ヴァイツェン

June 21, 2006

一部訂正『ブラウステューベルヨコハマ』

ブラウステューベルヨコハマ
最寄駅:みなとみらい / 馬車道
料理:西洋料理一般 / ドイツ料理 / 地ビール
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


以前記事でご紹介した『ブラウステューベルヨコハマ』に、ある昼下がり、るんるんと行ってきた。
近くにある病院の帰り道。
やれやれ、やっと禁酒令解禁である。
まあ、あくまで自主解禁で、お医者さんに「お酒を飲んでもいいですか?」と聞いたら、
馬鹿げた虫を見るような一瞥のみで、診療が終わったわけだけど。

でも、てくてく歩いてワールドポータースにゴクローする元気があるということは、
まあほぼ平常に戻ったと思ってよろしい。

この店、ヴァイツェン(小麦から作るうっすら白濁したビール。ヴァイスビアに近い)や
デュンケル(黒ビール)が生でいただける、というのは嬉しい。
 
雰囲気はいかにもドイツにありそうな、ビアステューベ風。
昼間の午後もやっているので、ちょっと昼間から静かに飲みたい時や、ゆっくり人と話したいときなどは、場所としてはオススメ。
 
しかし・・・料理もドイツ風。
で、ドイツ「風」なだけで、実に内容が薄い。
何故だかパエーリャだのピザだのと、別にあえてここに出さなくてもよさそうなメニューが
目立つ。
好みもあろうが、ソーセージもザウアークラウトも、特徴も個性もない「和風」。
以前はもう少し料理が良かったように思えるのは、単なる記憶違いだろうか?
 
「ドイツ料理」という期待感を捨てれば、まあ良いかもしれない。
繰り返すが店の雰囲気も悪くない。

しかし、料理はもう少し前向きに取り組んで欲しいなあ・・・「所詮みなとみらい」なレベルだ。

特に「きゃあ」と頼んだブレッツェルは、見た瞬間むっとくるほどひどかった。
見るからに艶のない表面、パサパサの中身・・・。

お願いだ、せっかく珍しい良いビールを出してるのだから、
料理も真面目にやっておくれ!!!

唯一うまかったのは、付けあわせの茹でた芋。

しかし、ビールだけは評価できる。
水曜日は女性サービスデーで、ビール一杯サービス、だそうだ。
せっかくのビールなのだから、もうちょっと美味しく飲ませて欲しい!と切に願いますです。

まあ、午後の早い時間なんか、一人でまったりするにはいいところなんですけれどね。

PP帰り、気分なおしに、同じワールドポータースにある『プレッツェル・プレッツェル』でブレッツェルを買いなおす。







ブレッツェルLaugenbrezel gross
これに比べると若干貧弱だけど、かなり近い。

ちなみに、「プレッツェル」は英語。
ドイツの「ブレッツェル」がアメリカにわたって、なんだかチョコレートやら砂糖がけやら、というお菓子になった。
日本の「プリッツ」は、このアメリカ版の変形だそーで。

とにかく、昔の記憶はあてにならないなあ、と思った次第。
買ったプレッツェルは美味しかったから、齧り歩きで散歩しながらお家に帰りましたとさ。



ランキングバナー人気blogランキングへ
て、いうか、禁酒令下のストレスが生んだ幻想だったのか知らん・・・


ドイツの街のおいしいパンをめぐる旅


ドイツ ビールへの旅


もっと知りたい!ドイツビールの愉しみ

この本、なかなか面白いです。

arima0831 at 12:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 14, 2006

「ブラウステューベルヨコハマ」・・・戒厳令下の(もとい禁酒令下の)食生活・・・

ワールドカップに備え(というか便乗し)、アルトビアは箱買いし、ヴァイスビアのセットも入手。

ここでひとつ懺悔します。
アルトビアの紹介記事で一応楽天にリンクしといたけど、UPしてから見たら「残りあと一箱」と出ておりまして・・・買ってしまったのは実は私です・・・。

でも、こういうことをしているから、きっと罰が当たったのでありましょう。

風邪で体調を崩して高熱を発したあと、左肩の関節がおかしくなって、
冗談抜きで痛くて泣きそうになっていたこの一週間。

近所のかかりつけの内科から、整形外科に回され、その医者があんまりなクソジジイなのに怒り狂い、でもかろうじて強力な鎮痛剤と消炎剤と胃薬を処方されたのが効いて少し楽になり・・・。

しかしあのクソジジイ医者はひどかったなあ。
整形外科とか外科の先生たちが、基本的に根性ガテンじゃないとやってけないし、そういうタイプのヒトが多いのも知ってるけど、ガテンなのと無神経にエバリ散らすのとは違うぞ!!

「骨と関節には異常ないけど、炎症がひでーなーー」
「原因は?」
「わかんねえな。しょうがねえだろ、わかんねえんだから」

しかし、ナンボ腹が立っても肩に力が入ると激痛が走る。
くぅぅぅぅ〜〜〜〜〜っ!

で、元の主治医に「お酒はダメですよ。これを服薬中は『禁止』!」と
言い渡されたワタシ。

「え〜、ワールドカップなのに!」
「だからどうしたの?」
「ビール飲まないでサッカー見ても楽しくありません」
「・・・・・・・・(殺気)・・・・・・・・!!””」
「あ、ハイ、イエ、飲みません。冗談ですってばセンセ」
「どうしても飲みたければ飲みなさい。でも、もっとものすごく痛くなるよ」

・・・しくしくしくしくしく・・・。

主治医に別の紹介状を書いてもらい、けいゆう病院へ。
お腹がすいたから13階の食堂にいってたまげた。
定食、950円?!

病院内までみなとみらい価格とはね・・・。
景色はいいけど、もう少し良心的な値段はつけられないんだろうか?

かくして、たまったストレスを、何かおいしいものを食べて解消しようと、
半日がかりの診療を終えて思案する。

そう、この数日、たまらなく食べたいもの。
それは、ドイツ名物ブレッツェルにおいしいソーセージ、ザウアークラウト・・・。
ビールのおつまみに〜プレッツェル〜 プレミアム・フレッシュバター・ブレッツェル 本場の天然腸極太ソーセージ ドイツ・ハライコ社 グローベブラートヴルスト メーカー直送 

映画『トム・ヤム・クン!』を観て、タイ料理に走るワタシは、
ここんとこ、ドイツドイツドイツドイツとどいつもこいつもいいよるので、
すっかりドイツで意外と好きだった食べ物を思い出しちゃっているのだ。

で、うっかり思い出してしまった。
ある、近くに!
そこは、しょうもない店が軒を連ねる、このみなとみらい界隈で、おそらく唯一評価できるお店・・・『ブラウステューベルヨコハマ』@ワールドポータース!!

この店だ!!!
ブラウステューベルヨコハマ
最寄駅:みなとみらい / 馬車道
料理:西洋料理一般 / ドイツ料理 / 地ビール
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


しかもあそこに行けば、別の店でブレッツェルだって売っている!
ちょっとドウが甘めではあるが、かなりミュンヘンのものに近いやつ!!

深いため息をつく。
ここには、そうなったら避けては通れない「ヴァイツェン」がある・・・日本国産とはいえ、結構いけるヴァイツェン・ビア。
ヴァイツェンと言うのは「小麦」のことで、ミュンヘン名物ヴァイスビアにかなり近いビール・・・。

『慶興』で豚足とピータンが食べたい。
でも、それをするには「紹興酒」は避けて通れない。

ぶるぶると頭を振ったら、左肩に響いた。
でも、幸い快方に向かっているので「ぎゃあ!」ということはなかった。

ちなみに、見たくないから宅配ボックスに入れっぱなしにしておいたヴァイスビアのセットは、管理人さんが親切に玄関まで届けてくれた・・・ありがとう(涙)。

で、相変わらず原因は不明だけれど、普通に左肩が動き始めたので、ちょっとほっとしている次第。


ランキングバナー人気blogランキングへ
え、すずらん? あの時は痛み止めが切れかけてて、ちょっとスリリングだったなあ・・・。




arima0831 at 00:19|PermalinkComments(9)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック