アン・ジョンファン

July 01, 2006

あっこちゃんのW杯観戦記 其の四

あっこちゃんレポートです。
いつもありがとう!

============================
「悲しみのワールドカップレポート」

・アルゼンチン対ドイツ
アルゼンチンが負けてしまった。涙・涙・涙。
「こういう魅力あるチームって、ベスト8くらいで消えるんだよ
ねー。」と思っていたらほんとにそうなってしまった。涙。
日本代表が負けたときよりもがっかりしてしまった。
なんだかもう楽しみがなくなってしまったかのようだ。
アイマールもたいして活躍せずおわってしまったしな・・・。

・イケメン団体賞
これって自分で考えておきながら該当者なしなんだよね。
アリーマのおめがねにあったチームがあれば紹介して欲しいわ。

(アリーマ注:韓国!アン様もいいが、全体に姿がよろしい。
韓国が負けたときは、もうアンさまが見られないと思って、日本代表が負けたときよりもがっかりしてしまった。周囲に「非国民」と言われた・・・いいじゃんか)


・ドイツ
べつにドイツにうらみはないが、開催国で強くて勢いに乗ってて
優勝候補ナンバー1っーのもできすぎでさー。なんだか
しらけちゃうのよねー。ベッケンバウアーの株がまた上がるだけじゃん。
次期FIFA会長かしら?

(アリーマ注: 昨日試合の最初に"Say No to Racism !"(人種差別反対)とかいうバナーを出しとりましたね。
あんまりに白々しくて、思わず外で見ていたのに「けっ!」とかいっちまいました。
イケナイわたし。

ブラジルに是非勝って欲しい。
某ブラジル料理店が半額になるんだよ〜)


・歌
どっかの(スコットランドかアイルランドかイングランドか)代表が負けたり
チームが負けたりしたときにサポーターが歌う歌があるそうだ。
それはYOU ARE NOT WALKING ALONE という歌なんだそうだ。
たぶん題名からして選手たちをココロ暖かく応援していそうなので
わたしとしてはそんな歌が日本代表にもあればなぁとおもった
(実はあったりして)。

なにかいい歌はないかと考えたがいまひとつ思い浮かばなかった。
えー、アイルランドのサポーターはいい攻撃のときには
たとえゴールをはずそうと拍手するんだよね。あれはみていて
気持ちがいいとわたしは思った。まねをしてみたいものだが
意外とタイミングが難しい。やはりこれも伝統の重みでしょうか。

(アリーマ注:いい話だなあ・・・しみじみ
日本なんて、所詮この程度だからね・・・↓
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2132817/detail

・オシム
一躍時の人。「オシムの言葉」という本を途中まで読んだ。
むむむ、オシム、あの「ボバンが跳び蹴りして出場停止事件」のときの
監督だったのか・・・。懐かしいというか、ユーゴがいちばん大変だった
次期にねぇ・・・。と考えさせられる内容であります。日本の
サッカー選手についての指摘もするどいです。
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


・モンテディオ山形
モンテディオの試合をのんびりとみたくなったなー。
雲の上のスーパープレイもいいけど、地元の試合もいいよね。

モンテディオ山形オフィシャルCD
オフィシャルCDもある。

=====================================

あっこちゃん、ありがとう。
またぱくっちゃったよ。

またよろしくね。

ランキングバナー人気blogランキングへ
でも、告白すると、ゲーム中は飲んだくれていたワタシ。



arima0831 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 19, 2006

あっこちゃんのW杯観戦記

告白すると、ワタシ、サッカーには特に興味はありませんで・・・。
今回の注目は、アン・ジョンファン、というところに「真剣さ」が見えましょう。

でも、オトモダチは何故かマニアックなファンがそろっており、おかげでワタシは日産スタジアムのみならず、はるか磐田のヤマハスタジアム、北は札幌ドーム・・・と、なんだかワケわからんうちに結構あっちこっちいってます・・・珍しいものに誘われると必ずくっついていく、と、それだけの話なんだけど。

で、オトモダチのあっこちゃんが面白い感想を送ってくれたから丸パクリ。
以下、あっこちゃんレポートです。


・日本対オーストラリア
たとえて言うならモンテディオ山形対ベガルタ仙台、って試合。
レベルはJ2。よりへたくそなチームが当然のように負けた。
敵はオージーではなくてヒディング監督だったのだ。

(アリーマ注:オットは海外ロード中「日本てどうしてああヘタなんだ?!」とスーダン人に言われまくったそうだ。「アフリカ予選」でグループ5位だったくせに・・・)

・韓国対トーゴ
トーゴってどこよ? というわけで、地図で確認してから試合に
のぞんだわたし。韓国がここで負けたらアジアの出場枠がひとつ
減らされてしまうのではないかという危機感から(だってアジアは
下手くそじゃん、といわれそうな成績だ)韓国を応援していたのだが、
ここでやっとJ1の試合のレベルにあがったような気がしてほっとした。
たとえて言うなら横浜マリノス対浦和レッズとか。
この試合、トーゴのサッカーがおもしろくてついつい当初の目的を忘れて
「いけいけーっ」とトーゴを応援してしまった。
トーゴのサッカーはなんとも荒削りでそれほど凝った戦術はなくて
ひたすらボールを持ったらフオワードにあげてなんとかしてもらう、
という感じだ。でもそのフォワードがスピードがあり、二人で
韓国ディフェンスをかわしながらゴール前までいっちゃうんだ。
「たった二人でここまできたか!!!!!!」とちょっと感動しちゃうぞ。
しかもファールの仕方も堂々と審判の前で相手選手をひっぱったり
けっ飛ばしたりで、無意味なイエローカードをもらったりして。
いやはや、日本人だってもうすこしばれないようにやってるぜ・・・・・。

・アルゼンチン対セルビアモンテネグロ
 わたしの関心は「アイマールはでるのか?」の一点につきたのだが、
ついにでなかった。いや、わたしは後半10分くらいのところで
「もうアルゼンチンは勝ったよな」と眠さに負けて寝たのだ。
そのあとアイマールがでたとしたら悔しい限りだ。
アルゼンチンはすばらしい。世界レベルとはこのことだわ。
なによりディフェンスがすばらしい。アルゼンチンのディフェンスなんて
いままでそれほど注目していなかったが、やはりしっかりした
ディフェンスがいるからこそ攻撃にいけるのだよな、と実感。
それにしてもアルゼンチンの選手は背が低い。日本の選手の
平均身長は出場国のなかでは低い方から三番め、ときいたが、
もしかしてその下はアルゼンチンか?っつーくらいだ。
そのなかでサビオラはひときわ小さい。小さいけど
スピードがあり、体がしっかりと地に着いてる感じがする。
がんばれ「ちっちゃいものクラブ」!!!!!
ちなみにアイマールは「かわいい」タイプなのでありまの
好みではないと思う。

注 「ちっちゃいものクラブ」とはアニメの「おじゃる丸」に
出てくるかたむつりや亀など小さいものたちで構成される
クラブなのだが、わたしは勝手に「背の低いスポーツ選手」を
あつめて「ちっちゃいものクラブ」にして応援している。

・安サマ
ところで、安サマの髪型は天パーなの?
いいシュートでした。

(アリーマ注:あの「クルクルパーマ」はパーマだろうが、元がくせっ毛だったのね、とワタシも思いました。しかし、一回りかっこよくなったなあ、としみじみ惚れ惚れ・・・)

・オランダ対コートジボアール
 オランダの監督は伝説の名ストライカー、ファンバステンであります。
日本人にとっての釜本。しかし、釜本はJリーグの発足当初ガンバ大阪の
監督となり「監督には向かない」ことをみんなに証明してしまった。
思えばあのサングラス姿は「ヤクザの二代目」ってかんじで、あのまま
日本代表監督だったら対外的にまずかったかもしれない。
いっぽう、伝説のファンバステンはといえば、タイトフィットのワイシャツ姿。
腕周りが太いせいか、なんだか「ちょうちん袖」にみえる。ま、かわいいと
いえばかわいい。なぜここまでタイトなのかな? オーダーですかね?
まさかサイズ間違いでもあるまい。
なーんてうちでは話題なんです。決勝リーグでは注目してください。
オランダは一次リーグでは二試合続けて「点を入れてから相手におされるが
なんとか逃げ切る」あぶなっかしい試合のようです。

・プーマ
プーマのユニフォームはテレビで見ると汗でべたべたしているように
みえると我が家の話題です。あれは着心地はどうなんでしょうか?

・ポルトガル対イラン
ポルトガルのフィーゴはわたしは大ファンなのだが、この試合では
なんだかジャイアント馬場みたいになっていた。顔が、ではなくて
雰囲気がさ、「往年のするどい切れ味はないけど、仕事はしてます」
って感じ。あの顔で33歳とは驚く。日本的な基準では45歳くらいだと
思うんですが・・・。
ポルトガルの「ただいま売り出し中」若手はテクニックはすごいのだ。
しかも試合開始から終わるまでずーーーーっと
全速力で走ってた。なかなかおもしろいあんちゃ(庄内弁で「にいちゃん」)
だ。このあんちゃはPKをきめた。
あの先輩たちのなかでPKを蹴らせてもらえるとは根性がすわってるとこを
かわれたのか、若造だから失敗しても許されるとおもわれたのか、
まあ、決まってよかったね。

わたしは目をしっかり見開いてイケメンを探しているのだが、
いまのところ「新人」がみあたらない。
残念だ。

以上、あっこちゃんのW杯観戦記でした。
イケ面レポートをじっと待つ私。


ランキングバナー人気blogランキングへ


ドイツワールドカップ観戦ガイド完全版


ワールドカップ・サッカー スペシャル・コレクション

arima0831 at 00:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック