かいこ

August 22, 2006

またまた、日ノ出町『延明』・・・深夜に蚕を食べた・・・

延明
最寄駅:日ノ出町 / 伊勢佐木長者町
料理:京蘇料理 / 北京料理 / エスニック一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夜食

某羊焼肉専門店関係者より、深夜近くお誘いがかかる。

『延明』に行こうねえ、と話していたばかりだったので、行動の早さに驚きながら、
ホイホイと出かけるワタシ。

ここの売りは「一本百円の羊串」だ。
写真入りはこちら
水餃子も美味しい。

しかし・・・私が店に着くころには、彼らは「蚕の串焼き」を食べてしまったあとなのであった。
それまでは「これはうまいっ!」と盛り上がりまくっていたのに、この一品で一気に
テンションが落ちた・・と。

そういえば、ボスの目は微妙に逝っており、正面のチーフAは、青い顔をしており、となりのチーフBは意味もなくハイテンションになっている・・・。
そんなに、インパクト強かったか、蚕の串焼き・・・と、うっすら同情していると、
「もう一本頼む」と、ボスが言い出した。

みるのもイヤだから「まだ食べるんですカー?」と非難したら、要するに「オマエも食って見ろ」ということなのだった。

きーーーー、かんべんしてぇぇぇぇぇーーー!

とは思ったが、本当に目の前に出てきてしまったものは仕方がない。
黒い丸い、実に「焦げた芋虫」そのものが、串に四つ刺さっている。

しょうがないから食べてみた。
オーダーした本人は「100個食べたら、101個目から病みつきになると思うぞっ!!」
などと、ヤケクソ気味にいっている。
AB両者が涙目で辞退するので、二人で二個づつ、という配分になる。

一個目。
外側は堅い。
中は微妙に柔らかい。
不可思議なザラザラ&ネットリとした舌触り・・・。
そして、ぶちゅ、という部分があって、大変「オモシロイ」匂いが鼻腔に広がる。

「う〜ん、なんかアレですねぇ・・・」
「そう、なんかアレだろー」

二個目。
今度は比較的マシ。
慣れたか、当たりか?
まあ、何とか食べて食べられないものではないかもしれない・・・。

これの場合、ビールで食べるのは根本的に無理だ、と思った。
マッコリか、そうでなければ茅台だの粉酒だのという、強くてくせのある酒をあおりながらなら、何とかいけそうだ。

などと分析をしていると、正面のA氏は「スミマセン、僕、帰ります」と席を立った。
だれも敢えて止めなかった。

しばしの後、解散した。
わたしゃ夜中に何をやっているのであろう、と不思議に思ったが、まあ「貴重な体験」
ということで、ご報告する次第である。

上記の内容では、味も香りも食感もいまひとつ明確にわからないと思うので、関心のある人は是非お試し下さい。

残念ながら、写真をまた忘れました。
だから、実物を是非あなたのその目でみてください。


ランキングバナー人気blogランキングへ
なにごとも経験なので、他人を恨んではいけません。


かいこ缶詰(140g)
韓国産かいこの缶詰。

カイコのサナギの佃煮絹の味(120g)
蚕のさなぎの佃煮(国産)、その名も「絹の味」・・・ううむ。




arima0831 at 00:01|PermalinkComments(23)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote