アル・アイン

June 27, 2006

レバノン料理の会 写真をあと二枚

実にまことに嬉しいことに、皆さんが色々と写真を御提供くださいます・・・。
今回はserinさん御提供です。
ありがとうございます。


コナファ件の「コナファ」は、こんなお菓子です。

アラブ世界では一般的なお菓子だけれど、大抵はべっとりとシロップ漬け。
一口噛めば、奥歯からコメカミに痛みが走るほど甘いもんです。
だから「コナファだす」とジアードさんが言った時「いらない!」とか言っちまったのですが、強く自信を持って勧めるので「ま、アラブ菓子の強烈な甘味でキーンも一興か・・・」と、お願いしたところ・・・

ごめんなさい。
ワタシはアラブのお菓子をまるでわかっていませんでしたっ!!

あ〜文章を書く手が止まる。遠い目になる…こらこら。


コナファというのは、本来はこの写真にあるような細いパスタ状の素材のことで、
現地でも家庭で手作りはあまりせず、専門店でクレープようのような鉄板に、セモリナ粉をほそーく糸状にぐるぐる引いて焼いたものを買ってきます。

ナッツを入れたり、チーズを入れたりと中身も様々なら形も色々。
今回はシンプルにクリームを挟んでオーブン焼きしたものです。

香ばしく焼けたコナファの香り。
優しい甘味のクリームはプルルンとした舌ざわり。
この組み合わせは・・・嗚呼、所詮アラブのベタ甘菓子と、はなっから見くびっていた
私を許して、ジアードさんっ!

甘いものはそう好きでないけど、これはお代わりに走ったワタシ。
元のコナファから作るのだろうから、これはかなり手のかかった一品です。

パイ類いろいろもうご紹介しましたが、前菜で出たチーズやほうれん草など、中身いろいろのパイ類再び。

おいしかったなあ。










ところで、ついあれやこれやで思い出してしまったのは「羊の脳みそ」。
実はレバノン料理では、臓物類もいろんな形で出ます。

羊の脳みそは、現地でも揚げたのが一般的ですが、茹でたのをサラダで、
なんていうのもあります。

揚げたやつは『アル・アイン』のメニューに載っていますが、これがまた上品な仕上がりでおいしいんですよー。
実は今回、こっそり出そうかと思ったけど、最初だしやめておいたものの…

嗚呼、羊の脳みそが食べたいっ!!
と、食欲コビトが叫んでいます。

「もう山ほど食べたじゃないの」
「でもアレは食べてない〜」
とせめぎあう自分と自分。

アルアインに行きたい人は、いつでも手を挙げてください…。
そうそう、ぐるなびのクーポンがあるのですよ。
内容は各自調べてくださいまし。


ランキングバナー人気blogランキングへ
食欲は続くよ、どこまでも。



ヨルダン・シリア・レバノン〈2004‐2005年版〉


arima0831 at 03:15|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 26, 2006

レバノン料理の会〜追加レポート!〜

その後、また色々お写真いただきました。
UPしてご紹介します。

ホブス(写真提供:四十朗様)ホブス、というパンです。これですくって食べるのが基本形です。
ただ、結構お腹で膨らむんで、食べ過ぎ注意。






タッブーリ(写真提供:四十朗様)当日出たタッブーリはこんな感じです。パセリなどがてんこ盛り。
健康的でしょう?






ラブネ(写真提供:四十朗様)ラブネという前菜。白チーズとヨーグルトをペーストにしたものです。
「日本人はこれ嫌い」説が出ましたが「私が好き」という理由でメニューに押し込み・・・きれいに皆さん食べてらっしゃいました。

いや、長年の蓄積があるので、シェフの言いたいことは良くわかるし、とてもただしいと思うけれど、この日集まったメンバーは・・・ふふふふふ。


モロッコのビール モロッコのビール2(写真提供:四十朗様)モロッコのビールが人気でした。














唐辛子の漬物(写真提供:四十朗様)以前に一度ご一緒した某氏より「アレはないの??」というリクエストで急遽追加の「唐辛子のピクルス」。そんなに辛くないけど、たまに「当たり」があります。





テーブル風景(パイなど)(写真提供:クラムボンさま)チーズのパイにほうれん草のパイ+うら若く美しい参加者の皆さん。
隣に野菜が皿盛りになってますが、これをワシワシ生で齧りながらいただくのが現地式。




テーブル風景2(写真提供:クラムボンさま)こ、このようにっ、皆様ご健啖に召し上がってくださいましたぁ〜〜!なお、手前でちょっとだけ残ってるのが「ババガヌーク」というナスのペースト。
レバノンではムタバルというそうです。

夏なんか美味しいんですよねぇ。


まだまだいろんなお料理があって、食べたいものは色々。
是非また企画したいものです。


ランキングバナー人気blogランキングへ
次回から、写真撮影は誰かにお願いしよう・・・と反省している、ダメ人間はワタシです・・・。



カサブランカこの日人気だった、モロッコビール。
その名も「カサブランカ」! 一本350円、です。

たっぷり入ったお徳用!デーツ(ナツメヤシの実)500g入り
そうそう、デザートにデーツ(ナツメヤシの実)もいただきましたっけね。

デーツ(ナツメヤシの実)120g入り
お手軽に袋入りも買えます(504円)



arima0831 at 16:28|PermalinkComments(7)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 07, 2006

レバノン料理の会 続報

告知以来三日。
定員20名をすでに超える事態となってまいりました。
本人のんびり構えていたので、嬉しい悲鳴を上げております。

何とか皆様のご希望に添えるよう調整をいたしますが、とりあえず、お申し込みはお早めにお願いいたします。

また、サーバーの問題か、メールが戻ってくるケースもあるようですが、その場合は時間帯を変えて再トライしていただけますと、通ったりします。
手元にいただいたメールにはすべて返信をしておりますので、万一メールを出したが返事が来ていない、というようなことがありましたら、コメントの書き込みで結構ですのでお知らせください。

今回は日程の関係で、出席できない方も多々おられたようで、恐縮しております。
またの機会を是非設けたく思います。

ともあれ、締め切り10日としてありますが、お申し込みは是非お早めに・・・。

以上、経過のご報告まで。


人気blogランキングへ
意外な人気にびっくりくりでやんす。

ハーブの故郷紀行レバノンはじめ、地中海各地のハーブのお話。

レバノンレバノン国旗。古代エジプトの時代から珍重された、レバノン杉が描かれています。



arima0831 at 00:57|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 03, 2006

『レバノン料理の会』開催決定

以前ご案内した上記の会を、本当にやることになりました。

詳細は以下の通りです。

日時:6月24日(土) 13:00から・・・夕方くらいまで(食べつくすまで?)
場所:レバノン料理『アル・アイン』
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/23974.html

会費:5000円(フルコース料理、食後のお茶・コーヒー付き)
飲み物:各自払い(いわゆるCOD)
定員:20名

備考:食後にシーシャコーナーを設ける予定です。
一人500円。

お申し込みは、すでに各所から参加希望の声をいただいておりますが、改めて『メールにて』以下宛に参加申し込みを送ってくださいませ。
お手数で恐縮ですが、ご協力をお願い申し上げます。

ARIMA0831*DRAGON.LIVEDOOR.COM
(*注:全部半角小文字になおして、*は@にしてください・・・面倒くさくてすみません)

その際、必ず、お名前・ご住所・電話番号とeメールアドレス(携帯不可)をお書き添えください。
また、グループでの参加の場合は、代表者様のみでも結構です。
その場合は、できれば同行者の方のお名前だけでもお知らせください。

申し込みの締め切りは6月10日、会費払い込みは19日までとします。

参加者がそろったところで、10日以降に皆様に確認のメールご連絡をいたします。
また、食事分5000円の参加費は、恐縮ですが「前払い」となります。
メールでご確認の際、振込先などもご連絡いたします。

なお(まさかもしかしてひょっとして)定員を超える場合は、抽選を行い、キャンセル待ちとします。この辺はまったく状況が見えないので、改めてご報告いたします。

ランチに5000円は高い!という声はありますが、完全に現地式特別メニューのの食事会です。
内容はディナーと同じですので、お腹をすかしてきて、元を取ってください。
普段食べられないようなものも出してくれます。
メニュー詳細はシェフのジアードさんと相談中。

今回は「フルコースでレバノン!」というテーマですが、うまくいったら「モロヘイヤ大会」「ヨルダン名物マンサフの会」など、次の企画も考えています。

アラブの料理は本来大勢で食べるもの。
特別メニューのフルコース、というのは得がたい機会になるかと思います。

動機は、なんていっても「自分が食べたいから」です。

尚、参加申し込みについては、くどいようですが「メールのみ」です。
感想や単なるコメントは通常通りバシバシ書きこんでいただいて結構ですが、参加申し込みについては無効とします(・・・ていうか、自分の住所氏名電話番号にメールアドレスをコメント書き込みする人、いないと思いますが・・・)。

面倒くさい手続きで恐縮ですが、どうぞ皆様お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。

人気blogランキングへ
みんなでガバガバ喰いまくりましょうっ!


Lebanese Food
A Taste of Lebanon: Cooking Today the Lebanese Way


arima0831 at 21:00|PermalinkComments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote