まったり屋 を含む記事

December 01, 2009

『まったり屋』のホットワインで寒気を乗りきれる・・・か?!

アドヴェントが始まった。
待降節というやつだ。
クリスマスの4週間前から、教会にキャンドルを四本立てたクランツが飾られ
日曜日の礼拝ごとに一本ずつ灯されていく。

リースやらツリーやらも、欧米ではこの時期に一斉に町に出る。
日本の場合、11月の声を聞くとすかさずツリーの点灯なんかが始まるが。
かなり予算をくうデコレーションだけに、採算の関係なんかがあるのだろう。

日本のクリスマスは八百万多神教的な土着の祭りの一つとして、特にこの
四半世紀くらいで独自の発展を遂げたようだから、オリジナルのキリスト教的
あり方を云々するのはヤボなんだろう。
でもなんだかフライングの感が拭えないまま、なんとなく一カ月ほど過ごして
アドヴェントまでたどりつくと、やっぱりちょっとほっとする。

ドイツで何度かクリスマスを過ごしたことがあるのだが、アドヴェントに入る
と一斉にクリスマスマーケットが始まる。クリスマス用の飾り物やキャンドル
なんかを色々売る市だが、なんと言っても嬉しいのはグリューヴァイン(ホット
ワイン)の露店。大きな鍋で赤ワインをあっためて売っているのだ。
キリキリ冷え込む雪の日、柄杓でざぶんと紙コップなんかに湯気の立ち昇る
熱いヤツを注いでもらって啜ると、体がほんわか暖まって嬉しかったな。
買い物の用も無いのに、これ飲みたさに市に散歩に行ったこともある。

さて、ドイツのクリスマス風景とは一転して、相変わらず日中は貸し切りで
まったり和めることが多い『まったり屋』
冬寒く夏暑い、実に環境に優しい店なのだよ。

ある時ふと思いついて「ホットワインなんか出したら如何なもんでしょう?」と
言ってみたのだった。
なんとなくこの店に合うような気がしたんである。
なによりも、寒さが凌げる。

まったり屋ホットワイン 001

で、次に出かけたら、しっかりメニューに入っていたので、早速頼んでみた。

まったり屋ホットワイン 002

写真ではコーヒーとの見分けがつきにくいかとは思うが(!)、
これがグリューヴァイン。

実は「それってどうやって作るんでしょうかあ」と例ののんびりした調子で
お姉さんに聞かれたので、最近自分でイイカゲンにやってみたものを
参考までに、これまたたいへんイイカゲンに説明してみたら、なんだか
それらしく出来上がっていた。
メニューから抹消されないように、冷え込む晩にお出かけの折などあれば
是非お試しあれ。
とりあえずあったまります。

自宅で作る時には、赤ワインを鍋に注いでシナモンとクローブを放り込み、
激しく煮立たない程度にあっためて、仕上げにひとたらしレモン汁を落とす。
ちょびっとハチミツなんかを入れて飲むとウマイ。それだけ。

赤ワインは不味くて飲み残したようなもので十分。
シナモンはなんでもいいけど、ワタシは木片みたいなホールのヤツがたまたま
家にあったから、親指の先くらいの大きさにパリンと割って放り込んでいる。
喫茶用に出て来るスティックは、結構いい値段がするから勿体無い・・・という
とってもセコイ理由である。
甘い香りが意外に赤ワインにしっくりくる。
シナモンは体を温める効用もあるらしい。

クローブはなくてもいい。
でも入れるとちょっとスパイシーさが加わって良い感じだ。

レモン汁は少し落とすと、何故か味がまとまるような気がするから不思議。
甘味もちょっと付けたほうがよいみたい。

コツは「電子レンジを使わないこと」だろうか。
電子レンジで加熱すると、何故かチョー不味い液体が出来上がってしまう。
飲めたもんじゃないのだ。
どうしてこうも違うのだろうなあ。
ひょっとして燗酒も電子レンジだと不味かったりするのだろか?
どうなんでしょう??

まったり屋 牛筋カレー

まったり牛筋カレーもウマイぞ。
小腹をふさぐにはちょうどいい量。

ところでこの店、勉強をしたり諸々の資料を読み込んだりするには、
実にいい店だということが最近よくわかった。
なにしろ長居するのが前提のような店だし、程よく静かで空気もよいので
不思議と集中できるのだ。
この手のカフェによくある、店主のコダワリを一通り鑑賞させられてるような
妙な重圧感がないからかもしれない。

「受験生はまったり屋にGO!」と言ったら「合格者名をあの辺の壁に
張りだしましょうかねー」と、店の一角を指差してお姉さんが笑っていた。

冗談だから、受験生は真に受けてぞろぞろ来ないように。

まあしかし、こういう空気の店はありそうでなかなかないので貴重ではある。
最近は多少防寒対策も整ってきたようだし、今年の冬は去年よりは、物理的に
より暖かい店になるんじゃないかな、と思う。

でもまあ、お出かけの際には暖かい格好が吉、かも。
念のため。

まったり屋 ( 阪東橋 / カフェ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
「いつまでも あるとおもうな まったり屋」だそうです。うむむ。




『まったり屋』にも装備されたミニホットマット。我が家は猫が占拠してる。


こっこさん
こっこさん
クチコミを見る

まったり姉さんオススメ漫画。まるで可愛くない凶暴なニワトリがいい味
出してます。

arima0831 at 14:30|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 13, 2009

伊勢佐木町『まったり屋』で「神社だ僧だ」 

なんせエアコンが苦手だ。
「あの風」が首回りに吹くと、肩がシクシク痛みだす。
これだけ世間中でエコエコいいながら、相変わらず冷蔵庫並みの温度設定を
怠らない場所が多いのは不思議だぞ。

だから「お茶して寛ごう」と思えば、最近はこの店に足が向く。

まったり屋メッセージ「インターネットやマスコミに
いろいろ取り上げられながらも
相変わらず潰れそうな店」とかいう
暗いはずのメッセージが
そこはかとなく軽い笑いと涼しさを醸しだす。
確かにこれだけあちこちで話題になっていて
それでもこれだけ人の来ない店っつーのも
ある意味独特といえるかも知れん。

しかも下の看板には、この暑いのに御丁寧に「エアコン無し」と記してある。
エコな主義主張じゃなくって、エアコンつける予算が組めないかららしい。
営業姿勢には一抹の涼風を感じる。

「だからかき氷が美味しい」というPRも、自虐ギャグじゃなくって
真面目なオススメ。

まったり屋 ミニ扇風機座るとまずこの
ミニ扇風機を勧めてくれる。
若干もあんとした空気に軽く怯むが
座っていると案外風が通る。
この扇風機のやわやわした風が
程よく湿気を飛ばしてくれるので
ワタシには快適な環境となる。

この夏一番のオススメ『秘境添乗員』(書店にて絶賛発売中)だって装備済み。
ワタシが装備しました。
ちなみに『KIKUYA』にもある。
皆さん読んでみてね。


まったり屋 避暑グッズ

避暑グッズ追加。
エアコンでキリキリ冷えた環境の場合、ワタシは酒以外の冷たい飲み物を
ほとんど飲まないのだが(ビールなどはたくさん飲む。酒はいいんです)、
こういう場所だと冷たいソーダもいいぞ。
生姜入りなるものを頼んでみる。

まったり屋メニュー

メニュー表記はこのようになっております。
最近ひょんな事情で日本史と格闘中につき、この「神社だ僧だ」は不思議な
感慨を呼ぶネーミングだ。
これを飲みながら、冗談抜きで「神社だ僧だ」のお勉強をしていたりする。
昔から寺社仏閣に無関心だったツケで、日本史がさっぱり頭に入らず(泣)

ストローの先はスプーン状になっていて、底に溜まった生姜のシロップ漬けを
すくって食べられる。

デフォだと結構甘めだが、ワタシはお願いしてソーダ多目で。
さらに途中でソーダ注ぎ足しもしてくれます。
いいのかこれが一杯500円で?

確かにこれを氷にかけたら美味しそうだけれど、かき氷がどうも苦手だから
誰か行って食べてみてください。
ここで食べるかき氷はきっと美味しいはずだよ。

ジンジャーさんに教えてあげねば・・・と思っていたら、既にお試し済みでした。
さすがは生姜の神。


ところで自宅のエアコンはほぼ除湿のみが稼動中。
それでほぼ過ごせてしまうのだが、台風の頃あんまり暑くて冷房にしたら
いつの間にか壊れていた模様。
部屋が余計に暑くなったので、さらに冷房嫌いが募るのである。
冷房が駄目になったのは、単に機械が古くて手入れが悪いからですがね。

それにしても、去年はうるさいほど叫ばれていた「地球温暖化」なる言葉を
今年はとんと耳にしない。
暑くなったらなったで、地震や台風の話題で吹き飛ばされてしまった感あり。

こっちは確かに深刻な「エネルギー危機」もついでにセットで忘れちゃうって
何故かなあ、とちょびっと不思議。

エアコン嫌いのワタシとしちゃあ、行政指導で「公共交通機関やタクシーは
28度設定」を励行してもらえないもんかしらん、と願ってみたりする。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
休むと言ったわりには早い更新。単なる現状逃避だったり・・・?




コイツをキッチンと風呂場前に配備するのだ!と天啓のように思いついたが
まだ実行に至らず。夏が終わる前に是非買おう。


秘境添乗員
秘境添乗員
クチコミを見る

絶賛発売中!一家に一冊!!

arima0831 at 13:00|PermalinkComments(6)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 05, 2009

伊勢佐木長者町『華隆餐館』、そして『まったり屋』へ 〜酔っ払いの夜はエンドレスだった〜

『車橋もつ肉店』を、結構なハイテンションで後にした。

新鮮なモツ類で元気をつけて一気に滾る血流。
生ビールをグビグバ飲み干して、さらに喜海島半々お湯割りの杯を重ねたおかげで
滾り湧き立つ血潮はさらに勢いを増して怒涛の如く体内を駆け巡る。
おーおーおー!

要するにゴキゲンよろしい単なる酔っ払いなのだが嗚呼。
ともあれ、気分良く足取り軽く、ひとりメシ嬢と二人辛い麺を喰いに向かう。

既に大方が予想している通り、向かう先は『華隆餐館』
勢いよく速歩数分で着いた、ような気がする。
新鮮なモツは人知を超えた力を与えてくれるのだよ。たぶん。

華隆餐館090226 004

キクラゲの辛い和えものでビールがさらに進む。
いつもながら大変ウマイ。
そしてキッチリと辛い。

華隆餐館090226 001

空芯菜の炒めも一瞬で出てきた。
ここの炒めものは早い。
青菜の炒めが秒速で出てくる中華は大方まず外れない。
適度ににんにくが効いた空芯菜は、シャキシャキとステキな歯触りで大変ウマイ。
今日は弟がガシガシと鍋を振っているのである。

華隆餐館090226 002

もっと食べたいとは思うものの、既に肉モツ類で血肉が滾っている次第なので
〆の坦々刀削麺。
今日は「弟・夜モード」で結構キッチリと辛いが、以前に火傷した麻婆汁ありほどの
強烈さはない。美味しくいただいた。

店内はいい具合に混んでいる。
相変わらず中華系のお客が多数派で、若干のアウェイ感がいい感じだ(?)

嗚呼辛かったウマかった、お茶でもするべ・・・と『まったり屋』へ。
最近地味にファンを増やしているカフェだ。

まったり屋 002まったり屋 001

なるほど噂どおり巨大なカップに入ったカフェオレ。
女子らしくスイーツも忘れず、二人で一個のプリンをつついた。

お茶すると言いつつ、カップに別注のウィスキーを注ぎ込んでいただく。
ワタシだけだが。
ウィスキーを注ぎ込んでおいてなんだが、ここのコーヒーは旨い。

ひとりメシ嬢の帰宅後、さらに一人でもう一軒。
翌日は激烈な二日酔いに苦しんだ阿呆なワタシであった。

ま、たまにはよかろ。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
猫には叱られた。



おとなの週末 2009年 02月号 [雑誌]おとなの週末 2009年 02月号 [雑誌]
販売元:講談社
発売日:2009-01-15
クチコミを見る

車橋も掲載アリ♪
他は東京ばっかりだが結構色々な店が載ってる。モツスキーお役立ちの一冊かも。


花見にも便利♪

arima0831 at 17:20|PermalinkComments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote