ショー・ラパン を含む記事

March 03, 2011

祝!お誕生日♪ ♪ 〜五周年御礼〜

ずるずるとゴブサタ続くこの一カ月余。
寒さに震えつつも、諸事に春の兆しを感じる今日この頃であります。
最近妙に忙しいのです。

でも、お誕生日だったんで、ちょいとご報告まで。

拙ブログは、去る2月25日に5周年を迎えておりました。
男子であれば七五三だから、本来もっと祝ってしかるべきだったのです。
そのことはわかっていて、メデタイと思いつつも、ブログ更新に辿り着けず。
やれやれ。

でも個人的に、よくまあ何とか続いたもんだよね♪と嬉しく思っているので、御礼とともに皆様にご報告申し上げます。

最近は更新すらいい加減な拙ブログではありますが、絶えず覗きに寄って下さる皆さまの存在が、どれほどワタシを支えてくれているかわかりません。

ありがとうございます。
この場を借りまして、改めて御礼申し上げます。

思えば、病気の老猫を抱えて右往左往していた一昨年その前
そしてその猫に死なれてなんだか呆然と過ごしていた昨年

二月末から三月始めは、この数年そんな状況でした。
今後もいつどうなるかはわからないのですが、とりあえず目下のところ、にわかに物事が動き出した感はあります。
とりあえず、今のところは。


そしてもう一つ♪

ハナ


ウチのハナは昨日、18歳になりました。
健康診断結果もまずまず良好。

ハナ

だから鼻の穴を広げていいってことでもないぞ、コラ。
今日はお誕生日祝いに、久しぶりに『ショー・ラパン』の鈴木シェフ直伝の茹でチキンを作りました。
ガッツ喰いでした。
ああそうかいそうかい。
ウチの日頃のメシは、そんなに不味いかい。

ワタシとオットは、ハナの喰い残しを喜んで夕食に。
猫用なのでチキンはもちろん味付けなしだけど、醤油に芥子&おろしにんにくを、それぞれほんの少しだけ加えて、そこに刻み葱でも和えれば、びっくりするほど美味しくいただけるんですよ♪

文春3月2日

しかし、この日発売の雑誌の表紙にまでなっておるとは、びっくりしましたわ。
ハナの誕生日、そんな大層なことか?
(・・・という軽い妄想・・・)

でもこの首のシュシュは、ハナなら一日で外に捨てて来るだろうな、と思う。


まあ、あれこれとしみじみ思えばナンボでも染み入ることはあるものの、とりあえずのところは現状の無事と健康を喜びたいと思います。
猫も飼い主も。


何はともあれ、忙しいと言えることはよいことです。
しみじみとそう思います。
もうちょっと儲かればいいのにさ、なんて言ったら罰が当るんだろな。
へへへ。

三月はまだ時間があるので、何とか頑張って更新に励みたいものです。
その先のことは、またその時に考えることにしよう・・・。


そんなこんなで、相変わらず変則更新のだらだらブログですが、
皆様今後とも宜しくお願い申し上げます♪


人気ブログランキングへ←ポチッとよろしく♪
この夜行性生活も、そろそろ改める時が来たような・・・?



スイッチョねこ (フレーベルのえほん 7)スイッチョねこ (フレーベルのえほん 7)
著者:大佛 次郎
フレーベル館(1975-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

横浜の偉人、大佛次郎さんのつむぎだす言葉が美しいです♪
絵もほっくり素朴で、実にカワイイ♪♪

ロイヤルカナン〈ネコ用〉ベッツプラン -Vets Plan - 避妊・去勢猫用 エイジングケアプラス 2kg10歳以上の猫のために
ロイヤルカナン〈ネコ用〉ベッツプラン -Vets Plan - 避妊・去勢猫用 エイジングケアプラス 2kg10歳以上の猫のために

ハナが文句タレながら喰ってる老猫食。
大袋だけじゃなくて1kg入りとかも作ってくんないかなあ。

arima0831 at 03:07|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 13, 2009

黄金町『洗濯船』のハンバーグが美味しい! 〜そういえば「ハンバーグ!」だったころもあった〜

ショー・ラパンにランチにでかけたら、たまたま臨時休業だったもんだから、
トホホな気分で歩きだした、そんなある時・・・

そういえば・・・とふと思いだして、入ってみる気になったこの店。

洗濯船 (洋食 / 黄金町、阪東橋、吉野町)
★★★★ 4.0



はっきり言って、店構えは安手の地元ヲヤジ御用達スナックそのもので、
昭和だのレトロだのという味わいすらない。
妙に化粧の派手な一見48歳実は58歳のママが、カラオケでデュエットの相手を
してくれたりする類の店ね。
『あの頃の洋食 洗濯船』なる、ハンパに芸術志向とレトロ志向が入った様な
微妙なネーミングもなんだかピンとこない。

だから「実は結構ウマかったりするぜ」と聞いたって、店の前をただ眺めるだけで
なんとなくスルーしていた。
でもなんだかハンバーグが食べたい気分だったんで、思い切って中に入る。

たまたまその時のことかもしれないが、客層も独特な地味さをあふれさせた
近所のヲッサン&ヲバサン&髪に寝グセのついた若いヤツが主力なのだった。
ワタシが入ってきたもので、店の空気はもう一歩ほど地味なヤサグレ加減を
増したんだろうと思う。

でも店の奥では割烹着を着たオカアサンが、一生懸命に次々料理をこなして、
そこだけ見ていると気さくで美味しい街食堂の空気になってくる。
お、いいかも・・・とうっすら思ったら・・・

隣に座ったジャージの爺が、いきなり口の中に指を突っ込んで歯をせせり始め
たのだったよ。
ああやれやれ、せめて楊枝を使ってクレ・・・と思う間に、モクモクと煙草の煙を
吹き上げる爺。

ぱちんと振ったらこういうヤツが、一瞬で消えうせる魔法のハエタタキなんて
ないもんかしら・・・と、願ってみたりする。

ないよ。世の中そうそう自分の都合がいいようにはできておらん。
うにゃ。

洗濯船ハンバーグ 002

で、ハンバーグ。
ごろんと丸々した姿は、なんだか懐かしい感じがする。
そうそう、子供のころに母が作ってくれた、とても美味しいハンバーグの姿を
しているのだ。

ををを!と、歯せせり爺が消えうせた。

食べたら肉ニクしさ(?)と同時に汁気もしっかりある。
肉の臭みもしなくて、下拵えにちゃんと手のかかったもの。
家庭的な味わいだけど、あくまでプロがしっかり作ったソレ。
これまたしっかり作ってあるデミの旨味が、地道にハンバーグ本体の美味しさ
を引き立てて・・・

うま〜い♪


そういえば数年前、確かこのブログを始めたばかりのころ、憑かれたように
ハンバーグが突然食べたくなったことがあった。
自分でも何をイメージしているのかワカランまま、あっちこっちウロウロ
食べて歩いたっけな・・・。

結局一番美味しいと思ったものはショー・ラパンのハンバーグなのだけれど、
これは家庭的なものとは違う、ソースに手間ひまのかかったプロのフレンチの
シェフが作るもので、当時イメージしていた通りではなかったんだよねえ。

他の店で食べたものは、柔らかすぎたりパサパサしていたり、肉味は強いが
生臭かったり、逆に肉感度ゼロだったり・・・と、何がどう違うのかわからないが
どうもナニカが違うものが多い。
よくあるメニューだと思っていたが、案外難しいものだと思い知ったり。

まあ要するに好みの問題とはいえ、一体何がイメージの基にあるのか、
よくよく考えてみたら頭にあったのは「子供のころに母が作ってくれたアレ」
だった。
やれやれ、ママの味恋しさだったんかい・・・と、我ながら軽く萎えた。

まあ、その辺りで憑き物が落ちたらしくて、必死にハンバーグを探しまわる
こともしなくなったのだが、あの頃このハンバーグとぶつかっていたらそこで
探索終了だったろうと思う。

ううむ、こんなところにいたのかい。
いや〜、さがしていたんだよ〜〜。


・・・とか何とか考えつつ、うふうふふとハンバーグを喰らううち、歯せせり爺に
萎えた気持ちはキッチリと立ち直っていた。

めでたし?

洗濯船メニュー

これは別の日に通りかかって撮った「夜メニュー」。
これならば夜の部も、化けそこねた飲み屋のマダムとその常連ヲヤジの社交場
ではなくて、ちゃんと食事ができる店だと思ってよさそうだ。

まあ、歯せせり爺がいても強く違和感のない客層や雰囲気はあるが。
それでもたまには食べたくなりそうな、美味しいハンバーグだった。

これが錯覚ではなかったことを確かめるためにも、また行ってみようと
思っている次第。

洗濯船 ( 黄金町 / 洋食 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ





ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
美味さ、魔法のハエタタキ級(?)



魔力ゼロの普通のハエタタキ。


家で作れる 有名店のプレミアハンバーグ (タツミムック)家で作れる 有名店のプレミアハンバーグ (タツミムック)
販売元:辰巳出版
発売日:2008-11-28
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

なんとなくこの本欲しいなあと思ったり。

arima0831 at 20:10|PermalinkComments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 28, 2009

秋雨の朝 〜さよならヒメさん〜

10月25日早朝、我が愛猫ヒメが逝去。
およそ16歳と8カ月。猫にしては結構長生きな方だったとは思う。

そういえば具体的なヒメの近況は、去年の夏頃で終わっていたのだったな、と
イマサラに思い出す。

昨年二月に右下顎の扁平上皮癌を発症したとされていたヒメ

「早ければ余命数カ月」と宣告されたのだが、なんだかんだと関係者一同の
首を大きく傾げさせながら1年と8カ月。

実際にひどく衰弱することが何度もあって、主治医のドクターTは
ターミナルケア宣言を何度も繰り返した。
その度にワタシも覚悟を決めて、友人知人に「もう長くない」と嘆き続けたが
呆れたことにこの猫、毎度見事な復活を遂げてしまう。
オオカミ少年ならぬ化け猫ヒメ。

ワタシの周囲の人々も、ひょっとしたらワタシが大げさに騒いでいるだけだと
思っていたかもしれない。
オオカミが来たぞ、ヒメさんが死んじゃうぞ・・・てなもんだ。
でもね、ホントに数多の死線を踏み越えていた感があるのですよ嗚呼。

実は去年の夏の記事のちょっと後に、乳癌まで見つかっていたのだった。
でもごく初期だったこともあって、右側乳腺の全摘出手術後の経過は良好。
こっちは無事に収まって復活。一年再発なし、だった。

しかし昨年末、謎と成り果てた顎の腫瘍が時限爆弾のように暴れだす。
もう明らかに進行の早い癌とは違うものだが、腫瘍は腫瘍なので進行すれば
口内が化膿してひどく痛むし、顎の骨はじわじわと解け崩れていくのだ。

正直言って、去年の年の瀬は「一体年が越えられるのか?」と危ぶまれる程の
衰弱ぶりだった。
「せめて一緒にお正月を迎えたい」と必死に願っていたっけよ。

願いどおり何とか持ちこたえたヨレヨレのヒメさんを、年明け開院した病院に
担ぎ込み、点滴に痛み止めに・・・としていたら、あらびっくり食欲復活。

しかし、寒い間の体調は実に不安定で、ああこのまま春を待たずに逝くか・・・
嗚呼ヒメにもう一度、春の陽射しと桜の花を見せてやりたい・・・と願いつつ
嘆く日々。
去年の桜はドクターTの紹介で行った某大学病院に通う、その道すがら
一緒に眺めたっっけな。
あの頃に既に、もういつ逝ってもおかしくなかったのだから年を越せただけ
素晴らしいことではないか、と自分を慰めたが・・・

春の陽射し、堪能できました。
桜も外から失敬してきたのを見せてやった。
桜には特別な感興を覚えなかったらしいが、春の陽射しには目を細めて
とても嬉しそうだった。よかったね、ヒメ。

「どうしてまた元気になっちゃったか、聞かないでね。ワカンナイから」とは
ドクターTの言。
「もういいです。ワタシもよくワカンナイし」

しかし下顎の腫瘍は着々とヒメの顎を蝕み、血と膿の混じった涎は止まらず。
顎が文字通り崩壊していくのを見守る初夏から夏。

「ヒメ、もうすぐ夏だよ。蝉の季節になるよ。また蝉を取ってきてよ」と
と嘘でも夢でもいいからヤケクソ気味に励ましつつ時は夏になる。
「そうだよヒメ、また蝉を取ろうな!」と一緒に励ましてくれるドクターTも
ホントにただ励ましてただけで、まるっきり信じちゃあいなかったはずだ。

蝉、取ってきました。
顎半壊して流動食だったのにな。
二回だけとはいえ、明け方に胸を張って起こしに来た。
いやあ、何度も驚いたけど大した子だ。
「でた、ヒメミラクル。さすがだなあ」と、普通に喜んでくれるドクターT。
とりあえずもうすでに、獣医学常識を超えた話ではあったらしい。

でもやはり食は細りゆく。
缶詰の汁くらいしか受け付けなくなったヒメ。
夏本番、諦めとともに「ああもう一度でいいから、大好きなものをしっかりと
食べて喜ぶ姿を見られたら・・・」と見果てぬ夢を見ていた。

ええと、それで、ほんの数週間だが、サンマの刺身だの高級ドイツ製猫缶だの
チキンのジップロック蒸し(ショー・ラパンの鈴木シェフ直伝)だのを、
まあグニャグニャのニチャニチャに牛乳で溶き伸ばしたようなもんとはいえ、
結構しっかり喰いまくるくらいの回復をアレレのレと見せてくれましたよ。

「もう驚かないからオレ」とドクターT。

ああもうなんでもいいから、食べられるなら食べてちょうだい・・・と
我が家の夕食は一時期毎晩、ヒメの食べ残したサンマとアジとイワシ。
オットだけは大喜びである。
鯛や鮪に特別な喜びを覚えない、青魚ラヴな猫とその家族。
チープな庶民のヨロコビを誰ぞ知る。

そして我が家の冷やし中華には、常時スタンバイしているヒメさん用の
ジップロック茹でチキンがバンバン豪勢に載った夏。
どうもヒメさんの好きなのは、茹でたてよりは一晩くらい冷蔵庫で茹で汁ごと
寝かせたチキンだが、二日経つと蹴られるから人間が古い方を食べてたのだ。
冷やし中華ラヴなオット、大喜びではあったが。

桜木町駅前の高級牛肉店『尾島』の店員さんは、一日か二日置きに現れては
鶏モモ肉を一枚だけ買い求める怪しいオンナをさぞ不審に思ったことだろう。
さすがに気が咎めてきて、チャーシューなんか買ってみたら旨かったが。
何故かよくわかんないんだけど、ヒメさんがこの店の鶏は特に喜んで食べる
ような気がしたし、そもそも一枚だけで買えるから安上がりでもあった。
この店、いいです。オススメ。
安い店じゃないけど、少量買いには案外オトクだったりする。
きっと人によってはツッコミが入るだろうから敢えて言っとくと(地元ブログ
だからね)吉田町の梅屋の国産鶏より好評だった。
ヒメさんには、ということだが。

青魚と茹で鶏の夏を越え、ひっそりと秋風が立ちはじめるころに、さすがの
化け猫ヒメの顎も限界にきたらしい。
実際、物理的にほとんど下顎がない状態をイメージしつつものを食べてみたら
一体全体いままで、どうやって食べてたのか不思議なくらいだったから
これは無理もない。
しかもひどい歯肉炎で化膿した口だから、体調次第じゃ痛みもかなりのもの。
ああ、限界か。このまま弱って逝ってももう仕方がない、と思った。

しかし、ヒメさんの食欲だけは衰えず。
激しく啼いて啼いて「なにかちょうだいよう」と訴え続けた挙句、
ゴミ箱を引っくり返し、テーブルの皿を引きずり落とし、ワタシがなにか
食べている間中、膝にしがみついて離れない。
崩壊した顎を餌皿に押し付けて、死に物狂いで猫缶の絞り汁を啜ろうとするが
しょせんそれでは飢餓感は解消されない様子。
末期の病の身だから多少の狼藉は許すにしても、切羽詰ったような飢え方が
あまりに痛々しい。

ドクターTと話し合って、ついに胃チューブを装着した。
人間都合の延命はさておき、緩慢な餓死だけは何とか避けてやりたい。
全快も半快もとうに諦めたが、とにかくこの「ウルトラハラヘリ状態」が
緩和されればよい、と思った。
普通食べられなくなれば、素直に弱って逝くのが老猫というものらしいし、
ドクターTだって「本来胃ろうチューブは回復の見込みのある子以外には
付けたくない」という方針の人なのだが、ここまで激しい食欲をみせるなら
単に放っておくのは可哀想だ、という結論に二人話し合って達したのだった。

下腹にぐるぐる包帯を巻いた姿は、その姿が元武闘派ヒメさんだけに妙に
ガラが悪くて、包丁ならぬ胃チューブ一本サラシに巻いて〜、な姿になった。
この姿で外に遊びに出ていくのだから、近所の人たちはさぞかしぎょっとした
ことだろう。

せめてもう一度だけでも、クチから少しは形のあるものを食べられたら・・・
とは思ったが、物理的に無理なんだもの、しょうがないよ、と諦めていると・・・

チューブ装着後、何故か突如として食べはじめた化け猫ヒメ。
10日くらいでギヴアップになったけれど、一時期はチューブ無しでもいいかと思えるくらいの量をしっかり食べていた。
この猫は医学どころか物理の常識をも越えたのであろう。
ううむ。

そんなこんなで、胃ろうチューブ装着から1カ月。
ヒメは寝たきりでほとんど動かなくなる。
外にもまったく出なくなっていた。

一応モノはためしだから「もう一度でいいから外の陽射しを浴びて、のんびり
散歩でもできればいいのに」となんちゃってひっそり願ってはみて・・・

散歩、した。
もうこれはいよいよ・・・と覚悟を決めていたある昼下がり、ヤケに気分良さげに
起きだしてきて、スタスタ遊びに行って5時間半。
外は真っ暗だ。この頃は顎の化膿が目にも悪さをしていたというのに嗚呼・・・。

「重病の老猫。下顎なし。胃ろうチューブを付け、下腹に包帯を巻いてます」

という「迷い猫」のチラシ文面を想像して、心配も心配だがかなりぐったりした
気分になっていたら「お腹すいたわあ」とか言いながら帰ってきおった。
やれやれ。

そして1週間。
急に脚がへたってほとんど動けなくなる。

ついに神様はうっかり放置していた非常識な存在に気づいたらしい。
いや、世の摂理を越えるほどの意志を感じてちょびっと大目に見ていたけれど
「モウイイデハナイカ」と思われたのかもしれん。

ヒメはとうとう昏睡状態に陥って、どうも今度こそもうこれでオワリだが
心の底で「もう一度だけ立って歩けないかなあ」と願ってはみたのだ。
なにしろヒメが最後に歩いたのは、この日の夕方行った病院の診療台の上。
それはちょっぴり悲しいではないか。

そんなことを思いつつ、しばらく寝かせていたベッドルームから離れて気になることを調べに電話をかけたりしていたら「ぉかぁさぁん」と細くかすれた
声にならぬ声が聞こえた。

まさかもう化けたか?!(・・・まだちょっと早いだろ)
いや、末期の魂の叫び??!!(「岡、エースを狙え!」的なやつですね)

慌ててベッドルームに駆け戻ろうと振り向いたら、ヒメが部屋の入口にいた。
霊じゃなくて、本猫が。
昏睡状態じゃなかったっけ、どうしたと言うのだオマエ?

「あ、そうか。トイレか?」と思ったワタシだった。
トイレに運んでやったら、なんだかムッと来たような表情を浮かべて、
立たない脚で這いつくばるような姿で、コロンと一個白玉団子大のモノを
一応律儀に出したヒメ。
あまりに形よいモノだったので、捨てるのがためらわれるほど。
捨てましたがね。
乾燥させてペンダントヘッドに、とか絶対考えてないから!

抱き上げてベッドに運んで、今度こそもう余計な事は願わないことにした。

もういいよ。
十分がんばったよ。
おまえはほんとうに素晴らしいよ。
ワタシはおまえを誇りに思う。
だから、もうゆっくり寝なさい。

もうこれでゆっくりと静かに眠れますように、と、これが最後の願い。
ボクシングでタオルを投げるセコンドの心境って、こんなものだろうか?
え、違う??

そういえば深夜もイイカゲン過ぎたので、ワタシも寝ることにした。
数時間後隣のベッドに居ないので焦って起き上がろうとしたら、
ワタシの脇腹辺りに移動してきていて、そのしばらく後に目を覚まして
様子をみたら呼吸が次第に浅くなっているのがわかる。
たぶん早朝には息を引き取ったのだと思う。

穏やかな安らかな顔。
今にもあくびをしてひょいと手足を伸ばしそうな姿だった。

どうやらようやく深い眠りにつけたらしい。
1年8カ月の闘病生活、ついに終了である。
ふう。

長いだらだらしたこんな話を、とりあえず読んでくださった方には
心から御礼を申し上げます。
で、ものはついでなんで、ちょいとヒメの冥福を祈ってやってくださいまし。

ヒメさんと、そしてお気持ちを向けてくださったすべての皆様に感謝します。


追伸:
そんなこんなでブログは暫し休止状態だけれど、落ち着いたら再開するので
また遊びに来てください。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにちいちポチ♪



逝く前の日に届いて、結局まだ箱も開けてないペット用ミニこたつ。



ヒメが最後にかなり喜んで食べてた高栄養フード。



ヒメさん愛用、パソコンUSBが電源のホットクッション。これいいよ。

arima0831 at 00:01|PermalinkComments(28)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 04, 2009

天王町『タヴェルナ・クアットロ』で魚介イタリアン三昧♪ 〜結婚記念日ディナーで爆食週間総仕上げ?〜

5月29日は結婚記念日だ。
ワタシの誕生日と結婚記念日だけは、確実に律儀に祝うことになっている我が家。
「祝う=イタリアンかフレンチを喰う」でもある。
理由は深く考えるまい。
メデタイことはイイことなのである。
イタリアンかフレンチを喰えますからね。
何故か中華や和食じゃないです。
理由は色々考えられるけど、とりあえず省略。

さて、こういう時の行き先は『スペリアーモ!』と決まっていたのだが、残念ながら
長期改装休業中。
じゃあ『ショー・ラパン』と思うが、オデカケ予定の日曜日は休業ときた。
しょうがないからあちこち当って他所を探したら、天王町にいい店があるという。

本当は一度くらい様子を見てから記念日に、というのが理想だったが、
魚がウマイという話にココロがぐらりと傾いた。

なにしろ『栄楽園』の閉店直前攻撃だ、秘境添乗員の結婚式だ、荻窪鰻遠征だ・・・と
テポドンくらい軽く飛ばせるほどのカロリー蓄積に励んでいた時期。
北朝鮮状況緊迫する昨今、魚メインというのはなかなか良さそうではないか。

カウンターに座る。
昔西麻布の某店にいて、その後カラブリアで修行したマスターがやっている店だ。
カラブリアは「長靴の爪先部分」に当る地域。
実に地味なところだが、魚料理は美味そうだなあ。

店は構えも店内も実にさっぱりしたもんだが、なんだかウマソウな匂いがする。


クアトロ 002

まずは金目鯛のカルパッチョ。
店の近所の松原商店街で仕入れてきたものだそうだ。
マスターは釣り師でもあって魚は目利きなのだ。
調理前の「お姿」を見せてもらったが、ピンと張った身が赤く輝く見事な金目鯛。

ちょっと厚めにスライスした金目鯛の身も甘くてタマランが、その肝をスープで
伸ばした旨味の強いソースが、もう身をくねらせたくなる美味。
こういうのは好きだなあ♪

「あのお頭を食べたい!」とも思ったのだが、タッチの差で他のテーブルから
注文が入ってしまったのは残念だった。
見事なアクアパッツァの素晴らしい香りだけ、胸一杯に吸わせてもらいましたが。

クアトロ 010クアトロ 007

オススメの辛口スプマンテがあったのでボトルでもらった。
ちょっと蒸し暑い夕暮れには、なかなかタマラン一本だ。

カルパッチョのソースだけパンにつけて食べたいよう、と思わず口走ったら、
「はいどうぞ」と。
言ってみるものだな、うっふっふ。
カウンター越しでこういうワガママに柔軟に応えてもらえるのが楽しい。
旨味が実に濃厚で、カルパッチョのソースというよりは単独のスープにした方が
楽しめるかもしれない、と思いつつパンを奪い合うオットとワタシ。


クアトロ 003クアトロ 008

北海道産ホワイトアスパラガスのグリルと生ハムのシーザーサラダ。
ホワイトアスパラガスの歯ごたえがいい。
上品ないい風味のアンチョビがちょっと和えてあって、これがいいアクセント。
ホワイトアスパラガスというと、季節にドイツに行くと半強制的に食べさせられる
グダグダに煮込んだ代物を思い出してしまうのだが、こういうのは好きだ。

ドイツ人はあの香りも味も抜けてグダグダな繊維だけになったようなやつが
何故か本当に好きでたまらんのだが、あれはどうにも理解に苦しむ。
こういう料理を出してくれれば喜んでいくらでも食べたろうに。

オットの希望でシーザーサラダも。
野菜を喰うべし喰うべし♪

ボトルの白ワインを追加。
どの料理もワインが進むから困ったもんだ。


クアトロ 011

実はこの頃「旨いパスタが食べたいよう」とひっそり思い続けていたのだ。
まずはオススメのボンゴレ・ビアンコ。
自家製手打ちの幅広フェットチーネは食感抜群。
実の大きな浅利の濃厚なジュース、いいオリーブオイル、そしてニンニクの香り。
シンプルに全てが旨く絡んで上々の出来だ。
勢いがあって実にウマカッタ!

ところで、タリアテッレとフェットチーネって何が違うんだろう?
ひょっとして同じものだったりするのだろうか?

クアトロ 015

パスタは一種類では寂しい。
「クリーム系のパスタが食べたい」とブツクサ悩んでいたら「ウニでは?」と。
おお、そうしますソレにします・・・!と、前のめりに頼む。
シシリアの名物だが、カラブリア辺りでもよく食べるものらしい。

昔々オットと、シシリアのタオルミーナなんてところに夏休みで一週間行った
ことがあったが(当時はカイロ在住で近かったのだ)夏休みのタオルミーナは
ドイツ人にまみれた清里的なリゾート村と化していて、心底ゲッソリしたのを
よく覚えている。
ドイツ人の味覚ははっきり言って全ヨーロッパ的にナメられているので、連中が
押しかけてくる欧州圏リゾート地の食文化は確実に崩壊を遂げるのだよ。

タオルミナではアンモニア臭いウニのパスタと、カジキのぶつ切りのグリル
ばっかり出されて(ドイツ人の大好物らしい。食べ物センスは最低の国民だな)、すっかりうんざりしてシラクサに逃げだしたことがある。

シラクサは街に清里風のかわいらしさなどなく、白砂のビーチにも乏しい分だけ
リゾートよりは普通に人の住む町らしいところだ。
食べ物はそりゃあトスカナだのローマだのミラノだの、というレベルには遠く
及ばずとも、少なくとも「その辺に住んでるイタリア人が食べるもの」には
ありつけたので、そこでようやく一息ついたのだっけ。
街としてはツマランが、少なくとも夏の最中でもドイツ人の群れはいないだけ
食べ物が随分マシだったと思う。
今となっては懐かしい思い出だなあ。

で、このウニのトマトクリームパスタは、程よい濃度のクリームにトマトの酸味
と甘味がウニの濃厚さを増し、臭みはきれいに消して旨味に変えた、これまた
上々の一品であった。
シシリア辺りで喰うより、はっきり言ってウマイです。
なんと言ってもパスタ自体が抜群。
イタリアでもこれほどウマイ麺にはなかなかお目にかかれないかも。

カニ

そしてメインは、この日もうひとつのオススメ品だった大きな蟹!
本来実をほじるのが面倒くさいし手がべたつくして、どうも進んで食べないのだが
この蟹は見るからにいい姿をしていたので、思わず頼んでしまった。

バター系のソースもつけてくれたが、レモンを軽く絞るだけでこれが素晴らしく
ウマイ!
思わず無言になってむしゃぶりついてしまいましたとさ。


タヴェルナ クアットロ (イタリアン / 天王町、西横浜、星川)
★★★★ 4.0



食後にグラッパも飲んで、ついでに自家製パンチェッタを一切れご馳走になった。
このパンチェッタで作ったカルボナーラを食べたいなあ、とあくまで煩悩の虜に
なって帰宅したのだった。
カロリー過剰だから魚がヨイ、という意見もあったようではあるな。
ええと、喰い過ぎると結局あまり変わりません。

妙に和風にコジャレてもおらず、骨太だが根っこのしっかりしたイタリアン。
特に魚介をガツンと食べるにはこの上ない佳店で、気にいってしまった。
『スペリアーモ!』とはまた違った個性のある店だ。
ランチもやってるそうだから、美味しいパスタを食べたい昼下がりなんかにも
利用できそうなのが嬉しい。
イタリアン僻地だった横浜だけれど、何故か相鉄線沿いに個性の強い良い店が
色々できているのは不可思議ながら嬉しい偶然。

ちなみに、小さな店でマスターが一人でサービスも厨房も切り回しているので
ディナーは一応事前予約がよさそうです。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
ところで『スペリアーモ!』は十月再開予定とか。ママとマスターはそれぞれに
イタリアへ修行の旅に・・・エネルギーをフル充填して早く帰ってきてくだせい♪




ズワイ蟹2匹と、新鮮なウニ・イクラ・甘エビが入った豪華4品詰め合せ♪
4980円だそうです。家で喰いたい方に。


コワいほどやせる!骨盤スクワット (マキノ出版ムック)コワいほどやせる!骨盤スクワット (マキノ出版ムック)
著者:小倉 誠
販売元:マキノ出版
発売日:2009-02-14
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

コワいほどは痩せないけど、一カ月近く続けた限りではとりあえず3キロ減。
効果はあるような。

タヴェルナ クアットロ ( 天王町 / イタリア料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



arima0831 at 13:25|PermalinkComments(18)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 30, 2009

白楽『御藩亭』のきぬかけ丼 〜リーズナブルな美味しい和食ランチ♪〜

外食すると何故か中華率が高くなる。
実は一人ランチ率(?)が一番高いのは『ショー・ラパン』、次が『KIKUYA』
なのだが、この二店を除くと残りはひたすら中華になるかもな・・・と考えるともなく
考えたある昼下がり。

実は最近の外食で一番縁のないのが和食だ。
特にランチとなると、何故かどうも足が向かない。
よく考えてみたら、ワタシの家メシは原則「和食もどき」になりやすいのだ。
最近は減量プロジェクトも再始動したので(進行しているとは言いがたいにせよ)
なんとなく夜は家メシが多いのでもある。
和食と言うよりは単なる「粗食」に過ぎないが、これが一番痩せるのだ。
最近は家に居ることが多いので、昼も家で食べてしまうことが多い。

そんなわけで、外で一日働いているから止むを得ず外食するランチと違って
「生活のアクセント」になるものなので、家メシみたいな定食系は無意識に避ける、ということなのかもしれない。
魚が嫌いなんじゃないです。
むしろ肉より好きだ。ホントです。

だから、ほんまサンの記事を読んで以来、一度行ってみようと思っていたお店だ。
店は白楽にある。

「旧国鉄駅周辺雑居文化地帯」の中央線沿線東京都心外辺地区で育った身には
横浜市内東横線沿線の住宅地って、なんともちんまりと上品な感じがする。
白楽の駅前辺りは普段馴染んだ野毛伊勢佐木町周辺とは明らかに空気が違う。
微妙なアウェイ感があったりしてね・・・。
ええと、荻窪駅前周辺から野毛伊勢佐木要素を取り去ってこぢんまりさせた感じ、
と言おうか・・・違う?

そういえば横浜で最初に住居を探した時、不動産屋さんに勧められた記憶がある。
確かに独身単身の女子が住みやすそうなエリアではあるよ。

素直にこの辺で落ち着いていれば、ワタシの生活もちょっと色合いが違ったのかも
しれないな・・・とかムダなことを考えてみる。


御藩亭きぬかけ丼

沼に浮かんだオバQの頭にちょびっとコケが付いている図・・・ではなくて、
お店の名物「きぬかけ丼」。
オバQの頭は湯葉で丁寧にくるまれている。
苔はワサビです。言うまでもないか。
三本の毛の代わりに三つ葉が浮いていたり・・・という工夫はないです。
あくまでワタシが勝手にツマラン連想に走っただけだ。


御藩亭きぬかけ丼ウニ

オバQの中身はウニだ(食事中だし、もうこの妙な連想は忘れよう・・・)。

結構たくさん入っている。
熱くて滑らかな餡が湯葉越しにウニにちょっと熱を入れるけれど、決して煮えない
微妙な温度差加減がプロの技。
ウニの甘味は増すが香りは殺さない。
餡がワタシの好みよりは若干甘めだが、出汁はよく効いていて丁寧なオシゴトだ。

普通生ウニがたっぷり乗った丼って、いかにも豪華な感じだが、実は生臭くて
味わい的にはくどいものが多いような気がする。
鮮度や調理法の問題以前に、ウニというものが大量生食向けではないのだと思う
のだが、これだとウニの旨味を楽しめるが生臭さは上手く消えている。

ワサビをちょびちょび混ぜ加えつつ食べるのも楽しい♪

御藩亭 002ヘンな写真だが、
これが定食全容となる。
丼に小鉢とウマイ漬物とサラダ、
そして味噌汁が付く。
この日は蜆の赤出汁だった。
ランチの定食で千円越えは
ちょっと厳しいような気もするが
この内容ならばリーズナブルだ。

サラダ付きっていうのが、お店の女子顧客率の高さを反映してます。
まあよろしいんじゃないでしょうか。


御藩亭煮物

この辺にはあまり足を伸ばす機会もないことだし、せっかくだから煮物も頼む。
ふんわりした玉子とじの筍に白魚を載せたものを添えた野菜の煮物。
やっぱりベースの出汁はちょっと甘めの味付けなので、酒肴よりはご飯の菜に
いい感じかな。

「甘い」と思うのは、多分ワタシが普段味付けにほとんど砂糖を使わないからで
常に妙に甘辛過ぎる世間の和定食系とは、比較にならんほど上品なのではある。

砂糖、使わんよ。
なんせ「粗食」ですから。

御藩亭煮豆
さすがにお腹一杯で
ふう・・・なんてタメイキをつきながら
香ばしいほうじ茶を啜っていると
「サービスです」と大きな煮豆がでてきた。
混雑時を外すと出てくるものらしい。
ほっくりウマイおやつ風の煮豆だった。


御藩亭 (定食・食堂 / 白楽、東白楽、妙蓮寺)
★★★★ 4.0



平日だからか店内は御近所らしき女性の姿が多かった。
嫌味のない小ざっぱりした雰囲気のある店だが、新聞なんかも置いてあって
男性が入ってきても違和感ない気さくな雰囲気。
こういう店は横浜中心部にはないだろうなあ。
土地柄の勝利だ。
うらやましい。

ちなみにこれは五月前半の話。
だからまだ「減量強化週間」どころか「美食爆食週間」にも未だ突入していない。
しかしこうしてみると、初夏のころから密かにエンジンはかかっていたのか・・・?

高級感いっぱいでもなく、定食屋風情でもなく、飲み屋のランチ営業風でもなく
いい具合の程良さで和める店だ。
家の近くにあれば通うだろうな。

御藩亭 ( 白楽 / 定食・食堂 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



しかし我が家近隣には、どうも成立しそうもない雰囲気ではあるけれどね・・・。
どこかご存知だったら、是非教えてくださいまし。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
結局自宅で粗食の今日この頃・・・。




北海道産大福豆。


永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)
販売元:世界文化社
発売日:2008-06-16
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

たまに雑な料理に飽きると漠然と眺めたりする本(見るだけですけど)。



arima0831 at 01:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 18, 2009

『ショー・ラパン』のキーマカレー&ハンバーグ 〜そして猫まっしぐらなチキンの作り方〜

今週の『ショーラパン』のランチはキーマカレーと聞いて、早速スキップで出かける。
蒸し暑い湿気た空気に、ちょっとぐったりしていたのだ。

例年のことながら、どうも最近体が萎えたようだなあ・・・とぐったりしていると
そういえば梅雨に入っていて、ああそういえばこの季節はダメなんだっけ・・・と
余計ぐにゃぐにゃするのであるよ。
十年経っても抜け切らん中東砂漠体質。
本当にここだけは絶対に順応しないなあ・・・。

だからこういう季節に、ショー・ラパンのさっぱりしたカレーはなにより嬉しい。

キーマカレー

いつものここのカレーはスープ状でさらっとしているのだが、これはどろりとしている。
今週は挽肉なのでちょっとつなぎを入れてみたそうだ。
レンズ豆が粒々と入って挽肉の食感を補う形。
濃厚だがくどくない、相変わらず美味なカレーだ。

さっぱりと胃にもたれないが、しっかりとバランス良いスパイスが効いていて
体がスッキリする程よい辛さも塩梅よくて、こういう季節には本当に有難い。

ルーの下にはスティックセニョール、ズッキーニ、人参に大根、ジャガイモなど、
それぞれしっかり別に処理された野菜がどっさり潜んでいるのも大変嬉しい。
付けあわせのパスタも一緒に入っているし別盛のライスもつくので、かなりお腹
一杯になった。

レンズ豆のパッケージがカウンターに出してあった。
他のお客さんに聞かれたらしい。
本来中東の基本食材で、ボソボソした口当たりの妙なスープになって出てくるが
ヨーロッパだとこじゃれた店でサラダなんかによく入っている。
どっちにしろ慣れるとクセになる。
このレンズ豆は「レンティーユ・ヴェール」というフランス産の緑レンズ豆で
味がいいから使っているのだそうな。

コレ↓


キーマは初めて食べたような気がしてシェフに尋ねてみたら「二度目かな?」と。
たいていはシーフードで、気が向くとチキンカレーになり、たまにタンドーリチキンが
入ることもある。
月に一度くらいしか回ってこないので、特に暑くなってくると「カレーの週」を
結構楽しみに待っていたりするワタシ。


ショーラパン 001そういえば今日のサラダは
珍しくコールスローだった。
いつもの豆腐サラダも好きだが
今日のカレーにはこちらの方が合う。
一見小さなサラダボウルなのだけれど
盛りつけるところを見ていたら
トングで結構ガッサリと持ち上げていた。
見た目よりもかなりのボリュームがある。

フレンチのランチセットなんかにありがちな、レタスをちまちま数枚あしらって「サラダ」と称するようなせこいセンスとはキッパリ無縁なのが清々しい。


ショーラパン ハンバーグ

先週はハンバーグ。オニオンソースだった。

タマネギのソースってナンダと思えば、かなりしっかりしたデミ。
当然タマネギがたっぷり入って、甘味が実にいい感じに出ていた。

ショーラパン003

寄ってみる。
相変わらず肉汁どーどー。ここのハンバーグは本当にウマイ♪

ハンバーグを食べたくなる周期は、ワタシの場合せいぜい月に一回くらいなので
とりあえずここの「ハンバーグの週」を待っていれば、もう他の店にわざわざ行く
必要がなくなってしまう。

ただし、毎週必ず行けるわけではないので、何度かタイミングが合わないと数カ月
お目にかからないこともたまにあって、そういうときはちょっとツライ。


ショーラパン ハンバーグこちらは確か二カ月くらい前のハンバーグ。
ソースは「ボークビーンズ」だった。
オーソドックスなデミもウマイが
こういう変化球も絶品だから素晴らしいな。
細かく刻んだ豚バラのコクと
豆の食感にトマトの酸味。
ピリッと辛口スパイシー。
なんとも絶妙な組み合わせだった。

また出てこないかな・・・。

ここのランチはこんな風に、ハンバーグとカレーにチキンとポーク(大抵カツレツ)
でだいたい一回り、という構成になっている。
順番は固定していないけれど、最近おおよその見当はつくようになった。
確認にはこちらが便利。

ところでハンバーグだった先週は、久々に破滅的な行列混雑だった。
ハンバーグのときはいつも混むのだが、それにしてもすごいなあと思ったら
『おとなの週末』に掲載されたそうな。
こっそり有燐堂で立ち読みしてみたら「ハンバーグランキング」の第26位に
ランクイン(?)していたのだった。
実に小さな記事で、しかも「ランチはハンバーグだけでソースが週替わり」と
まともに取材をしたとは思えないコメント付き。
このくらいの扱いでこれほど並ぶとは、この雑誌って意外にメジャーだったのねと
ちょっと驚いた。

取材はちゃんとして欲しいけどなあ・・・。
電話一本で確認できることなんだけれど、このちょっとの手間をかけられんのが
実にメジャーなマスコミらしい。しっかりしろよ。

検索をかけて拙ブログに辿り着いた遠路をいとわぬハンバーグ命の方が万一いたら(いないと思うが)、来月まで多分ハンバーグは出ないからまず確認してねと
申し上げておきます。


ここで突然話が変わるが、相変わらず御闘病中の我が家のヒメさんのために、
この一年数カ月というものずーっと、あーでもないこーでもないと
「チキンの料理法」を研究していたワタシ。
最近はいよいよ固形物が厳しくなってきたが、チキンだけはひどく食べたがるので
ふと思いついて恐る恐る鈴木シェフに相談した。

「汁気と旨味を逃さずにチキンに火を通すベストな方法は?(猫用なんだけど)」

実は猫好きのシェフいわく「ジップロックにモモ肉を入れて密封して十分茹で」。
フランス料理でプロがフォアグラなんかを下処理する時の方法だとやら。

これがびっくり。
柔らかくいい感じに仕上がって、ヒメさんまっしぐらな茹でチキンの出来上がり。
もう喰うわ喰うわ。

しかもこれ、当然人間用の蒸し鶏にも冷やし中華の具にも申し分ない出来映えで
鍋も汚れないときたもんだ。
レトルトカレー並みの手間だというのに・・・プロの叡智、おそるべし。
こんなことならもっと早く聞いてみればよかったよ。

尚、鶏モモ肉を山盛り食べてOKなのは、あくまで病気で食の細った老猫だからで
健康なコは原則ササミでヨロシク。

翌朝早く、ヒメさん元気よく外に出かけてしばし後、ハイテンションな鳴き声を
張り上げながらご帰還あそばす。
嬉しそうに目を輝かせベッドに飛び乗ったヒメさんは、口に子雀を咥えておった。
そうかそうか、ワタシの朝御飯を持ってきてくれたんだねえ・・・ううう。

ちなみに彼女は手術で歯を結構抜いているので、子雀は幸い無事救出できた。
ヒメさんが「お礼」のチキンにがっついているスキに、こっそり外に逃がして
やりましたとさ。

めでたし?



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
がんばれヒメさん。



フランス産緑レンズ豆。
水に漬け置きせずにそのまま使えてすぐ茹るから、結構便利な食材でもある。
手っ取り早く豆を食べたいときにオススメです。



くるねこ 4くるねこ 4
著者:くるねこ 大和
販売元:エンターブレイン
発売日:2009-07-04
クチコミを見る

7月4日新刊発売予定(予約済み)。ブログもあるでよ。

arima0831 at 23:45|PermalinkComments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 03, 2008

『ショー・ラパン』のハンバーグはやっぱりウマイ!!

今週のうさぎランチの話。

カレーハンバーグと立て続けに振られた挙句、ハンバーグ衝動だけが強烈に残ってしまった。
今週の『ショー・ラパン』のランチはハンバーグだというではないか。

ショーラパン ハンバーグ



















嗚呼、見よこの姿を!!
隣の人が食べているのを一目見ただけで、思わずズズズとよだれが落ちたのだが
実物が来るとこれまた後光が差しているようで、思わず合掌しそうになった。

久々の「ひとめで幸せ♪」なのである。

ショーラパン ハンバーグ



















切り込めば汁が溢れる。
今回はひときわ「肉感的」だ。
肉のうまみがタマリマセン。

ソースはミートソースで、これが直球な感じでウマイ!
ピリッとした辛味が軽く来てさっと引く。
辛味の正体はカイエンヌペッパーと黒胡椒だそうだ。
チリペッパーだと辛味にくどさがあるので、粉のカイエンヌを使っているとか。

ここのハンバーグ何度も食べたが、ひょっとしてハンバーグ単体としてはベストかも知れないとさえ思う。

シェフに「何かパテの作り方を変えましたか?」と尋ねてみたが
「いつもとまるっきりおんなじ」とのお答え。

でも挽肉の場合、挽いてきた肉の部位によっては食感が違うかもしれない、と。
いつも確実に当たりだが、今日は大当たりだったということだろうか。
ふっふふふ。

それにしてもこのソースは懐かしい感じがするなあと思えば、以前よく出ていた和牛ソースに似ているのだった。
アレは最近どうしたのか聞いたところ、あの和牛の切り落としは頬肉やら頭肉やら「頭関連の部位」を使っているので、政府のお達しで市場に出なくなってしまったのだそうな。

えーーーーー!!
そうだったんですか?!

日本政府よ、流通を規制して輸入審査や検疫がザルじゃあ本末転倒だぞ!
みんながみんなそうじゃあないといわれても、最近ぼろぼろ出てくる輸入食物関連のニュースを聞く限りはお寒い限り。

ワタシの和牛ソース、返せ戻せ!

ショーラパンちなみに先週も出かけたのだった。
このカレー風味のクリームソースも
柔らかい優しい味で良かったなあ。
野菜がほくほくして
深まる秋を感じたりする。
やっと涼しくなって
ほっと一息なのであるよ。



ちなみに来週は「シーフードカレー」の予定だそうな。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←ぽちっと押してやってくだせえ。
開いててヨカッタ。




スズキ ラパンという車もある、らしい。


うさぎと暮らすカレンダー2009 <壁掛け>

そういえばカレンダーの季節です。

2009年カレンダー 世界の猫

岩合さんの猫カレンダーも出た。お早めにどうぞ。

arima0831 at 00:05|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 28, 2008

『山根子』でハンバーグを食べる 〜うさぎに振られてヤマネコに…(だからどうした)〜

自宅パソコン故障中。
パソコンがないと日常が成り立たなくなっている今日この頃、なぜか普段よりマメな更新ができたりするネットカフェ難民なワタシ。

いつまで続くかはわかりません。
とりあえず「うちのコ」は修理センター送り。
某Bカメラで買った時の長期保証が、ナントまだ有効だった。
保証、かけとくもんだ。
二度目だからね。
元は取れたかもしれない。
でも、頼むからもう壊れないでくれっ!と、魂が悲痛に叫ぶ・・・ああ、不便。

さて、半月ほど前のこと。

雨に降られて野球観戦を逃しうさぎカレーに振られ・・・

こういう振られぐせは繰り返す。
ちょっとばかり涼しくなってきた日、久しぶりにハンバーグなんぞ食べたくなって
ぼーっと『ショー・ラパン』に出かけたところ・・・

休業前の週と同じことを繰り返してしまう
この学習能力のなさはなんだろう・・・やれやれ。
写真は使い回しです。二度撮る気にもならんぞ。
シェフは木曜日にゴルフの予定がたまに入るそうで。
そりゃあまあ、たまには息抜きしないとね。
サブリミナルにこの日が休みなのは
わかっていた気がするのだがなあ。


臨時休業予定はこちらに結構しっかり上がってくるので、特に木曜日は要事前チェック!
わかってますともさ。
わかっているけど、例年になく長引く熱気と湿気にアタマが「ぼよよ〜ん」としていたみたい・・・。

前の週に食べたハンバーグがどうも物足りなかったので、久しぶりに懐かしの店へ。

二年以上になるのだったか。
初めて行った時の印象は悪くなかったのだけれど、近所に強力な店があるので
ついつい遠ざかっていた。

やまねこサラダがまず出る。
一緒にお新香も出てくるが
緑色が眼に痛いような市販品なので
サラダだけつつく。
みそ汁も付く。
以前はいい色に光っていた記憶のある鉄板が
どうも焦げついてくすんでいるように見える。
気のせいだろうか…?


尚、写真がくすんで見えるのは、薄暗い中携帯カメラで撮影したからです。
デジカメを忘れたのだ。
最近は昔のワタシではありえないくらい、カメラ持ち歩きが身に染みついているはずなのだけれど、やっぱりアタマがシケきっているのだろう。

やれやれ。

やまねこやまねこ








デミのたっぷりかかったハンバーグ。
汁気あり。
デミの味もよい。
大きさもほどほど。
前の週に食べたものに比べると、はるかにハンバーグらしい一品。
でもなんだかナニカ一味足りない気がする。
なんだろう??


やまねこモヤシ炒めも付くのが嬉しい店だ。
しかし、鉄板が焦げているように見えるのは
気のせいでもないらしい。
どうも焦げ臭い味がする。
これにご飯(おかわり自由)とみそ汁がついて
ちょうど千円。
以前はデザートとコーヒーまでついたのだが
止めたそうな。



大きなお世話だとは思うが、千円ランチならばデザートまでは期待しないけれど
コーヒーくらいはつけてもよろしいんじゃ・・・と、ちょっと残念に思う。
この界隈、洋食ランチは意外な激戦区なのであるし。

あ、そうそう「豚肩ロース生姜焼きランチ 千円」が増えていました。
生姜焼きが気になる方のために申し添えておきます。
ステーキランチは1400円。

夜のコースはどうなっているのかなあ…?と、漠然と思っていたのだけれど
3800円からあるそうで。
ステーキのコースが3800円て、高いのか安いのかよくわからないが。

九月に入って急に涼しくなった時期を経て、すっかり油断していたら
ターミネーターのように何度でも蘇る真夏張りの蒸し暑さ。
心身シケた状態なので、うまいもんでも喰って湿気をふっ飛ばしたいところだが
なぜか微妙に振られてしまうのだな。

だからハンバーグの味わいが微妙だったのは、体調のせいかもしれませんです。
気になる人は行ってみておくんなせい。




ランキングバナー人気blogランキングへ ←ぽちっとワンクリックで暑気湿気払いを!
振られぐせ…ついにシリーズ化して、九州まで引きずっていくのだよ(嘆)




対馬の焼酎。

どんぐりと山猫 (日本の童話名作選)

この猫、うちのヒメさんに似ているな…。

arima0831 at 17:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 18, 2008

伊勢佐木長者町『コッコバン』 〜カレーに振られてハンバーグに走る・・・〜

ようやくどうにか秋らしくなってきたのに、騙し討ちのように蒸し暑さがぶり返す。
毎年のことだと思うのだけれど、どうも今年はぶり返しが激しい気がするな。

騙し討ちにあったら返り討ち!
湿気払いにカレーだカレー!!

ちょうどこの週は、こんなステキなカレーが『ショー・ラパン』で出ているそうだ。
そういえば、8月にディナーには行ったランチはほぼ二ヶ月ぶり。


休業蒸し暑さを振り切るように
るんるんとスキップしていったら

「本日臨時休業」

まったく、ワタシの日頃の行いって・・・(涙)


こういう日に限って「隣のカレー屋」までが定休日ときた。

コッコバンじゃあなにをたべようかなあ、と
とぼとぼ肩を落として歩いていたら
いつも前だけは通りかかるこのお店が現れた。
この辺に来るときは『ショー・ラパン』と
お定まりになっているのでいい機会かな。
店先のメニューを見ていたら
衝動的にハンバーグが食べたくなった。


店内、意外に広い。
テーブルも大きいから、三名以上ならこちらが落ち着くのかもしれない。
事実、近隣のサラリーマンのグループが「ランチ兼ミーティング」の風情で
反対側の大きなテーブルを囲んでいる。

サービスはもっぱら年配の奥様らしき人が担当のようで、所在無く入り口でぼーっとしていたら「あらあらこちらへ」と座らせてくれた。

コーンスープランチセットにはコーンスープがつく。
カップスープではなくて
きちんとスープ皿に入ってでてくる。
真面目にコーンから作ったコーンスープだ。
甘味が優しくてウマイ♪

店内あちこちに雄鶏の置物いろいろ。
薄暗い店内で独特の空気を出している。

確かにラパンならウサギ、コッコなら雄鶏だけど、ウサギのほうがカワイイ・・・
いや、雄鶏は雄鶏で面白いけどね。

ハンバーグはんばーぐ







そして、ハンバーグ。
丁寧に作った付け合せに軽めのグレービーソース。
パン粉をはたいてから丁寧にパンフライしてある。
生地は薄くて柔らかい。
肉汁ジュワジュワ、というわけでもないがパテの味は悪くない。
ワタシはもうちょっと肉ニクしいハンバーグが好きなのだが、まあコレはコレで
いいのかね・・・と思う。
テンション低目なのはカレーに未練が募っているせいだが、お料理は丁寧です。
軽い不完全燃焼感は残るが。

『ショー・ラパン』に三名以上はちょっと辛いので、人数が多いときには
こちらのほうが落ち着くかもしれない。

こちらによればフライ系がよいようす。
たまげるほどウマイ!というわけでもないが、店内静かで料理は丁寧に作ってある。
ご近所大行列のとき、逃げ場にしてみてはいかがでやんしょう?

コッコバン 
採点:★★★


それにしても、今年の夏は「ショー・ラパンのカレー」を食べ損なってしまった。
ここのカレーは夏向けにスパイスのブレンドを変えるので、夏は特にウマイのだ。

来年のお楽しみだなあ。
まだたまに蒸し暑いんだけどなあ。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←今日もぽちっとヨロシク!
振られ癖がついてしまった。「振られシリーズ」はまだ続くのだ(嘆)




雄鶏の置物。そういえばヨーロッパのお土産屋なんかでよく見かけます。

信州 グルメの達人になれる本 松本編

イマサラこんな本を見つけたぞ・・・。

arima0831 at 08:05|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 24, 2008

長野 白骨温泉へ!其の三 ・・・嗚呼イマサラだが一応まあ・・・

よくよく思い返してみると、子供の頃から日記の類を書くのが苦手だ。
夏休みにつきものな「絵日記」なんかは、いつも絵の上手だった母が必死に
「コドモなヘタ絵」を描いてくれて、それに自分でテキトーな文章をつけたりしていた
記憶がある。
親の描いた絵が自分で撮ったヘタ写真になった日記もどきが、それなりに何年も
長続きするようなオトナになるとは夢にも思っていなかったあのころ・・・。

さて、松本経由で白骨温泉に行った話が、実は以前に出ていたのだった。
しかし「現地到着」までで話はそれっきりになり、放っておいたらあっという間に
もう三ヶ月近く前の話。
話が古すぎて、イマサラ感が強い。

でも、まあこういうこともあらあな・・・と暢気に構えていたところ、
先日『ショー・ラパン』のカウンターでナポリタンのナポさんから

「白骨温泉の話はどうなったのでつか。あれではだめでつ・・・」

と、イキナリ突っ込まれてびっくりしたのだった。

都内近郊のナポリタンというナポリタンに地道な絨毯爆撃をかけているナポさんとしては
話が面白いかどうかは別として後生が悪いからオチをつけなさいよ、と思うのだろう。

そういえば前回現地到着までの話にしたって、知人に言われるまで忘れていたっけ。
ワタシ、つくづく「几帳面」という重要な人格部分が欠落してるんですね。

まあ時節柄、夏休みの宿題シーズンでもある。
白骨温泉の話でもしようじゃないか、いいじゃないか。
とりあえず、己の本質は子供のときから変わっていないことを確認できたことだし。

前回草津で軽くウンザリ気分になったので、今回は手配の某J社(非エアライン系)に
一応「浴衣が30種類も出てくるところはイヤです」と自己主張をしてみたら
この旅館ならばそういうこともあるまい、との由。

なるほど山間の温泉場の、更に奥深くにある古い宿だ。
浴衣トラウマ解消のため、J社経由で「とにかく一番でかい浴衣をスタンバイのこと」
というリクエストまで入れてある。

部屋にはちゃんと「超LLサイズ」の浴衣があった。
残念ながら、どてらは普通のサイズだったが。
ちゃっかり着て出かけようとする大型アホこども風を押しとどめ、どてらを剥ぎ取る。
真冬に短パン半袖で、近所のコンビニ店員を怯えさせているモノにどてらは不要じゃ!

ともあれ、なかなかいい宿なのではある。
部屋もお風呂もサービスも、適宜いいところを洋風にしてあるが落ち着いている。
接客が若干鄙びて・・・とか、小姑じみたことは言わんでおこう、今回は。

ただし、歴史ある宿らしく典型的な建て増し繰り返し型で、
ロビーや食事処のある本館から自分の部屋まで、エレベーターで4階まで行って
廊下を渡って別のエレベーターに乗って、それからまた別のに乗ってそれで・・・
という、一発で全体の構造を覚えるのはほぼ不可能な永遠のラビリンス空間。
ついでに方向音痴宿泊客用GPSでも装備してくれれば、古びた風情と便利な現代性を
兼ね備えた最強の宿に・・・と、軽く妄想してみる。

たぶん、ワタシやオットのようなダメ人間の場合、GPSを部屋に置き忘れたり
風呂場に置き忘れたりして、結局にっちもさっちも行かなくなりそうなのだけれども。
しかもこういう人種は「メカだめ」でもあったりするから、そもそも使いこなせない

・・・単なる妄想で終わったか(嘆)
マサカ導入を考えている旅館があったら「それはたぶんムダ」とご忠告申し上げたい。
はは、いやまあ、念のため・・・。

しかし幸いにGPSなしで、お風呂に行って部屋に戻ることができた。
果てしなくヤヤコシイ道のりに思えたが、深く考えずに勘に従うと案外前進できるのだ。
そんなもんなのだろうか?

夕食は食事処で、と仲居さんに言われたときには軽く「?」となったのだが、
全て掘り炬燵の個室に仕切られていた。
これならば膝萎え腰萎えの我ら夫婦にすれば、部屋食よりもはるかに快適なのである。

「食事処」にだって、なんとかGPSなしで行き着けたことだしさ・・・。


夕食白骨温泉







先付けにちょんと乗った紫陽花が「季節感」を出している。
あのころはまだ梅雨時だったのだ。
刺身もほどほどで、お約束と思えばよろしいんじゃないですか、と思う。

馬刺し















別注になるが、やっぱりどうしても食べたかった馬刺し。
脂身の少ない艶のある赤身が美しい。
こういう赤い肉って、生で食べると血が増えるような気がする(嬉)
「肉=月旨」というチープな感覚が基本のワタシでも、これはなかなかウマカッタ。
さっぱりと上品で臭みもないものに喜ぶことだってあるんですってば。

白骨温泉白骨温泉







名物「朴葉(ほおば)巻き」。
中身は虹鱒だ。
ちょっと味噌の風味がする。
「ふうん」と特に何も深く考えずに食べたが、この写真を見つけた現時点で調べたところ
「朴の葉」って万葉の昔から食物をのせるのに使ったものだそうだ。
芳香が強くて殺菌作用やらの薬効があるとやら。
長野ではちょうど6月頃に「ほお葉祭り」なるものも行われる。
本来は田植えの終わったころ、だって。へー。

季節感溢れるもののありがたみがわからない、単なるバカモノ夫婦は無感動でした。
単に「美味しいじゃん」で終わる。無知って悲しい。

こういう記録って、やっぱり撮っておくものなのかも・・・と生まれて初めて思う。
嗚呼イマサラ。

白骨温泉信州あたりは牛肉も特産品だそうな。
鉄板でレアに焼いて
なんとなく口に放り込んだら
これが大変美味い!
「おおお!」と喜んで
肉ダメなオットの分を狙うが
テキもさっさと喰ったあとだった。

「肉は苦手なんでしょうが?」
「これは肉じゃない」

ああ、そうだそうだ、馬刺しだって肉じゃないんだったっけねえ・・・(嘆)

白骨温泉白骨温泉







〆には五穀米と蕎麦。
五穀米がモチモチで香ばしい。
モチモチなのはもち米入りだから、というわかりやすいお答えだったが、
きっと水も良いのだろうと思う。

他にも色々出てきたのだけれど、コケおどかしなよくある旅館メシとは一味違って
なかなか内容充実していた、と思う。
堪能鑑賞する能力の薄さが悲しいが。

長野の食べもの、侮れないぞ。
他にもけっこう美味いものがありそうだ。
スミマセン知りませんでした、と不見識を恥じてみる。

白骨温泉白骨温泉







白骨温泉温泉粥







そして翌朝、旅館の朝メシ。
朝っぱらからコンロに火がつくのはまあ御愛嬌だろうな。
白骨温泉名物だとかいう「温泉粥」がさっぱりしていて胃に優しい。
ここのお湯は炭酸カルシウム入りだそうで、飲むと軽く酸味がある。
胃腸に良いのだそうだ。
粥は普通の粥の味で、酸っぱくはなかった。

こんな一式にプラスして外廊下にはちょっとした洋食のビュッフェもある。
なかなか充実した朝ごはんだ。
和洋折衷にありがちなコケおどし感よりは「心配り」を感じる。

白骨温泉何故かビュッフェにあった
牛筋と牛蒡の煮込み。
昨夜の牛肉がアレだけうまいので
筋を柔らかく煮込んだものが
不味かろうはずはないのだった。
オカワリした。
ああ、またクイスギ・・・。


湯元齋藤旅館 (旅館 / )
★★★★ 4.0


どうも旅館のアレコレには、ついついブーたれになりがちなのだけれど、
この宿は湯もメシも部屋もなかなか良い感じで気に入ってしまった。
突っ込みどころゼロでもないが、そういうことばっかり言っているのも不幸。
また縁があったら来たいものです♪

そして再び松本へ向かう・・・(つづく)



ランキングバナー人気blogランキングへ ←ここまで読んだなら押してって・・・(?)
あ、そうそう「草津編」も実はまだある。




朴の葉、売ってます。


大菩薩峠〈1〉 (ちくま文庫)

この小説で有名な宿、なんだとか。

arima0831 at 17:03|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 14, 2008

伊勢佐木モール裏『延明』で水餃子などを・・・喰えなかった・・・!

魅惑の脂が輝き蕩けるイベリコ豚を、涙をのんでギブアップ宣言した後・・・

「ワタシの飲み物!」というジンジャーさんの命で、伊勢佐木モール裏へ向かう。
よりによって『ショー・ラパン』の爆量ディナーをクリアした後で
さらに「飲み物だけ」でも別の喰いもの屋に向かえる、
この根性は精神論を超えて妖異怪奇の世界にはいってると思う。

延明向かった先はスナックヨコハマセブン!
・・・じゃあなくって『延明』
いわゆる(?)「旧支店」だが
最近は日ノ出町の「旧本店」
謎の閉店を繰り返しているので
どっちが本店でどっちが支店か
力関係はいまや謎。

昼でも危なそうな階段が、夜ともなると不気味な怪しさを増す。


延明以前は単にウラブレた怪しい入り口だったが
最近の大改装の結果
このような目に痛いほどの
鮮烈桃色階段が登場して
余計にチキンな気分を盛り上げてくれる。
店内では立派な彫り物をまとったオッサンが
中国語でなにやら元気よく捲し立てながら
上半身裸で思いっきり盛り上がっていた。

眷属ナポさんに背後を守られて、一足先にお店に入る。
なぜ一足先かと言うと、頭まで膨張満腹感に満たされたワタシが『ショー・ラパン』に
カメラを置き忘れてきたからである。
ジンジャーさん、走って回収に回ってくださっているのだ。
妖異怪奇とか言うな、ワタシ!

ワタシは生ビール、ナポさんはウーロンハイ、そして無事カメラを回収して合流した
ジンジャーさんは・・・

チャーハン・・・チャーハンで乾杯!

ジンジャーさん的には
チャーハンは飲み物に分類されるのである。
いいんだ
そういうものだと
思えばすむことだ気にするな!


水餃子追い討ちをかけるように
「水餃子!」というオーダーが飛ぶ!
ワタシは既に思考停止状態だが
相変らずウマソウな姿を確認して
ちょっとだけ安心した。

一個くらい食べたい!と思いつつ
どうしても食べられなかったのだが(悲)


とりあえず無事な姿は確認できたので、近いうちに是非行って食べてこようと思う。

延明 支店 
採点:★★★★★


最近は週末など、中華系のお客で満員御礼状態らしい。
再開店直後だけのことかと思えば、こちらが再度出かけてまた週末満員に遭遇している。

だからよもやまさか平日夜も・・・と軽く不安だったが、席確保可能なくらいの
混み具合だったので妙に安心した(?)



ランキングバナー人気blogランキングへ ←ぽちっと!
そういうわけで、チャーハンは飲み物です。




中国産冷凍水餃子(おいしいんですけどね)


中国「黒社会」の掟 ― チャイナマフィアー (講談社+α文庫)

記事内容とは関係ない参考商品・・・。

arima0831 at 01:35|PermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 12, 2008

『ショー・ラパン』で久々のディナー 〜イベリコ豚の脂が蕩ける夜♪〜

先日の「うさぎランチ」はポークジンジャーだったので、しょうが焼きの神ジンジャーさんからご託宣が下る。

「ディナーへ!」と。

最近全国区売出し中ナポリタンなナポさんもご一緒に。

え?
自分が行きたいから、無理矢理そういうほうに話を誘導したのだろうって・・・??
違いますよ。
違うと思うぞ。
まあ、誰かが「うさぎディナーの網」に引っかかるのを、久しく待ってはいましたがね。
あまりに長く待ちすぎて、けっこう密度の濃い網だったかもしれないがね。

いいんだ、いいんだ♪

横浜もついに熱帯雨林気候に変わったのかっ?!と毒づきたくなるような宵に出撃。
ここでひとつ栄養をつけるぞう、と気炎を上げるワタシ。
かなり暑苦しい風体心情だが気にすまい。

ショーラパン毎度おなじみな半熟玉子のアミューズ。
うっすら甘いサワークリームの山を
そろそろと掻き分けると
下には熱い玉子がとろりんと蕩ける。
途中混じりあって
濃い味から別の濃い味へ徐々に変わる。
毎度同じだが飽きないスターターだ。
夏でも冬でもいい具合に胃が温まる。

ジンジャーさんはお酒でないものを飲まれるので、スミマセン嗚呼ごめんなさい
と、言いながらナポさんとシャンパンを一杯。
このアミューズがシャンパンにあうんだわ♪
ゴメンついでに白ワインも♪♪

ショーラパン前菜其の一。
蕩けるサーモンのマリネ
ホワイトアスパラガスの生ハム巻きに
レッドパプリカのムース。
ムースにはぷちぷちととびっ子(?)入り。
ほどよい塩味に
ついパンを齧りたくなってしまう。

おなかが膨らんで必ず後悔するんですけどね。

ショーラパン前菜其の二は
フォアグラのクリームブリュレ。
パリパリと薄甘い飴を割って
まったりバターの効いたムースを
掘っては喰い、掘っては喰い。
掘って喰うものが好きな人には
たまらん店だ(?)

そうでなくても大変うまい。
添えてあるライ麦パンだけでは足りずに、ついついバゲットに手を出してしまうのだよ。

ショーラパン前菜其の三は帆立のソテーにルッコラのサラダ。
芯がレアな帆立の上に乗ってるのは
角切りサラミと小豆島産のオリーブ。
このオリーブがなんとも
塩味ほどよく香り優しい。
これが帆立の甘味旨味と
ちょうどよいバランスでステキじゃあ。


冷たいグリーンアスパラのポタージュが続く。
特に凝った感じのない滑らかなポタージュなのだけれど、ひんやりした口当たりと
アスパラガスの素朴な味がなんだか嬉しくて・・・
最近にしては珍しく写真を忘れちまいました。

はしゃぎ気味に赤ワイン一本追加。

イベリコ豚















そして、どどーんとイベリコ豚のロースト。
フィレとロース、そしてスペアリブが大迫力の山をなす。
食べ盛り(?)のナポさんすら「うわ」と驚く量だ。
ワタシのような小食な中年婦女子には暴力的な量にすら思える。

ううう、あのパンとこのパンが余計でしたぜ。
ロースの脂身なんかもうトロトロのテラテラに蕩けて輝いているし、血合いも鮮やかな赤い身がこんなに誘っているのに!
嗚呼もうこれはウツクシイといってよい光景なのに!!

涙のギブアップで半分お持ち帰り。
もうダメだ喰えましぇん。

うさぎディナーで完走できなかったのは、初めてのことだったからかなり悲しい。
蕩けるロースの脂身があまり汁気たっぷりでウマカッタから、なおのこと悲しい。
こういうときだけぱっともうひとつ予備の胃袋を出せないかしらん。
出口はブラックホールにつながっているやつ・・・。

デザート
デザートはプリンとさくらんぼ。
ナゼかここのデザートは
どうしてもプリン界隈を
離れないのだな。
いいけどさ。


この後、ジンジャーさんが「アタシの飲み物!」を所望されるので某所へ向かう・・・


(つづく)


ランキングバナー人気blogランキングへ ←うさぎクリック!
今週は夏休みスペシャルで「プロヴァンス・ディナー」。ランチは休業だそうです。




TIGER 保温調理鍋 (真空ステンレス) NFA-B450XS

某パティシエに煽られて、ついつい買っちゃった保温調理鍋・・・(もう届いた)。




本のリサイクル再開!18日まで買い取り30%アップのキャンペーン中です。
うずたかく積んである本を、この際うっぱらって涼しくなるぞ!

arima0831 at 00:45|PermalinkComments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 23, 2008

今週の『ショー・ラパン』ランチ 〜フレンチな夏向けしょうがやき♪〜

お暑うございます。
昼間は案外からっとしているのに、夜になると蒸してくる今日この頃。
陽が落ちたら涼しくなれよ!と空に向かって毒づくと、もっと余計に蒸し暑い。

昼間は案外平気なんですけどね。
からっとカンカン照りで35度以下なら快適そのものです。
湿気さえなければ・・・嗚呼。

最近は「むしろ昼間のほうがラク」ということに気付いて、久々に『ショー・ラパン』へ。

昼ごろの陽射しは強いが、からっとしていて意外に快適だ。
さくさく歩く。

夏休み中だからなのかなんなのか、行ったら満席でしばし外で待つ。
歩いてきて店に入るまではよかったが、そこから一度外に出るとなると
一瞬だが強い決意が必要だった・・・あちち。

メニューメニューの「ポークジンヂャー」の文字に
しょうがやきなあの人」をふと思う。
年に一度くらいじゃ
遠征価値はないんだろうなあ。

でも「ツサラダ」ってなんだ?
ツナサラダか?
シェフ、暑くてボケてるんじゃないの・・・?

サラダさてしかしこれはマカロニサラダ。
「ツ」は一体なんだったんだろう・・・?
美味しいけどね。
なにか面白い隠し味が入っているなあ。
ううむ、「ツ」はなんだろう・・・?
ま、いいや・・・と思考放棄するあたり
平気平気と言いながら
ワタシも暑さでボケているみたい。

ポークジンジャー
ポークジンジャーがきた!

しかし、なんだってこの店で敢えて豚しょうが焼き?
と、メニューを見たときは思った。

ルックスも普段のメニューより地味だなあ。



ポークジンジャー















しかーーーし!
ちょいと食べてみると、やっぱりこの店ならではの捻りがキッチリ入っていた。
ぱちぱち。

ほどよく焼けた柔らかいポークは脂までウマい、なんていうのはいつもどおりだけれど、
この上になんとなく乗っているトッピングときたら、ピリッと辛味が効いて爽やかで
サッパリしているのに風味豊か。
食べるほどに食欲が増すので、あっという間に食べきってしまった。
結構肉の量はあるのだけれど、まるでくどくない。

生の青唐辛子がちょっぴり入れてあるのだそうだ。
もちろん生姜も。
そして青紫蘇、小葱、ニンニク、胡麻、茗荷などなど、いろんなものが混ざっている。

「家でやってみようかなあ」と、思わず不遜にもつぶやいてしまう。
「ああ、簡単にできるよ。冷しゃぶなんかにいいかも」と、シェフ。
この人は、いつでも簡単にこういうことを言ってくれるのである。

いえいえ、同じものはできるはずないんですけどね。
こういう「いろいろ混じっているもの」って、結局量のバランスが難しい。
ついつい偏った風味や味になってしまうのだ。
これが和風にもエスニックにも傾かないで、きちんとフレンチで上手くおさまるから
ステキだぞ♪

尚ワタシの場合、味がぼけて締まらないと「和風」、妙に香草が強くなると「エスニック」
と称することにしている。
だから、家で真似ようなんて無理な話だ。
まあ、モドキであってもやってみようとは思いますけどさ。

下にはレタスが敷いてある。
あとで気がついたけど、「ツサラダ」じゃなくて「w/サラダ」、つまり下のレタスが
サラダなのだった。
あのマカロニに「ツ」で始まるナニカは入っていません。
ボケてんのはどっちじゃい・・・嗚呼。

パンプディング
デザートはパンプディング。
いつものプリンより甘さ控えめで
夏はこの方が嬉しいかなあ、と思う。
ここのところご無沙汰していたけど
最近はデザートにもいろいろレパートリーが
あるのかしらん?


「夏だからカレーが食べたい」と訴えたけれど、先週のメニューがスパイシーだったから
しばらくないかなあ、と。
来週のメニューは未定だけれど、ハンバーグ、かもしれないそうだ。

ところでお盆の週のディナーは「プロバンス・スペシャル」で営業する由。
相当自信ありの様子だ。
夏休みにどこにも遊びにいけない人に・・・(多分ワタシも)。

そういえば、ここのディナーにはずいぶん長いこと行っていない。
ああ、ディナーに行きたい!

そういえば・・・と来月のお誕生日を思い出して確認したら、無情にも日曜日だった。
前倒ししようかなあ。
クリスマスだってイブのほうが盛大なわけだし(大罰当たり)。

外に出ると、空気が少し湿気を増していた。
アスファルトから陽炎がうっすら立ち昇る。
てけてけ歩いて買い出しなどしたら、いつの間にか全身うだっていた。
夕方近くから蒸し暑くなるのはやめろーー!

こういう暑苦しい八つ当たりが余計な湿気を呼ぶ。
心涼しく生きることを学べよ、嗚呼・・・。

猫のために居間のエアコンをつけっぱなしで出かけたが、帰って来たら
蒸し暑い寝室で寝ていた。
誰もいない部屋だけが無駄に冷えていた。
猫って実はエアコンが嫌いだったのだろうか・・・?



ランキングバナー人気blogランキングへ 暑さに負けず、ワンクリック!
ああ、夏だ夏だ。あついぞう。




南仏プロヴァンスの香り、防ダニ効果もある洗濯洗剤・・・だそうです。
ちょっと欲しいかも。

しろいうさぎとくろいうさぎ


arima0831 at 00:50|PermalinkComments(18)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 08, 2008

今週の『ショー・ラパン』ランチ 〜ハンバーグとカスレ♪〜

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


毎週のように通ったと思ったら、しばらく行きそこねていた。
久しぶりに足を向けると、入り口に「ハンバーグ」と!
しかも「カスレ」の文字も見える。
をを、ひょっとして付け合わせがカスレ・・・?

実はワタシ的に、ここのランチのベストはハンバーグではないのだ。
これがとてもうま〜いハンバーグなのは間違いないのだけれど、
ちょっとフレンチな捻りが入ったものの方が、この店らしくて嬉しい。
だから、カスレがつくとなると期待度がバンと跳ね上がるぞ。
うっしっし♪

ハンバーグなるほど、ソースがカスレか!
鈴木シェフによると
「カスレとソーセージの中身という
組み合わせもあるんだから
ハンバーグでも・・・」との由。
ナルホドそうかもしれないなあ。


ハンバーグ2













もちろんハンバーグ本体の美味しさは相変らず。
今週の場合、さらにカスレの独特な風味がちょっと凝った味わい。
トリッパなど臓物や豚の頭肉と白いんげんを、軽くスパイシーな
トマトソースで煮込んだカスレは、ソースだけで一品になりそう。

そして、これがハンバーグと実にいい組み合わせになって、さらに旨みを増してる・・・
いやあ、こんなステキなものがランチ950円だなんて、ちょっとした贅沢♪

最初はハンバーグとケンカしたりくどくなったりしないもんなのかねえ?
などと思ったけれど、さすがは鈴木シェフです。


付け合わせ付け合せのミックスベジタブルにも
いつもと同じくきちんと一手間が。
柔らかな春キャベツと
シャクシャクのクワイが入って
食感がとてもいい感じだ。
クワイが好きなので、とても嬉しい。
カスレのソースも混ぜて食べる。


いつもは何も尋ねないシェフが、珍しく「こういう豆の入ったソースも
たまにはいいでしょう?」などと声をかけてきたところを見ると、
今日はちょっとチャレンジ系メニューだったのだろうか?

このソースはまた別のメニューでもやってほしいなあ。
付け合わせでたまに出てくるカスレもよいんだけどね。

今週一杯同じランチメニューだから
「ウマソウ」と思ったらウサギ跳びでどうぞ(?)


ランキングバナー人気blogランキングへ
カスレ大好き♪


ヨーロッパ産 冷凍 フラジョレ インゲン 

LAPIN‐EXPRESS


arima0831 at 16:22|PermalinkComments(15)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 10, 2008

『ショー・ラパン』皆勤賞(?) 〜ひとりメシ嬢と、そして三週連続・・・〜

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


ある晩ひとりメシ嬢から電話。
「明日ランチしませんか?」というお誘いだ。
折りしも『ショー・ラパン』はハンバーグ週間。
ひとりメシ嬢未食ということで、サクサク行く先が決まる。
やっほっほ。

豆腐サラダ
今日は豆腐サラダ。
お醤油系のドレッシングが
毎度ながらいい感じ♪


ハンバーグ今日のハンバーグはトマトソース。
マッシュルーム入りだ。
さっぱり爽やかな酸味とコク・・・
メシ嬢と二人して
木の椅子の上でルンルン上下する。

ああ、そういえば、妙に上下してた二人連れが・・・とかいう記憶は辿らないで下さい・・・。

ハンバーグUPちょっと寄ってみる。

柔らかいハンバーグから
ジュワジュワ肉汁あふれる。
嬉しさに二人横揺れ。
ゆらゆら。


ああ、そういえば店が揺れて・・・とかいう記憶は辿らないで下さい。
フィジカルに揺れてないし。気持ちだけですってば。

メシ嬢の揺れ具合(?)は、こちらをどうぞ。
いつも誘ってくれて、ありがとね♪

翌週のランチは「ミラノ風ポークカツ」と。
聞いてしまったらイカン。
翌週のある日、気がつくと野毛山の崖を転げ落ちているワタシ。

コールスローサラダも毎週変わるのだ。
今週はコールスロー。
見たところ地味なサラダだが
絡んでいるマヨネーズが
さりげなくウマイぞ。

ポークカツそしてポークカツ!
ミラノ風だそうだ。
パルメザンチーズが衣に入って
さっくさくの食感・・・


ポークカツUP再び寄ってみる。

いかにもヘビーなルックス。
ソースだってこってりしているのに
ああ、さっくさく・・・
とか言いながら、
気付けば一気に完食している。


その翌週は「チキンのクリームシチュー」で、これもステキだったな。
三週連続ははじめてかもしれない。

プリン
三週連続ということで
アタリマエのように食後のプリンを
これまた三週連続食べている・・・


南区に巣食う邪神

「食後に甘いものを食べなくては落ち着けない横浜市民の会」

なる怪しい団体を組織しているそうで、どうもよくない勧誘オーラを全身に浴びているような気がする今日この頃。
困ったことに、このプリンは食べ慣れているせいか「デザート」と認識されておらず、なんとなく「オヤツに何を食べようかなあ」と考えている
自分に気付いて愕然とした。

邪神の下には大甜魔王やら甘沼のヌシやら、
おどろおどろしい甘妖がひしめいている。

まずい。
自分でも無自覚なうちに、マインドコントロールにかかっているぞ。
ナンボ喰っても飲んでも、甘いものには関心薄いワタシだったはずだが。

まさか香港に行ってちょいと浮かれたせいで、厳しく張り巡らせていたはずの結界に綻びが生じたのであろうか?

嗚呼、横浜ってやっぱり怖いところだ・・・(震)

あ、そうそう、12日と13日は休業だそうです。
ご参考まで。

ランキングバナー人気blogランキングへ
だから、お菓子は太るんだってば。



美食の王様 スイーツ―絶対おいしい169店 厳選の380種

もちろんこんな本を買う予定はない。買うもんか。

arima0831 at 00:32|PermalinkComments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 14, 2008

チキンカレーを食べる 〜行く年の『KIKUYA』、来る年の『ショー・ラパン』〜

特に深く考えたのでもないが、2007年最後の外食は『KIKUYA』
明けて2008年最初の外食は『ショー・ラパン』になった。
どっちもチキンのカレー。
深い理由はなくて、単なる偶然。

KIKUYA噂には聞いていたが
確かに看板をよくよく見ると
『KIKUYA CAFE』から『KIKUYA』に
店名が変わっていた。
カレーとシチューに専門特化したい
ということだ。

まあ、お気に入りのオムライスが消えたのは
しつこいようだが実に残念なのだけれど
店の志なので仕方あるまい。

でも「惜しむ声」は高くて、ネット上に限らず街中でも耳にする。
なんとか復活させてくれないかしら・・・と
いじましく思ってみたりする年の暮れなのだった。

南インド風カレー「辛いもの控えおろう令」が
ようやく段階解除になってきたので
久しぶりにカレーを食べる。
南インド風チキンカレー。
コリアンダーを多めにもらう。

ご飯は少なめにしてもらうが、相変らず結構な量だ。
でもマスターは「本当にコレでいいの?」と確認に来てくれるのだった。
ワタシ、そんな爆食系のヒトだと思われていたのかね・・・?
そんなにこの店で食べたかなあ・・・と、ちょっとフシギ。

以前はもうちょっとヘビーな食後感だったが、サッパリと薬膳風にスパイシーなカレーになってきたような気がする。
味が微妙に変わっていくが、常に進化するので楽しみだ。

「今年もお世話になりました。来年もよろしく」と、ご挨拶する。

年明けて2008年。
「年初めのショーラパン・ランチはチキンカレー」という情報が入る。
ここのシーフードカレーは何度か食べたが、スパイス自体はチキンカレー用に調合したんですよ、と聞いていた。

マカロニサラダサラダはいつもと違うマカロニサラダ。
いつものレタスのサラダは
冬にはちょっとひんやりしすぎるので嬉しい。
薄切りのりんごなどがひっそり紛れ込んで
一捻りしてあってウマイ!

チキンカレーさらりとしたチキンカレー。
大ぶりの野菜がほっくりしている。
シーフードカレーよりもちょっと甘味があるが
これはこれでとてもステキだ。
見たところ地味なのに、これはクセになるなあ。

「今年もよろしくお願いします」とご挨拶する。
尚、今週のランチはハンバーグだそうだ。

とうに一月も半ばにきて、ようやく気分が平常に戻ったような気がする。
まあ、戻ったからどうだ、ということもなく、さて今年はどんな年になるかねえ・・・などといってるうちに春になりそうな予感。
まあそれもよいのだけれど。

そういえば12月初めの検査では、あ〜らびっくり肝臓数値が軒並み半減していた。秋口にはγ値などそろそろイエローカードを切られかけていたのに、ここ数年で一番数値が低くなっている。
酒量が若干は減ってはいるけれど、目覚しく努力して減らしたわけでもないし、これはどうもこの数ヶ月通っている鍼灸の効果としか思えない。
他に何か体に良いことをした覚えもない。
フシギだ。

でもドクターに「単なる平常値なんだから、これで調子に乗って馬鹿飲みしないように!」と厳しく言い渡されてしまう。
イマサラそんなことを言い渡されても、怒涛の年末年始を越えてきた今となってはもう遅い・・・などという口ごたえはせず、おとなしく「ハイ」とお返事しておいた。

「それよりも、中性脂肪が・・・」と厳しい突っ込みにあって、やっぱり運動して減量するぞ、という決心だけはした。
問題は「どうやって」なのだけれど。

ああ、こういう「お悩み」って、本当に中年らしいなあ。
しみじみ、とか感慨に浸ってごまかすワタシがいる。

わはは。


ランキングバナー人気blogランキングへ
減量。まず香港分を振り落とさねば。うがうが。



ウチのカレーはこれが頼り。結構お役立ちです。

カレーな薬膳

そうそう、カレーだって薬膳なのだよ。

arima0831 at 16:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 25, 2007

ショー・ラパン&キッチン山田 〜チキンなイブにスイーツなワタシ・・・嗚呼、ヒトマカセ♪〜

メリー・クリスマス!

翌日休みといったって、イブのイブなぞしょせんはただの「休前日」というのに、昨夜(23日夜)はどこもかしこも静まり返っておりました。
ネット上は、だが。
リアルなみなとみらいあたりはカップルが、どっからこんだけっつーほど
ウジャラウジャラしとったそうだ。
ただの週末なのになーーー!

結局、いぬわんクンと自分ちのブログ+メールで三段違い平行棒チャットをして過ごしたのだった。
単になりゆきで。

こんな方も乱入・・・リアルみなとみらいのアーティフィシャルさと打って変わって、バーチャルなネット世界は濃く熱い。苦しいほどだ。嗚呼。

そして、みなとみらい的状況からもリアルみなとみらいからも離れた南区某所では、孤独に一人他ブログ解析記事を書いていた人もあり。
この地道さが、いつかリアルに報われんことを。
結構楽しく遊べるし。
しかしどっからみつけてくるんだ、こんなもん・・・?

こうした並み居る暇寂人を尻目に、徹夜でケーキを焼いていた人もチキンを仕込んでいた人もいる。
単なる連休の中日なのになーーー。

夜が明けていいかげんたったころ(どれほどいいかげんたったころかは敢えて聞かないでほしい)、ずるずると起き出して買出しに・・・

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:その他


毎年毎年どうしたもんかねえと悩んだ末に、自分でいいかげんになんか作ってごまかすのだが、こんなことならば今年は「ケータリング」というヤツで行こうぢゃないかっ!と決意し、手配した。
濃厚な味のスタッフィング(内臓を刻んだもの、香草、パンなどが複雑に混じりあっててうまい)のはいった、外はぱりっと中はジューシーな大型ロースト・チキン。
てんこ盛りの付け合せ野菜(グリルしたズッキーニ、なす、そしてラタトゥーユ、ポテトグラタン)、クラムチャウダー・・・そして「オマケ」ということで、スパークリングワイン一本に「オムライスの中身」と赤いチキンライスもいただいた。

一気に食べ散らかして気付いたときには「写真なし」。
まあ、どうせどこかで誰かがUPされることであろう。
適宜そこいらへんを巡回してみてくださいまし。
ほんまサンのところに画像あり)

旨くて大量。
これで向こう数日のオカズの算段はついた。
みるみるうちに哀れな骨と化したチキンに合掌しつつ、そう思う。
ああ、ありがたや。
贅沢っていいな。

そして・・・クリスマス・ケーキなんというコッパズカシイもん、ダレが買うかよ、と長年思っていたのだが、なんだかどうしてもどうしてもこの方のケーキが食べたくなって、今年はお願いしてしまった。

ついで、と言っては申し訳ないが、以前から「美味しそうだなあ」とユビを咥えていた焼き菓子も。

ミルリトン「ミルリトン・ド・ニース」という。
実は昨夜はこれを齧りながら飲んでいた。
最初はまずコーヒーを淹れたが
一口齧ってコニャックに切り替え。
こ、この菓子は・・・酒を呼ぶぞっ!

「キッチン山田」の商品説明によれば、

「・・・フィリングは胡桃(北が産地)を粉末にしたものとアーモンド粉(南が産地)をあわせた、多分当時のニース(南)の人にとっては贅沢な内容だったかと思います・・・」との由。

ミルリトンこの「胡桃とアーモンドのフィリング」が
ねっとりした舌ざわりなのに
くどさや甘ったるさがないので
コニャックが進むのだよ。
うみゃうみゃ。


ケーキは「マロン・シューロール」。
単にケーキをお願いしたのに、クリスマスらしいラッピングに飾り付けをしてくださる心遣いがとっても嬉しい。

シューロール迫力の「薪」だ。
デコレーションケーキなんてものは
実は見てるだけで妙に照れるのだが
こういうケーキの素朴な姿は心和むなあ。
ああ、うまそうだ、と素直に唾を飲む。

シューロール2ロールケーキだから
輪切りにするとこんな感じ。
シュー皮の塩気と甘味を抑えたスポンジ
そして栗を練りこんだクリームが層を成して
・・・これも酒を呼ぶんだよう・・・!

にっきさん、今頃は一息ついているころだろうか?
暇人どもがブログをごちゃごちゃいじくってる間、夜も寝ないでケーキを焼いていた彼女に、まずは心から「メリー・クリスマス!」と申し上げます。
にっきさん、ロールの残りが今、恵方巻にされかけて・・・うわぁぁぁ!

メッセージ
皆々様も、楽しいクリスマスを!





ランキングバナー人気blogランキングへ
そしてっ!
香港マカオの情報は、引き続き募集中ですっ!



激安!カミュのナポレオン!

香港粉麺飯―めんとご飯

へっへへ・・・♪

arima0831 at 00:20|PermalinkComments(20)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 19, 2007

ハンバーグ・ランチ@『ショーラパン』 〜今年最後のハンバーグ・・・そして今年最後のお願いがっ!〜

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


のたりのたりと鰻宴の後、つづく・・・となっているのに、こういう記事で挑発する人がいる。
困ったもんだとつぶやきながら野毛山の崖を再び転がり落ちるワタシ。

秋の食欲は天高く、冬の寒さとともに空をこえて、ららら星のかなた〜♪
・・・に向かってまっしぐら、な今日この頃。
結果は体の重みと財布の軽さに、双曲線状に反映している。
毎年似たような反省をしている気がするけど、今年はことに雪達磨式の進行が強烈に思える。気のせいかなあ。気のせいだといいなあ。

崖を転がり落ちる速度、心なしか速くなったような・・・嗚呼。

ハンバーグウマイに決まっているハンバーグ。
ここのデミグラ系ソースは
考えてみれば久しぶり。
思いっきりガツガツといく。
やっぱりキテヨカッタ、嗚呼うさぎバーグ!!


クリスマス決戦を前に、明日から鋭意仕込みに入るという鈴木シェフ。
だから今週のランチは今日までなのですね。
明日はやってません。
皆さん、ご存知でしたよね。
きっとご存知だったと信じてます。
食べそこねた方は、来年またすぐに登場するのをお待ち下され。

クリスマスのスペシャルディナーは、メニューを見ただけで目に毒な絢爛豪華な美味美食これでもかこれでもか〜!な内容。
昨年の反省を交えて「量はちょっと抑えるつもり」だそうで。
「でもあんまり少ないとすぐ食べ終わってしまうから、次の料理の準備に手が回らない」とのことで、やっぱり量は凄いことになりそうな・・・食の細いワタシは、メニューを拝見しただけでオナカイッパイでしたわ、ほっほほ。

でも、きっとアッチコッチに美味しいレポートが乱れ飛ぶんだろうな(羨)

クリスマス用のお持ち帰りチキンも予約満了とのこと。
そうですかぁ、と笑顔で聞き流せるのは、昨年の悔恨を踏まえて「ウチは予約済み」だからだ。くくく。
シャンパンもワインもコニャックも既にスタンバイ。
まあ「クリスマスケーキ」ではないが美味しいケーキも、気合十分でオーダー済みなのだ。どこにって・・・「酒の肴になるようなヤツを一個たのんますわ」なんというヲヤジ臭あふれるオーダーを笑って受けてくれる(と思う)某所に・・・。

尚、ショーラパンのランチは26日から29日までは平常どおりで、メニューはミラノ風カツレツ(確かポーク?)だそうだ。
年明けは6日から平常営業。メニュー未定。

さて、そしてお願いですっ!

年末年始は香港マカオに出かける予定になり・・・
「ここには行っとけ」「XXは喰っとけ」な情報を募集中!!


どうぞよろしくお願いいたしますだ。

マカオに一泊予定。二泊しようとしたけど、オットの反対にあう。
某氏オススメのミステリーに出てきたからなんですが。
日米ハーフでベトナム帰りの殺し屋ジョン・レインが主人公。
この設定、限りなく馬鹿馬鹿しくて胡散臭いからこれを聞いただけじゃまず読む気にならないと思うけど・・・ワタシ、某氏同様ずぶずぶにハマってシリーズ一気読み。
お正月の暇つぶしに、オススメします。
いやホント。
シリーズ読了後、久しぶりに「なに読んでもツマラン症候群」に陥ってるほど。

マカオ・・・気分で決めたがナニがうまいのだろうか?
旧ポルトガル領だから、イワシを焼いたヤツとかがあるのかね・・・?
実は急な計画変更が入って決まったので、とりあえずは『地球の歩き方』の到着を待っている状態。まだ入手すらしていない。
まあ、行けば何とかなるのかなあ。
ジョン・レイン、いるかなあ(・・・いないよ・・・)。

それにしても、クリスマスまでもうカウントダウン状態。
去年すべてが後手後手に回ったので、今年はかなり計画的に仕込みはやった。
あとは・・・家を片付けないと・・・(かなり切実)。


ランキングバナー人気blogランキングへ
来年の目標を語るにはまだ早いが、もうガチで決定済み。
「減量」・・・正確には正月明けからの・・・どこまで行くか雪達磨式!



シャンパン一本3333円! お正月の分も!


オーガニック白ワイン5本セット 4400円!

雨の牙 (ヴィレッジブックス)

殺し屋ジョン・レインはこちら。読むなら一作目から、がオススメ♪

arima0831 at 22:35|PermalinkComments(16)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 11, 2007

阪東橋『しゃもじ』の鶏白湯ラーメン、そしてメンマの謎・・・

しゃもじ
最寄駅:関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:塩ラーメン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


南区某氏のネタ反応シリーズ其のニ・・・シリーズ化する気もないけど、どうもうまそうなツボをついてくださるんで、ついつい素直に反応するワタシ。
この方のパワーで、阪東橋や横浜橋あたりにわざわざ何か食べに行く人口、間違いなく増えてると思う。
そのうち、お酉様と同時に「たぷたぷさま祭り」が開催されるようになるかもしれませんですね。
布袋様系の等身大フィギュアがどこかに祀られたりしてさ。
怪しいな。怪しすぎる・・・。

「鶏白湯」という三文字の向こうに、思わずオイシソウな温かい湯気が上がるのを感じたワタシ。
この季節、温かい湯気のイメージは幸せの証。
陽だまりの野毛山を、再び転がり落ちて大通り公園の向こう側へ。
ショーラパン」側では平気なのに、交差点を「和食いちばん」側に渡ると何故か背中に変なGがくるような感じはなんなのかしらん?
気のせいだろうな、ははは、と笑って済ませて前に進む。

しゃもじ1こんなサイトを見ていたので
どんなテツガクが舞い踊っているもんやら
・・・と軽く怯えていたが至って普通の雰囲気。
水や麺、スープなどについての
「説明」は一応あるけれど、それだけ。

二時ごろの店内にお客は数名。
オジサンとオバサンが二人で、なんだかのどやかに営業している。

しゃもじ2素直においしいサッパリしたスープだ。
人によっては物足りないかもしれないが
ワタシはこのくらいがちょうどいいです。
丼一杯の哲学的自己主張で胸一杯
などということもなし。

ちょっと塩気が強いように感じるのは、相変らずのナメクジ体質で・・・
普通こんなものなのだろうと思う。

チャーシューも旨いし、シンプルで飽きの来ない味。
トンコツというのは結構重たかったのね、と改めて思う。
鶏のエッセンスがとろりんとしているけれど、クセも臭みもない。
これならまた食べたい・・・近くにあれば!!

不満を強いていうならば「ウチから遠い」と、ここに尽きる。
この辺だと、わざわざ出かけなければいけない。
ついでといえば、「ショーラパン」に出かけたついでくらいだ。
ラーメン食べたいわけがなかろ。

ついでにもうひとつだけ言うと、メンマなのである。
本来特別な愛着もない具なので、今まで特に気にもしなかったけれど、
どうもなんだか妙な匂いがする。
この店に限った話ではなくて、どこでもちょいと薬臭いのだ。
業務用の市販品なのだろうか?
メンマの入らないラーメンも結構見かけるから、無理して入れなくてもよかろうに、と思ってしまう。
紅しょうがほどの忌避感はないものの、どうもイマイチ好きになれない。

まあ、メンマは抜いてもらえばいいことだし、塩気は最初に「味薄め」でオーダーすればすむことなので、どうせなら我が家の近所に引っ越してくれないかしら
とクドクドぶちぶちと繰り返し思いながら店を出た。

尚、営業時間は午後通しに変わったそうな。
それならばランチ時間でなくても来られる。
「生ビール」「トッピング」「餃子」の各々無料券ももらったので、せっかくだからまた足を伸ばそうかと思う。

売り切れ仕舞いということながら、深夜0時まで営業。
飲んだ後の〆にはよろしいのではないでしょか?


ランキングバナー人気blogランキングへ
もっと近所に!徒歩せいぜい10分圏内に!!


2008年カレンダー 日本の猫

来年のカレンダー確保はお早めに。

2008年カレンダー ニッポンの犬

犬もあります。

arima0831 at 01:50|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 30, 2007

『ショー・ラパン』のクリームシチュー♪ 〜冬のシアワセ、そしてクリスマス〜

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


横浜ほにゃらら暮らしのヨロコビは、なんといっても界隈のランチ散策。
川崎ランチも楽しかったが、時に「ああ・・・」と遠い目になった。
とくに『ショー・ラパン』のランチ情報なんて、まったく目の毒もいいところ。

そして、クリームシチュー。
初冬に忍び寄る心と体の冷え込みを癒す、温かなクリームシチュー。
冬のシアワセ風景とはまさにこれであろう。
柔らかく滑らかなクリームソースは、濃厚な味わいだが重たさはない。
ほっこりと胃が優しく温まり、心も和やかに解けほぐれてゆく・・・

喰う前からこの調子なのである。
空想をとおりこして妄想になっている。

かくして再び、野毛山の崖を転げ落ちるように阪東橋方面へ。
まったく、今までどれほど遠回りしとったんじゃ・・・。

ラパンサラダクリームシチュー






しっかりしたスープで煮込んだ大ぶりの野菜。
素朴なルックスが、これまた和む。
ああ、ここまでイメージどおりのものが出てくると、嬉しさに笑ってしまうよ。
「オカワリオカワリオカワリ」とダダりたくなる衝動を必死に抑える。
この店「オカワリXX円」システムを導入してくれないかしら。

「そんなの自宅で作れ」という声が飛びそうだけれど、当然のことながら鈴木シェフの手にかかれば、家庭料理の範疇にあるものにキッチリとプロの手がかかる。
ありそうでないと思うぞ、プロのクリームシチュー♪♪

そもそも、誰かが作ってくれる、というところにまずヨロコビがありますね。
ははは、いや、本当に。

ええと、その気になればまだ明日も食べられます。
いや、たまたま仕事だ、などと恨まれてもわたしゃ知らんが。

豆腐サラダも相変らずうまい。

ところで、クリスマスのディナーはもう予約満了だそうな。
ローストチキンのセットは、22・23・24日の各日ともまだ受付中だった。
状況、刻々と変化してるとは思うけれど。
昨年の悔恨を胸に刻み、今年は我が家もキッチリ予約済みなので公表します。
ふふふ。

クリスマスは自宅で豪華ディナー。
ああ、楽しみだ。
楽しみだが、食卓を片付けないとなあ・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
クリスマスがやってくる♪



シャンパーニュ三本セット 9999円


お手ごろスパークリングは六本5480円

arima0831 at 15:37|PermalinkComments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック