マカオ

February 13, 2008

マカオをぶらぶら 其の三 〜病人食・養生食天国のありがたみが胃の腑に沁みる〜

激戦の夜をくぐりぬけ、しばらく眠る。
早朝目覚めると、どうも全身だるくて熱っぽい。

なんでマカオ二泊にしなかったのかなあ、と軽く心の中で愚痴。

まあいいや、と寝なおすことにする。
これで熱が上がってきたら、ホテルに事情を話して、ドクターを呼んでチェックアウト時間を後倒しにしてもらおう。
最悪の場合、マカオから香港の空港へはフェリーで直接渡れる。
香港の支払済み一泊分+今夜の一泊分がイタイけど、しょうがないな・・・

などなどぼんやり考えていると、オットが「大丈夫か?」と。
「うにゃあ」
「ダメかあ、じゃあ僕はなんか食べてくるけど、欲しいものある?」
「一発で胃腸の不調が消える漢方の秘薬を至急探してきて」
「そうか、口は動くようになったか。じゃあ行ってくるから」
「・・・・・・・・んがるるる」

さて、正午ちかく。
うとうとしながら「粥と薬膳スープと薬膳スイーツの夢」を見る。
イケる! 
食欲が出ればもう大丈夫だ。熱も下がってきている。

「ううう」と伸びをすれば「どう?」とオット。
「一時間後チェックアウト、かなあ」
「そう。食事どうする?」
「お粥と薬膳スープとあったかい薬膳スイーツが食べたいぃぃ・・・」
「お、大丈夫そうだな。じゃあ、ゆるゆる支度するか」

この落ち着きはありがたいが・・・

「ところでさあ、今食べてきたワンタンメン、ものすごくウマカッタんだ」

夢で描いたリストに「ワンタンメン」が加わる。 
昨夜と違う歌が遠くから聞こえる。

♪サンド〜バッグにぃぃ〜、うかんでぇぇきえぇるぅぅ〜〜♪

たてぇぇぇ〜!
たつんだぁぁぁ〜〜、ワンタンメェェェン!!

力石の立ち位置に、何故かオットが・・・クロスカウンターーーー・・・

と、ふにゃふにゃ気合を入れて起き上がったら、結構体が軽くなっていた。
ああ、喰い意地は世界を救うぞ、と、まだ多少ぼんやりした頭で思う。

フロントで昨日最初に薦められていた「グランド・リスボア]のレストランに行くことにした。どうもフードコートもどき(?)があるらしい。
こういうときホテルやカジノの施設なら、少なくともお手洗いの設備などはしっかりしている。
いつうっかり「不調の波」が襲ってきても、駆け込む場所があれば安心だ。
さすがにこういうときに路面の店には入れないな・・・ワンタンメ〜ン(泣)

ダウンを喫したのが麺粥薬膳の国だったのは不幸中の幸いだな。
こういうときに食べたいものが、街中で湯気をあげて待っている。
日本でへたに倒れるよりよほど嬉しい。

グランドリスボアグランドリスボア








グランド・リスボアは、1970年創業のホテル・リスボア新館だ。

ホテル・リスボアのほうは932室の大型ホテル。
カジノの規模は東洋最大だそうだ。
本館の姿は昼間ならそれなりの高級ホテルだが、夜は日ノ出町駅前のパチンコ屋が清楚なお嬢様に見えるくらいの総天然色的電飾で、野毛では間違っても見かけないほどの凄まじくもえげつないギンギラなオカマバーのねーさんと化す。

上の写真は新館のほう。
ここに目指すレストランはある。
まだカジノとレストランのみのソフトオープンで、客室階は建設中。
どうも縁起物の蓮をかたどった建物らしい。
馬鹿馬鹿しいほど巨額の建設資金が投じられているらしい。
しかし、あの「蓮の花びらの先端部分」に客室はあるのだろうか??

夜はこれがまた夜なりの姿になる。
ここまでエゲツナイと、かえってメルヘンだなあ。

なにしろホテル部分がオープンしてないから100%博打場だ。
ロビーの空気が違う。
こんなところにヘロヘロと「粥だけ啜りたいんですがぁ」などと現れるのは
倫理的に大きく間違っているような気さえする。

ここにはなんと「The 8 Chinese Restaurant」なる店もある。
恵比寿に支店はないらしいが、炒飯水餃的食闘イメージで胃が痛んだので、静かに別コーナーにある『粥麺荘』へ。

画像はこちら!・・・と言いたいところだが、レストラン入り口はカジノ入り口でもあり、金属探知ゲートをくぐって荷物検査が入って「写真禁止」と言い渡されるので、写真なし。
ここで姦計をめぐらしてまで写真を撮る気力もなかったのだ。
ゴメンナサイ。

ちなみにカジノ入り口は、韓流ホストクラブが廃れて中華系ホストクラブが勃興(?)したら、即時日本不法滞在に走りそうなオニイサンたちが、微妙に安っぽいスーツを着て固めている。
目の保養には、ならない。

さて、食べたものは以下の通り:

*貝柱の粥、塩玉子入り
普通に薄味の粥。塩玉子だけにしょっぱかったが、結構元気が出る。

*餃子入り天津香菰麺
餃子と椎茸の入った麺・・・出汁がかなり干し海老クサイが、それなりにコクのある薄味スープ。麺は香港風細麺。なにが天津かは不明。

*豚肉と雪菜の刀削麺
つい頼んでしまったが、これは横浜の某店にかなうはずもなし。
麺もイマイチ。スープはウマイ。

*なんかワカラン薬膳スープ
薄味で複雑な香り。胃の腑にしみる。

*紫米鮮椰露
紫米(紫色の餅米?)をココナッツミルクで煮た甘いスイーツ。
ほんわりした甘味と滋味がコレマタ胃の腑に沁みるのだ、嗚呼・・・。

もちろんオットがほとんど食べたのである。

でも、本当にこういう体調のときにこそ「ウ・マ・イ〜〜!」と感じられるものがあるのを知った。
薬膳スープなど、一瞬で飲み干してしまった。

しかもここ、ホテル内にしては安い。
オットによると「朝のものすごくウマイワンタンメンと同じ値段」
だそうだ。

あーー、そうかいそうかいっ!!

「ギャンブルなどしない、安い麺粥目当てのショボイ客」と見切られて、
丁重に案内されたのは博打場を一望する片隅のテーブルだった。

巨大な豪華宴会場みたいなカジノは、かなりカジュアルな雰囲気。
マカオのカジノはドレスコードなどないらしい。
カジュアルといっても「スマート・カジュアル」じゃなくて
「ジャージOK」「アディダス上下無問題」な感じ・・・
これもドレスコードなのかなあ・・・と博打場を俯瞰しながら考えた。

ところで余談だが、ワタシ一人ORオットと二人で歩いている分には健全そのものだった界隈だが、オットが一人で外出するなり「マッサージいかが?」の女性客引きが、昼夜を問わずひっきりなしに寄ってきたそうだ。

平和でのどやかにみえた街角でも、案外肉弾戦が繰り広げているらしい。
ちょっと驚いた。

それにしてみても悲しかったのは、エッグタルトを食べそこねたことだ。
発祥の地はマカオなのだそうだ。

マカオ側のフェリー乗り場は殺風景なもので、買い食いすらも出来ない。
アイ・シャル・リターーーーン!
と、午後の穏やかな海に叫んでみた。


ランキングバナー人気blogランキングへ
そして、再び香港へ・・・たった五泊六日なのにまだ続く。嗚呼。
       

魅惑の魔都マカオでバカラ浸け

博打に走る甲斐性のある人はどうぞ。

arima0831 at 04:34|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 10, 2008

マカオをぶらぶら 其の二 〜散策、そして悲劇と嘆きの夜(?)〜

どうもイマイチなランチだったが、これならディナーでなにが来ても感動できるはず。なんだか懐かしい感じもしたし、よろしいんじゃないですか・・・。
ブツクサ言いながらオットとしばらく歩く。

店この日の朝の段階で
「燕の巣などの美肌効果」を実感したワタシ。
ついつい店をのぞきこんでしまう。
店の奥からお爺さんがニコヤカに
オイデオイデをする。

燕の巣以外にも煙草やら酒やら、あれこれ雑多に売っている。
不思議な店だな。   

入れ物高いのと安いの





テーブル用砂糖入れ位の大きさの壷。

「お肌にねえ、とってもいいよ」
「今すぐ食べられるんだよ、ほうら」

と、優しく囁くお爺さん・・・「いくら?」と聞いたらナンダカンダで一壷三千円くらいはする。
量があるといったって安いものでもない。
でもついつい「ん〜話の種に、なんちゃって」と呟くなり、オットの目つきが剣呑に。ワタシが口を半開きにしている間に、爺に冷徹なオコトワリ宣言を下した。ちぇ。

燕の巣看板写真だけ撮らせてもらって
スゴスゴと店をあとにする。
しかし辺りをちょっと歩くと
この類の店ってこの辺りに
山ほど軒を連ねているのだ。

行き当たりばったりではなくて、こういう類のものは要事前調査ではある。
フン、調べて一人で戻ってきてやる・・・などと心の中で呟いてみた。
呟いただけで終わったが。

オットはホテルに帰るというので、一人で散歩続行。
ディナーに向けて、腹ごなしが必要だ。

ディンタイフォンこんな店にも出くわす。
こんなところにもあったのかい。
まったく、どこにでもあるな。
マカオにまでねえ、ふうん・・・


・・・しばしのち・・・

小龍包豆乳




気がついたら店内にいて、小龍包が目の前にあった。
あれ、なぜかしら?
まあ目の前にあるものはしょうがないから一応食べなくちゃ・・・
これが驚いたことに、横浜高島屋で以前一度食べたやつとそっくりの味。
汁はそこそこ熱かったし、値段は三割安くらいだったが。
どうも微妙に肉汁が生臭いような気さえする。

だから「どこでも小龍包を脊髄反射的に注文する習慣を改めよ」と理性が常に言っているではないか。
でも「喰い意地」という別人格が勝手なことをする。
やれやれ。

冷たい豆乳も来た。温かいのを頼んだはずだけどな。
たぶん自分で間違えたのであろう。面倒くさいから飲んでしまう。
ウマイが冷たいのだ、冬だというのに・・・。

マカオは不思議な街だ。
ギンギラな巨大カジノ乱立地区からほんのちょっと歩いただけで、南欧の風情漂う瀟洒な古い街並みに変わる。
これだけだったらハウステンボスもどきだが、路地や道端に中華な生活感が違和感なく溶け込んでいる。
ただホケララと歩いているだけで、なんだかとても楽しい。

サトウキビのジュースジュース屋の軒先にはサトウキビ。
エジプトでよくのんだなあ、と
懐かしさに駆られて一気飲みする。
ほんのり甘くてウマイが
この寒い時期にかなり冷えてる・・・

そろそろ薄闇を被った街の大きな通りを、何故かスクーターに乗った老若男女の大集団がパルパルパルパルと埋めている。
イベントやデモというものでもなさそうだ。
どうも帰宅時間らしい。
マカオ市民の足はラッタッタなのかしらん?

もうちょっと街をぶらぶらしたかったが、いつの間にか日が暮れていた。
まあ、明日ゆっくり出直せばいいや・・・とタクシーを探すが、いない。
つい今さっきまで、町のそこかしこにいっぱい走っていたような気がするけど、一体どこに消えたのだ???

たまたま大きなホテルの近くを通ったので、ドアマンにタクシーを頼んだら
「いまねえ、ちょうどタクシーは交代時間だからいないんだよね」と。
タクシーまでがオウチに帰る時間なのだ。
ワタシもオウチに帰りたい。
聞けば歩いて15分かそこらの位置だ。
十分歩ける距離だが、なんだか妙に疲れてだるい。

何とかホテルに辿り着き、ベッドにぱったりと横になり・・・
ああ、遠く昔に流行った歌がきこえてくる・・・

♪なつかし〜い〜〜、イタミだ〜わ〜〜♪
♪ずうっと前にぃぃぃ〜、忘れていたぁぁ〜〜〜♪♪

しばしのち、ワタシは悲しく情けない思いをキリキリと噛み締めながら
ベッドの上で海老のように丸まっていた。
まさか何故かこの期に及んでこのタイミングで、しかもマカオで「大アタリ」を引いたのだった。

バクチじゃなくて、バクチリアでっ!!
犯人は・・・たぶんサトウキビのジュースだな・・・(萎)

詳細省略。
ご関心ある向きは、こちらをご参照いただきたく・・・。

かくしてマカオの夜は過ぎた。
どうにかして這ってでも何か喰いにいくぞ・・・と呻いてみたが、ウィルスとの戦いに忙しくてそれどころではなかった。
ああ、なんてこった。

高価な燕の巣を食べていなかったのが、せめてもの慰めかしら・・・(嘆)


ランキングバナー人気blogランキングへ
思い出と感傷は、痛みと苦しみを伴うものである。ちぇ。



これだけで何とか自力治療。皆さんは真似をしないでください。

マカオノスタルジック紀行 (アジアの街トラベルガイド)

こんな本まで買い込んでいたがなあ・・・きー、必ずまた行ってやる!

arima0831 at 03:55|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 09, 2008

マカオをぶらぶら 其の一 〜遅めで軽めのランチは単にノスタルジー?〜

昼過ぎには着いていたはずだがそのタイミングのフェリーは満席ばかり。
結局ホテル着が三時ごろになってしまった。
正月のマカオは香港人で混んでいるらしい。
賢く色々食べていた(?)ので、ひもじさに泣くことはなかったが、ここで夜までオアズケも悲しい。
しかしここで馬鹿喰いすると、今回のメーーーンエベントッ!である
「マカオ料理のディナー」が台無しになる。
遅めで軽めのランチだな。うんうん。

ホテルで聞いたら「すぐ近所の普通のマカオ飯屋は今やってるけど。でも、僕らがなんとなく行ってなんか食べるまるっきりローカルな店よ」と、結構いいツボを素早く突いてくるフロントのアニキ。

Imperador外のどかで静かなマカオの街並み。
香港と違って軒が低い。
「都会の喧騒」が好きな人には
こんな退屈な街もないだろうが
ワタシには心和む空気だ。

Imperador看板
これがそのレストラン。
泊まったホテルの裏手くらいにある。



ビール1ビール2





MACAUというローカルなビール。
軽くて飲みやすい。馴染んだ味だ、という感じもする。

近づいてよくよく見ると、KIRINと技術提携して造ったものらしい。
さすがはポルトガル旧植民地で、ポルトガルワインも色々。
ワタシだけ白のハーフボトルをもらう。
ランチでお酒を飲むなんて、なんだかとても新鮮だわ、と思う。
いや、たまにはそう思えるようになるのもいいもんですよ。

Imperadorテーブルメニューは中洋折衷。
テーブルセットは洋風。
ぺこぺこの安っぽいアルミ製フォークなどが
微妙にいい味を出している(?)
タバスコとマギーのシーズニングソース・・・

マギーのソースは、濃縮マギーブイヨンを醤油味風にしたような代物。
なんとなく醤油っぽくはあるので、海外で醤油が手に入らないときには、強い信念と意志を持って「これは醤油だ」と自分に言い聞かせて代用したこともある。
ナツカシス。

でも、ヨーロッパでこの組み合わせがテーブルに乗ってる食堂レストランの類がうまかったためしがないので、複雑な郷愁とともに軽い嫌な予感。

パンが当たり前に出てくるが、これが・・・ぱさぱさでマズイ・・・。

スープポルトガル風野菜スープ、なるもの。
見た目なんの変哲もないが
口にすれば微妙に中華テイストな
マギーブイヨン味なのだった。
微妙にノスタルジックな味だっ!

カレーカレーとライス




「マカオ風マトンカレー」がくる。
このカレーもかなり郷愁を誘う。
カイロで一番安い中華料理屋で、こんな感じのカレーを昔よく食べた。
薄い糊っぽいカレー風味のルーがマトンに絡んで、ラー油みたいなもんがテキトーに辛味を増している。ほとんどスパイシーさがないこれが、懐かしいカイロで喰ったカレーの味だっ!!

と、言い張ってみたが、「これ、不味いよ」というオットの一言で勝負はついてしまった。でも、懐かしいこた懐かしいぞ、ほんと。

オムレツナゼここでそんなもんを頼むのか?
という妻の疑問を毅然と無視して
オットがオーダー敢行したオムレツ。
横浜の洋食屋あたりで出てきたら
案外嬉しいかもしれない。

でも、あくまでも普通のオムレツ。

オットはと目をやると、アカラサマにがっかりしている。
「ケーキみたいな芋がたくさん入ったやつじゃない」

それは、スペインだ。残念、お国違いざんす!

焼イワシこれは一尾300円くらいの焼きイワシ。
ポルトガルで食べれば
日本への郷愁に目が潤む焼きイワシ。
しかもカイロ発でポルトガルに行った時は
狂喜乱舞して二人で山ほど食べたね・・・

しかし、日本発のマカオ滞在では、ノスタルジーの香り以外なにも有難みがないことに驚く。まあ、焼いたイワシはどこで喰ってもウマイです。
安いしね。

ヌードルスープオットが突然コールをかけた
「高菜と豚肉の汁麺」
麺はこの辺のデフォ系だが
スープがマギーブイヨンぽい・・・
中東南欧であれば感動して喰ったはずだっ!

が、ここはマカオなのであった。

それにしても、珍しくオットが元気よく食べたいものを連呼するのはナゼかしら・・・とよく考えたら「メニューが英語オンリー」だったかららしい。
広東語の端に英語が付け足しか、広東語のみのメニューだと、漢字の幻惑効果で面倒くさくなってワタシに丸投げするようだ。
それに気がついたのは、この後フェリー乗り場で必死に「広東語表示」を読み解こうと思案投げ首なオットを見たときだった。

「下の英語を読めばいいじゃないの」と言ってみたら、頭の上で電球がぱっと光る、昔の漫画の登場人物のようになっていた。
まったくもう。

尚、彼の名誉のために申し上げておくと、このヒトの英語はほぼ完璧。
それがどうして、こういう状況でこのように大きなアホのコドモのようになってしまうのか、まったくもって不思議でならない
人間て謎だ。

夜に期待をかけることにして、もうこの辺でやめておいた。
しかし、結果的にかなり食べてしまったことに気付いても後の祭りだっ!

まあ、なんとなく懐かしかったから、よろしいんじゃないですか・・・
ということにする。
感想を聞かれると辛いので、親切にこの店を教えてくれたフロントのアニキの視線はしばらく避けることにした。

Imperador外 夜ヨーロッパの香り漂う
のどかな昼間の街角は
ひとたび日が暮れると
エゲツナイほど電飾満艦飾
ギンギラギンに変貌する。

このギャップ、福富町どころじゃないのでちょっと驚いた。
一番上の写真と比べてみてください。

さて、夕刻まで少し間がある。
ワタシは一人、街を散策することにした。


ランキングバナー人気blogランキングへ
このときは、本当にディナーが楽しみでした・・・(嘆)



ポルトガル名物ヴィニョ・ヴェルデ。軽くて飲みやすいです。
マカオでは・・・飲みそこなった・・・(泪)


マカオで道草

けっこうソソラレル本だな。

arima0831 at 01:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote