新記 を含む記事

May 29, 2008

三宿『新記』で香港メシなど 〜ダメなオトナたちの午後〜

ネコモリにかまけて引きこもっていたら、いつの間にか髪ぼうぼうだった。

会う人ごとに

「あ・・・髪伸ばしてるの、かなあ・・」
(イエ、伸びただけです、と答える。髪はほうっておけば伸びるものだ)
「ええと、パーマをかけましたか?」
(イエ、天然です、と答える。どうせアタマは生まれつきクルクルだわい)

というような会話が出始めたところで「そろそろ」と思う。
面倒くさいが致し方ない。

なによりも、洗ったまんまで出かけてOKだったものが、風呂上りにドライヤーをかける(所謂「ブロー」)がないと、どうもヤマンバ(一過性だが流行った若い娘の形態ではなく、日本伝承にある部類)のような印象になると、もう限界だ。
座って「いつものヤツ」が効くところに出かける。
不惑もとうに過ぎてこの身なりの構わなさは、ほとんど社会問題らしい。

場所は毎度のことながら、ウレシハズカシ原宿は東郷神社前である。
美容師さんたちの意識レベルが高いので、社会問題解決に協力してくれるのだ、
というのはウソで、相手が好もうが好むまいが15年も通っているから、
数ヶ月にいっぺんワタシが現れるという現状が既得権を伴う既成事実と化しただけだ。
ようするに、ただの成り行きである。

だから「どういう髪型にするか」ではなくて、「さ〜、何を食べるかな!」という思いに
集中できる。

中華スイーツのあそこここも、一応足を運んだ。

「汁なし坦々麺」
とも思ったのだが、どうもなんだかどうしても、行きたい店がある。
前夜この店のHPを見ながら、嗚呼行きたい・・・でも誰かとお約束をするのも億劫だわ、などとダラダラ考えていたのだった。

しかし、香港麺の固いゴム状の食感を思い描けばもう辛抱タマラン。
ワンタンメ〜〜〜〜ン!

香港麺 新記
採点:★★★★★


場所は知らない人にはわかりにくい。
「三軒茶屋」そして「三宿」という地名になじみがなければ、行き着くまでが結構大変。
そもそも「みしゅく」と読むのだということを初めて知ったよ。
「さんじゅく」じゃないんですね。
すみません。

昼ごろ南青山で別の用があり、美容院は午後の予約。
よくよく都内交通網を検討すると、表参道から地下鉄に乗ると一本で行けるではないか。

しかしそれにしても、一人で行っても麺と小さい飯物と、あとはせいぜい水餃子程度だ。
つまらんのでイヌに「今日の夕方は三宿の香港!」と電信連絡を流すと、「昼や昼や!電話しろ。イマスグ!」となにかに感電して狂ったとしか思われないような返信が来た。

どうも有名なラーメン屋の行列を見て頭に血が上った、まさにその素晴らしいタイミングだったらしい。
しかもどうやら、前夜ワタシと似たり寄ったりの時間帯に、おなじHPを眺めて涎を拭っていたらしい。

電話をすると「散髪の予約を変更して昼飯にする」と、勝手に告げられた。
「する」ってアンタ・・・と絶句しながら美容院に無理を言って、予約を夕方に。
気がついたら駅の改札を挟んで「ようよう♪」と尻尾を振るいぬわんくんの姿があった。
ワタシが迷ってスタートが遅れると、喰い始めが遅れるから身柄確保に来たイヌ。
美談でもなんでもないです。
そもそも渋谷じゃなくて池尻大橋の改札だしな。

イカ葱生姜















座るなりビール!
そして「イカ葱生姜和え」だ。
単に処理して切って醤油系のソースにあえて、細かく刻んだ山ほどの葱生姜をのせただけの一品。
それだけのものに、二人まず悶絶する。
イカのプリンとした歯応えに、葱生姜の香りと醤油系のタレが絡む。

外の陽射しは初夏そのもの。
爽やかに乾いた五月の空気に、ビールが一本瞬く間に空いた。
屋内だけど。

空芯菜蝦味噌炒め豚ばら







胃袋のキャパシティーとは不思議なもので、一人が二人になると単に倍、ではない。
空芯菜蝦味噌炒め&皮付焼き豚ばら。
ビールもう一本!

香腸
やっぱり腸詰はここで外せませんぜ。
おお、せっかくまっぴるまっから
ビール飲んでるんだからなあ。

実はわりと普通の腸詰だったが、
ひとたび気分がハイになると
些細なことは気にならん。


水餃子
















水餃子を頼むのは、そこに水餃子があるからだ。
ゆるゆるな生活姿勢ながら、この一点には妥協を許さぬワタクシ的哲学である。

もちろん広東メシ香港メシの水餃子なんて、ろくなもんが出てこないのはわかりきって・・・

わかりきっていたはずが、なんとこの水餃子はウマイ!
水餃子のウマイ香港麺屋なんて、きっと世界中でここだけに違いない。
餡がちょっと韮の勝ったタイプで、若干皮が柔らかめだが、汁気の含み具合など
どうでもいいような中華街行列店なんかよりはるかによい。

小龍包小龍包をたのむのは、そこに・・・(略)。
「そんなに喰えへんやろ」と
妙に冷静なアドバイス指示を出すいぬわんに
冷徹な我が人生哲学を
涙ながらに語ろうとすると
カッテニシロ、と言ってくれた。


広東メシ香港メシの小龍包もまた、どうせろくなもんではないのはわかってはいるが・・・

ちょびっと皮が厚め固めではあったが、中華街のふざけた点心店なんぞよりずっとマシ。
餡も皮も水餃子とは別に調製しているらしい。

まあ、これも我が人生哲学に沿って「小龍包より水餃子」という結論だ。
だからいいのだ。

しかも、いぬわんときたら「まだ喰えるな」とトランス状態で呟いている。

冬瓜と帆立のスープ















ちょっと季節は早いが、冬瓜はやはり喰いたい。
壁のメニューには「炒め」と出てたがスープだった。
帆立入り。
ちょっと暑い日にはやはり暑気払いになる。
他のナニカとどっちにしようか、かなり激しく二人悩んだのは覚えてるんだが
あれってなんだったっけ?

ワンタン麺スペアリブ飯







ここで、こんどはワタシが「麺を半分にすべきではないか」という冷静なアドバイスを。
しかし、いぬわんは「いや、フルで頼む」と眦を決していうのである。
そうか、それがオマエの人生哲学ならば仕方あるまいよ、と思えば・・・

単に「大きいほうが二人で分けやすい」という、実に思想性の薄い話なのであった。
この場合、現実性をも凌駕しておる。嗚呼。
まあいいけどね。

鼓椒排骨飯はセットで出てくる。

ええと、ワタシラがビール瓶を握り締めて縦揺れ横揺れを繰り返している間、
周囲の卓を通り過ぎていった、いわゆる普通の皆様の「ランチセット」は上記二品です。

さすがに多い。
苦しくなってくる。

ワンタン















しか〜〜し、この麺の輪ゴムな食感とプリップリのワンタンは、実にタマラン。
味がちょっと濃いように思ったのは、単にクイスギなんだと思う。


ロウメン杏仁豆腐








いぬわんときたら、山ほど牛肉をのせた撈麺(ロウメン)まで頼んでいる。
肉がうまい。
しかしこのインパクトある一品は、爆食の締めでなく「通常ランチ」で喰ってはじめて
進化を発揮するものなのでは・・・と若干人生観に悔いが出るが、考えなかったことにした。

香港的元気印ジャンク飯、だなあ。
こういう上品で和風なヤツとは世界観が違う。
どっちもうまいけどね。

最後に過剰カロリーをリセットすべく、杏仁豆腐を二人前。
小さなガラス椀にちゅるんと出てくる。
甘味薄めでふんわりと杏仁が香る。

胃液とともにアドレナリンまで吐き尽くした感のある各種内臓が
一瞬ほっと和むのを感じた。

尚、ワタシは見えてしまったのだが、冬瓜追加の辺りで厨房から顔が覗いて
「え、まだ喰うのかよ?!」という視線が飛んだのであった。
一応微笑んでおいたが、社会性に若干問題があったかもしれないな。はっはは。

いぬわんレポートもご参照あれ!

この後、髪ボーボーでビール臭い息を吐き散らしながら原宿を歩いていって、
こうした社会問題を一つ解決してもらえたから、まあよかったのだと思う。

でも服に喰いこぼしまでついているのはさすがに恥ずかしかったので、
「えっへへ〜、飲んできちゃったあ♪」と頭をかいてみた。

ここの美容院のスタッフはシャンプーの子から店長、オーナーまで人間ができているので
特に迷惑がられもしなかった・・・と、信じている。



ランキングバナー人気blogランキングへぽちっとわーんくりーーーっく!
そしてこのあと、三日間はまったくお腹が空きませんでしたとさ(嘘)




香港麺、売ってます♪

香港粉麺飯―めんとご飯

作るためというよりは、Mな食欲を無駄にそそるための一冊。うまそうです。

arima0831 at 02:10|PermalinkComments(19)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote