多い。
そんなわけで、どうせ目標を定めても辿りつけないんだから、いっそのこと
自分がどこにいるかよくわからんでも、ふらふらするだけで楽しく過ごせる街
が好きだ。


京都こだま 往

まずは京都行きのこだまに乗り込む。
ビールにチーズちくわを持って。
長年の習慣で「国内長距離列車=ビール&チーズちくわ」となっているのだ。

ところが新横浜の場合、何故か崎陽軒の一人勝ち状態になっているみたいで、
チーズちくわを見つけるのにちょっと苦労した。
売店にはシューマイがあふれている。
ようやくキオスクを見つけてチーズちくわを確保。
己のアイデンティティーにかけて、なんぼどれほど横浜在住が長くなろうと、
チーズちくわをシューマイに持ち替えたりなぞするものか。

今回は「ぷらっとこだま」というパッケージを利用。
京都まで片道が9600円で、何故か缶ビールなど飲み物の券もついてくる。

ダメモトで「エビスは?」と尋ねたら「どうぞどうぞ」と言うではないか。
だから「ビールはサッポロ黒ラベル主義」を軽く廃してエビスを飲む。
やっぱりウマイ。
昔は好きだったが、一時期どうも味が重いような気がして避けていて、それが
なんだか最近ウマく感じるのは何故だろうな?

それと同時に、最近麦芽100%になったという「キリン一番搾り」が妙に
香料臭く妙な味に思えて仕方ない。体調の変化?味覚の経年劣化?
まあいいや。同じ値段でエビスが飲めるなんて、思わぬ拾い物をしたような
気分だし。ルンルンるるるんるん♪

指定席が結構混んでいるのに、自由席はがらがらだった。
こだまの座席周りは、ゆったりとなかなか快適にできている。
時間は一時間ほど余計にかかるが、ひかりの窮屈さがなくて伸び伸びできる。
なかなかヨロシ♪

実は駅弁の類にもうっかり手が出かかったのだが、これから京都でどうせ爆食
鯨飲になるのは目に見えているので、まずはサンドイッチでセーブ。
好判断だ。えらいぞワタシ!
そもそも崎陽軒の弁当はマズイしさ。

京都駅に着くと、ホームにはねっとりとした熱気と湿気が立ちこめていた。
はあなるほど、これは蒸し暑い。

ホテルに着くとほどなく、京都在住のくるみん女史来訪。
彼女の妹のはるみんが昔の仕事の同僚で、姉妹でエジプトに遊びに来てくれた
こともある。
はるみんが京都の子だったのを思いだして「地元話を聞かせてちょ♪」と軽く
頼んだら、瞬く間に現地にいる旧知のお姉ちゃんが出動してくれた次第。
持つべきものは佳き友達哉♪
ありがたやありがたや。

まずぶらぶら歩きましょう、と、ホテルを出て鴨川沿いに出る。
京都の町並みには、レトロがどうしたなどという安っぽさを超えた、不思議な
奥行きのある空気感が漂っていた。
なるほど、東京の町並みに平素感じる妙な薄さ安さは「新興都市ゆえ」かと
生まれてはじめて実感する。
ううむ、こりゃあスゴイ、うわあナンダこれ・・・と、街を数分歩きまわっただけ
で妙に興奮してくる。
これは、たぶんローマ以来だ。

実は今まで行った街で、ダントツぶっちぎりで愛しているのがローマ。
誰がなんと言おうと、そこいらの街角をふらふらするだけで、あれほどまでに
心踊る街はない。

そうかなるほど、これが「千年の都」の力というのかもしれない。
打ち捨てられることなく、プライドと繁栄を保ってきた千年は、必ず街に
したたかなパワーと重みと奥行きをつける。
ローマよりざっくり1500年くらい新しいとはいえ、古都の風格がきっちりと
そこかしこから立ちのぼる街だ。


京都川床〜お好み焼き 002

暑気を一気に払い去るような、気持ちのよい風に吹かれて鴨川の川床バーへ。
まずはスパークリングワインをもらって、うひひひひと怪しく笑う。

このシーズン、京都の川沿いの店はどこもかしこもテラスを出して、これを
「川床」と呼ぶのだった。最初は一体なんなのかサッパリわからなかったが、
これは気持ちいい♪
ここのバーだとチャージが千円(屋内は600円)かかるが、川床で寛ぐには
安上がりなほうらしい。

パチンコ屋までがなんだかシックな色調になるから、京都って大したもんだ。
何を見てもむやみに感心するワタシ。
それにしても、彼岸も対岸もカップルだらけだな。


京都川床〜お好み焼き 001

この辺の飲み屋は、どこも軒が低い。
時間が早いから貸し切り状態。


京都川床〜お好み焼き 003

南座が見える。
四条大橋の近くだ。

SENT JAMES CLUB 本店
(店名が・・・とか突っ込むのはヤボですな)


ところで先斗町の語感が気になる。
てっきり大きな橋の袂から出てる小路だからかと思ったが、それは突如狂った
ように「京都ローマ説」を唱え始めたワタシの妄想だと思う。
イタリア語で橋は"ponte"だよなあ・・・とか、勝手に思ったことを一応告白は
しておくが。

でもポルトガル語の"ponto"(「先に」の意)が語源という説はあるそうな。
ちょっとびっくり。まぢですか?
博識な方、誰か解説してくだせえ。


京都川床〜お好み焼き 004

それじゃあ、日本酒でも飲みましょうということで、先斗町のこじんまりした
酒坊
へ。
静かな落ち着いた店だ。

くるみん女史が大好きだという、美しい錫の酒器で三種飲み比べのセット。
結構たっぷり入っている。


京都川床〜お好み焼き 005

浸し豆、塩うに、イカの塩辛、汲み上げ湯葉。
いやあこりゃあ、まさに酒の肴♪
こんなのも京都らしい感じでステキなのであるよ。


京都川床〜お好み焼き 007

生麩の揚げもの。淡白だがモチモチして旨い♪
生姜醤油で食べる。

酒坊 上燗や


京都川床〜お好み焼き 008

この後、通りがかりにあったお好み焼き屋に突入。
店の名前は失念してしまった。


結構しっかりと飲んで、ゴキゲンでふらふらとホテルに帰還。
初日の夜から、もうすでに完全に浮かれているワタシなのであった。

(つづく)



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
もう、暑さも吹っ飛ぶハマリよう、であります。確かに暑かったがね。



ふわふわとした食感【生麩・3本セット】生麩ならではのこの食感と風味がたまらない生麩・3本セット【10P13jul10】
ふわふわとした食感【生麩・3本セット】生麩ならではのこの食感と風味がたまらない生麩・3本セット【10P13jul10】

生麩が旨かった・・・。


京都散歩マップ京都散歩マップ
著者:散歩マップ編集部
販売元:成美堂出版
発売日:2009-02-11
クチコミを見る

結局あれこれ見た中では一番使えるような気がするガイドブック。街歩き用に。

arima0831 at 00:50|PermalinkComments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote