中華料理(2011.1〜)

July 17, 2012

中華街『獅門酒楼』のランチが極上激安ですよ!

三月に三日続けて中華街に行った話が、初日だけで頓挫しているんです。
子猫がやってきた話だって、まだ家に辿り着いたばかりの段階で放置されているんです。
夏休みの間に何とかしよう、すでに過ぎ去った七夕のお星さまに無意味に誓う・・・!

でも、とりあえず今日美味しいものを食べたので、久しぶりに「美味しかったレポート」@中華街『獅門酒楼』♪

いや、噂には聞いていたんだけれど、中華街で昼の二時までしか食べられないランチ定食の類って、ワタシの生活からはいろいろな意味でかけ離れていて、いつかできるもんなら・・・という遠い夢のような位置にあったわけですよ。

しかし、何故か突然昼過ぎに一人で中華街に行く用件発生。
勢いに乗って行ってきた♪

実際のランチメニューを店先で見ると、650円〜840円の価格帯で9種類もある。
目移りする。
5種類はカニ玉、酢豚といった、ごくごく当たり前な中華メニューなんだけれど、日替わり部分が実に面白い。

店の前に悩んでいても暑さが増すだけなので、店内に入ると意外に広々。
高級ではないにせよ、夜にお客さんを連れてきてもまったく問題ない雰囲気。

なんかこういう気分でお店に一人で座るのも、実は久しぶりのことなのでちょっと嬉しい♪

この店にはMランチというものがあって、MはなんのMかっつーと「ミステリー」のM。
要するに、素材だけ書いてあって、あとはなにが出るかわからないから「好き嫌いの多い人は頼まないでください」という但し書きがついているもの。
この日は「青菜と海鮮」だ。

ううううう。
これも良さそうだなあ。

しかし、ワタシのココロをクギヅケにしているのは、実は日替わりのAランチ。
「はまぐりとトマト、冬瓜の煮込み」だ。
冬瓜・・・5月からせいぜい9月下旬くらいまでしか食指をそそらない、この実に特殊な野菜。
しかも蒸暑い夏の間は、家でも外でも「冬瓜」と聞くと即降参の体なのだ。
あの微妙に青臭い旨味を思うと、もういてもたってもいられなくなる。

心を鬼にして(?)、Mは捨ててAに走った。

すぐにスープとザーサイが運ばれてきた。
高菜と大豆のスープは、高菜の酸味が効いた面白い味わい。
しかし、メインがなかなかこないね・・・と待っていたら・・・

獅門酒楼


・・・こんなのがきた。
作り置きではない証拠に、口を開いたばかりの大きな蛤からふんわりといい湯気がたっている。
しかも、二人分でもいいような量だ。
蛤だけでも六個くらいはあったろうか。

680円の定食ですよ、これは・・・。

この大きな蛤の旨味が染みわたった冬瓜。
他にも豚バラ肉の旨味やら、春雨の食感やらが入って、そこに煮崩れないくらいに火の通ったトマトの旨味がキュッと追い討ち。

そして、高菜の酸味が効いたスープが面白い中和剤として、全体の美味しさをおっとりと増す。

うわー、こりゃあ素晴らしいわねえ・・・と食べ終わってポヤンとしていたら「デザートは杏仁豆腐かマンゴプリンをお選びいただけます」と。

マンゴプリン、美味しゅうございました。
小さな鉢にちょこんと盛られて、小さな中華スプーンを添えたミニサイズなれど、ひんやりしたもので口をサッパリさせながら、ちょっとした甘味で心を和ませる効果は大きい。

ちなみに金曜日の日替わりは「穴子の一本揚げ 油淋ソースがけ」だそうな。
それから、隣席が頼んだ「Mのほう」を盗み見ていたら、「イタヤガイと空芯菜の塩炒め」で、これまたなんともウマソーでしたわ。

その他ランチメニューを見ていると、この季節には心を奪って世界の果てまで連れ去ってしまいそうな

「海老とトマト、冬瓜の冷やしつゆソバ&チャーシュー丼」なんていう麺セットが840円。

この店はランチでも、数名で来たら非常に楽しいに違いないです。
でも、一人でも美味しく楽しい。

そっかー、こんな店がまだ中華街にあったのかあ・・・!
と、己の不明を激しく悔やんだのでありました。

ランチで来てとても美味しかったから、夜に大事な人を連れてこよう!と思った。
これって良いお店の格安ランチの王道だよね♪

尚、週末にはちょっとアップグレードしたセットメニューを千円ちょっとくらいからでやっておられるそうな。

この辺の顧客へのアプローチも、かなりプロフェッショナルな感じがする、とてもいいお店です。
いままで知らなかったのが、とにかく残念でなら〜ん!

獅門酒楼広東料理 / 石川町駅日本大通り駅元町・中華街駅

昼総合点★★★★★ 5.0



獅門酒楼 ( 元町・中華街 / 広東料理 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ




人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
尚、もうひとつのランチ有名店『一楽』も未訪。行かねば!

日本語でどづぞ―世界で見つけた爆笑「ニホン」誤集 (中経の文庫)日本語でどづぞ―世界で見つけた爆笑「ニホン」誤集 (中経の文庫)
著者:柳沢 有紀夫
販売元:中経出版
(2007-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

関係ないけど、最近最も爆笑した一冊。暑気払いにどうぞ。ワンコインだし。

[キャットタワー]【送料無料】キャットタワーランド天井突っ張りタイプ!猫ちゃんの運動不足解消に!CLD-240[キャットタワー・キャットランド・キャットポール・猫タワー・キャットタワー 突っ張り・アイリスオーヤマ]
[キャットタワー]【送料無料】キャットタワーランド天井突っ張りタイプ!猫ちゃんの運動不足解消に!CLD-240[キャットタワー・キャットランド・キャットポール・猫タワー・キャットタワー 突っ張り・アイリスオーヤマ]

ついにキャットタワー購入。
でも、諸事情でまだ組み立てられない・・・。





arima0831 at 22:10|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 16, 2011

関内『福源楼』で勝ちを祝う・・・ことが最近とても少ない 〜嗚呼ベイスターズ!〜

「ベイスターズって、チームの何がまずいんですか?」とアウェイの宴席で揶揄気味に聞かれる。
投手が足りん、打線が繋がらん、監督のコミュニケーション能力がどうもイマイチ、とかなんとかかんとか、いくらでも上げてこられるんだけど、何がダメって捕手だよね、と思う。

リードは非常にいいけど肩がイマイチ、打撃はからっけつの細山田。
アンポンタンらしいが肩はまあまあ、打撃はそこそこの武山。
肩は抜群、リードは並み、打撃が最近多少マシになってきている黒羽根。
そして、なんと言っても極私的にはチームナンバーワンの二枚目で、髷と袴の姿がセパ両リーグを通じて最も似合いそうな、ワタシの新沼きゅん。選手会長でもある。実家が被災した、というドラマつきだ。
しかも人柄が非常によろしい。
ワタシとしてはナンダカンダいって、新沼きゅんがほどほどの肩にほどほどのりーど、そこそこの打撃で正捕手の座を奪取してくれると、マスク越しに顔が見られて幸福度が上がるから是非そうなってほしいものだ。新沼きゅんだけ特例で髷と羽織袴でプレーさせてもいいですか?

そういうどうでもいいような妄想がでてくるくらい、ベイの捕手陣は不安定。
ゴツくて怖い青鬼みたいな巨大な顔のタニシゲが、ズンとキャッチャーミットの向こう側に腰を据えてる中日やら(元ベイだったんだよね、かれも・・・)、ヤクルトの要をキッチリせこく束ねて機動力を上げていると思しき相川やら(元ベイだったんだよね、彼も)、決め所でしっぶ〜いホームランを一発決める巨人の要、阿部慎之介とか、キャッチャーが不動の磐石さを見せているチームは迫力があるよ。
かたやどんぐり4個を順に並べて先発キャッチャーに中継ぎキャッチャー、リリーフキャッチャー・・・なんてころころ入れ替えてる我らが横浜ベイスターズ式は、なんかちょっと違うよね、とつい思う。

極私的希望としては新沼きゅんの顔を毎試合見せて欲しい。
ファームから早く帰ってきて欲しいもの。

もしできるものなら、細山田のアタマと武山の打撃と黒羽根の肩に新沼の顔と人柄を合わせた捕手を一人合成してくれないか。

と、いうわけで、勝ちゲームの後は、足取りも軽く関内『福源楼』に向かう。
勝てれば、ということだが。
負けパターンの『吉田飯店』の場合、帰宅途上にあるので寄りやすいのだが、『福源楼』は多少回り道をしなければならないのだ。

実にうらぶれた店構えで、昭和的な哀愁をオーラのように放っているのだが、ご店主とその奥さんの穏やかな接客が不思議な居心地よさを醸し出す。
メニューは普通の街中華のものだが、ここの料理は何を食べてもしんみりと美味しい。
完全に老朽化して、コギレイとは言いがたいのだが、こういう大衆的な店にありがちな荒れた感じはまったくなくて、非常に穏やかでのどやかな空気にほっこりしながら食事ができる。

福源楼シュウマイ

まずはビールにシュウマイ。
この大振りのシュウマイは、肉の粒粒感がくどくない程度に残っているが柔らかく、すっきり柔らかな優しい味だ。
芥子をつけてはぐはぐ齧りつくと、とても幸せな気分になるのだよ。



シュウマイでなければ餃子。ごく普通の焼餃子なんだけど、一部パリッとなった薄い皮に、くどくないほど良い味付けの餡が入って、ビールのアテに実に結構なもの。

福源楼冷やし中華

そして冷やし中華。
ここは四川風のピリ辛胡麻だれで、具は胡瓜と蒸し鶏。
なんどかここでも讃えてきたが、非常にウマイ。
しかもここの冷やし中華は、例年5月のGWくらいにはメニューに登場し、秋風も収まりかけた10月下旬くらいまでずっと食べられる。

福源楼焼きそば

焼きそばもウマイ♪
具は色々しっかり入って、ほど良いとろみの餡。
太めの麺がパリッと固く、でも内側はしんなりと柔らかく、このバランスがいいんだな。

福源楼カステラ

食後、ボケッとしてるとお茶と一緒に馬拉糕(マーライコー)をサービスしてくれる。
こういう蒸しパンみたいなお菓子って、なんだか妙になつかしい感じがする。

外見が非常に老朽化した店だが、温かいご店主夫妻がいろいろ気遣ってくれる。
一人で入ると新聞を持ってきてくれたりして、家庭的な雰囲気の店。
女性一人でも、まったく肩身の狭い思いをしないで食事ができる。
貴重な場所だ。

福源楼 ( 関内 / 中華料理その他 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



できることなら、もっとベイが勝って、もっとしげしげ来られるとよいのだが。
もちろん野球と関係なく来てもなんら問題ないけれどね。

今日は、ちょっとヒヤッとはしたが、なんとか20試合振りに3点以上取って(!)、しかもオッサン顔の19歳筒香が特大の2ランを飛ばして初のお立ち台。
めでたいことだ。


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
今シーズンは、あと4回ハマスタ観戦の予定。


ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡 (B・B MOOK 626 スポーツシリーズ NO. 499)ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡 (B・B MOOK 626 スポーツシリーズ NO. 499)
販売元:ベースボール・マガジン社
(2009-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


【安心の正規品】NEWERA CAP YOKOHAMA BAYSTARS VINTAGE 「TAIYO WHALES」 GREEN/ORANGE/WHITEニューエラ キャップ 横浜ベイスターズ・ヴィンテージ 「大洋ホエールズ」 グリーン/オレンジ/ホワイト 帽子 【楽ギフ_包装】
【安心の正規品】NEWERA CAP YOKOHAMA BAYSTARS VINTAGE 「TAIYO WHALES」 GREEN/ORANGE/WHITEニューエラ キャップ 横浜ベイスターズ・ヴィンテージ 「大洋ホエールズ」 グリーン/オレンジ/ホワイト 帽子 【楽ギフ_包装】

なつかしい色だ〜。

arima0831 at 00:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 05, 2011

関内(蓬莱町)『吉田飯店』でタンメン餃子など 〜嗚呼、負けパターン!〜

吉田飯店 関内店中華料理 / 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関内駅至近だけど、ここを「関内」と呼ぶのは違和感が激しい。
一体なんと呼べばいいのかワカラン地帯。
皆さん、なんと呼んでいらっしゃるんでしょうか?
まずは素朴な疑問。

で、そこにこの『吉田飯店』がある。
いつのころからかハマスタ帰り、我らのベイスターズが負けるとここに寄るパターンができていた。
所謂「負けパターン」ですな。
ちなみに「勝ちパターン」は、こちらははっきりと関内にある『福源楼』となる。
言っておくけど、料理のクオリティーの話ではないよ。
ま、『福源楼』が名店なのは間違いないのだが。
しかしこのヨシダも、実は気付けば結構しげしげ立ち寄る店になっているのに気がついた。

何故負けるとヨシダか考えてみると、要は歩いて家に向かうルートの問題なのだった。
福源楼の場合は、ちょっと遠回りなのだ。
ヨシダであれば、ハマスタから惰性で繰り出す重い足取りの先に、ごく当たり前に淡々と現れる。
マイナーでマイナスな気分には、なんともちょうどよい距離感と位置感覚でもある。

そのせいだか、ハマスタでゲームが終わっていくと、似たような格好の似たようなヤツがタンメン餃子に生ビールなんかをヤケクソ気味にがっついている光景が多い。

まあ最近、負けパターンが多すぎる云々、とかいう話はさておいといて・・・

吉田飯店

関内駅から長者町寄りに、路地一本入ったあたりに店はある。
伊勢佐木町地区と大きな通りを一本隔てて、妙に裏路地感漂うエリア。
しかしこの界隈、意外に安くて良い店が散在するから侮れない。
ギリシャ料理『スパルタ』の旧店舗も、以前はこの辺にあった。

吉田飯店

まずビール、そしてタンメン&餃子。

実はここのタンメンが、ワタシは結構好きだ。
太麺、サッパリと塩味のスープ。
その上にブタコマ、キャベツ、キクラゲなどの具が大雑把に乗っかってくる。
これがなんと言おうか、極私的に「タンメンてこういうもの」な姿形味わいなのだよ。

吉田飯店100715 001

ぷりっとした海老もイカもタケノコも、ちょびっとずつとはいえちゃんと乗っている。
なによりこの店のタンメン、湯気の上がりかたが良い。
たいていビールでガボガボして冷え気味な、野球の後の胃もココロも温まる感じ。
特に負け試合のあとには。

吉田飯店

焼きそばもウマイぞ。
ほどよいとろみの餡にたっぷりの具。
それが一部カリリと中はふにゃりとした麺に絡んで、ジャンクな味わいが荒んだ心に染み入る。
野球の後って、なんで体が炭水化物を求めるんだろうか?

吉田飯店

ある日オットが頼んだ冷やし中華。
山向こう(?)には、錦糸卵とハムが乗ってる。
スタンダードでジャンクななりに、なかなかよろしいんじゃないでしょうか♪

吉田飯店

「ランチ」と言いつつ夜もやってる定食メニュー。
(じゃあなんでランチなんだよ・・・?)

吉田飯店

全部で千円ポッキリの晩酌セットも、なかなか質量充実。

吉田飯店

でも、ネギチャーシューはパサパサでちょっとアレだった・・・(笑)。
一品料理に大きな期待はかけないように。

吉田飯店 ( / 中華料理その他 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ところで最近、横浜圏外東京方面などでベイスターズのファンだという話が発覚すると、どこでも誰でも多少なりとも野球が好きな相手であれば、必ず「ベイスターズの負けっぷりについて」「どうしてあんなに負けるのか」「ええとアレ、ほら去年買収されたんじゃなかったっけ(いいえ、買ってすらもらえなかったんだよ)」「オーナーって誰なの?缶詰の会社・・・じゃなかったよね」などなどと、暫時の話題を確実に提供することになる。
特に中央線沿線とかだと、最初から「ああ気の毒に」という空気で優しくしてもらえて、たいていそういう場合相手が巨人ファンなのはただの偶然ではあるまい、と思うようになった。
くそ。

いいんだよ別に。
そうやってひとつひとつ地道に徳を積んでいるんだよね。
ワタシもベイスターズもね。嗚呼。


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
ひとつ積むのは〜・・・誰のためでせう?
でも今日は勝った。三浦が雨天コールド。勝ってほっとした。



ハマの裏番 もつ鍋屋になるハマの裏番 もつ鍋屋になる
著者:中野渡 進
販売元:ミリオン出版
(2011-07-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

タニシゲは一見強面だが実は本当に怖い・・・的などうでもいいようなプロ野球裏知識満載の一冊♪


マルタイ 棒ラーメン タンメン風塩味 2食分【駅伝_東京】【あす楽対応】
マルタイ 棒ラーメン タンメン風塩味 2食分【駅伝_東京】【あす楽対応】

ところでタンメンて、全国区なメニューなんですか?

arima0831 at 02:25|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 27, 2011

中華街『武夷点心輔』の肉まんを喰う習慣がやばい

加賀署の前にある小さな店舗は、以前製麺所だったが点心屋に代わり、ある日気がついたらまた代替わりしていた。

武夷


なんとなく店先を覗くと、美味しそうな点心類が各種並んでいる。
奥にはごく簡単な飲食スペースもあって、そこで食べれば温めて出してもらえてお茶もサービスよ、ということなのだが、諸般の事情でサササと撤収しなければいけないタイミングだったので、とりあえず肉まんを買ってみた。
肉まんだけは蒸篭で売っているのだ。
両手に余るほどの大きな肉まんは、手に持つとむっちりいい感触。

実はこの近くの某所で以前、一口食べてボーゼンとなるほど不味い肉まんを引き当てたことがある。
肉まんてこんなに不味く作れるモンだったんか・・・と、むしろ感心したくらいの代物だった。
まず手に持つと外側はぶよよんとだらしない湿気を含んだ感触だが、内側は妙にパサついて紙を噛むような食感。
かぶりつくとまず鼻に抜ける妙な肉の臭み。
そのわりに肉汁は薄く、何の味もしない単に不味いだけの餡を噛むと、これまた別の意味で紙っぽい。
そして飲みこむと、口に残る不気味な後味。

中国産の肉まんが、餡にダンボールを混ぜて増量していた話が世間を騒がせたことがあるが、ひょっとしてこんな味だったのかもしれない。ううむ。
中華街の肉まんとは、数ある選択肢の中でも一番安全かつ可もなく不可もないもんではなかったのか・・・?!
蒸し上げるタイミング云々の問題ではなく、基本構造的に何かがおかしかったと思う。
半分食べて、残りを横で運転するオットに押し付けようとしたら、ヤツも一個を完全に持て余しているではないか。
しょうがないから二人押し黙って喰った。
何の罰ゲームじゃこれは、と切なく思った。しくしく。

ちなみにこの店は、相変わらず同じ場所で肉まんを売っている。
もう一度買って確かめる気になどなれないので、同じ内容なのかどうかは知らんが。
気をつけろ中華街 思わぬところに落とし穴 なんである。字余。
まあ、ここまで不味いとそれも思い出ですわ。あはははは。

そんな負の記憶もあって、すっかり中華街の肉まんから遠ざかっていたのだが、さてこの肉まんは・・・

武夷 001

アタリ!なのだった。
おいし〜♪ふへへ♪♪

皮は外皮しっかりモッチリで、内皮ふんわり。
餡を噛むと肉の刻み具合が大きめで、わりと肉肉しい。
でもそこに干し椎茸やらメンマやら様々な野菜やらもたっぷり入って、甘味と旨味が肉汁のくどさを消している。
味はそこそこ濃い目だが、それはそれでジャンクフードらしくてよろしいんじゃないですか。
うふふ。

実は一個しか買わなかったので、一人黙って喰らいついていたら、横で運転していたオットに勘付かれて半分取られ、しかもヤツときたら瞬く間にその半分を喰らい尽くして、ワタシが大事に食べている半分の半分を狙い始める。
残念だったが慌てて残りを食べた。

その後もう一度行って、今度はミニ肉まん(野菜や春雨も入ったもの)なども自宅用に買い込み、肉まんはキッチリ一人一個購入。
もたもた喰ってるとオットに狙われるので、適度なスピードでとっとと喰いましたとさ。
やっぱりウマカッタです。

武夷 點心舗 ( / 肉まん )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



武夷 點心舗 肉まん・中華まん / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0



4月以来東京都下某所の食文化ゼロメーター地帯で重労働に勤しんでいて、おかげで4カ月で4キロほどの減量に成功したのだが、夏休みに入って一カ月でごく簡単に2キロリバウンドした。
要するにそもそも圧倒的に運動不足だったらしい、としみじみ思う。
女は初老期に入ったら、単に喰う量を減らすだけでは痩せないという真実。

そうか、そんなに真剣に喰う量を減らしているのかホントに?!と聞かれてしまうと、エヘヘと笑って誤魔化すしかないのだが、だからとにかく肉まんを喰うような習慣はよろしくないのだよね。

そこでこの肉まんをたまに喰うには、その分も運動すれば良いのではないかということで、最近にわかに近所をドカドカ走り回るなどして運動量確保に努めている次第。
気休め?ほっといてくれ。


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
ちなみにでっかい肉まんは、一個で軽く400kcalオーバーらしい。丼飯一杯分。うにゃ。


鴨川ホルモー (角川文庫)鴨川ホルモー (角川文庫)
著者:万城目 学
販売元:角川グループパブリッシング
(2009-02-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この夏のヒット其の弐。読了後一週間くらい「レ〜ナウンレナウンレナウンレナウン娘が・・・」というフレーズが、脳内ヘビーローテして止まりませんでしたとさ。


せんねん灸 オフ レギュラー灸 伊吹(170点入)【せんねん灸】
せんねん灸 オフ レギュラー灸 伊吹(170点入)【せんねん灸】

夏バテ系の腰痛肩凝りが出る季節。お灸が効きまっせ。お試しあれ。

arima0831 at 02:39|PermalinkComments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 23, 2011

中華街『大新園』でつけワンタンちゅるるん♪ 

某日夕刻、中華街へ。
『雲龍』の排骨麺が無性に食べたくなったのだが、臨時休業らしい。

所在なく関帝廟通りをぶらぶらしていたら『大新園』の前に来た。
結構よくオススメの声は聞く店。
「つけワンタン」という一語に胃がグググと蠢く。

大新園 001

つやつやふっくらしたルックス。
ちゅるるんとした皮の食感。ぷりっと海老。
餡は柔らかな優しい味付け。
これはウマイ♪

二個くらい食べたところで、ワンタン同志がくっつきはじめたので、添えられたタレを全体にかけてみる。
タレには油が入っているようで、団子化の食い止めに成功。
よしよし♪

実はここのワンタンだけは、以前なにかの弾みで入って食べたことがあったのだが、忙しく啜りこんで出てきてしまったので、今ひとつハッキリした記憶がなかったのだ。
それっきりにしていたのが悔やまれる。


大新園110118 002

排骨麺を注文しかけたのだが、なんとなく豚バラ煮込み麺に変更。

箸でほぐせるくらい柔らかくトロンと煮込まれた豚バラは皮付き。
見たところ実に地味なのだが、薄めの餡に八角が効いて、やはり薄味のスープに馴染んで、なんだかいい感じだ。
野菜も結構いろいろ入っている。

優しい味付けなので、これじゃあ薄すぎて不満な人もいるかもしれない。
でも、ワタシはこのくらいが好きだなあ。
横浜中華街の中華は、特に大衆的な麺飯に関しては、全体に味が濃すぎるように思うのだ。好みの問題だが。

料理を待つ間ボケッと携帯いじってたら、マダムが「よろしければどうぞ」と夕刊を渡してくれた。
料理はきちんと手間暇のかかったものだが、接客は穏やかに優しく家庭的。
値段もそう高くないし、なかなかいいお店だ♪
一人でふらっと入れる気楽な雰囲気だけど、家族や親しい身内の会食なんかにもよさそう。


大新園 中華料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


大新園 ( 元町・中華街 / 中華料理その他 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ところでここと対象的な、まさに大衆系『雲龍』の排骨麺は・・・

雲龍100925

こんな感じ。

味が濃いのも化学的な旨味がきついのも苦手なのは事実だが、ここの妙にジャンキーな麺類は美味しくいただける不思議よ。
揚げ立てジュワジュワの骨付き肉が、無造作にざんぶり浸かった排骨麺。
何故か肉にはカレー風味が付いている。
なんだか大変チープな味わいなんだけど、このカレーの香りが妙に食欲をそそるのだよ。

味覚って不思議です。

ともあれ、優しい味否定派(?)はこっちにドウゾ。


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
やっぱりあの排骨麺が喰いたくなってくる。食欲連鎖反応?


わんたん―1(わん)から覚える英単語集わんたん―1(わん)から覚える英単語集
著者:中田 達也
学習研究社(2005-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「犬の生活に関連する楽しい例文を集めた、とってもわんだふるな英単語集」
だそうだ。真面目な本らしい。ううむ。


ハイ・エース 家庭用製麺機
ハイ・エース 家庭用製麺機


arima0831 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 22, 2011

バンコク『永和豆漿』で、小腹を満たす 〜謎の微笑みタイランド 其の四〜 

昼頃にプーケットを発って、一時間ほどでバンコク着。
空港から乗り込んだタクシーの中は、骨まで凍れよとばかりにキリキリとエアコンが効いている。寒いんで窓を開けたら、排気ガスの匂いに満ちた空気がモワモワと車中に満ちた。
こりゃイカン。
しょうがないので窓を閉めて、運転手にエアコンを下げてもらうことにする。

運転手は「にあァ〜〜、ぷァ〜ン、トァ〜〜」的なこと(タイ語はみんなそう聞こえる)を申し述べる。よくしゃべる猫と対話しているみたい。
あ、そうか、なるほどそういうことね、となにか理解したような気分で、こちらはこちらの思うところを英語で申し述べているうち、微笑み(若干暗め)とともに、ブンブン吹きまくっていたエアコンの風がスルスルと穏当なレベルに落ちた。やれやれ。

猫との対話に関しては、ワタシ年季が入っているのだ。
本当の猫相手の場合、どこの国でも日本語で話すがね。
でもとりあえず相手は人間なので、猫よりかなり理解し受け入れてくれる率が高い、ような気がする。今のところは。
やっぱり人類の基本は話し合いですよ。
うみゃ。

シーロム通りのホテルに着くと、既に2時をかなりまわっていた。空腹だ。
夜にしっかりなにか食べに行くハズなので、昼は軽く抑えるべし、ということで、アパ経の先導でホテルにわりと近いらしい店に向かう。
アパ経によると、このロケーションは「銀座」なんだそうだ。
ホテルがあるのは銀座八丁目くらいの位置。

バンコクの街にはBTSなるモノレールが走っていて、これがまあ実に立派で清潔な乗り物。
これができるまでは、ずいぶん大変なところだったらしい。
ホテルから徒歩5分ほどのところにスラサック駅があって、そこから一駅。
チョンノンシー駅のすぐそばに、目指す店はあった。


永和

ここだ。
前夜アパ経に「バンコクの中華って結構いけるんではねーの?」と絡んだので、連れてきてくれたのだ。
タイ料理はイヤでもなんでもないが、安くて美味い中華があるならそれはそれで素晴らしいことだよ。
しかも、店構えからして、なんかちょっといい匂いではないか♪

永和 (6)

とりあえず何品かオーダーして、店のお姐さんが引っ込んだ、そのほんの一瞬後に出てきた空芯菜炒め。
炒めモノ超速攻の店は、間違いなく美味い店、の法則。
薄味だがちゃんと出汁が回って、どんぴしゃな炒め具合だ。
うふふ♪

永和 (2)

水餃子もウマイ。
若干皮が柔らか目だが、餡の味がくどくないのでスルスルと胃におさまる。
もっとうまい水餃子は探せばあろうが、基本このくらいならば「いいじゃん♪」とニッコリ笑える内容。
しかもこの店は安い。

永和 (1)

ところでこの店、店名からわかるように本来「豆乳の店」だったのだそうな。

永和 (3)

白黒二色頼む。
黒いほうは、タイの物価を考えるとずいぶん強気な値付けだが、確かに味も香りも濃くて旨い。
ただし、一杯目は甘味がしっかり入っていたのだった。
黒をオカワリして、今度は甘味抜きにしてもらう。

日本はさすが大豆の国で、そこそこいい豆乳が日常的に買えるから、それに比べれば味わいが薄いような気はするが、臭みはないので誰にでも飲みやすそうだ。

永和 (5)

そして小龍包が、もくもく湯気を立ててやってきた。
薄い皮をの頭を引っ張って持ち上げると、底がプクッとして汁がタプタプする。
これも餡の味がしつこくなくて美味い!
思いがけず楽しいランチとなりつつある。
ぐふふふ。

永和 (7)

「夜に備えて小腹を満たす」という当初目標は既にクリアしたのだが、どうもここで終わるのがちょっと寂しい店だ。

この葱入り餅とやらが、なんだか大変ステキな感じで・・・

永和 (8)

ということで、豚肉入りの葱入り油餅ナントカ。
薄い小麦粉の生地で、甘味噌を塗った薄切り焼豚と葱をグルグル巻いて、外側をパリパリに焼いたもの。
美味しそうでしょ。美味しいんですよ。
オヤツ兼軽食にはステキな一品である。

・・・一品だけ喰うならば・・・。

これを喰ってるうちに、満腹ゲージがグググとMAXを指してしまった。
そもそも餃子にしても小龍包にしても、粉ものだからそこそこお腹は膨れる。
イカン、もう喰えん。
今こうして見ても、二人前の軽食という量ではなくなっているじゃないか。
やれやれ。

でもウマカッタな♪
またバンコクにくることがあったら、絶対にリピートするぞ。

こういう時は本当に胃が二つ欲しい。

永和豆漿


外は30℃を越える暑さ。
しかも空気が湿気でねっとり澱んでいる。
でもアパ経に言わせると「バンコクにしては爽やかで涼しい」そうだ。
この排気ガス充満度100%な空気だけで、既に「爽やかさ」とは無縁な街に思えるんだが。

暑くて空気が悪いだけではなく、車道と路肩の落差がやけに激しくて、まっすぐスタスタ歩けないもんだから、歩けば歩くほどムダな疲労が募る。
歩行者の便宜なんてものは、まったく想定されていないらしい。

後で聞いたら、この街でガツガツ歩き回るヤツは単なるアホなんだそうだ。
なるほど、この空気と気温の中で長く生活したら、歩きまわって移動しようなんて発想は消えうせるに違いない。

そうそう、よくよく思いだしてみたら、昔住んでたカイロもそうでしたっけね。

日本帰国当時、いちいち駅まで歩いて、電車乗って、また歩いて目的地へ・・・
というパターンが、もうそれはそれは苦痛だったのを思い出す。
ついついタクシーに乗りまくって、財政破綻しかけたっけ。

あれから十余年。人間どんな生活にも、馴染んで慣れるもんだ嗚呼。



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
なんのかんのとウダウダ夜に続く。




歩くバンコク2010~2011 (歩くシリーズ)歩くバンコク2010~2011 (歩くシリーズ)
著者:DACO編集部
キョーハンブックス(2010-09-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ところで上記の詳細は、全てこの『歩くバンコク』で拾い出したもの。ワタシはアパ経がくれた「2008〜9年版」を握って歩いてました。これ、いいよ♪


バンコク発【NARAYAナラヤ】イチオシ★旅行 トラベルグッズ 程よく品のある大きなリボンがポイント★キルティングトートスタンダードサイズ(ラウンドタイプ)が入荷しました!海外を飛び回る客室乗務員の間でも人気です♪(200) 【YDKG-m】【楽ギフ_包装】
バンコク発【NARAYAナラヤ】イチオシ★旅行 トラベルグッズ 程よく品のある大きなリボンがポイント★キルティングトートスタンダードサイズ(ラウンドタイプ)が入荷しました!海外を飛び回る客室乗務員の間でも人気です♪(200) 【YDKG-m】【楽ギフ_包装】

タイではこの「ナラヤ」なる店が人気だそうだ。パステルカラーにリボンのついたポーチとか。ゴメン、ワタシには理解できないセンス・・・。

arima0831 at 03:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 10, 2011

中華街『天龍菜館』がコギレイになった・・・か?

「観光地で美味い店を探す時は裏路地を歩け」と、よく言われる。
確かに表通りの大きな派手な店よりは、裏通りにひっそり張り付いているショボい店の方が安くて美味くて手頃だった、なんて話は世の中結構あるのだろう。
ワタシも知らない街では、表通りよりは裏路地に行っちゃう派だし。
ま、真理ではあるわな。多くの場合は。

でも、横浜中華街に限って敢えて言うならば、この「裏道裏路地の原理」は当らない、と言ってよいのじゃないかと思う。
このエリアって、全体が既にきれいに整地された観光地みたいなもんなので、裏路地だから特にびっくりするほど安いということはないし、一方で表通りにあるからその分高いということもない。

確かに有名店一流店と言われるところは、それなりのプレミアムがついているかもしれないけど、それだって「若干」といったところ。
むしろ一方で、裏路地のチープ感溢れる店が、本当に料理はチープなくせに案外高かったりするので、変に裏路地を狙う必然性はないエリアなのだ、と思う今日この頃。

しかし、一応穴場らしい穴場も、何ヶ所か無いわけではない。
その一つがこの『天龍菜館』。
中華街でも一番人通りが少なそうな道沿いにある。

一見したところ、店構えはボロい。
おっそろしくボロい。
なんでも元ガレージだったところをヤッツケで店舗にしたのだそうだ。
なるほど片側の壁は一面、剥き出しのシャッターだった。

でもこのボロさ、裏路地放浪穴場探し派のツボを、妙な具合にえぐる味わいを漂わせているんである。
なんだかよくわかんないけど、怪しいコギタナイ感じがツボに来るタイプ(ワタシのような)は、要注意な感じ。
このコギタナサの幻惑効果から来る面白さを、美味しさだと思っちゃう人は居るみたいだ。

実は数年前に一度、やはりこの店の妙に「えぐりに来る感じ」に見事引っかかって、十名ほどで宴会を催したことがある。
確かに「そこそこ美味い」と思える料理もあったが、どう考えても塩の投入量を間違えたとしか思えん料理あり、どうにも雑な炒めものあり、微妙に生臭いスープあり、しかもコース設定は実にテキトーなもの。
だから、絶賛して通おうという気にはなれずに終わった。

あとで調べたら、この店を愛するには技が必要だったらしい。
広東料理に対するしっかりした造詣があって、自分が具体的にどういうものが食べたいのか、料理名と調理法も含めて伝えることができれば、横浜中華街の一角にあって、広東の片田舎の庶民食堂の美味が再現可能な稀な店になるらしいのだ。

でも一方で、その辺が曖昧な一般客が行くと、料理がヤッツケ気味になることもあったのだろう。悪意でそうしていたのではなく、単にムラが多い店だったのだと思う。

その後数年再訪せず過ごしたが、最近代替わりしたと聞いて久しぶりに行ってみた。
やっぱりどこかで気になっていたのではある。
で、なんとなく、何度か通った。

内装は若干だけれど改善されていた。
基本的に同じ店そのまんまなんで、変化と言っても知れているのだが、シャッター剥き出しだった壁には、目隠し用に派手な中華山水系風景のスクリーンが下げられ、ガタガタのデコラ張り剥き出しだったテーブルには、ビニールのディズニー柄のクロスが張られ・・・といった具合に、若干薄化粧した感じにはなっている。うっすらと。

料理の基本的な味わいは、変わってないように思う。
新しく来た若い厨士に以前の老板が、アレだコレだと教え伝えているそうだ。
接客は奥方らしき女性と息子達らしき若者たちが担当して、以前よりは店らしくなった。日本語が今ひとつ通じないのは相変わらずで、基本的には東南アジアの裏路地メシ屋の体裁。
良くも悪しくも、そこいらへんは同じだ。


で、以下、食べてみたものなど・・・。

天龍菜館 百合と鶏肉

以前は夜のみの営業だったが、代替わりしてランチも出すようになった。
500円。ワンコイン。中華街のランチ価格としては最底値だし、週末もやっているところはポイント高い。

この一品は「鶏と木耳と百合の花の炒めもの」で、味はやや濃いが実に広東庶民菜らしい旨味がある。
他は酢豚だのカニ玉だの麻婆豆腐だの、実に当たり前なもんばっかりなのだが、何故かコレだけ広東路面の匂いを放ってて不思議。

スープ(たいてい冷めてる)と漬物にご飯がつくので、500円ならば文句ない内容。
しかも4時ごろ入ってもランチを出してくれる有難さよ。
最近は午後通し営業だ。

確か昔の宴会でも、こんな一品を食べた記憶。
アレは確かにまあまあ美味かった。
当時は写真を撮らなかったので、記録無しなのが悔やまれるな・・・。


天龍菜館 例湯

夜に例湯。
昆布だの鶏肉だの諸々の漢方薬膳素材だのが、茶色い汁でゴッタリ煮込まれてる。
この濁り具合が、これまた香港の路面店の例湯そのまんま。
大珍楼なんかで出てくるような、上品なものとは別世界だけど、まあコレはコレでアリだ。
若干生臭いけどね。

もう少し安価にこの半量が食べられたら、ワタシはたまには食べに行くかな。
でも、このでかいラーメン丼一杯の量だと、これにご飯で食事が終わっちゃうのが辛いところ。


天龍菜館 蒸猪肉

壁のメニューに出ている蒸猪肉。塩魚がのっている。
甘味と中華醤油のこってりした味が強い。
千円するので一人では頼みにくいのだけど、半分持って帰ることにすれば一品で二度美味しい。
そう、美味しい。
香港で出てくる、あの蒸し肉の味だ。
ご飯にのせてガシガシ掻っ込むと、結構イケてしまうぞ♪

天龍菜館 小龍包天龍菜館 餃子

小龍包は、原則どこで喰っても打率が低い。
だからその割りには、まあよろしいんじゃないですか、と思える出来。

餃子も然り。
別にわざわざ喰いに来るほどのものではないが、一応ちゃんと作ってあるので不満を覚えるほどのことはない。


天龍菜館 ちまき天龍菜館 チャーハン

しかし粽はご飯がねっちょねちょ。

炒飯は「ウマイ」と褒める例も見かけたんだが、ワタシが頼んだ時には明らかにやる気がなかったらしくて、正直自宅で作るヤキメシと大差はなかった。
炒飯ですらない、家庭のヤキメシ。
しかも、鍋振りが下手くそなワタシが作るやつだ。
この店のヤッツケ仕事は健在らしい。
もうちょっと頑張れよ。

そう、この炒飯を頼んだ夜は、オットに猫騙しをかけて突入していたのだ。
「店はキタナイ」と重々言い含めてから入ったところ「なんで?キレイじゃん」とか抜かしたオットよ、アナタの感受性はどこかがおかしいと思う。

天龍菜館 鶏鍋

・・・でも、この時注文を強行した「朝鮮人参鶏鍋」は、確かにアナタの言う通り、スープの生臭さが素材を完全に殺していたよね。
しかも、鶏はもうちょっと煮込まないとイカン状態で、骨から身が離れず喰い辛かった。
デフォでメニューに上げているなら、仕込みはちゃんとしといてくれ。


・・・とまあ、こんな感じで、やっぱり「きちんとお食事」ではなくて、ヒットエンドラン型の速攻メシに向いた店だな、という結論。
しかも、そこでゲッツーを喰らうリスクはある。
その辺りを、必ず念頭に置いて行くのがヨロシイかと。
中華街での楽しい食事に、一発必勝の期待をかけて遠路来る人は、決して近寄らないように。

で、ワタシなんだけど、たぶんまた行く。
ワンコインのランチはバリュー高いし、香港のストリート的な味わいは、確かにちょっと捨てがたいものがあるから。

この「代替わり営業」には、そういう意味では続いて欲しい。
だからあともうちょっと、この諸々の料理の基本的なムラを、解消してくれると有難いなあ・・・と思う次第、なんである。


天龍菜館 ( 石川町 / 広東料理 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
ヒットエンドラ〜ン♪



横浜中華街―世界最強のチャイナタウン (中公新書ラクレ)横浜中華街―世界最強のチャイナタウン (中公新書ラクレ)
著者:田中 健之
中央公論新社(2009-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

キレイに整理整地される前の中華街の歴史など。

【中華まん】今だけ送料無料!横濱中華街の元祖パンダまん3ヶパック(素朴なチョコあん♪)【レビュー特典♪】 02P21dec10
【中華まん】今だけ送料無料!横濱中華街の元祖パンダまん3ヶパック(素朴なチョコあん♪)【レビュー特典♪】 02P21dec10

パンダまん。チョコ入り。最近こういうキャラクターものが増えた中華街。

arima0831 at 18:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 06, 2011

再び!中華街『金陵』のチャーシューあひる丼♪

自分で記事にしといて、どうにもこうにも喰いたくなってしまったので、中華街へ。

夕方半端な時間に行ったら、たまたま二階は休憩中だとかで入れず。
平日はそういうこともあるらしい。
他で時間を潰して出直した。

金陵


相変わらずナイスなルックスの「チャーシューあひる丼」♪
焼鴨も叉焼もウマイが、茹でた青菜と煮玉子半分がまた良いアクセントだ。

実は「あひるが出てない」という噂を聞いたので、ちょっと心配していたのだが、頼んだらすんなり出てきた。
そういえば前回食べた時「焼鴨なし」だったのでもある。

気になったので聞いてみた。
確かに去年の秋くらいに、欠品していた時期があったそうだ。
台湾であひるの疫病が流行ったおかげで、台湾産のものが輸入できなくて一時出せず、現在はアメリカ産に切り替えて提供中、との由。

本来ならば、台湾産のほうが脂ののりはよいのだとやら。
そう言われてみれば、家鴨の脂の旨味が以前よりは多少平板なような気がしないでもなかった。
でも、言われなければ「美味しかったわん♪」と喜んで帰れるくらいで、ワタシならば現状で十分に美味しい。
一日も早い台湾産の復活は祈るにしても。

写真を撮っていたから「ブロガーだな」と思われたのか「今月のお休みは変則です」とお店のお姉さんが丁重に説明してくれた。

普段は月曜定休なのだが、お正月はずっと営業していたので今日6日木曜日が代休。その後11(火)、17(月)18(火)と休んで、翌週から通常の月曜てい急に戻るとか。
せっかくなんで、ご案内をば(笑)。

ウィークデイにお出かけの方は、どうぞお気をつけくださいまし。



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
怒涛の更新が、何故か(?)継続中。何時まで続くか・・・?


香港・食のパノラマ広東料理の名店「〓記(ヨンキー)酒家」 (コロナ・ブックス)香港・食のパノラマ広東料理の名店「〓記(ヨンキー)酒家」 (コロナ・ブックス)
著者:菊地 和男
平凡社(2010-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

最近買った本。自虐的に涎腺を刺激するにはいい本です・・・。


アドメイト ぬいぐるみTOY あひる
アドメイト ぬいぐるみTOY あひる

犬用おもちゃだそうな。

arima0831 at 11:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 02, 2011

中華街『金陵』で二種盛り丼X2 〜はるみんがやってきた♪ 其の二〜

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

誰もこのペースが続くと信じてはいないと思うんだけれど、この一年ほどの状況を思い返すと、考えられないような頻度で更新している年末年始。

単なる勢い、である。
これがどこまで持続するかは神のみぞ知る。
続かないどころか、なんとなくふにゃらふにゃらと止まっちゃったりしかねないので、続いている間に回数を稼ぐつもりなのだ。
自分でも最近、その辺が予測不能で困ったもんだったり・・・。

昔は一度勢いがつけば深く考えなくても、1500mを4分30秒ちょっとで走ったり、朝まで飲んだくれてからそのまま朗らかに終日働いたり(どうしてこうろくでもない例しか思いつかないのであろう)、まあ要するにブレスがもうちょっと続いたのだが、最近はちゃんと考えて息継ぎしないと、あっという間にヘタクレてしまう。普通のオトナはこういうトシになる前に、きちんと息継ぎを習得しているもんだ、という常識的な話は敢えて考えまいよ。嗚呼。

ここで新年を期して、頑張る誓いでも立てたくなるのだが、空振りの原動力(?)になりかねんのでもう止めておく。
今年もゆるゆる行こうと思います。うみゃ。

さて、実に久しぶりに、拙ブログの「アクセス解析」なるものをのぞいてみた。
検索キーワードで上位に来るのは、常に変わらず「横浜」「中華街」「おすすめ」。次に「野毛」「関内」「ランチ」など、穏当な言葉が並ぶ。

そして何故か「レバ刺し」。
何故「レバ刺し」?
「車橋」も多いから、それとセットなのか?
それとも単にワタシが好きだからか?
そんなにしょっちゅう食べる機会があるもんでもないがなあ。
そもそも世間が、そんなにレバ刺しを求めるものだったとは知らなんだ。

それはまだよい。
11月は「モーニング」という、ワタシの生活状況からまったくかけ離れた、いっそ嫌味としか思えんキーワードがランクインしていた。
ゴメン、モーニングの情報(全般にあらゆる意味で)をお求めの向きは、他を当たってくれろ、と一応申し上げておく。
モーニング情報が豊かなブログは、深夜2時半だの3時だのにしょっちゅう更新されていたりしないです。

で、たまには素直に求められている(らしい)話を、ということで中華街の話。

2010年、中華街で一番よく足を運んだ店はどこか、と考えたら、関帝廟通りの『金陵』だった。
初回に叉焼も家鴨も食べなかったもんだから、つい侮っていたのだが、ふとある時ここの名物「チャーシューあひる丼」を喰ったらウマすぎて愕然としたもんだ。
以来、出遅れた分を埋めんと、へたすりゃ毎週通っていたような時期もあった。

そして夏に来たはるみんが再び現れて『金陵』に行きたいなー、と。
行きましょう行きましょう♪と、歌いながら細い階段を二階に登るワタシ。

今回は二種盛りの丼を二つ頼む。
これでも2X2=4種類食べられるのだ。
女子二名で「肉の盛り合わせ」は、一般的には暴挙なのである。


金陵100928

実は彼女の分は「チャーシューあひる丼」の予定だったが、焼鴨はまさかの売り切れ!
ならば「白切鶏(蒸し鶏)」が次点の絶賛オススメ品だ。
半端な店だとパサパサだったり生臭かったり、実は仕上がりが相当ばらつく一品でもあるが、ここのは文句ない。

「蒸し鶏」とだけ言われると、ついつい「無理してここで喰わんでもイイんじゃないか」と思ってしまう。
でも、この汁気をたっぷり湛えた骨付き鶏は、なかなか他所ではお目にかかれないものではないかと思う。
絶妙に火の入った鶏のぶつ切りに、大蒜・葱・生姜に調味料をブレンドした塩味ベースのタレがみっちり絡み付く。

「わ、おいしーーい♪」と、目を細めるはるみん。
そうでしょうそうでしょうとも♪と、箸を伸ばして半分奪取するワタシ。

尚、ワタシの中華街ベスト白切鶏は、いまや懐かしの『栄楽園』だったが。
もうとうに閉店しちゃったが。しくしく。

これに叉焼を組み合わせてみた。
ここの叉焼の旨さは、イマサラ言うまでもないであろう。

金陵100928 (1)

そしてワタシは皮付き豚バラ(いわゆる焼豚)&焼き鶏。
皮のパリッとした塩味の豚バラも、四種考えるなら外したくない一品。
鶏の焼いたのも、また違った味わいでヨイ。
鶏ならどっち?と言えば、ワタシはやっぱり白切鶏になるが。
この辺は好みだろう。

嗚呼それにしても、焼鴨食べたかったな・・・あーイカン、ヤミクモに喰いたくなってきた・・・。

金陵100928 (2)


暑い日だったので、胡瓜も追加で頼んでポリポリ齧った。
いい口直しになるぞ。
ビールの肴にもヨロシイです。


金陵 ( 元町・中華街 / 広東料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



追記:
通常は月曜定休だけど、一月に限って6(木)、11(火)、17(月)、18(火)の変則休業になる、そうです。この翌週から月曜定休。
その後たまたまそんな情報を耳にしたんで、一応ご参考までに。



この日は、はるみんが二名分確保してくれた招待券で「ドガ展」にも行った。
昼前から一時間ほどかけて、久しぶりにみっちりと絵を眺める。
絵画はさっぱりわからないのだが、初期から始まって年代別に一人の画家の作品が展示されていると、流れがあってなかなか面白い。
不思議なくらい性的な匂いのない絵でもある。
女性の胸や陰部を含めた「前面」よりは、むしろお尻や肩に興味が向いているらしい。腕や脛のディテールが実に丁寧に描き込まれているような気がする。
あくまで目が向くのは筋肉や脂肪の動きが見せる陰影であって、官能的な情緒は感じさせないのが、なんだか独特な感じだった。



人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
この後、オヤツ編に続く・・・。


横浜中華街―世界最強のチャイナタウン (中公新書ラクレ)横浜中華街―世界最強のチャイナタウン (中公新書ラクレ)
著者:田中 健之
中央公論新社(2009-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

のどかな観光地にも実は激動の歴史あり。新書で手軽だが、内容充実です♪


愛犬と一緒に楽しむヨガ DOGA(ドガ)
愛犬と一緒に楽しむヨガ DOGA(ドガ)

「ドガ」で検索したら出てきたDVD。なんじゃこりゃ。
実はリンク切れ。愛犬団体から抗議でも来たのか?


arima0831 at 19:50|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote