ロールキャベツ

July 12, 2006

紅葉坂(野毛坂でなく)『綺・Luck』でカニクリームコロッケ(にゃぁおう)

レストラン キラク ヨコハマ
最寄駅:桜木町 / みなとみらい
料理:洋食
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


____________________________________________________________________

Jayサンからのご指摘で気がつきましたが、『綺・Luck』は「紅葉坂」にあります。『野毛坂』ではありません・・・まちがえました。
皆さん、伏してお詫び申し上げます・・・。

_____________________________________________________________________

友人とランチ再訪。
 
前回はハンバーグで、残る1500円のランチはあと二種類。
カニクリームコロッケと、ロールキャベツを一度に制覇すべく、オトモダチを引きずっていったのだった。
制覇、っていうか「両方食べたい気分」だったんだけれど。
 
コロッケは、ゴルフボール状のが三つ。
カリッと齧れば、くどくない熱々ベシャメルから、ガッツリと蟹の味と香。

ふふふふふ、と、笑みがこぼれる。
濃厚なのにしつこくない、というのがいいですね。
 
「三つかぁ〜」と一瞬思ったけれど、味と香と食感で十分堪能できるので適量でした。美味しいものは、このくらいで止めるのが上品で・・・といいつつ、友人のロールキャベツを狙いに行くワタシ・・・。
 
ロールキャベツは、大きなハンバーグ状の肉の塊をキャベツで包んだもの。
ちょっと普通のイメージと違うけれど、煮込み加減がちょうどいい上、蒸し暑い中、さらっとさっぱりしたトマトソースがいいコンビネーション。

ただ「いわゆるロールキャベツ」とはちょっと別物ですが。
 
でも、ご飯にぴったりなのでありました。
がつがつがつ(オトモダチの目は、あえて見ないことにする)。
 
デザートの梅のコンポートは口がさっぱりして、今の季節にちょうどよい。

それにしても、相変わらず静かな店内。
大混雑もイヤだけど、もうちょっとお客さんが入ってもいいお店だなあ。
 
内装はきちんとしていてカジュアルではないでので、肩はこらないけれど、接待に十分使えますよ。
みなとみらいの日石ビルあたりからなら、徒歩5分ほど。

でも、逆にいえば、混んでいない今が、静かにゆっくりできて狙い目かも・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
雰囲気的にこじんまりしているから、ちょっとした立食カクテルなんかもよさそうです。
今度は夜に行きたいなぁ・・・。


超お得な!送料無料!!d(_・ )グッ!北の蟹家の送料無料本タラバ蟹
蟹じゃ、蟹!
そうかに?



arima0831 at 12:14|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 13, 2006

洋食「キラク」 紅葉坂に開店(元伊勢佐木町)

レストラン キラク ヨコハマ
最寄駅:日ノ出町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:洋食
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円?3,000円
用途:昼食


先代から60年続いた、伊勢佐木町のお店が移転。
上記は二月いっぱいで閉店しています。
 
4月半ば、紅葉坂に新規開店。
kiraku新住所は以下:
 
 横浜市西区宮崎町48ー7 オクトメゾン桜木町1F
 Tel.045-261-6619
 
 以前金港亭というレストランのあったところ。
 紅葉坂をあがって、ホテル開洋亭の手前辺り。

春先からずっと気になっていたのだけれど、なんとなく入りそびれていたワタシ。
元々が『金港亭』という、高級にして知る人ぞ知るフレンチ。
一度行こう、と思っているうちに閉店していたのが、突然「キラク」という、どこかで聞いたような名前のお店が開店。

マンションの階段をちょっと登るし、中が見えないだけに、ちょっと入りにくい。
けれど、外で値段を見た限りじゃ、やや高い気はするけれど、一度はいってもいいか・・・という印象。

なんといっても「ハンバーグステーキセット1500円」。
そう、まだ相変わらずくすぶってたんです「ハンバーグ愛」。
 
さてこの1500円のハンバーグセット。
前菜二種、ハンバーグにデザートとコーヒーつき。
前菜は「黒米のリゾット」と「穴子ときゅうりの湯葉巻き」の盛り合わせ。
リゾットは、ケーキ型にして、パルメジアーノをかけて表面かりっと焼いたもの。
香ばしくて美味しい。
 
ハンバーグステーキも、外はかりっと中はジューシー。
界隈の洋食で、ハンバーグは一番美味しいかもしれない。
「ハンバーグ!!」が始まったら、ここに来るべし、とひそかに思う。
ああ、やっと行き所を見つけてくれたかい、ウンもう大丈夫みたい、と
和やかに会話する自分と自分。
 
デザートの種類豊富。
お勧めのラムレーズンのアイスクリームにする。
アイスクリームも美味しいけど、添え物のメレンゲ風ビスキュイがさっくりふんわり。
いい感じ。
スイートなほうはあんまり・・・なワタシだが(キャラでない、食志向)、
何人かで来て、デザートつつきあうのも、いいかもね。
 
1500円のランチ、というとちょっと高い気はするけど、CPは非常によいです。
あの前菜にデザートとコーヒーつきなら、十分過ぎるくらい。
 
ランチのメインは、炭火焼ハンバーグステーキ、カニクリームコロッケ、ロールキャベツさっぱりトマトソースから選べる。
う、ロールキャベツか・・・カニクリームコロッケ・・・。
またきそうですね、これは。
 
何しろ周りに何もなく、高級住宅地ですらなく、人通り自体が少ないうえに、前身は金港亭という穴場的な高級店だったので、集客にはかなり苦労しそうだけれど、清潔感のある上品な店内に、ソフトで丁寧だが気取らない接客。14席とこじんまりしているけれど、開放感があって落ち着く。
きっと時間をかけてファンを増やすことでしょう。
 
それに、紅葉坂のあたりは、食事には到底行く気になれない「ホテル開洋亭」以外「落ち着いたレストラン」がないに等しいので、接待や記念日などに活用できるし。

洋食、といいながら、気取らないフレンチの上品さもあります。

しかしそれにしても、なんだってこのよーなところに・・・?
と、たずねて見たら、この5年ほどの伊勢佐木町あたりは、落ち着いて洋食を、
というお客さん向けで無くなってしまったからだそうです。
落ち着いて、静かにお食事のできる新天地を求めた、と。

是非がんばってファンを増やして欲しいと思う次第。

繰り返します。
見たとこ入りづらいけど、中はステキよ。

尚、夜の予算は5000円〜。
ランチは大変オトクです。

ランキングバナー人気blogランキングへ
伊勢佐木町の「キラク」、行ってみたいと思ってたら、あっちから来てくれたわ・・・


ヨコハマ洋食文化事始め


初代総料理長サリー・ワイル


arima0831 at 18:17|PermalinkComments(8)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック