かくれ里の湯

January 10, 2007

赤酒、雑煮、そして温泉 〜熊本日記 其の四〜

無事年が明けて、お雑煮をいただく。
ここ熊本では、お屠蘇ではなく「赤酒」というものを、年明けとともに皆でいただく。


これです(楽天でも売っていた)。
赤い色の日本酒。文字通り。

実はワタシ、告白してしまうと、この「赤酒」がいまひとつ得意でない。
一杯(文字通り「杯」で)は飲み下すのだけれど、それ以上飲めない。
でも、周りをみても、皆同じ状態で粛々と「一杯」で、次をすすめられることはない。

残りはどうするのか、いつもちょっと不思議ではある。
味は味醂のようなので、料理用に使ってよいものかいつも悩むけれど、縁起物なので、
手をつけかねている。
残った赤酒はどこに行くのだろう?

今年のお雑煮は義姉が作ってくれた。
昨夜の酒宴で残った刺身が豪快に入った味噌仕立て。
ご近所で搗いてもらったというお餅が旨い。

お雑煮といえば、正月三が日毎日違うものを食べるものだ、と思い込んでいた。
我が実家では、初日は鰤の澄まし汁仕立て、二日目は鶏出汁、三日目は白味噌で、
これに何の疑問も持っていなかったのだけれど、どうもかなり変わった習慣らしい。
「雑」煮というくらいだから、中身はなんでもありなのだろうし、土地により家庭により
色々だ、とくらいまでは認識していたけれど、子供のころの擦り込み→思い込み
というのは不思議なもので、この形に今年まで特に疑問を持たずにきた。

鰤と鶏は福岡出身の母らしい具材だと思うけれど、しかしナゼ白味噌が・・・?
ちなみに、母方の祖母は対馬だ。
先日実家にいったついでに聞いてみたら、首を傾げて「・・・なんとなく・・・」と。
なんとなく・・・なんとなく寸胴をドカスカ並べていたのか、母よ?!
まあ、三日楽しく美味しく違うお雑煮というのは、楽しかったからいいけれどもさ。

オットに聞いたら「象を煮るのだよ」とか言い出したので無視したこともあるな・・・。

その後、義姉たちが帰っていった。
「嫁」始動なのである。
単にゴロゴロしている、と思ったアナタ、実はきちんと交代後へのエネルギーを
蓄えていただけなのだよ(・・・なんちゃって・・・)。

始動にあたり、エンジンを温めるために・・・温泉に向かう。
本当は元旦に家で湯を立てたり、ましてや湯銭を遣うなど、あまりヨロシクないようだが、
サササと出かけてしまうのである。

ここは知人に勧められたところ。

門松かくれ里の湯』という。
人吉のループ橋入り口辺りから、ぐいぐいと山奥へ。
まさかこんなに遠いと思わなかったので、ちょっと驚く。
しかし、こうなると地元用というよりは観光向けだね・・・
と案じつつ、うねうねくねくねと山道を辿るのだった。


ここもアルカリ単純泉だが、肌当たりは強め。
広いお風呂は湯気がこもって、あたりの様子が見えにくい。
薄暗く湯気がこもった湯殿は風情があるが「掃除の手抜きをしてもばれにくいんじゃ・・・」
などと風情のないことをつい考えてしまうのだった。
まったく余計なお世話だが、風呂上りに顔を合わせたとたん、オットが同じことをいう。
やれやれ。

山道というのは不思議で、往きは随分長く感じるのに、帰りはなぜかすぐに抜けてしまう。
車の前を黒い動物が駆け抜けるので、なにかと思ったら狸だった。
・・・化かされているのかなあ、正月早々・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
毎日温泉通いで、酒浸りテレビ漬け。ああ、お正月だなあ・・・(?)。




最近愛用の入浴剤。クリームもよいのです。
乾燥肌にお悩みの方、男女問わずドウゾ。






arima0831 at 22:39|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック