イタリアン

May 02, 2007

ラゾーナ川崎『Ristorante RUBY Sopraffino』でランチ 〜「オシャレなイタリアン」にげんなりする〜

Ristorante RUBY Sopraffino
最寄駅:川崎
料理:イタリア料理 / バー・カフェバー / ダイニングバー
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


世間では、こういうレストランが「素敵」なのだろう。
私は単なるひねくれ者に違いない・・・という感慨をひとつ最初に記しておく。念のため。
ファンの方がもしいたら、この先読まないでください。
  
1300円でパスタかリゾットのランチセットは、たとえ川崎の最新鋭おしゃれスポット
「ラゾーナ川崎」とは言え(?)ちょっと高い気もしたが、まあ一度くらいいいか、
と行くことにした。
女子6名が突然に集える場所、というと、まあ限りもある。
いかに見かけがオシャレでも、高いから空いているのだ。

で、なぜ気が進まないかというと、こういう場所にある「オシャレなイタリアン」が
美味かった例はないからなのではある。
大きな期待は一切しなかったが、その「決死の覚悟」すら思い切り裏切るのは、
ご立派の一言・・・(嘆)。

一面ガラス張りの店内は、昼時には日焼けが心配になるほどの陽射しが燦燦と。
しかし、ピアノの周りをぐるりと階段状に取りまく座席配置はどう考えても夜向けで、
しかも「ピアノバー」の類であって食事をするにはどうも落ち着かない感じ。
ましてやランチには、ちょっと無理がある。
喫茶店においても違和感のないような、妙に安っぽいテーブルも狭く、
なんだか落ち着かない。

ウェイターは、マネージャー風から皿運びまで、半一流ホテル風&半ホストクラブ風。
どういう客層を狙っているのか、わかりやすすぎて楽しいな。
しかし、昼日中にこういう、慇懃さと馴れ馴れしさと中途半端な明るさを混ぜ合わせた
接客って、なんだかおさまり悪い。
ワタシだけかなあ、そう思うのは?

不思議なのは、日当たりよく明るい、明らかな「上席」が空いているのに案内されず、
ピアノバー方面の席があくまで待たされたことだったが、これはマネージャーが
「こいつらは1300円ランチ」と踏んだかららしい、と後で想像する。

それはまあよい。
それならばさっくりと、安いランチの説明を効率よくしてくれればいいんだ、が・・・

ウェイターがやってきて、聞いてもいない「3500円のランチコース」の説明を始め
次に「2500円」にくる。
「ワインなどアルコール類のお飲み物も一杯無料で・・・」と、延々としゃべるのに
うんざりして「午後も仕事があるのでお酒は飲みません」と言うと、安いほうの説明を
してくれた。

そういう「お時間ゆったり系」は、空気読んでやってほしいなあ。
ワイン飲みながら優雅にランチしに来たかどうかなんて、見ればわかるだろ!

1300円のランチはパスタかリゾットが選べる。各一種だ。日替わりだそうだ。
リゾットにしようかと思ったが「XO醤風味の豚肉のリゾット」
ナニが悲しうて、イタリアンで中華風リゾット?
他にも選択肢があるならともかく。
XO醤などを使った「実験的な試み」は、イタリアンのランチを食べに来ている以上、
他に選択肢が色々ある中でやってもらいたいと強く思う。
ましてや同じフロアには、タイ、韓国、中華と、アジア系のレストランが軒を連ねて
いるのだ。

トホホ・・・と、パスタにする。
鮭とホウレンソウのペペロンチーノ。

なんかの肉の香草焼きがメインだと1800円。
スープ、サラダ、デザート、飲み物がセットなのは1300円のセットと同じ。
パスタかリゾットが付くなんてことはない。
ここは川崎だぞ。青山とか六本木とかじゃなくて。
みなとみらいですらなくて。
いい度胸してるな・・・と、妙に感心する。
 
パンがバスケットに入って出てくる。
テーブルクロスを敷いているわけでもないのに取り皿はなし。
しょうがないのでサラダの皿の隅に置く。止むを得ない。

スープとサラダパスタがメインに相当するので
ミネストローネスープがプリモとしてサラダとともに・・・
カップ入りで、当然スプーンなどは出ない。
期待するほうが、きっと間違っているに違いない。
街場の洋食屋じゃあるまいし、
なんて思うワタシがいけないんである。 

「リストランテ」と名乗るなら、その言葉の意味をよーく考えてみたらどうか、なんて
大きなお世話ですね。はい。

パスタオシャレな盛り付けのパスタ。
白い皿の縁に、無意味にパラパラ振ったパセリがステキ。
鮭とホウレンソウの「ペペロンチーノ」だそうだ。
一見少なそうだが結構量があって、
具とのバランスを考えると
下手なラーメン食べるより、はるかにメタボリック。

で、茹ですぎたパスタのバサバサした口当たりのことは強いて考えず
「見た目よりも結構量があるねえ」というポイントに絞って午後への鋭気を
養うことにする。

デザートデザートは、ココナッツミルクのプリン。
どうもここの料理人はアジア系の食材がよほど好きらしい。
同フロアにアジア系レストランが比較的安価に軒を連ねる中
敢えてイタリアンを食べにくる客が
何を求めてこの店にたどり着くのか・・・
などという思考はゼロのようす。

私は割合美味しくいただいたが、同席者の半数は「ココナッツが苦手」とせっかくの
デザートを残してしまった。
せめて、二種類あって、どちらか選べるなら救いがあったがね。

でも
「コパトーンを冷やし固めたような匂いがする!」
「うざいサーファー系の匂い・・・」
というコメントには笑った。
絶滅種だが、ムカシいたな。わはは。

それにしたって、パンナコッタかティラミスでもつけておけば、誰でも喜ぶのになあ。
どう見たって女性客がターゲットなんだから、せめてデザートくらい選べるようにしたら
誰も不満はなかろうに。
何故にどうして「ココナッツミルクのプリン」なのだろうなあ。
 
で、ここまで来るともうないものねだりだが、イタリア料理のランチで1300円なら、
せめてコーヒーにエスプレッソの選択肢があっても罰は当たるまいよ・・・と内心思いながら
普通のブレンドコーヒーを啜った。
 
この界隈はイタリアン過疎地らしいので、これでも十分やっていけるのだろう。
 
夜、バーだと思ってくるにはいいかもしれない。
立食のある程度人数のいるカクテルなどにも使えそうだ。
結婚式の二次会なんかに向いている。
このうるさいほど燦燦と陽光一杯の店内は、デイタイムのパーティーにはよさそうだ。
立食ならば、食べ物のクオリティーもそれほどうるさく言われまい。

色々と用途はありそうな店だが、ここに再びイタリアンを食べに行く気はしない。
残念ながら。

尚、この店からちょっと横移動すると「出雲神社」の社がなぜか設けられているので、
デートコースにはそれなりによいかもしれない。
しかし何故ここに突然「出雲神社」が・・・などとは考えぬが花というものであろう。

やれやれ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
たまにはこういうこともあるさ(嘆)


 ディチェコのスパゲッティーニ、500g175円。


バンビ~ノ! 1 (1)

テレビ放映中!

arima0831 at 00:00|PermalinkComments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 03, 2007

みなとみらい『マンジャ・マンジャ』でおやつタイム

マンジャマンジャ
最寄駅:桜木町 / みなとみらい / 馬車道
料理:イタリア料理 / ステーキ / ライブハウス
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:おやつ


姪たちが九州からやってきた。
すでに上京して働いている甥と、東京で数日過ごしてから三人で横浜へ現れる。

夜は中華街に行く予定だが、暴風雨吹き荒れるその日、午後時間が空いた。
「みなとみらい」の駅で待ち合わせ。
ランドマークの展望台にでも行こうか、と思ったが、この天気じゃねえ・・・。

しかし、週末のみなとみらいで「眺めのいい落ち着いたところで、軽食にお茶とお菓子」
なんて、いかにもありそうだけれど実は無茶で不可能なオプションなのだ。
まったく、少しは考えてくださいよ・・・とぼやきたくなるくらい、ホテルなどの喫茶室は
ぐしゃぐしゃに混んでおり、目立つ店はどこもかしこも長蛇の列。

まあ、とりあえずぶらぶらしながら、ランドマークタワーの五階に向かった。
まったくナニ考えてるんだか、昼食時間を過ぎると、どこもかしこも「CLOSED」の札が
下がる。
ウィークデイはともかく、週末くらいは午後通しで営業してもよさそうなもんだ。
間違いなく儲かるぞ。外さえ見えれば。
コーヒー一杯に詰まらんクッキーでもつけて、900円くらいぼったくれば十分すぎる
収益が見込めように。

ところで、同じランドマークでも、タワーとプラザでは人の流れがまるで違う。
プラザも五階は比較的空いているのだが、これがタワーに来ると、ぷっつり人の流れが
途絶える。
以前はタワー内で働いている人向けのカフェテリアのような階だったが、最近テナントを
入れて「レストラン階」にしたのは知っていた。

久しぶりに行ってみると・・・なんと、もう早くも閉店に追い込まれた店がある。
ああああ・・・。

でも、この『マンジャ・マンジャ』は無事に元気に営業中。

眺望眺めが大変よろしい。
バー・ラウンジのエリアとレストランが分かれている。
て、いうことは、バーにも使えるのだな。
席の配置などはせせこましくなくて、
この辺は資本元が大きいだけに余裕だ。
よろしいんじゃないでしょうか。

みなとみらい界隈のイタリアンは、どこもかしこもインチキ臭く「本格イタリアン」
などと自称した結果、みんなに馬鹿にされて自爆しているが(ワタシだけか、そう思って
いるのは?)、
ここは「本格的なイタリアンではなく、アメリカンにあるイタリアン レストランをモチーフにしています。」 という開き直り(?)が、かえって功を奏していると思う。

座ると、みんなお腹が空いていることを思い出して、まあピザとパスタでももらおうか、
ということになる。

カルパッチョなんとなく頼んだカルパッチョ。
バジルソースがいかにも「オシャレ」だが、
そこそこちゃんとバジルの香りがする。

よろしいんじゃないでしょうか?



パスタ「ミートボール・スパゲッティ」と聞いたとたん
いぬわんクンのこの記事が脳裏に蘇る。
どでかいハンバーグみたいなミートボールに
そこそこ悪くないトマトソース。
きっとアメリカで食べるよりうまいに違いない。
量もあります・・・。


ピザうす〜い四角いピザ。
ちょっと油でギトってるが、
具がシンプルで結構許せる。
オヤツにいいですね。
若い姪甥たちと、楽しくぱくつく。
いや〜、お腹減っていたねえ、実は・・・。


フォッカッチャにオリーブ・オイルなんかも付いてくる。
このくらいを四人でサクッと食べれば、なんとなく「軽食」という気分になる。

しかし・・・

これまでの料理、一皿のボリュームが結構「アメリカン」だった。
二人のカワイイ姪たちが、目を輝かせてオーダーした「チーズケーキ」や「ティラミス」は・・・

ワタシならば、これ一個で一食になるくらい、バカデカイのだった。
なるほど、アメリカン。すごいぞ、アメリカン。

多分これでも、相当日本人向けに調節した「アメリカン・サイズ」なんだろうが、
この量でフルコース・・・と想像しただけでアメリカ人てすごい、と思う。
アメリカ全国民のカロリー摂取量で、三回くらい地球を破壊できる核爆弾ができよう。
おそるべし、アメリカン・・・!

ちなみに、味は悪くなかった。
何を食べても、そう大きな外れは出ない。
ビール飲んだりワイン飲んだり、ついでにお茶も飲んで、四人で一万ほど、というのは、
場所柄を考えれば許容範囲だろう。
まあ、贅沢なオヤツ、ですね。

なんといっても「週末のみなとみらいで、眺めが良くて空いている」というのは得難い
メリット。
ぐしゃぐしゃに混み合ったこの辺のホテルのラウンジで、正面から堂々と一杯1000円
もするコーヒーをボッタクラレルことを考えれば、こっちにくるのが正解だなあ。

バーもあるから、今後この界隈で切羽詰ったらここに逃げ込もうと思う。

そこそこ食べた満足感とともに、ニコニコと嬉しげな姪甥を連れて、もうしばらく
みなとみらいをお散歩する。

この三時間後には「中華街での豪華おディナー」が、予約済みでスタンバッとるのだ。
要カロリー消費・・・と、テケテケテクテク歩き回るのだった・・・(中華街に続く)。


ランキングバナー人気blogランキングへ
眺めよければすべてよし。とりあえず。





みなとみらいのホテル、意外に意外と時期によっては安い・・・一応チェックしませう。


ナポリタン

あの「名作」が文庫になった!
「日本にしかないナポリタンの謎(?)」が、ここに明かされる?!





arima0831 at 22:44|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 19, 2006

飯を食うならぁ〜『オリヂナル・ジョーズ』だったころ

オリヂナル ジョーズ
最寄駅:関内 / 馬車道 / 日本大通り
料理:イタリア料理 / ピザ / パスタ
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


名曲『横浜ホンキートンク・ブルース』で歌われている老舗。
なんといっても「オリ『ヂ』ナル・ジョーズ」です。

横浜の文化財といってもよろしいでしょう。

真っ赤な皮のシートが粋です。
あのシートに座って何か食べることに意義があります。

でも、かつての粋な本格イタリアンも、日本全体の「本格イタリアン化」に押されて、イタリアンをきっちり食べたいという向きは、他店に足を運んだほうが・・・と思います。
味自体はそう悪くないのですが、特にここでなければ、ということもないです。
残念ですが。
値段もちょっと高め。

でもまあ、名曲に敬意を表して、赤いシートでピザなどいただくのは、やっぱり良いかも知れません。

あと、さすが「文化財」で、結構混んでいますから、一応予約がベターです。

遠方からお出かけの皆さんは、やっぱり以下のBGMを背負ってくるとよろしいんじゃないか、と・・・。

横浜ソウルブルース

SMOKE&BOURBON


ハーバーライト~横浜BEST~


ところで悲しいのは、わたし、「みなとみらい」になっちまった後の横浜しか知らないことです。
「あの歌」を聴いていたのは、まだ10代から20代にかけてで、結構憧れていただけに、引っ越してきてがっくりきました(あくまで当時の勤務の都合で移ってきたんだけれど)。

でも、ホンキートンクな残り香は、ところどころあるのです。

人気blogランキングへ
↑ホンキートンクにワンクリックだ!





arima0831 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote