タイ料理

May 19, 2007

若葉町『イヤムプシャナー』でグリーンカレーなど 

イヤムプシャナー
最寄駅:日ノ出町 / 黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:タイ料理 / タイ風ラーメン
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食

とある雨の日の昼下がり、突然「タイ料理が食べたいっ!」とナニカが叫びだす。
衝動に突き動かされるように若葉町へ。

なんだか山ほどタイ料理屋が目につく若葉町あたり。
しかし、場所柄か夜の営業が中心で、昼間はあまりやっていない様子。
いや、やっているのかもしれないけれど、なんだか「夜の匂い」が強いので、感じない
だけだろうか。

店ここイヤムプシャナー
そんな中でかなり雰囲気明るい。
ロケーションの微妙さ(?)と
物理的な最寄り駅の遠さをカバーしようということか
トゥクトゥクでお出迎えサービスもあるらしい。
ワタシは利用しなかったが。


グリーンカレーグリーンカレーのセットには
ライス(タイ米)とデザートとサラダがつく。
980円。
ランチにしては高めだがウマイです。
サラダはごく普通。
もうちょっとタイ風だと嬉しいが、まあオマケなんで。

ワタシのテーブルに向かう途中から、タイ米の香りがふんわり漂ってうっとりする。
ここのライス、ひときわ香りが良い気がする。

ヤムウンセンなんだかタイ風のサラダが食べたくなったので
ヤムウンセンを追加。
850円で山盛り出てくる。
しっかりスパイス効いて、辛くて甘くてサッパリ。
夏にかけていいな、こういうサラダ。
一品のメニューは1000円前後が中心で
こちらはリーズナブル。


デザートデザートはタピオカ。
ココナツミルクの甘さが、辛くなった口に優しい。
セットについてこなければ
デザートなど食べないけれど
あれば嬉しい。
へへへ。


午後は通し営業で(ランチは二時まで)、深夜二時まで営業。
遅めの休日ランチにはいいかもしれない。
まあ、周辺を気にしなければ、ということだが。

テラス席入り口はウッドデッキ風になっていてこんなテーブル席が。
もっと蒸し暑くなったら、こういう席もいいかなあと思う。
店内はこじんまりとキレイで、わりに居心地よい。
小奇麗な分だけ「怪しいディープさ」は
薄まっている気はするけれど
食べやすくてよろしいんじゃないでしょうか。

店2売り物はタイ風ラーメン、ということらしい。
エスニックにまとめた店先に
「味自慢 ラーメン」なんてぶら下がってるのが
ちょっと不思議で、なんかいい感じです…。



それにしても、このところ春先からはじまって、なんだかタイ料理をよく食べている。
実は去年はほとんど食指が動かなかったので、いったいどうしたのかなあ、と
我ながらちょっと不思議なのだ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
謎の食欲ベクトル、東南アジアへ…?



アジアンホームグルメ、だそうです。好きなもの5種類、セットで1050円。


タイの屋台図鑑

読むと食欲ベクトルはエスニックに向かう…。

arima0831 at 20:55|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 17, 2007

ラゾーナ川崎『ティーヌン』でランチ 〜ミニ・ビュッフェにがっついて午後眠くなる〜

ティーヌン
最寄駅:川崎
料理:タイ料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


それで、川崎はどうなったんだ?!

という声ならぬ声が聞こえるのは・・・たぶん幻聴だろうが(ああ、少し疲れているのかな)
そろそろひとつ。

ラゾーナ川崎。

実は「みなとみらいクイーンズのダメコピー」のような先入観があって、どうも足が
向かなかったのだけど、横浜東口だの未来なきミナトミライだのを思えば、結構まともに
思えるから不思議だ。

東口界隈なんて、いくたんびに「ワタシあなたが言うとおり、一生懸命手当たり次第に
いろんなことして尽くしたのに・・・なのに、イマサラどういうことっ!」という修羅場
が先に透けて見えるような、そんな微妙な想像力を沸き立たせてくれる。
修羅場ならまだいいが、単に泣き寝入り・・・というもっと悪い想像も浮かぶ。

周りにいる誰かが何か思いつくたんびに整形され、中途半端にイタリアン・モードな
装いをさせられたが似合うはずもなく、アレレという間に見てくれだけいいが使い物に
ならない変な新しいやつにぶら下がられ・・・と、言われるがままにナントナクよくない周囲にたかられているうちに、なんだか本当にどうにもダメになっていく図、
とでも言おうか。

その辺、西口あたりはもうちょっと強かなネエさんのイメージ。
「あのコはねぇ・・・フツウのコだったのにねぇ」などと、迷路の片隅で煙草の煙を
吐いていそうだ。

若い頃はねえ、タカシマヤのあっち側で結構いろんなことをしたけどねぇ・・・と、
東洋ビル地下街はタバコの煙を吐きながら語ったり

・・・しないだろうな。
妄想です、ただの。

とにかく、この辺のこの類の施設を見慣れた身には、ラゾーナは空間の取り方が広めだし
何でも一箇所で結構そろうし、動線もソコソコ(横浜東口やミナトミライに比べると)キレイだ。
しかも全体に物価が安い。

「ふうん」と思って街を観察する日々なのである。
まあ、いいところから入らないとねえ。

さて、この日のランチはチェーン系のタイ料理レストラン。
店内は禁煙で、天井高くて昼間は明るい。
雰囲気は、お昼のランチが大事な息抜きである人には、いい感じだ。

ランチてんこ盛り900円の定食は、ガバオ、パッタイ、
トムヤムラーメンと、色々あるメインに加えて
ミニ・ビュッフェが付いている。
この日は、卵と木耳のスープ、グリーンカレー、
サラダ、炒め物、デザートにカボチャ。
これが900円ならば、十分許せる。


あ、向かい側の白い紙に乗ってるのは、ワタシの分ではないです・・・。

ガバオガバオ。
ハーブの香りは控えめだけど、
これ一品で一食分くらいの量がある。
本格的にディープにエスニックではないが、
結構おいしい。


グリーンカレービュッフェで取り放題のグリーンカレー。
あまり辛くないが、
まあよろしいんじゃないでしょうか。
具沢山で味は悪くない。
スープはキクラゲやらひき肉団子やら、
色々入っててサッパリ味。


かぼちゃデザートのかぼちゃ。
ココナッツミルクで薄甘く煮てある。
調子に乗って取りすぎたので
かなり苦しいが食べてしまう。
ミニ・ビュッフェにライスだけでも
十分な量だと思う。


100円プラスで食後の飲み物をもらって、マッタリしたいところだ。
時間が許すならば・・・。

しかし、この量をゆったりと楽しく食べつくすには、ちょっと時間が足りない。
で、この量を短時間でかっ込むと、結構胃にもたれるのでもある。

自業自得とはこのことであろう。
午後は己の卑しさを呪いながら、必死で眠気と戦う羽目に落ちた。

量をしっかり食べたいときには、かなりオススメのランチだ。
ディープではないが、こういう場所柄で許される限度値、と思われるくらいまでは
それなりに各種香辛料も入っている。

ラゾーナ川崎。
みなとみらいや横浜東口あたりなんかと比べると、はるかに気の効いた施設に思える。


ランキングバナー人気blogランキングへ
明日は何を食べようかなあ・・・。


 激辛グリーンカレーペースト

 缶入りココナッツミルク

文庫判 神奈川都市図

まずは地図をにらんでいるのです・・・右も左もわかんないし・・・。
わかったところで、結局迷うんだけれど。どうせ方向音痴だ。

arima0831 at 00:30|PermalinkComments(17)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 19, 2006

タイ料理『ゲウチャイ』みなとみらい クイーンズイースト店

ゲウチャイ
最寄駅:みなとみらい
料理:タイ料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食

目黒の本店がむかしから有名だけれど、あれよあれよとあちらこちらにチェーン展開。
こういう「事業拡大」は、大抵ろくなことがないけれど、ここの場合は「本格的なタイ料理が気楽に食べられるようになった」という功績で、よろしいんじゃないですか、と思う。

さて、みなとみらいはクイーンズ・スクエアの地下にあるこの店、以前は成城石井というスーパーマーケット内の完全な「イートインスペース」という体裁だった。
隅のほうによっていたせいだか、今の場所より落ち着いたような気がする。
あの頃は、仕事の帰りや目先の変わったランチが食べたい時など、ちょこちょこ利用していた。
でも、成城石井が閉店して、地下のフードコートに移動。
たまにみなとみらいで昼時になると、一応覗いて見るんだけれど・・・ううむ。
 
ここのチェーンは、どこで食べても間違いがなくて悪くないのに、横浜ルミネ店にしてもこちらにしても、とにかく「落ち着かない」のが残念なのだ。

友人とゆっくり座って食べようか、という気になれないし、じゃあひとりで入って、
という気にもなれない。
完全にワタシの好みと気分の問題だけれど、特にここクイーンズの店の場合、イートインのスペースが四方八方から丸見えで、完全に「オープン」なので、なんだか気分的に収まりが悪いのだ。
 
これが屋外やテラスのような、外気に触れるスペースならば、まだ落ち着くと思うのだが、何しろ人いきれのこもった地下だ。
天井も低いので、妙な圧迫感がある。
 
せめてテイクアウト・・・と思っても、お持帰りにしてはちょっと高い。
 
せっかく美味しいものを出しているのだから、もうちょっと環境を考えてオクレ、と思ってしまうワタシって、ガラにも無く神経質なこといってますかね・・・?

タイ料理の美味しい季節になったんだけれどなあ・・・。

まあ、横浜の場合、もっとディープで面白い店があっちこっちにあるから、わざわざみなとみらいに出かけるまでもない。
「みなとみらいでいきなりタイ料理!な気分になったとき」には便利だな。

でも、ちょっとレイアウトや動線を工夫すれば、もっと集客できるのではないだろうか?
覗くタイミングが悪いんだか、お客の入りがいまひとつな気がするのだけれど。

よけいなお世話です。スミマセン。


ランキングバナー人気blogランキングへ
と、書いてるうちに、なんとなくタイ料理が食べたくなってきたなぁ・・・。

【本格タイ料理&食材 クンテープ】タイ料理用ハーブ4点セットレモングラス、カー、バイマクルー、クラチャイの四点セット。
自宅でトムヤムクン!

【本格タイ料理&食材 クンテープ】香り高き 最高のタイ米ジャスミン米1kg高級タイ米1キロ、900円・・・大枚でもない・・・ん?

おうちでおいしい。タイごはん結構お役立ちなレシピ集。

arima0831 at 01:33|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 07, 2006

タイ料理『沌(THONG)』〜駅ビルも意外と馬鹿にできない・・・

タイレストラン 沌
最寄駅:横浜 / 平沼橋
料理:タイ料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食

目に入るものが、即食欲に結びついていく体質だ。
『トム・ヤム・クン!』などといいう映画を見たら、当然「タイ料理食べたい」と体内の「食欲コビト」が言い出すわけで・・・。

余断だけれど、我がPCはもうヨレヨレのヨタヨタで、二時間も働かせると
「疲れた〜もういや〜わかんない〜」かなんか言ってダウンするんで、
ついに新型機導入を決定。
その帰り道、通りすがりに「タイ料理」があった次第。

「どうせデパ地下、駅ビルのレストラン」と完全に侮っていたけど、結構さわやかに裏切られた。 確かに日本人の最大公約数ぎりぎりまで、独特の香辛料や辛さは抑えてあるけど、丁寧に作ってある。
ディープなインパクトは薄いが、タイだってプーケットの高級リゾートあたりじゃ、こんな感じの味付けだったと思う。
 
トム・ヤム・クンやトム・カー・ガイなど頼むと、タイ風のお鍋に火を入れた状態でグツグツと持ってきてくれて、いい感じ。
二人でちょうどいいくらいの量。
 
タイ風野菜炒め、タイ風さつま揚げ、青パパイヤのサラダ、生春巻き、トム・カー・ガイに御飯。
どれもきちんと手がかけてあって、おいしかった。
格好だけ真似たエスニックではなくて、おいしくいただけます。
値段もディナーで一人3000円程度と、リーズナブル。
 
今度お得なランチで、カレーでも食べにこよ、とリピートの誓い。
実はアトピーもちで、お医者さんに「極端に辛いものなどは避けなさい」とか言われてるんですが・・・自己責任だもん。
う、カイカイ。

ところで、以前ご紹介して、思いっきりこき下ろした『ニャー・ベトナム』の横浜店が同じ駅地下にあったけど、閉店したとやら。
合掌。

恵比寿の本店にはがんばってほしいなあ。


人気blogランキングへ
コップンカー、ワンクリーック。




arima0831 at 17:54|PermalinkComments(2)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック