ボンベイ・トーキー

May 15, 2007

ラゾーナ川崎『ボンベイ・トーキー』 〜初夏の晴天、おしゃれなカレー・ランチ〜

ボンベイ・トーキー
最寄駅:川崎
料理:インド料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


ランチ前、同僚が突然「今日のランチ、ラゾーナに行ってもいいですか。本屋さんに
寄りたいんです」と言った。

え?、は?!いや、全然かまわないけれど・・・と、ラゾーナのフロアマップを取り出す。
デスクに常備なのだ。

それにしてもワタシ、何故かいつの間にか「ランチ奉行」と化していたようす。
ううむ。確かにランチの時間になると、突如として真剣さが変わるのかもしれない。
いけませんですね、こんなことでは・・・(ちゃんと仕事しろよ)。

外はいい天気だ。
なんだかスッキリさっぱりしたカレーが食べたい。
と、脈絡なく考えて「カレーは、いかがで・・・?」と言ってみると、満場一致で
可決される。
ぱちぱち。

チキンとホウレンソウのカレーそういうわけでやってきた『ボンベイ・トーキー』
日替わりランチセットは850円で
今日は「チキンとホウレンソウのカレー」だ。
ちょこりんとしたサラダに
バスマティライスとナン半分がセットになっている。
ラゾーナならこんなものであろうか。


ちなみに、カレーを二種類選べるセットは1050円。

そもそもそう辛くないカレーだが、上品といおうか、マイルドといおうか、食べやすい
お味、といおうか・・・要するになんとなく物足りん。
ウルトラ・メタボリックなあの人、この人、あっちのイヌ、といった面々がこのランチを
見たら、いったい何を言い出すだろう・・・とウッスラ考えてしまう。
量が、少ないのだ・・・。

でも、窓の大きな明るい店内はゆったりしていて居心地よい。
カレーにしたって、別に不味くはないのだから大きな不満はない。
ワタシはメタボリックなんて言葉とは縁がないので。
本当に、無縁なので。

店内にはスクリーンがあって、「クロケット」のゲームを上映していた。
高級インド風、というイメージなのだろか?
店のスタッフ含め、誰も見ておらん。
 
ゆったりランチの後、近所のスーパーからカットフルーツを買ってきてデザートにした。

健康に気を使ったのだ。
別に喰い足りなかったわけではない。
違います。

ついでに付け加えておくと、ここは『マハラジャ』の系列店。
ディスコじゃなくて、インド料理のほうだ。
いつの間にやら、ちょっとした巨大グループ企業に成長している。
さすがだな、インド人。

ディスコは潰れて久しいがなあ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
トシがばれる、とか突っ込んでも無意味ですから・・・と一応言っておく。


 インド人も納得の(?)サグワラチキンカレー。お取り寄せ用。

ディスコ・エイティーズ・プレゼンツ・マハラジャ・ナイト(CCCD)

ノスタルジーか、踏み絵のような思い出か・・・?

arima0831 at 01:03|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック