レバ

August 17, 2007

関内『やきとり TESSHO』がウマかった!

やきとり TESSHO
最寄駅:桜木町 / 関内 / 馬車道
料理:焼き鳥 / 居酒屋
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:デート


ウマイ焼き鳥を食った♪
しばらく前なんだけれど。

地下鉄馬車道駅とJR桜木町の間くらいにある。
関内といえば関内、なロケーション。
この中途半端な場所にある店が、やけに評判よい。

中に入ると意外に間口が小さくて、スタッフもわりとイケ面系統の若い衆ばっかり。
オットを騙して引きずってきたので、ここで相好を崩すわけに行かず、無理にキリリと
表情を引き締める。
こういうとき、尻尾の無い普通の人間に生まれてよかった、と思う。
普通でないイヌ人間も世の中にいることはいるが、属性が違うのだ。
ああ、よかったよかった。


レバ1でも、まずここで結局相好崩れる。
プリプリのレバー。
もうイケ面なんかどうでもいいぞ。
大きなヒトと普通のヒトが
カウンターで並んで尻尾を振りちぎるの図。



レバ2「わがままコース」なるものを頼んだ。
わがまま、とはいえ
好き嫌いは許されずオマカセで出てくる。
でも好き嫌いなど言わず、
さらに大きく尻尾を振って
ハツをコリコリ喰らう。

コリコリだがジュワジュワだぞ。
くふふふふ。
あ、そこの肉が嫌いなのに騙されて連れてこられたヒトは無理して食べなくても・・・

「これはニクぢゃない」

・・・あ、そう・・・。

おひたし青ものもついてくる。
この日はツルムラサキのおひたし。
ちょっとエグみがあるけど
箸休めにはいいな。



ささみのタタキ期待感が高まるなか
コース外の「レバ刺し」をたのむ。
・・・売り切れ・・・(悲)
じゃあ、ささみは?!ある!

サッパリしっとり。甘味すらある。


トリ鶏だんご。
いわゆるツミレだけれど
これがイヤモウたまりません。
丁寧に叩いた鶏に
これまた丁寧に叩いた軟骨が入って
食感がステキだ。


大きなヒトは、指を出して邪魔しないように!


れば3その他、色々出て、
レバのいいやつを追加でもう一本焼いてもらう
ううう。
むっちりと蕩ける。
これが本日一番かも。


そぼろメシコースは8本。
他の追加も食べてしまうと、
〆にそぼろメシがくる。
ふうん、と半分くらい食べたところで・・・



〆のスープ鶏がらスープ投入。
をを、これはいいなあ。

スープの塩気が
もうちょっと薄ければ・・・
と、思うのはナメクジ体質だろう、きっと。


全体にちょっと塩が強めな味付けだけれど、それぞれに生姜をおろし、山葵をおろし、
手間ひまかけているのがわかる。
肉嫌いのオットも喜んでヒトの分まで取り上げようとしていた(やめねえか!)

〆に雑炊か茶漬けを食べたかったなあ・・・また来よう!
と、パタパタ尻尾を振りながら店を出たのだった。


ランキングバナー人気blogランキングへ
パソコンが猛暑でダウンして(?)入院治療中につき、なかなか記事UPできず。
早く元気になってオクレ・・・。



夏休み、留守中の花の水やりに便利です。


猫まっしぐら! またたびの木2本セット。



新作、古本、いっしょくたに買えるから便利です。

arima0831 at 14:00|PermalinkComments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック