ファンバステン

June 22, 2006

あっこちゃんのW杯観戦記 其の二

あっこちゃんのW杯レポート PART2
 
・サウジアラビア
ウクライナに4-0で負けた。
前回大会でもドイツに6-0で負けた。そのあとドイツは勢いに
のって決勝まで行ったのだ。ウクライナもこれで調子が
あがるかもしれない。
サウジアラビアに大量点で勝ったチームが決勝に進出する
というジンクスができたらどうする?
ウクライナの強力ストライカー、シェフチェンコは
ボウズ頭にしてしまった。前のほうがずっとよかったのにー。
タグホイヤーの広告はかっこよかったのに・・・。

・トーゴ
予選敗退がきまった。やっぱりな、こういう楽しい
チームは予選で去っていくのだよな。

・オランダ対アルゼンチン
 BSで再放送をみた。後半35分に待望のアイマール登場。
4年みないうちにすっかり大人になって・・・。気分は
親戚のおばさん。あいかわらずかっこいいなー。
で、アルゼンチンのメッシ君もなかなかのイケメンと
わたしは思いますが、ありまはきっと「ガキっぽい」とか
いいそうですね。18歳だもの。

・ファンバステン
 気になるタイトフィットシャツは、コーチとおぼしき人物と
おそろいだった。

早朝の日本対ブラジルは、私は5時におきて後半だけみるつもりだ。
ロベルト・カルロスでるかなー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私アリーマは、日本がブラジルに勝つなど、竹槍でB29を落とそうとするようなものでは・・・と不埒にも考えていたのだけれども、ジーコはブラジルの英雄であり、男の面子を重んじ、英雄をないがしろにしないのがブラジル人であり、しかもブラジルは決勝進出が決まっている・・・というわけで・・・という穿った意見を聞いた。

どんなもんでしょう?


ランキングバナー人気blogランキングへ


今すぐ話せるブラジルポルトガル語 入門編


フチボウ―美しきブラジルの蹴球


arima0831 at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック