上海豫園

April 13, 2007

中華街『九龍』で小龍包など 〜ある長閑な午後〜

九龍
最寄駅:石川町 / 日本大通り
料理:広東料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


平日の午後が長閑に過ごせた、ある日のこと・・・(うっすらと、遠い目)。

久しぶりに中華街に出かけた。
ランチに出遅れたのが口惜しいが、まあよしとする。
なんだか「中華粥かショウロンポー♪」な気分だったのだ。
大勢に影響はない(・・・負け惜しみ・・・)。

三時ごろの店内はガラ空き。
外に面した小売用の店に、点心師らしき若い女性と店のマダムが。
「すいませぇぇぇ〜ん!」と三回ほど声を張り上げて、やっと気づいてもらえた。

マダムが「あら、すいませ〜ん!」と振り向くと・・・細木数子の毒気を軽く抜いてから紹興酒にどっぷりとつけたようなヲバサマであった。

・・・あら、ええ、かまいませんとも、だってこんな時間なんですしぃ・・・(弱腰)。

すばやく熱いお茶とメニューとオシボリを持ってきてくださる。
トイレに行こうとすると、明るく場所を示してくださる。
「セットメニューもね、あるのよお」と、ページまで親切に示してくださる・・・。

くりぃむしちゅーの上田が、どうしてテレビ画面上で「あの女史」の前ではいつも微妙に
腰を屈めたような空気感を出しているのか、なんだかわかるような気がする・・・。

「はーい、お待たせしましたー」と、ヲバサマがお盆に載せたセットをお持ちくださる。
なんとなく、ペーパーバックを読んでいたら「あらっ!ナニ読んでるの?!」と・・・
「まーーーっ、外国語の本じゃないの。すっごいわねー!」
「・・・あ、いや、単なるミステリーでそんな大変なものでは・・・」
「あらー、普通の人は読めないわよー。わーすごい!」

本当にたいしたものを読んでいるわけではないので、むやみやたらと恐縮する。

AセットAを頼んだ。
特製スープ、ミニチャーハン、サラダ
これに小龍包が4個付いて1260円。
スープには、挽肉の湯葉巻きと肉団子入り揚げ麩が。
薄味の醤油系中華麺の汁のようなスープだが、
さっぱりしていて美味しい。


チャーハンも、刻みチャーシューなど入っていて、結構ぱらっとしている。
よろしいんじゃないでしょうか。
この「普通にさっぱりした美味しさ」は、中華街では案外貴重なものだ。

小龍包昨年末ここの本館だという『上海豫園 小龍包館』
やはり小龍包を食べたときには、
もっと皮が厚めで味が甘口だったような記憶がある。
同じ系列の近所の店だが、
こちらはフックリしていて、なかなかステキなのだ。
なぜ違うんだろう?


単に気分の問題だろうか?
実際、店も本店よりも広々していて明るいから、気分もいいし居心地も悪くない。

ヲバサマも、見た感じと発するオーラがちょっと濃い目なだけで、感じが悪いわけでも
荒々しいワケでもない。
逆に、年末の豫園では、なんだか店が薄暗くて薄ら寒い感じがしたのだ。

こういった小さい店で初めて食事をするとき、「その日の気分と体調」は結構大事なの
ではある。
もちろん、どんないやな気分も吹っ飛ばすほど美味いものが食べられれば、本当にそれに
越したことはない。
店の人と顔馴染みだったりすると、多少のアラは気にならなくなる。
逆に慣れない店だと、ちょっとしたことで感覚がすべてネガティブに走りやすくなる。
人間そんなものだ、と思う。

まあ、ああだこうだと、美味しくいただいて出てきた次第。
激しく感動するほどではないけれど、最近食べた中では一番上等な小龍包だった。

ちなみにセットは他にも数種類あったが、どれも「チャーハンと麺類かスープ+
小龍包4個」が基本形。
どこぞかのメタボ犬が好きそうな内容ではあるが、量が少なめなので男性には物足りないかもしれない。

本当は何かおかずを頼みたかったけれど、ひとり中華はやはり寂しい。
だから、そういう意味では有難いセットなのでもあるよ。
もうちょっと「反メタボ系品目(?)」が入ってれば、言うことないのだがな。
ワタシは別に、量は食べないので構いません。

でも、ショウロンポ〜♪な気分になったら、またいくと思う。
一度ランチに行ってみたい。
お手軽でいいです。

(「おやつの時間」に、つづく・・・喰い足りなかったんだな、とか言わないように)


ランキングバナー人気blogランキングへ
あのヲバサマは、いい人だと思う。ちょっと見たところ「あの人」に似ているだけだ。



細木数子女史ご推奨。京友禅染の手ぬぐい「鯉の瀧のぼり」。ご利益あるのか?!

横濱中華街食巡案内 2007

2007年版です。

arima0831 at 00:00|PermalinkComments(14)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック