にっきさん クリスマス を含む記事

September 02, 2008

KIKUYA de デート&ハッピーバースデー、ワタシ♪ 〜そしてヒメさんは元気なり・・・!〜

ハッピーバースデイ、わったし〜♪・・・(酔)

八月末日で45歳になった。
自分が生まれた区切りの日って、どんなときでも嬉しいものだ。
四捨五入でどうとかいうどうでもいい計算は、この際考えないことにする。
正直言って「イマサラなんだ」という気がするのだ。
負け惜しみじゃなくって、ですね。ホントです。

お誕生日だからケーキを注文する。
昨年クリスマスに『キッチン山田』で初注文を果たして以来、何故か何事かあるたび
なんちゃってケーキを頼む習慣になってしまった。
こうして人は「甘沼」にズブズブ嵌っていくのか・・・(怖)

当日にっきさんKIKUYAで待ち合わせ。
我がお誕生日向けに、ケーキをオーダーしたところまではよいのだが
結局家の近くまでご足労をいただくことになってしまった。
スミマセン・・・はは。

KIKUYAサラダKIKUYAのサラダからポテトが消えて
普通の野菜サラダになっていた。
ワタシは減量中でもあるし
もともとボリュームのある店なので
ポテトサラダにそれほど未練はないのだが
あったものがなくなると
寂しがる人も多い様子。

普段はお願いしてスープを一緒に先に出してもらうのだが、混む時間帯だったので
ちょいと遠慮。
実はあのスープは、メインと一緒に出てくるよりもサラダについてくるほうが
おなかがあったまっていい感じだな、と思っているのだ。
ワタシだけだろか?

KIKUYAバターマサラにっきさんはスリランカカレー。
ワタシは前回と変えてバターマサラにする。
トマト味でクリーミー。
辛さはややマイルド。
スリランカと二本立てで行くなら
個性の違いが出てよろしいんじゃ、と思う。
ご飯は少なめで頼む。


一人で食べていると感じないのだが、二人でアレコレくっちゃべりながらだと
ここはやっぱり量が多いのをしみじみ感じる。
いつもは一気呵成にガツガツいくので「こんなもん?」と思っていたが
しゃべりながら喰い、喰ってはしゃべり・・・と、ふとカレー皿を見ると、
中身があまり減っていないんである。

「けっこうな量ですねえ」とにっきさん。
「ううむ。すくってもすくっても減らない、不思議なカレーなんですよ」と、
つい常連ぶるワタシ。

にっきさんによれば「普通はこのお皿の半分がご飯でも不思議はない」と。
なるほど、そういう風に考えてみたことはなかったな。
そういわれてみればそうかもしれない。

本当にお会いするのは初めてなのだが、以前からよく知っている人のような気がして
なんとなく話が弾んでしまう。
ふと気がつけば、二人席待ちの人がいたので場所を空けた。

マラスキーノ・スライス















帰宅後、せっかくなので記念撮影をば。
マラスキーノ・スライスという。
アーモンド粉がたっぷり入ったスポンジにマラスキーノ酒がたっぷりしみている。
つい紅茶で食べちゃったが、これならばシャンパンでよかったなあ、と後で思った。
飲兵衛向けのケーキだな。
こういうものを上手に見繕ってくださるので、いつもにっきさんへのオーダーは
怪しい符丁にまみれた暗号電信分のようになってしまう。
毎度解読、ごくろうさまです・・・。

このケーキはクール便配送不可、ということで、わざわざお届けいただいた次第。
ありがとうございます。

本来ならば、そこで十分に恐縮するはずなのではある。
しかしここで「配送不能なケーキが食えるチャ〜ンス!」と、
あさましくも思ってしまうのだよワタシの場合。

シュークリーム
















そんなわけでシュークリーム。
嬉しくも「ヒメちゃんつき」だ。

こんな写真をタイムリーに見せてしまうにっきさんも悪いぞ。
ケーキはじめ甘いものに本来大して執着はないが、シュークリームやらエクレアは
ちょっと別なのだ。
しかしこれらは「配送不可」という壁が。
だからいつも指をくわえて写真を眺めていた次第。

ヒメ1箱を開けたとたん
ふと忍び寄る怪しい影・・・。
レプリカの向こうにリアルのヒメ登場。
ヒメちゃんは「クリーム・乳製品フェチ」なのだ。
「それちょうだい。ワタシにもチョウダイ」と
言い募って寄ってくる。
いいからあっちに行っていなさいってば・・・!

ヒメ2
む・・・?
なんだなんだ・・・?!
あっ、なにをっ・・・!!




ヒメ2
やめんかいっ!!

と、危ないところで追い払う。

まる一個くわえて走る体制だった。
まったくもう・・・。



にっきさんには申し訳ないのだが、一口二口ばかりシューをちぎって、カスタードを
載せてやったところ、狂ったようにかぶりついておりました。
ヒメさん、大喜び。嗚呼やれやれ。
まったく変な癖がついちゃったもんだ。

ヒメならずとも、このシュークリームは最高だ。
カスタードと生クリームがふんわり軽く混ざっていて、口の中で溶ける。
軽く塩気を含んだ香ばしいシューが、柔らかい甘味を受け止めて、これはタマラン。
初めてクリスマス用にマロンシューロールをお願いして以来、このシュー皮に
オットともども嵌っているのだよ。

シューロールシューロール







これは結婚記念日にお願いしたさくらんぼのシューロール。
これもヒメさんが鳴いて騒いで欲しがった逸品(???)なのであった。
記事を上げてなかったが、ついでに公開。
自家製サワーチェリーをちりばめたもの。

これも美味しかったのだが、忘れられないのが春先、オットの誕生日にお願いした
「苺のシューロール」だった。
雪解けのような淡い食感の生クリームに、ほんのり甘酸っぱい苺が入って
うっすら塩気のあるシューが・・・ああ、これが通年注文可なら、阿呆のようにこればっかり注文していたかもしれない。

オットはどちらも大喜びで、半分を恵方巻き状態で喰っておりましたな。

そんなこんなでもう既に4〜5回お願いしているのだけれど、毎度間違いなく
楽しいひとときとなっている。
すっかりケーキ癖がついちまいました。やれやれ。

ところで話変わって、ヒメちゃん近況。
世間では「飼い主とうりふたつ」といわれている猫だ。
にっきさんの感想も同様だったようで(笑)

実はヒメちゃん、年明け以来「悪性腫瘍持ち」と診断されていたのだった。
しかし最近あまりに元気一杯です、どうしちゃったんでしょう??
・・・と、主治医のドクターTに定期通院時に相談をしたら
厳しい顔つきで体中に聴診器を当て、体中を押し撫でさすり、目や口の中を覗き・・・

あまりに顔が険しく難しくなってくるので「ああこりゃあ最期のご診断が・・・?」
と覚悟を決めかけたところで

「・・・癌じゃない・・・」
「は・・・?!」
「やっぱり病理検査が正しかったんだ。癌じゃないよ」
「せんせえ〜」
「不思議なことだけど、この腫瘍は半年以上、まったく肥大していないんだ」

そう、ヒメさんの腫瘍、三月の某大学病院の病理検査では「悪性所見なし」と
出てはいたのである。
しかし顎骨の変形などなど、過去の山ほどある症例からすると99%癌です
という診断だった。
「病理が失敗することも、申し訳ないけれどあるのです」とお詫びまでされた
経過がある。

確かに一時期ひどく弱って、しばらくはろくにものも食べなくなった時期もある。
点滴を打ってもらいながら、ああこりゃあもう・・・と覚悟を決めていたのだけれど
何故か少しずつ食べる量が増えてきて、口から食べるほどに体が回復していくのが
目に見えるようだった。

食べることは生きること、と柄にもなくしんみり思った。
美味しいものはイキルチカラの源なのだ。

顎の骨は腫れて歯肉は傷み、もう高齢でもあるから油断もできない、とはいえ・・・
すっかり元気なヒメさんは、一日六回たんまり食べては健やかにクークー高鼾で眠り
遊びに出かけては「お土産よおぉぉっ!」と雄叫びをあげつつ
生きている蝉やらトカゲやら、挙句に昨夜に至っては
「コウモリの赤ちゃん(どう見てもアレはそうだと思う)」までくわえて帰ってくる。
オットには渡さず必ずワタシの目の前に置いてくれるので、どうやらワタクシへの
ご厚意のようで・・・(嘆)

無視すればよさそうだが、寝ていて起きていかないと、わざわざベッドの中まで
「ほらほら」と持って来てくれるので、例え深夜早朝であろうと「授与の儀式」は
執り行われるのだ。

ううっ、ありがとうね。ヒメさんはエライねえ・・・とありがたく押し頂いて
こっそり外にリリースするのだが、オットに言わせると「感謝が足りない」そうだ。
自分はもらえないから、ちびっとスネているらしい。
でも「目の前で喰って見せないとカワイソウ」はないだろう。
そこまで言うか?

そして外で鳴けば風流な蝉の声も、ひとたび家内に入れば耳をつんざくような
凄まじい音となるのを知ったこの夏。

それにしても元気になって遊び歩くヒメさんが、なんとも幸せそうに見えて嬉しい。
猫でも「健康のありがたみ」を実感することってあるのかしらん?



ランキングバナー人気blogランキングへ ←喜びのクリック!ほれ、ぽちっ!
お誕生日プレゼントは年中無休で受付中です(蝉、とかげ、コウモリなどを除く)。




コウモリ識別ハンドブック

猫がコウモリを差し入れてくれるご家庭に・・・。

泳いで帰れ (光文社文庫 お 36-2)

奥田英朗のアテネオリンピック野球観戦記。なんだ、穴は要するに同じじゃん・・・
という感想になるけど面白いです。

arima0831 at 13:20|PermalinkComments(19)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 25, 2007

ショー・ラパン&キッチン山田 〜チキンなイブにスイーツなワタシ・・・嗚呼、ヒトマカセ♪〜

メリー・クリスマス!

翌日休みといったって、イブのイブなぞしょせんはただの「休前日」というのに、昨夜(23日夜)はどこもかしこも静まり返っておりました。
ネット上は、だが。
リアルなみなとみらいあたりはカップルが、どっからこんだけっつーほど
ウジャラウジャラしとったそうだ。
ただの週末なのになーーー!

結局、いぬわんクンと自分ちのブログ+メールで三段違い平行棒チャットをして過ごしたのだった。
単になりゆきで。

こんな方も乱入・・・リアルみなとみらいのアーティフィシャルさと打って変わって、バーチャルなネット世界は濃く熱い。苦しいほどだ。嗚呼。

そして、みなとみらい的状況からもリアルみなとみらいからも離れた南区某所では、孤独に一人他ブログ解析記事を書いていた人もあり。
この地道さが、いつかリアルに報われんことを。
結構楽しく遊べるし。
しかしどっからみつけてくるんだ、こんなもん・・・?

こうした並み居る暇寂人を尻目に、徹夜でケーキを焼いていた人もチキンを仕込んでいた人もいる。
単なる連休の中日なのになーーー。

夜が明けていいかげんたったころ(どれほどいいかげんたったころかは敢えて聞かないでほしい)、ずるずると起き出して買出しに・・・

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:その他


毎年毎年どうしたもんかねえと悩んだ末に、自分でいいかげんになんか作ってごまかすのだが、こんなことならば今年は「ケータリング」というヤツで行こうぢゃないかっ!と決意し、手配した。
濃厚な味のスタッフィング(内臓を刻んだもの、香草、パンなどが複雑に混じりあっててうまい)のはいった、外はぱりっと中はジューシーな大型ロースト・チキン。
てんこ盛りの付け合せ野菜(グリルしたズッキーニ、なす、そしてラタトゥーユ、ポテトグラタン)、クラムチャウダー・・・そして「オマケ」ということで、スパークリングワイン一本に「オムライスの中身」と赤いチキンライスもいただいた。

一気に食べ散らかして気付いたときには「写真なし」。
まあ、どうせどこかで誰かがUPされることであろう。
適宜そこいらへんを巡回してみてくださいまし。
ほんまサンのところに画像あり)

旨くて大量。
これで向こう数日のオカズの算段はついた。
みるみるうちに哀れな骨と化したチキンに合掌しつつ、そう思う。
ああ、ありがたや。
贅沢っていいな。

そして・・・クリスマス・ケーキなんというコッパズカシイもん、ダレが買うかよ、と長年思っていたのだが、なんだかどうしてもどうしてもこの方のケーキが食べたくなって、今年はお願いしてしまった。

ついで、と言っては申し訳ないが、以前から「美味しそうだなあ」とユビを咥えていた焼き菓子も。

ミルリトン「ミルリトン・ド・ニース」という。
実は昨夜はこれを齧りながら飲んでいた。
最初はまずコーヒーを淹れたが
一口齧ってコニャックに切り替え。
こ、この菓子は・・・酒を呼ぶぞっ!

「キッチン山田」の商品説明によれば、

「・・・フィリングは胡桃(北が産地)を粉末にしたものとアーモンド粉(南が産地)をあわせた、多分当時のニース(南)の人にとっては贅沢な内容だったかと思います・・・」との由。

ミルリトンこの「胡桃とアーモンドのフィリング」が
ねっとりした舌ざわりなのに
くどさや甘ったるさがないので
コニャックが進むのだよ。
うみゃうみゃ。


ケーキは「マロン・シューロール」。
単にケーキをお願いしたのに、クリスマスらしいラッピングに飾り付けをしてくださる心遣いがとっても嬉しい。

シューロール迫力の「薪」だ。
デコレーションケーキなんてものは
実は見てるだけで妙に照れるのだが
こういうケーキの素朴な姿は心和むなあ。
ああ、うまそうだ、と素直に唾を飲む。

シューロール2ロールケーキだから
輪切りにするとこんな感じ。
シュー皮の塩気と甘味を抑えたスポンジ
そして栗を練りこんだクリームが層を成して
・・・これも酒を呼ぶんだよう・・・!

にっきさん、今頃は一息ついているころだろうか?
暇人どもがブログをごちゃごちゃいじくってる間、夜も寝ないでケーキを焼いていた彼女に、まずは心から「メリー・クリスマス!」と申し上げます。
にっきさん、ロールの残りが今、恵方巻にされかけて・・・うわぁぁぁ!

メッセージ
皆々様も、楽しいクリスマスを!





ランキングバナー人気blogランキングへ
そしてっ!
香港マカオの情報は、引き続き募集中ですっ!



激安!カミュのナポレオン!

香港粉麺飯―めんとご飯

へっへへ・・・♪

arima0831 at 00:20|PermalinkComments(20)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote